松田聖子

松田聖子


■松田聖子(まつだ せいこ)

 

□肩書き

 歌手 女優

 

□本名

 蒲池法子

 

□生年

 1962(昭和37)03.10(魚座/A型)

 

□出身地

 福岡県久留米市

 

□出身校

 久留米市立荒木中学校

 私立信愛女学院高校→堀越学園高校卒業

 

□略歴

 80年(18歳)「裸足の季節」で歌手デビュー。

 81年(19歳)映画「野菊の墓」主演。

 15年(52歳)2年連続で紅白歌合戦大トリ。

 ※他の主なシングル:

  「青い珊瑚礁」「風立ちぬ」「赤いスイートピー」

 ※他の主な出演:

  映画 「プルメリアの伝説」「カリブ 愛のシンフォニー」

  ドラマ「おだいじに」「おとなの選択」「わたしってブスだったの?」

  テレビ「みなさんのおかげです」「徹子の部屋」「嵐にしやがれ」

  ラジオ「ピンクのスニーカー」「夢で逢えたら」「オールナイトニッポン」

  CM    「江崎グリコ」「資生堂」「エスエス製薬 エスタック」

 

□趣味

 スターウォーズグッズ収集 卓球

 

□特技

 英会話

 

□サイズ

 158㎝

 

□特記事項

・元夫は神田正輝

・長女は神田沙也加

■松田聖子


□幼少時代〜

・父親は公務員(社会福祉事務所勤務)。

・おてんばな子供だった。よく怪我をした。

・5歳の誕生日にピアノを買って貰った。

・習字、そろばんなどの習い事は全て3日坊主で終わった。

・子供の頃から歌が大好きだった。

 保育所のバス旅行でマイクを握って離さなかった。

・子供の頃、リカちゃん人形遊びが大好きだった。

・小学校時代、アニメ「アタックNo.1」の影響でバレーボールをやった。

・小5の時、転校生のクラスメイトに初恋するが片思いで終わった。

・中学時代、ユニフォームに憧れて軟式テニス部。

・中学時代、クラスメイトの男子をスタッフにして体育館でコンサートを開催、

 天地真理、キャンディーズ、ピンクレディーを歌った。

・中学時代、学校まで徒歩1分の所に住んでいたが遅刻の常習犯だったらしい。

・高校はキリスト教系の女子校。

・高校時代、キリスト教研究部。



■松田聖子

 

□私生活

・好物…

 お茶漬け。みそラーメン。たぬきそば。五目そば。

 卵とじうどん(ステージで歌う前に食べる)。

 ハワイアンピザ。たこ焼き。

 とんかつ(大好物だが胃腸が弱いので年に数回しか食べない)。

 カルビ。チンジャオロース。豚のしょうが焼き。甘えび。明太子。

 シャケフレーク。ウニ。あさりの酒蒸し。もずく酢。めかぶ。納豆。

 柿。パパイヤ。アボカド。カマンベールチーズ。

 緑茶(八女茶)。リンゴジュース。

 甘いもの(チョコレート、チョコレートケーキ、クッキーなど)。

・嫌いな食べ物…

 ちらし寿司。ハム(ハムサンドも駄目)。レバー。スッポン。豚足。

 光りもの。トロ。生卵。ゴーヤ。トマト。ぜんざい。牛乳。

・得意料理…

 カレーライス。シチュー。ハンバーグ。

 筑前煮。きんぴらごぼう。マフィン。

・白米、魚、煮野菜、漬物の夕食を1ヵ月続けても平気。

・太らないように甘いものを食べるかわりに油ものは食べない。

・ツアー中は野菜中心の食事を摂る。

・酒はほとんど飲めない。

・健康法…

 ビタミン剤。山芋と野菜のスープ。腕立て。腹筋。

 オイルマッサージ。ヨガ。ストレッチ。

・胃腸が弱い。

・翌朝早く起きる必要がある時は緊張で寝付きが悪い。

・好きなマンガ…「クレヨンしんちゃん」。

・好きな映画…「スターウォーズ」(RS-D2が大好き)。ディズニー映画。

・マックの化粧品(スーパーモデル御用達)を愛用。

・占いが好き。

・ゴキブリが大の苦手。殺虫剤で殺した後も触れない。

・自宅に卓球台がある。

・ペット…犬(シーズー、名前はVIVI=02.06現在)。

・住んでいる所…東京都世田谷区成城(=98.07現在)。

・母親と同居中(=06.04現在)。

・バーゲンが好き。

・ボウリングが苦手。

 40歳を過ぎてから番組の企画で人生初のストライクを出した。

・運転免許を持っていない(=21.10現在)。

 若い頃に教習所に通って仮免まで行ったが多忙で途中リタイア。

・バスや電車にひとりで乗った事がない(=04.05現在)。

・銀行で現金をおろした事がない(=04.05現在)。

・毎年正月と夏休みにハワイに家族旅行に行く。

・グリーンカード(アメリカ永住権)を持っている。

・自宅に泥棒が入って現金など10万円相当の被害(=98年)。

・時々無意識に九州弁が出る。


■松田聖子

 

□人間関係

・モト冬樹…家族ぐるみのつきあい。

 一緒にカラオケ、キャンプ、海外旅行に行く。

 年末年始を毎年一緒に過ごす。「フンちゃん」と呼ぶ。

・小柳ルミ子…友人。姉妹のように仲が良い。

・岩崎良美…高校の同級生。

・田原俊彦、柏原芳恵、河合奈保子、岩崎良美、松村和子…歌手デビュー同期生。

 若い頃に河合奈保子と一緒に自動車教習所に通った。

・太川陽介…ドラマ「お大事に」で恋人役で共演してキスシーン。

・近藤正臣…映画「夏服のイブ」で共演してキスシーン。

・石橋貴明…ユニット・SEIKO&Crazy.Tで「Smile on me」をリリース(=04年)。

・中条きよし…アメリカ映画「GEDO」で共演。

・松本隆…松田の曲を多数作詞(100曲以上)。

・松任谷由実…「赤いスィートピー」など10曲以上曲を提供。

・尾崎亜美…松田に曲を提供。

・伊集院静…コンサートの演出を担当。

・森口博子…スクールメイツ九州校時代にや聖子のバックで踊った。

 松田のモノマネができる。

・前田健、斉藤ルミ子、友近、松居直美、松本明子、まねだ聖子、

 ミラクルひかる、メグマリコ…松田のモノマネをする。

・ヒロミ…高校時代に聖子のコンサート警備のアルバイトをした。

・河内家菊水丸…松田の歯型付きガムを所有(趣味の収集の一環)。

・森永卓郎…「松田聖子にサインして貰ったSEIKOの時計」を所有。

 ※有名人ダジャレシリーズ

・酒井法子…事務所、出身地、本名が同じ(松田の本名は蒲池法子)。

 デビュー当時に「ポスト聖子」と呼ばれていた。

・林葉直子…「将棋界の松田聖子」と呼ばれていた。

・和田アキ子…和田が再三聖子を批判して不仲を噂された(=00年)。

・角田信朗…松田の大ファン。

 松田のラジオ番組に投稿したハガキが当たって電話でデート&キス。

・木下博勝…松田の大ファン。

・クロちゃん…松田に憧れてアイドル歌手志望でオーディションを受けた。

・田中裕二…松田の大ファン。ヒット曲を全部歌える。

・中居正広…松田の大ファン。

・中村俊介…松田の大ファン(小学校時代)。

・平井堅…松田の大ファンカラオケで歌う。

 子供の頃に松田の「瞳はダイアモンド」を聞いてバラードに目覚めた。

・まこと(シャ乱Q)…小5の時から松田の大ファン。

 「松田と結婚して子供もひきとって育てたい」と真剣に考えて親に相談した。

・増田英彦…松田の大ファン(中学時代)。

 ファンクラブに入っていた(郷ひろみとの噂にショックを受けてやめた)。

・恵俊彰…松田の大ファン。部屋にポスターを飾っていた。

 特に「スウィートメモリーズ」が好き。

・米良美一…松田の大ファン(中学時代)。

 松田の曲を歌う為に裏声を使うようになった。

・やくみつる…松田が40歳を過ぎた頃から大ファンになった。コンサートに行く。

・山咲トオル…松田の大ファン。マイナーな曲も押さえている。

 自分でチケットを買ってコンサートに行く。

・飯田圭織…松田の大ファン。聖子のモノマネができる。

・生稲晃子…松田の大ファン。ほとんどの曲を振り付きで歌える。

・上原さくら…ものごころついた頃からずっと松田のファン。

・大林素子…松田のファン。子供の頃に「松田聖子になりたい」と思っていた。

・倖田來未…松田のファン。カラオケで歌う。

・坂井真紀…子供の頃から松田の大ファン。ライブに行く。

・さとう珠緒…松田のファン。振り付けを完璧にマスター。

・沢口靖子…松田の大ファン(中学〜高校時代)。

・鈴木蘭々…松田の大ファン(小学校時代)。

 髪形を「聖子ちゃんカット」にしておもちゃのマイクを握って「青い珊瑚礁」を歌った。

・中川翔子…松田の大ファン。CDを全て所有。松田聖子グッズを収集。

 13歳から約5年間松田聖子の曲しか音楽を聴かなかった。

 80年代前半の曲は歌詞を見ないで歌える。

・中森明菜…松田のファン。聖子に憧れて歌手を志した。シングルを全部所有。

・西村知美…松田の大ファン(中学時代)。

・松たか子…松田のファン(小学校時代)。髪形や服装を真似していた。

・マルシア…松田の大ファン。全曲歌える。

・三浦理恵子…子供の頃から松田の大ファン。

・渡辺満里奈…松田の大ファン。ヒット曲を全部歌える。

・はるな愛…子供の頃から松田の大ファン。

 10歳の時に祖母と一緒に自宅に遊びに行って松田の母親と話した。

・ウド鈴木、木下博勝、綾小路翔、都並敏史、東儀秀樹、堀江貴文、

 三村マサカズ、宮本和知、本村健太郎(弁護士)、

 aiko、穴井夕子、阿部美穂子、有坂来瞳、井上晴美、エド・はるみ、

 奥貫薫、梶原真弓、片平なぎさ、斉藤慶子、坂下千里子、高嶋ちさ子、

 多部未華子、千秋、中島史恵、中山エミリ、新山千春、西川史子、西村知美、

 浜崎あゆみ、福永ちな、松本明子、持田香織、横山めぐみ、リサ・ステッグマイヤー

 …松田のファン。

・田原俊彦…アイドル時代に歌番組やCMで度々共演。交際を噂された。

・近藤真彦…交際を噂された(=89年)。

・ジェフ・ニコルス…交際を噂された(=90年)。

・アラン・リード…バックダンサー。交際を噂された(=98年)。

・原田慎二…憧れている芸能人。子供の頃に原田のファンクラブに入っていた。

 原田がコンサートとディナーショーをプロデュース(=01年)。

 交際を噂された(=01年)。

・郷ひろみ…デビュー前から郷のファンだった。

 会見で「生まれかわったら絶対一緒になろうね、と言われました」と松田が発言(=85年)。 

 デュエット曲「True Love Story」をリリース(=00年)。

・奥田瑛二、真田広之、宅麻伸、中井貴一、野々村真、羽賀研二、諸星和己

 …交際を噂された。

・神田正輝…85.06.24挙式、97年1月離婚。

 目黒サレジオ教会での挙式で石原プロの演出で300羽の鳩を放った。

 披露宴のテレビ中継の視聴率は34.9%。

 メキシコで食中毒で倒れた時に神田が看病してくれて仲良くなった。 

 焼きそばのCMで夫婦共演(=94年)。

・波多野浩之…歯科医。98.05.25挙式、00.12.12離婚。6歳年下。

 長女が通っていた歯医者の先生。初めて会った時に「ビビビッ」ときた。

 離婚後に手をつないで一緒にいる所を撮られて復縁や偽装離婚を噂された。

・夫…大学准教授。12.06.13入籍。

 専門は歯科・口腔外科(インプラントの権威)。

 輪郭と眉毛は郷ひろみ似、鼻筋と口が神田正輝似らしい。

・子供:

 長女…神田沙也加。86.10.01誕生。歌手、女優。


■松田聖子

 

□エピソードなど

・ミスセブンティーン九州大会で優勝するが、

 両親が芸能界入りに猛反対で全国大会に出場させて貰えず、

 折衷案として平尾昌晃音楽学校福岡校に通ってチャンスを待った。

・「らりるれろ」の発音が苦手だった。

・スクールメイツのメンバーだった。

・事務所のスタッフが何度も家に来て両親を説得して

 「3年やって駄目だったら九州の大学に進学する」という条件でデビューを許して貰った。

・芸名の由来…初出演ドラマ「おだいじに」の役名。

 ※主演の太川陽介の隣に住む「松田家」の娘

・デビュー曲「裸足の季節」は資生堂のCMソング。

・デビュー当時のキャッチフレーズは「抱きしめたいミスソニー」。

・デビュー当時の髪形は「聖子ちゃんカット」として一世を風靡した。

 ※前髪を垂らしサイドを外巻きにして後ろに流す髪型

・「元祖ブリっ子アイドル」と呼ばれた。

 ※「ザ・ベストテン」で母親と電話で話して泣いたのは嘘泣き、と噂された

・コンサート中に暴漢にスチール製の金具で頭部などを殴打された(=83年)。

・オースルター運動会の100m競争の途中で転倒して後続ランナーの膝が後頭部にヒット。

・「風は秋色」から「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコンチャート1位。

・天地真理、あべ静江のモノマネができる。

・CM「たかの友梨ビューティークリニック」に出演(=89年)。

・アメリカでアルバム「Seiko」をリリース(=90年)。

・「100m移動するのにもリムジンを利用」と噂された。

・紅白歌合戦で熊のぬいぐるみを背中に背負った衣装が話題になった(=95年)。

・シングル「Good For You」が全米クラブ系チャート紙の1位(=96年)。

・アメリカの刑事ドラマ「ザ・ビッグ・イージー」にゲスト出演(=97年)。

・母校・久留米市立荒木中学校の創立50周年記念に100万円を寄付して記念誌に寄稿(=97年)。

 寄付金で造られたレンガ造りの門に「蒲地法子」の名前が刻印された

・所属事務所・ファンティックが2年間で約2500万円の申告漏れを指摘された。

・東京、大阪、福岡、札幌で初のライブハウスツアー(=99年)。

・歌手生活20周年記念シングル「20th Party」を自ら作詞(=00年)。

 歌詞に過去のヒット曲のタイトルが多数盛り込まれている。

・アメリカ映画「アルマゲドン」「GEDO」に出演。

・ベストアルバム「LOVE」に長女・沙也加とのデュエット曲を収録(=00年)。

・長女・沙也加とCM「グリコ熟カレー」で親子共演(=02年)。

・着物のブランド「SEIKO MATSUDA KIMONO」をプロデュース。

・ディナーショーのアンコールで男性ファンが握手した手を離さず、

 勢い余ってステージ上で転倒して頚椎捻挫と背部挫傷(全治3週間=03年)。

・シングル「逢いたい」発売に際して初のトークイベント(=04年)。

・スペシャルドラマ「たったひとつのたからもの」が視聴率30%を記録(=04年)。

 10年ぶりのドラマ出演。ダウン症の子供の母親を演じた。制作発表会見で号泣。

・16年ぶりの写真集「赤いスイートピー」で水着姿を披露(=05年)。

・アルバム55作品を収録する74枚組のCDボックスをリリース(=06年)。

・女児用ドレス「SEIKO MATSUDA KIDS DRESS」をプロデュース(=07年)。

・アルバム「Baby's breath」で全曲作詞作曲&プロデュースに初挑戦(=07年)。

・アニメ「ドラえもん」に声優として出演(本人役=07年)。

・デビュー以来同じヘッドフォンを使い続けている(海外にも持って行く=07年現在)。

・ディナーショーのチケット代が芸能界で一番高いらしい。

・ディナーショーのチケットは発売と同時に即完売する。

・女性アーティスト初の100回目の日本武道館公演を開催(=13年)。

・35周年記念アルバム「Bibbidi-Bobbidi-Boo」の全曲を作詞作曲プロデュース(=15年)。

・ニッポン放送PR局長を務めて名刺を配った(=21年)。

・副業:

 ブティック「フローレス・セイコ」(自由が丘、店に顔を出してレジに立つ事がある=07.10現在)。

 ファッションブランド「St.Reet」(=00年設立)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在