檀れい

檀れい

関連項目:宝塚女優

■檀れい(だん れい)

 

□肩書き

 女優

 

□所属

 宝塚歌劇団(92年〜05年)

 

□本名

 山崎まゆみ

 

□生年

 1971(昭和46)08.04(獅子座/A型)

 

□出身地

  京都府京丹後市

 

□出身校

 兵庫県立浜坂高校

 

□略歴(満年齢)

 92年(21歳)宝塚歌劇団に入団(→05年退団)。

 06年(35歳)映画「武士の一分」に出演。

 11年(41歳)ドラマ「八日目の蝉」に主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「喜劇極楽町1丁目」「夜叉が池」「細雪」

  映画 「釣りバカ日誌18」「母べえ」「アントキノイノチ」

  ドラマ「相棒」「平清盛」「福家警部補の挨拶」

  CM  「ライオン キュプルン」「サントリー 金麦」

 

□趣味

 料理 読書 乗馬

 

□サイズ

 162㎝

 

□特記事項

・元夫は及川光博 


■檀れい

 

□幼少時代〜

・妹がいる。

・泣き虫で引っ込み思案な子供だった。

 母親と離れるのが嫌で泣いて何度も保育園を休んだ。

・習いごと…習字。ピアノ。

・着物が好きだった。お正月は3日間着物を着た。

・子供の頃、映画を見て女優に憧れた。

・幼稚園時代、学芸会でほめられて人前に出る仕事に興味を持ち始めた。

・中学時代、好きな男の子に自分から告白した。

・高校時代、ソフトボール部。

・高校時代、ファッション雑誌の読者モデルをやっていた。

■檀れい

 

□私生活

・好物…白米。パスタ。野菜。トマト。桃。れんこん菓子「西湖」。和食。

・得意料理…煮込みハンバーグ。餃子。

・朝から白米を食べないと元気が出ない。

・家に料理本が数十冊ある。眠れない時に料理本を読む。

・酒はほとんど飲まない。

・健康法…青汁。自家製甘酒(豆乳と加えて飲む)。グリーンスムージー。

 半身浴(読書しながら約1時間)。ストレッチ。ヨガ。加圧トレーニング。

 スポーツジム(多い時は週3回)。

・毎日朝晩3分間ローションパックをする。

・いろいろな健康法を試す。

・鉄乏性貧血の為に出演予定だった舞台「ゼブラ」を降板(=09年)。

・冷え性。しょうがを煮出した白湯を飲む。

・涙もろい。

・寝るのが大好き。どこでも寝られる。32時間寝た事がある。

・眠れない時は料理のレシピ本を読む。

・朝起きるのが苦手。

・ゴキブリが苦手。

・アロマ、お香が好き。

・片付けが好き。毎日出かける前に片付けをする。

・好きな音楽…賛美歌。宗教音楽。

・「ダンちゃんの知恵袋」と名付けたノートに日記を付けている。 

・茶系の服が好き。

・ペット…犬2匹、猫2匹(=07.02現在)。

・方向音痴。

・人に流されるのは嫌い。

・前向きで猪突猛進な性格。

・人見知り。

・両親を尊敬している。

・両親はそばに住んでいる(=12.10現在)。

・好きなタイプ…自分より男らしい男性。尊敬できる男性。

・宝塚時代に彼氏がいた。

・夫が時々料理(スパゲティナポリタン)を作ってくれる。

・夫が食事の後片付けをしてくれる。

・夫と一緒に宝塚を観劇する(夫はもともと宝塚が好きだった)。


■檀れい

 

□人間関係

・遊佐未森…友人。遊佐のライブにゲスト出演(=12年)。

・真琴つばさ、湖月わたる…宝塚時代の相手役。

・大空祐飛、瀬奈じゅん、貴城けい…宝塚の同期生。

・木村拓哉…映画「武士の一分」で夫婦役で共演。

・山田洋次…映画「武士の一分」の監督。山田夫妻から貰ったモンブランのボールペンを愛用。

・高橋恵子、賀来千香子、中越典子…舞台「細雪」で共演予定。

・浅田真央…好きなスポーツ選手。

・及川光博…11.07.27入籍、18.11.28離婚。

 

□エピソードなど

・宝塚受験の直前3ヵ月だけバレエと歌を習った。

・宝塚入団時の席次は40人中最下位だった。

・宝塚音楽学校時代、成績は良くなかった。

・宝塚音楽学校の厳しい規則:

 下級生は廊下を曲がる時は直角に曲がる(上級生にぶつからないように)。

 先輩に対しては必ずお辞儀。

 先輩に話しかける時は「お願いします、失礼します」と切り出す。

 毎朝2時間掃除、窓ガラスは鳩がぶつかってくる程まで綺麗に掃除。

 先輩御用達の店には入店禁止。

 男生と一緒に歩いてはいけない。

 阪急電鉄(親会社)の電車におじぎをしないといけない。

・自分で芸名を考えた(宝塚音楽学校時の夏休みの宿題だった)。

・愛称…だん。

・全国ツアー公演「風と共に去りぬ」で抜擢されたメラニー役を好演(=98年)。

・「浅茅が宿—秋成幻想—」で新人公演初主演(=98年)。

・中国公演の際に「楊貴妃の再来」と現地マスコミに絶賛された(=99年)。 

・月組娘役トップになる(=99年)。

・星組娘役トップになる(=03年)。

・宝塚の娘役トップとして42年ぶりに外部の舞台に出演(「喜劇極楽町1丁目」=01年)。

・宝塚史上初めて専科を経て娘役トップに返り咲いた。

・「日本で一番家で待っていて欲しい人」と呼ばれた。

凡例:18.01現在=2018年1月現在

関連項目:宝塚女優