水道橋博士

水道橋博士

■水道橋博士(すいどうばしはかせ)

 

□肩書き

 芸人 タレント 

 

□所属コンビ

 浅草キッド

 

□本名

 小野正芳

 

□生年

 1962(昭和37)08.18(獅子座/A型)

 

□出身地

 岡山県倉敷市

 

□出身校

 岡山大学付属中学校

 岡山県立倉敷青陵高校

 明治大学経営学部中退 

 

□略歴

 87年(25歳)浅草キッド結成。

 90年(28歳)テレビ「ザ・テレビ演芸」出演(10週勝ち抜き)。

 10年(48歳)テレビ「別冊アサ秘ジャーナル」出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「あゝ!一軒家プロレス」「地獄でなぜ悪い」

  テレビ「浅草橋ヤング洋品店」「草野☆キッド」「情報ライブ ミヤネ屋」

  ラジオ「オールナイトニッポン」「すっぴん!」

  CM    「カゴメ TWO SHOT」「ヱスビー食品 5/8チップ」

 

□趣味

 読書 映画観賞 パソコン サブカルチャー研究 格闘技観戦 ボクシング観戦 

 

□資格

 宅建主任 普通自動車免許 自動二輪免許

 

□サイズ

 161㎝ B89W80H92 靴のサイズ25㎝


■水道橋博士

□幼少時代〜
・実家は紙問屋「倉敷紙業」を営んでいた。
 ※現在は紙の小売店「紙のカミヤ」(=08.06現在)
・母方の祖父は中国銀行の副頭取。
・2歳年上の兄がいる。
・敷地面積300坪の豪邸に住んでいた。庭に鯉が泳ぐ池があった。
・父親は恥ずかしがり屋の社交下手で読書だけを楽しみにしているような人だった。
 家に父親の蔵書がたくさんあった。家族旅行には父親抜きで行った。
・子供の頃、こづかいを殆ど貰えず、おもちゃも買って貰えなかった。
・小学校時代、成績はオール5。学級委員をやった。
・中学は地元有数の超進学校(中学受験で入学)。
 詰め襟のカラーのホックを外しているだけで不良と呼ばれた。
 ※同窓生に官僚や銀行員が多数いる

・体を壊して高校1年を留年。

・高校時代、不登校のひきこもりだった。

 学校に行こうとするとお腹を下す症状が続いた(手術を受けて祈祷師のお祓いを受けた)。

・高校時代、本・雑誌・映画で日々を過ごした。

 太宰治、ドストエフスキーを耽読。竹中労に憧れてルポライターを目指していた。

 映画「時計じかけのオレンジ」を観る為だけに倉敷から上京した。

 雑誌「キネマ旬報」に送った映画評が掲載された。

・高校時代、友達がいなかったのでひとりで野球盤で遊んだ。

・ラジオ「ビートたけしのオールナイトニッポン」を愛聴。

 カセットテープに録音して繰り返して聴いてトーク内容をノートに書き写した。

・早稲田大学に合格していたがたけしが明治大学出身だったので明治大学に入学して4日で自主退学した。


■水道橋博士

 

□私生活①

・好物…カレーライス。ラーメン。讃岐うどん。チーズ。 

・健康法…アサイードリンク(毎日飲む)。生姜入りの紅茶(常時持参)。

 青汁。昆布水。えのき氷。生アーモンド(1日10個)。

 酵素風呂。懸垂。ロープ登り。ジョギング(長男と一緒に皇居を2週)。

・持病…ヘルニア(20代半ばから、ぎっくり腰に10回以上なった=13.06現在)。

・ウィルス性髄膜炎による急性尿閉で入院(=10年)。

・体調不良で仕事を休養(=18年)。

・大腸ポリープを切除する手術を受けた(=22年)。

・頻尿(夜中に5回トイレに行く=08.06現在)。

・もずくエキス、こんぶ水など12種類の育毛法を試したら2ヵ月後に生え始めた。

 どれが効いているのか判らないのでどれもやめられない。

・初めてサーフィンをした時にボードが当って上の前歯4本を折った。

・度数調整ができる特殊な老眼用眼鏡を使っている(=12.12現在)。

・物忘れが激しい。

 何を思い出せないかを思い出せなくなる事がある。

 番組収録中にひらがなの「み」「そ」をど忘れした事がある。

・とても涙もろい。

・70万円の電動ベッド(パラマウントベッド)を愛用。

 ベッドの上から一歩も歩かなくていいように必要なモノを全て手が届く所に配置。

・シュートレスリング「UWFスネークピット・ジャパン」に通っている(=11.03現在)。

・指相撲が得意。指相撲でヒクソン・グレイシーに勝利。

・好きなマンガ家…

 大友克洋(デビュー当時からチェック)。

 岡崎京子(高校時代にファンレターを送った)。

・好きな映画…「シベリア超特急」(水野晴郎監督)。

・アダルトビデオが好き。自称芸能界一のAV通。

・自宅に書斎&AVシアターがある。

・場所・人・会話を詳細に書く日記を20年前から毎日書いている(=16.12現在)。

・住んでいる所…東京都杉並区高円寺(21年在住=22.03現在)。

 4階建ての一軒家、敷地20坪、典型的な狭小住宅(=07.11現在)。

・自宅の一角を「北野武記念館」としてさまざまなたけしグッズを置いてある。

 貴重な品からタバコの吸いさしや脱ぎ立てのブリーフまで多数所蔵。


■水道橋博士

 

□私生活②

・いきつけ…

 山形料理「まら」(高円寺=22.03現在)

 うどん「さぬきや」(高円寺=22.03現在)

 讃岐うどん「四国屋」(中野新橋、20代の頃から通っている、

 「はかせうどん」というメニューを考案=22.03現在)

 「ガイトーンTokyo」(渋谷、カオマンガイ=16.12現在)

・40歳を過ぎてスノーボードやサーフィンをはじめた。

 初めてサーフィンをやった時に前歯を4本折った(インプラントで治療)。

・ペン習字を習っている(=08.05現在)。

・15年前から1日もかかさずにブログをやっている(=13.06現在)。

 15年間の総ヒット数は中川翔子の1日のヒット数以下。

・子育てが大好き。

・長女はスポーツが得意。

・長男が5歳の時に一緒に富士山に登頂した。

・結婚前は風俗ジャンキーだった。

 関根勤の著書を読んで家族愛に目覚めて女遊びをやめた。

・40歳で結婚するまで友人の男性と同居していた。

・キャバクラが好き。

・スポーツジムのシャワールームでハゲ&デブのゲイにいきなり抱きつかれた事がある。


■水道橋博士

 

□人間関係①

・佐竹雅昭…友人。飲み友達。飲み会の会計を交互に持つ。

 テレビ「バラいろダンディ」で共演。

・岡村靖幸…友人。岡村は博士の出演番組を全てチェックしている。

 博士に勧められた健康法を実践。一緒に高尾山に登った。

・薬丸裕英…友人。育児相談をする。

・江頭2:50、松村邦洋、清水ミチコ…友人。

・甲本ヒロト…中学校の同級生(同じクラス)。

・中川智正…オウム真理教幹部。中学校の同級生。

・キリングセンス(河崎健男、萩原正人)…同期デビュー。

 売れない頃に合同で中野の喫茶店を借り切って自主ライブ。

 博士と河崎は同居していた事がある。萩原と玉袋は同い年で飲み仲間。

・玉袋筋太郎…浅草キッドの相方。

・ビートたけし…師匠。中学時代からたけしの大ファンだった。

 浅草キッドのふたりが社長でたけしを接待するという設定で毎年2回飲む(社長会)。

 暴力事件の示談金600万円をたけしに建て替えて貰った(後に完済)。

・そのまんま東、ガダルカナル・タカ、ダンカン、松尾伴内、柳ユーレイ、つまみ枝豆、 

 グレート義太夫、ラッシャー板前、井手らっきょ、水道橋博士、玉袋筋太郎、

 なべやかん、北京ゲンジ、〆さば…たけし軍団のメンバー。

・高田文夫…仕事上のアドバイスをしてくれる。

・江口ともみ…テレビ「名門!アサ㊙ジャーナル」で共演。

・石原慎太郎…東京ローカルの番組で長年共演。

 石原に「君の文体は三島由紀夫に似ている」と激賞されたが三島由紀夫を読んだ事はない。

・東国原英夫(そのまんま東)…髪の毛が生えるアドバイスをしてあげた。


■水道橋博士

 

□人間関係②

・爆笑問題…浅草キッドのライバル的存在。私生活でも仲が悪いらしい。

 ビートたけしの代打で爆笑問題が「オールナイトニッポン」に急遽出演した時に

 「これを聞いている浅クソキッドは悔しがっているでしょう。

 文句があるならスタジオに来い」と挑発されて博士がスタジオに乱入(=90年10月26日)。

 フジテレビ「爆笑ヒットパレード」本番中に険悪なムードになった(=99年)。

・タモリ…タモリが落とした財布を拾った人から電話がかかって来てタモリ側に

 取り次いであげた(タモリに教えてあげた携帯のメモがタモリの財布に入っていた)。

・渡辺正行…無名時代に渡辺が司会を務めた「新人コント大会」に出演。

・ハゲ鈴木(鈴木秘書)…弟子。

・小池栄子…博士の大ファン。結婚した事を直接報告した時に目の前で小池が泣いた。

・ユースケ・サンタマリア…浅草キッドの大ファン。

・安めぐみ…水道橋博士のファンで将来結婚したいと思っていた(小学校時代)。

・アントニオ猪木…憧れている人。自称・アントニオ猪木教の信者。

 猪木の自伝本をタダで配る布教活動を行っている。

・岡山良男…恩人。元浅草フランス座社長。

 ※「ウチくる!?」に出演(=06年9月24日放送分)

・千枝…一般女性。02.06.22結婚。12歳年下。

 もともと博士のファンでファンメールを貰って知り合った。

 どこからも取材が来なかったので自分から入籍を東京スポーツにfaxした。

・子供:

 長男…武。03.08.08誕生。

 長女…文(ふみ)。06.07.11誕生。

 次男…士(あきら)。09.01.01誕生。


■水道橋博士

 

□エピソードなど

・ビートたけしの自伝「真説「たけし!」」を読みながら高校の校庭を見た時に、

 風景が変わって見えて「この人の所へ行け」という天啓を受けたように感じた。

・明治大学を4日で中退後、ワイシャツ屋の営業のアルバイトで生活。

   歌舞伎町で麻雀とパチンコ三昧の生活を4年間続けた。

・初めてたけしを出待ちした時、他の弟子入り志願者の迫力に気圧されて一言も話せなかった。

・テレビ東京でビデオテープを運ぶアルバイトをした事がある。

・芸人修業を始めた頃、知人の家の3畳間に居候していた(その部屋で彼女と同棲)。

・芸能界入りに大反対だった両親が浅草のストリップ座まで何度も説得に来たが、

   その度に雲隠れした。その後約10年間実家と音信不通だった。

・ラジオ番組の企画でリスナーを集めて公開包茎手術をした。

・紛失と偽って変装して免許証再交付を3回受けて道交法違反で書類送検(=96年)。

   変装免許証写真を「笑っていいとも!」で紹介。芸能活動を4ヵ月間謹慎。

・杉並区に購入した土地にダンカンがイタズラで「オウム真理教杉並支部建築予定地」と

 いう看板を立てて大問題になり、結局住宅建築許可が降りなくて転売した。

・インタビューの仕事が一番好き。

・著書「本業」の出版に際して「100万部売れたらタレントを廃業する」と宣言(=05年)。

・妻・千枝、長男・武、長女・文が「今田ハウジング」に出演(=07年12月19日放送分)。

・自宅を「今田ハウジング」で公開(=07年12月19日放送分)。

・自分の書いた本の出版日を自分か家族の誕生に合わせる。

・東京マラソンに参加。

・長男・武、長女・文、次男・士が「メレンゲの気持ち」に出演(=11年3月19日放送分)。

・自宅を「誰だって波瀾爆笑」で公開(=12年7月1日放送分)。

・橋下徹に「小金稼ぎのためのコメンテーター」と言われて生放送中に退席して降板。

 ※「たかじんNOマネー」13年6月15日放送分

・主な著書…「お笑い男の星座」「発掘」「濃厚民族」。

凡例:20.01現在=2020年1月現在