棚橋弘至

棚橋弘至


■棚橋弘至(たなはし ひろし)

 

□肩書き

 プロレスラー

 

□所属

 新日本プロレス(99年〜)

 

□生年

 1976(昭和51)11.13(蠍座)

 

□出身地

 岐阜県大垣市

 

□出身校

 岐阜県立大垣西高校

 立命館大学法学部卒業

 

□略歴(満年齢)

 99年(23歳)新日本プロレスに入門。

 06年(30歳)IWGPヘビー級タイトルを獲得。

 ※主な出演:

  テレビ「徹子の部屋」「ごごナマ」

 

□サイズ

 181㎝

 

□特筆事項

・長女は呼春


■棚橋弘至

 

□幼少時代〜

・父親はサラリーマン。

・毋親は専業主婦。

・弟と妹がいる。

・祖父母が同居の7人家族。

・周囲に田んぼがたくさんある所で育った。

・外で遊ぶのが好きだった。

 家の前の揖斐川でよく泳いだ。

 家の裏の寺の境内でよく弟と野球をした。

・弟の方が体が大きかったので、自転車は弟のお下がりだった。

・中学〜高校時代、野球部。

 レフトで8番だったが「将来プロ野球選手になる」と周囲に公言。

 中日ドラゴンズのファンだった。

・高3の時、プロ野球選手からスポーツマスコミに志望変更、

 1日15時間受験勉強をして立命館大学に合格。

・大学時代、プロレス同好会。

・大学時代、プロレスラーになる為にひたすら食べて63㎏から90㎏まで増量。

 食事は毎回定食と丼物とバナナとツナ缶2個。

 食費の為に追加の仕送りを送って貰った。

・新日本プロレスの大ファンだった。

 岐阜から夜行列車を利用して東京ドーム大会を観に行った。

■棚橋弘至

 

□私生活

・好物…生クリーム(大好物)。

・得意料理…糖質カット麺料理。

・右膝変形性関節症で1ヵ月欠場(=18年)。

・仮面ライダーマニア。

・両親と仲が良い。

・長女の髪の毛をヘアアイロンでセットしてあげる。

・交際相手の女性にナイフで背中を刺された(=02年)。

 背中にナイフが刺さった状態で自ら原付バイクで病院に行った。

 外傷性血気胸、背部刺創等の重傷を負ってプロレスを半年間休養。


■棚橋弘至

 

□人間関係

・オカダ・カズチカ、棚橋弘至、真壁刀義、藤田和之、船木誠勝、

 佐々木健介、橋本真也、山田恵一(獣神サンダーライガー)、

 蝶野正洋、武藤敬司、高田延彦、前田日明、

 佐山聡(初代タイガーマスク)、小林邦昭、藤波辰爾、木村健悟。

 長州力、藤原喜明、アントニオ猪木、坂口征二、

 …新日本プロレス出身の主要レスラー(年齢順、現所属を含む)。

・真壁刀義…新人時代の寮長。練習以外では気さくな先輩だった。

 新人時代によくコンビニスイーツをおごって貰った。

・寺田心…映画「パパはわるものチャンピオン」で親子役で共演。

・妻…?年結婚。中学校の同級生。

・子供:

 長女…呼春。03.11.08誕生。ジュニアモデル、女優。

 長男…小4(=16.03現在)。

■棚橋弘至

 

□エピソードなど

・大学3年の時、3回目の挑戦で新日本プロレスのテストに合格。

・練習生時代の練習は超ハード。途中で辞める練習生が何人もいた。

 腕立て伏せやスクワットを1000回やった。

・ナルシストキャラ。

・ヘアスタイルをビシッと決めて入場する事をこころがけている。

 ヘアアイロン、ドライヤー、ワックス、スプレーを持ち歩く。

 大きな試合の時は美容室でセットしてから会場入りする。

・当初はチャラチャラしたキャラを嫌うファンからブーイングされた。

・試合後のマイクパフォーマンスでよく噛む。

・アニメ映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」に声優として出演(=16年)。

・映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」に出演(=16年)。

・映画「パパはわるものチャンピオン」に主演(=18年)。

・IWGPヘビー級タイトルを8回奪取(史上最多=19.01現在)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在