樫山文枝

樫山文枝


■樫山文枝(かしやま ふみえ)

 

□肩書き

 女優

 

□生年

 1941(昭和16)08.13(獅子座/A型)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 東京文化学園高校

 

□略歴(満年齢)

 66年(25歳)朝ドラ「おはなはん」主演。

 75年(34歳)映画「男はつらいよ 葛飾立志篇」出演。

 88年(47歳)ドラマ「3年B組金八先生」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「アンネの日記」「ジェイン・エア」「人形の家」

  映画 「黒部の太陽」「典子は、今」

  ドラマ「天と地と」「放浪記」「さくら」

  テレビ「スタジオパークからこんにちは」「開運!なんでも鑑定団」「徹子の部屋」

 

□趣味

 読書

 

□サイズ

 162㎝

 

□特記事項

・夫は綿引勝彦


■樫山文枝

 

□幼少時代〜

・父親は哲学者、早稲田大学教授の樫山欽四郎。

・伯父・樫山純三はオンワード樫山の創始者。※要確認

 

□私生活

・好物…じゃこてん。

・健康法…青汁・きなこ・すりごまの粉末をお湯に溶いて飲む。

 四股踏み。ウォーキング。

・寝る前に必ず読書をする。

・電車で人間観察をするのが好き。

 車内にゴミを置いて行こうとする人に注意した事がある。

・舞台で演じている役柄を私生活に持ち込んでしまう。

・「樫山文枝がヤクザ風の男と一緒にいた」という目撃情報がラジオに寄せられた(結婚前)。

 当時の樫山はドラマ「おはなはん」で全国的に顔が売れていたが綿引は無名だった。


■樫山文枝

 

□人間関係

・綿引勝彦…劇団民芸の後輩。74年結婚。

 ※膵臓がんで他界(享年75=20年)

 

□エピソードなど

・俳優座養成所12期生。

・劇団民藝俳優教室を経て劇団民藝に入団(=65年)。

・朝ドラ「おはなはん」のエピソード:

 劇中で子供を産むと祝電、劇中で夫が死ぬと弔電が視聴者からたくさん来た。

 最初から最後まで通して演じる一発収録で、

 どのサイズで撮られているかも判らなかったので、

 画面からはみ出すような勢いで演じていた。

 役柄のイメージを崩さないように普段も暗い顔をしないようにしていた。

 ドラマの展開にあわせて視聴者から祝電や弔電が届いた。

 平均視聴率45.8%、最高視聴率56.4%。

・舞台に多数出演。

 舞台のスケジュールが2年先まで埋まっている(=18.10現在)。

・2時間ドラマに多数出演。

凡例:20.01現在=2020年1月現在