森田芳光

森田芳光


■森田芳光(もりた よしみつ)

 

□肩書き

 映画監督

 

□生年

 1950(昭和25)01.25(水瓶座)

 

□没年

 2011(平成23)12.20(享年61)

 

□出身地

 東京都渋谷区円山町

 

□出身校

 鉢山幼稚園

 大向小学校

 松濤中学校

 日大桜丘高校

 日本大学芸術学部放送学科

 

□略歴(満年齢)

 83年(33歳)映画「家族ゲーム」監督・脚本。

 84年(34歳)映画「メイン・テーマ」監督・脚本。

   06年(56歳)映画「間宮兄弟」監督・脚本。

 ※他の主な監督作品:

  映画「の・ようなもの」「そろばんづく」「キッチン」


■森田芳光

 

□幼少時代〜

・実家は円山町の料亭「銀月」。

 隣はソープランド、向いにラブホテルがあった。

・父親は保険会社勤務。

・ひとりっ子。

・両親は仲が良くなかった。

 親子3人で遊びに行った事がなかった。

 親子3人で写っている写真は1枚もない。

・父親と一緒によく映画を観に行った。

・両親は子育てに関して放任主義。

 褒められた事も叱られた事もなかった。

・祖母と仲が良かった。

 花札や馬券の買い方を教えて貰った。

 一緒に歌舞伎や新国劇を観劇。

・帳場で祖母や芸者衆と一緒にテレビを見た。

 芸者衆から「若旦那」と呼ばれた。

・自分の部屋の廊下の向こうの部屋は料亭の客室だった。

・習いごと…日舞。バレエ。

・小学校時代、学芸会のクラス代表に選ばれたが、

 インフルエンザで本番が中止になった。

・小学校時代、ドラマ「事件記者」を見てジャーナリストに憧れた。

・中3の時、混線電話で知り合った女の子をデートに誘った。

・大学時代、全共闘の大学封鎖で休講が続き、

 暇つぶしに自主映画を撮り始めた。

・大学時代、全共闘に体験参加、3日で嫌になってやめた。

 

□私生活

・好きな音楽…ジャズ。

・両親は離婚。


■森田芳光

 

□人間関係

・石井岳龍(石井聰亙)、井筒和幸、大森一樹、

 黒沢清、周防正行、森田芳光

 …自主映画出身の映画監督。

・大友克洋…大好きな漫画家。

 自主映画上映会のポスターを大友にノーギャラで描いて貰った。

・宇多丸…森田芳光のファン。

 著書「森田芳光全映画」出版(=21年)。

 

□エピソードなど

・小学校時代、舞台やドラマに子役として出演。

 東宝芸能学校に通っていた。

 子役の縦社会になじめなかった。

・大学卒業後、コピーライター養成講座、大宅壮一マスコミ塾に通った。

・大学卒業後、自主映画を撮り続けた。

・映画館(名画座)でアルバイト。

 モギリ、コーヒー販売、ポスター受領、清掃など。

 映写もやりたかったが教えて貰えなかった。

・自主映画「ライブイン茅ヶ崎」がぴあフィルムフェスティバル入選(=78年)。

・30歳の時、世間の信用を得る為に事務所「ニューズコーポレーション」を設立。

凡例:20.01現在=2020年1月現在