栗山英樹

栗山英樹

■栗山英樹(くりやま ひでき)

 

□肩書き

 野球選手(90年引退) 

 野球指導者

 

□所属

 ヤクルトスワローズ(84年〜90年)※現役

 北海道日本ハムファイターズ(12年〜21年)※監督

 

□本名

 栗山秀樹

 

□生年

 1961(昭和36)04.26(牡牛座/A型)

 

□出身地

 東京都小平市

 

□出身校

 小平市立第十三小学校 

 小平市立第ニ中学校 

 創価高校 

 東京学芸大学卒業

 

□略歴(満年齢)

 84年(23歳)ドラフト外でヤクルトスワローズに入団。

   12年(51歳)北海道日本ハムファイターズの監督に就任。

 21年(60歳)日本代表監督に就任。

 ※入団、就任は野球シーズン年度

 ※通算成績:

  494試合、336安打、.279、7本、67打点

 ※主なタイトル・表彰:

    ゴールデングラブ賞1回

 ※主な出演:

  テレビ「スポーツフロンティア」「報道ステーション」「GET SPORTS」

  CM    「ナムコ ワールドスタジアム5」「第一三共ヘルスケア ルルアタックIB」

 

□趣味

 読書 映画観賞 旅行

 

□資格・免許

 教員免許(小・中・高校の体育)

 

□サイズ

 176㎝


■栗山英樹

 

□幼少時代〜

・兄がいる。

・父親は躾に厳しかった。

 食事中に正座を崩すと庭に投げ捨てられた。

・小学校時代、父親が監督を務める少年野球チーム「富士見スネークス」。

・父親に「巨人の星」のように徹底的にしごかれた。

・中学時代、レベルが低すぎたので野球部を避けて、

 野球に必要な足腰を鍛える為にバレーボール部に入った。

 成長期に練習のしすぎで両膝に水がたまって医者にスポーツを止めらて

 バレーボールをやめて野球に戻った(野球はスポーツと思っていなかった)。

・中3の時、日本代表としてアメリカのチームと対戦、

   ドジャースのスカウトに声をかけられた。

・父親に「プロより指導者を目指せ」と言われ、猛勉強して学芸大学に合格。

・大学時代、野球部の予算が少なかったのでバットを1本折ると皆で悔しがった。

 備品購入の為にアルバイトに励んだ。

・大学時代、小学校の教員免許の為にピアノを練習した。

・大学時代、投手として25勝8敗。打者として通算.398(リーグ史上3位)。

 

□私生活

・好物…ラーメン(遠征先で勝った時にご褒美として食べる)。

・難病のメニエール病を患った(耳の機能を麻痺させる薬を服用して克服=87〜88年)。

・中国の古典のCDを移動中に聞く(「韓非子」「菜根譚」など)。

 気に入ったフレーズは監督室のホワイトボードに書く。

・住んでいた所…東京都東村山市。

・昆虫が大好き。

 野球界をリタイア後に昆虫博士にになりたいと思っている。

・座右の銘…「夢は正夢」。


■栗山英樹

 

□人間関係

・池山隆寛、高野光…ヤクルトの同期入団。

・若松勉…入団1年目の秋季練習で若松のアドバイスでスイッチヒッターに転向。

・内藤博文…ヤクルト入団当時の2軍監督。

   「2年で1軍に上がれなかったら俺が責任を取って辞める」とフロントにかけあって

   栗山の入団を後押ししてくれた。

・原辰徳…子供の頃から憧れていた。

・三原脩…監督として尊敬している。三原が残した野球ノートを参考にしている。

・福島弓子、伊達公子…交際を噂された。

 

□エピソードなど

・ヤクルトと西武の入団テストを受けた。

・入団1年目、プロの練習についていけず、身体がパニックになり、

   内野手の練習中にスローイングがランナーの頭に直撃した。

・シーズン打率.331(規定打席不足=88年)。

・1試合4犠打(=89年)。

・シングル「フォー・シーズンズ」をリリース(=93年)。

・現役時代、女性ファンがたくさんいた。

・天然芝の手作り野球場「栗の樹ファーム」を作った(=02年)。

・ソフトバンクとの11.5ゲーム差を大逆転してリーグ優勝(=16年)。

 試合後のインタビューで「北の国から2016 伝説(誰もあきらめなかった)」と評した。

・正力松太郎賞を受賞(=16年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在