森進一

森進一


■森進一(もり しんいち)  

 

□肩書き

 歌手

 

□本名

 森内一寛

 

□生年

 1947(昭和22)11.18(蟹座/O型)

 

□出身地

 山梨県甲府市→鹿児島県

 

□出身校

 鹿児島市立長田中学校

 

□略歴

 66年(19歳)「女のためいき」で歌手デビュー。

 68年(21歳)紅白歌合戦初出場(→15年まで48回連続出場)。

 74年(27歳)「襟裳岬」で日本レコード大賞。

 ※他の主なシングル:

  「おふくろさん」「冬のリヴィエラ」「紐育物語」

 ※主な出演:

  映画 「夜の歌謡シリーズ 命かれても」「美空ひばり・森進一の花と涙と炎」

  ドラマ「S・Hは恋のイニシャル」「古賀政男物語」

  テレビ「徹子の部屋」

  CM    「日産自動車 ローレル」「資生堂」

 

□趣味

 パソコン 釣り ゴルフ 

 

□サイズ

 167㎝

 

□特記事項

・元妻は森昌子

・日本レコード大賞(74年「襟裳岬」)


■森進一

 

□幼少時代〜

・妹と弟がいる。

・海のそばで育った。よく海で釣りをして遊んだ。

・10歳の時、両親が離婚して母親にひきとられた。

・妹と弟の父親代わりを務めた。

・家は裕福ではなかった。生活保護を受けていた。

 新聞配達や牛乳配達のアルバイトをして家計を助けた。

 早く一人前になって母親に仕送りをしてあげたいと思っていた。

■森進一

 

□私生活

・好物…寿司。中華料理。

・嫌いな食べ物…タイ料理。

・得意料理…寿司(自分で握る)。カレーライス。チャーハン。

・65歳を過ぎてからよく自分で料理をするようになった。

・長男が出来た時に禁煙、次男が出来た時に禁酒した。

・健康法…スポーツジム。

・成功率約10%の治療を約1年受けて約30年患っていたC型肝炎が完治(=06年)。

 治療中に副作用でうつ状態になり自殺する事をを2回考えた

・好きな作家…ショーペンハウエル(何度も読み返す)。

・自宅のリビングにグランドピアノがある(=15.06現在)。

・住んでいる所…東京都・渋谷(=09.12現在)。

・山中湖とハワイに別荘がある。

・いきつけ…和洋懐石「代官屋」(代官山)。

・飛行機が苦手。

・三重衝突の交通事故でムチウチ症になった(=95年)。

・母親がガス自殺(享年47=73年)。

・弟が腎臓の病気で他界(享年54、世界的に有名な循環器医だった=11年)。

・「子守進一」と異名を取るほど長男・次男の子育てに熱中した。


■森進一

 

□人間関係

・黒柳徹子…家族ぐるみのつきあい。

・細川たかし…友人。「兄貴」「たかし」と呼びあう仲。

 よく森の自宅によく遊びに来る。

 細川は「森さんが明るくなったのは僕のおかげ」と言っている。

・松山千春、郷ひろみ…友人。自宅によく遊びに来る。

・角田信朗…友人。コンサートに来てくれる。

・森光子…かわいがって貰っていた。

・小倉一郎…親戚。森の母方の曾祖母が小倉の父方の曾祖母と姉妹。

・原辰徳、森進一、二谷友里恵…子供が慶応幼稚舎の同級生。

・高橋真梨子、中本マリ…スクールメイツの同期生。

・香田晋、堺正章、鳥羽一郎、細川たかし、川中美幸、黒柳徹子、

 香西かおり、小林幸子、篠原涼子、西田ひかる、森口博子

 …森が主宰しているチャリティーコンサート「じゃがいもの会」に参加。

・千昌夫、五木ひろし、布施明…歌手デビュー同期生。

 五木ひろしはライバル的存在。

・五木寛之…歌手生活35周年記念アルバムを全曲作詞。

・吉田拓郎…「襟裳岬」を作曲。

・大滝詠一…「冬のリヴィエラ」を作曲。

・細野晴臣…「紐育物語」を作曲。

・五木寛之…芸能生活35周年記念アルバムをプロデュース、全曲を作詞(=00年)。

・シャ乱Q…「夜の無言(しじま)」をはたけが作曲、シャ乱Qがプロデュース。

・長渕剛…シングル「狼たちの遠吠え」を作詞作曲、紅白歌合戦で共演(=03年)。

・猪俣公章…デビュー曲から「おふくろさん」までシングル全30曲を作曲。

・綾小路きみまろ…森進一の専属司会者を9年間務めていた。

・清水アキラ、コロッケ、山寺宏一…森のモノマネが得意。

・チャーリー石黒…師匠。時にひろわれて、内弟子になる。

・鳥越俊太郎…森のファン。

・伍代夏子…不倫交際を噂された。

 プロダクションを設立して伍代をバックアップした。

・いしだあゆみ…いしだが交際宣言(=69年)。

 「夜のヒットスタジオ」のコンピューター占いで「いしだの理想の恋人は森進一」と出た。

・大原麗子…女優。80.06.25結婚、84年6月離婚。

・森昌子…歌手。86.10.01高輪プリンスホテルで挙式、05.03.28離婚。11歳年下。

 披露宴のテレビ中継の視聴率は45.3%。

・子供:

 長男…森内貴寛。88.04.17誕生。ONE OK ROCKのボーカル。

 次男…智寛。89年6月誕生。テレビ東京社員(=12.09現在)。

 三男…寛樹。94年2月誕生。MY FIRST STORYのボーカル。

■森進一

 

□エピソードなど

・中学卒業後、寿司屋の板前を目指して大阪の寿司屋に集団就職、

 少ない給料の中から家に仕送りをした。

・いったん鹿児島に戻ってキャバレーで歌手兼バンドボーイになった。

・初めてテープレコーダーに録音された自分の声を聞いた時、

 あまりに変な声に聞こえたので機械が壊れている、と思った。

・テレビののど自慢番組で優勝してデビューのきっかけをつかんだ。

・無名時代、スクールメイツのメンバーだった。

・内弟子時代、レコード会社のオーディションは不合格続きだった。

・デビュー前、当時11歳の妹から来た手紙(2000円が入っていた)を読み、

 「田舎に仕送りをしなくてはいけないので、駄目なら駄目とはっきり言ってくれ」

 と泣きながら師匠に直段判した。

・デビュー当時、「お前の声は歌手の声じゃない」「ゲテモノ歌手」と言われた。

・デビュー曲「女のためいき」は「歌い方が扇情的だ」と放送禁止曲に指定された。

・紅白歌合戦で初の大トリを務めた時にスボンのファスナーを閉め忘れてしまった。

 間奏中に白組歌手陣が囲んで教えてくれた。

・渡辺プロから独立して森音楽事務所を設立(=79年)。

・渡辺プロから独立後にしばらくの間、芸能界から干された。

・森昌子との結婚式の日に自宅に泥棒が入って貴金属類(1500万円相当)を盗まれた。

・チャリティーコンサート「じゃがいもの会」を主宰(=85年〜07年)。

 23年間でのべ242組が出演。

 出演はアイウエオ順、楽屋は大部屋、ノーギャラ。

 10周年の94年に外務大臣賞を受賞。

・芸能生活30周年記念コンサートに1万人を無料招待(=95年)。

・長野五輪国際親善大使(=98年)。

・カンボジアに学校を建てた(=98年)。

・カンボジアで地雷除去作業を実際に体験。

・森昌子とのデュエット曲「ふ・た・り物語」をリリース(=02年)。

・新潟県中越地震の被災地への義援金500万円を新潟県に贈った(=05年)。

・代表曲「おふくろさん」に無断で台詞を加えたとして

 作詞家の川内康範から抗議されてトラブルに発展(=07年)。

・著書:

 「渚にて」(=90年)

 エッセイ集「晴れた日に」(=05年)

凡例:18.01現在=2018年1月現在