松崎しげる

松崎しげる

■松崎しげる(まつざき しげる)

 

□肩書き

 歌手

 

□本名

 松崎茂幸

 

□生年

 1949(昭和24)11.19(蠍座/AB型)

 

□出身地

 東京都江戸川区

 

□出身校

 江戸川区第三松江小学校

 江戸川区松江第三中学校

 日本大学附属第一高校

 日本大学芸術学部文芸学科卒業

 

□略歴 

 77年(28歳)「愛のメモリー」がヒット。日本レコード大賞歌唱賞を受賞。

 79年(30歳)ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」に主演。

 87年(38歳)映画「湘南爆走族」に出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「その後の仁義なき戦い」「ケータイ刑事 THE MOVIE2」

  テレビ「おもいっきりTV」「THE夜もヒッパレ」

 ※他の主なシングル:

  「ワンダフル・モーメント」「地平を駈ける獅子を見た」

 

□趣味

 料理 プロ野球観戦 天体観測 

 野球 釣り クルマ スキューバダイビング 軽飛行機

 

□特技

 ギター 即興音楽 ゴルフ(シングルプレイヤー)

 

□サイズ

 170㎝

■松崎しげる

 

□幼少時代〜

・妹がいる。

・蓄音機から流れる音楽にあわせて家でダンスを踊るモダンな両親だった。

 蓄音機をまわすのは松崎の役目だった。

・子供の頃、父親の許しがないとテレビを見せて貰えなかった。

・「男の子は良い事も悪い事もなんでも経験しろ」という父親の教育方針で自由奔放に育った。

・小学校時代、30㎏のバーベルを50回上げて近所のスポーツ店店長からグローブを貰った。

・小学校時代、ガキ大将だった。

・小学校時代、女の子に人気があってファンクラブがあった。

・中2の時、家庭教師の女子大生にリードされるがままに初キス〜初セックスを体験。

 翌日セックスの最中にお茶を持ってきた母親に見つかった。

・中2の時、ビートルズで音楽に目覚めた。

 父親のカードを無断拝借してドラムセット32000円を20回払いで購入した。

・中学時代、野球部のキャプテン。

・中学時代、エロい話ばかりしていたので「スケ松」と呼ばれていた。

・野球推薦で高校に入学。プロ野球選手を目指していた。

・高2の時、怪我で野球を辞めて音楽に転向してビートルズのコピーバンドを始めた。

・高校時代、友人の家を転々と泊まり歩いて滅多に家に帰らなかった。

・東京五輪で聖火ランナーの伴走をした。

・大学の卒論のテーマはショパン。

■松崎しげる

 

□私生活

・好物…うな重。餃子(大好物、ラー油を大量につけて食べる)。

 天ぷら。神戸牛ステーキ。金目鯛の煮付け。じゃこ天。シューマイ。

   納豆(オクラ、大根おろし、メカブ、シラスを入れて食べる)。

 このわた。中華料理。

・得意料理…とり肉ワンタン。

・酒が好き。好きな酒は日本酒(オンザロックで飲む)。

・事務所のスタッフや友人を連れて銀座で飲む。

 最盛期の飲み代は月に約400万円。

 「夜の帝王」と呼ばれていた。

 「酒は飲んだら呑まれろ」がモットー。

 記憶がなくなるまで飲んでいた。

 子供が出来てから飲む回数が激減した。

 酔って北海道の雪の中で寝て凍死しかけた事がある。

・ヘビースモーカー(1日60本=00.11現在)。

・健康法…冬場に大根おろしを蜂蜜に入れて飲む。

・モンゴルでの番組収録中に落馬して腰椎を骨折(=01年)。

 帰国する飛行機で4時間通路に横になっていた。

 帰国後寝たきりで40日間の入院中に妻に下の世話をして貰った。

 一番心配だった男性機能の後遺症はなかった。

・肺活量が多い。

・左きき。

・よくおならが出る。

・ウォータージェットの歯磨き機を愛用。

・自宅と事務所に約200万円の日焼け用マシンがある。

 冬場は週2ペースで日焼けマシンを使う。

 日焼けマシンを「マイアミ」と呼ぶ。

 肌のケアは特に何もしていない顔にシミがほとんどない。

 65歳の時に「肌年齢は10代」と診断された。

・好きな歌手…ジェームス・ブラウン。

・ギターを約150本所有。

・自宅リビングにグランドピアノがある。

・動物が好き。

・巨人と西武のファン。

・いきつけ:

 創作居酒屋「やまや」(中目黒=16.09現在)。

 中華「磐梯山」(墨田区両国、焼餃子、高校時代から、月数回行く=16.09現在)。

 中華「江南」(名古屋、餃子=15.06現在)。

 中華「一楽」(目黒区大橋、豚足の煮込みが旨い)。 

 中華「四川亭」(軽井沢、軽井沢に行った時は必ず行く)。

 ステーキハウス「あずま」(原宿、記念日に夫婦ふたりで行く)。

 天ぷら「いもや」(神保町、学生時代から通っている)。

 うなぎ「梅家」(港区芝浦)。

 「谷口楽器」(お茶の水、学生時代から通っている、左きき用ギターの在庫日本一)。

・クラシックカーが好き。

・クルマ(ベンツ600)を盗まれた(=97年)。

・クレジットカードが嫌い。常に現金で支払う。常に財布に現金を80万円以上入れておく。

・シングルプレイヤーだった父親が使っていたパターを左きき用に改造して愛用。

・ゴルフでホールインワンを出した事が4回ある(=03.02現在)。

 そのうちの1回は転がらずにダイレクトカップイン。

・グアムが大好き。100回以上行った。

 プライベートビーチで全裸で陽焼けする。グアムの親善大使を務めた。

・道交法違反(無免許運転)の疑いで書類送検(不起訴=07年)。

 クルマのドアを開けた際にバイクと接触する事故で発覚。

 02年の国際運転免許証の法改正に気付かずに無免許状態になっていた。

   約1ヵ月芸能活動を謹慎。

・父親の3回忌が終わった直後に母親が他界。

・ギターを弾きながら即興のメロディーで子供に話しかける。

・子供の世話を自らすすんでやる。子供を学校に送る。

・長男が野球をやっている(=14.07現在)。

・逆ナンパされて彼女の部屋でセックスしている時に彼氏が来て窓から裸で逃げた事がある。

・17歳のホテトル嬢との淫行が発覚(=84年)。

・2回の離婚はいすれも円満離婚。離婚に際して離婚パーティーを開いた。

・妻が学生時代にスタイリストの助手をしていて知り合った。

 妻側の親族全員が結婚に不賛成だったが父親母親祖母兄弟の計6人を個別に会って説得した。

・妻は日本橋の老舗の小料理屋の娘で料理が得意、「男子厨房に入るべからず」という主義。

・毎年誕生日や結婚記念日に妻と一緒に食事をする。

・妻と手を繋いでデートをする。

■松崎しげる

 

□人間関係

・志垣太郎、柴俊夫、田中健、西田敏行、松崎しげる

 …親友。芸能界で売れる前からの仲間「五人会」のメンバー。

 頻繁に会って情報交換。

 売れない頃に松崎が柴俊夫の家に1年間居候していた。

 売れない頃に西田と松崎はよく六本木のパブで即興で歌っていた。

 西田と松崎が深夜に柴の家に遊びに行った時に真野響子の嫁入り道具のペルシャ絨毯に

 ラーメンをこぼした(西田と松崎は約2年間出入り禁止になった)。

 西田と松崎は他の3人に内緒でブラジルにリオのカーニバルを見に行った。

 西田と生放送のバラエティ「ハッスル銀座」で共演(=77年〜79年)。

・河村隆一…友人。ゴルフや食事に行く。

・テリー伊藤…友人。同い年。

・大橋純子…昔からの友人。何度もジョイントコンサート。

・恵俊彰…長男が同じ小学校。

・宇崎竜童…バンド時代のマネージャー。

 宇崎は鼻の穴が大きかったのでメンバーから「酸素泥棒」と呼ばれていた。

・朝丘雪路…デビュー当時から世話になっている。

・眞鍋かをり…1歳の頃に松崎にだっこされて撮った写真が実家にある。

・国広富之…ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」で共演。

 映画「ケータイ刑事 THE MOVIE2」で25年ぶりにコンビ復活(=07年)。

・ももいろクローバーZ…ライブにゲスト出演。

 メンバーに「南国ピーナッツ」というニックネームを付けられた

 (ももくろのファンから「南ピーさん」と呼ばれる)。

・日高富明、堀内護…ミルクのメンバー。GAROとしてデビュー。

・上田正樹、冠二郎、さとう宗幸、つのだ★ひろ、堀内孝雄、

 南こうせつ、矢沢永吉…同い年の歌手。

・尾崎紀世彦、錦野旦、野村将希、吉田拓郎…同時期に歌手デビュー。

・及川光博…「愛のメモリー」をカバー(=05年)。

・IKKO…顔が似ているとよく言われる。

・松坂大輔…憧れている人。

・山岸直子…看護師。モンゴルで骨折した時につきっきりで看護して貰った。

 ※「ウッチャきナンチャき」に出演(=02年)

・浅野ゆう子…交際を噂された。

・最初の妻…20歳の時に結婚、80年離婚。別のバンドのボーカル。1歳年上。

・美奈子…元モデル。80.04結婚、91.11.30離婚。13歳年下。

 94年に稲葉浩志(B'z)と結婚。

・浩代…元OL。97.02.14スペイン・マジョルカ島の王宮で挙式。24歳年下。

・子供:

 長男…優輝(ゆうき)。98.11.01誕生。出産に9時間つきそった。

 長女…愛莉(あいり)。00.10.15誕生。

 次女…未空(みく)。07.01.04誕生。

■松崎しげる

 

□エピソードなど

・高3の時、ヤマハのライトミュージックコンテストの関東甲信越代表に選ばれてスカウトされた。

・高校卒業後、ロックバンド・ミルクを結成して米軍キャンプ行脚をした。

 練習終了後にスタジオの向いの牛乳屋で毎朝牛乳を飲んでいた事から命名。

 夏はアイスミルク、冬はホットミルクと称していた(当時のマネージャー宇崎竜童が命名)。

 ミルク時代はファンの女の子にモテモテで人生で一番やりたい放題だった。

・売れない頃、ジャズ喫茶でブルーコメッツの前座として歌った。

・初めての給料は給料袋のまま全額母親に渡した。

・最初の給料は16000円。交通費がなくて新宿から2時間以上かけて歩いて帰った事があった。

・「8760回のアイラブユー」でソロデビュー(=70年)。

・松崎が脱退してミルクに残ったメンバーは後にガロを結成した。

・「君の住んでいた街」で第6回ヤマハ世界歌謡祭最優秀歌唱賞を受賞(=75年)。  

・「愛の微笑」(「愛のメモリー」)でマジョルカ音楽祭2位に入賞(=76年)。

・ソロデビュー時の給料は67000円でそのまま7年間据え置きだった。

 六本木の友人の店で弾き語りのアルバイトをした時にギャラを30万円貰ってびっくりした。

・「愛のメモリー」は発売からヒットまで約2年かかった。

   当初はレコード会社に断られ、CMソングとして人気が出た後にレコード化された。

 第50回センバツの入場行進曲で使用された(高校時代に甲子園出場を夢見ていたので感激)。

・CMソングを300曲以上担当。

 「カティサーク」など一声だけ商品名をシャウトするだけのCMを多数担当。

 ノエビア化粧品、四国電力、日清チキン菜麺、富士サファリパークなど。

・ギターを約120本所有。自宅には置かず保管用の部屋とスタジオに置いてある。

 値段の合計は1億円以上。1900年に作られたギターを持っている。

・通常と逆の順番で弦を張った左ききギターを使用。

・楽屋に置いていたお気に入りの特注のギターを盗まれた事がある。

 後に番組宛に「お前のギターは大事に使っている」と手紙が来た。

・ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」のアクションシーンで前歯を折って骨折した。

・アニメ映画「コブラ」に声優として出演(=82年)。

・芸能人野球大会のホームラン競争で4本ホームランを打った。

・独立して個人事務所オフィスウォーカーを設立(=90年)。

・自分の会社で楽器の運送や映画音楽の制作を手がけている。

・あまり高価なファンからの贈り物は受け取らない。

・年末に毎年ディナーショーを100本以上開催。

 「ディナーショーキング」と呼ばれている。

 94年に1ヵ月に24本ディナーショーをやった(芸能界記録らしい)。

 ディナーショーで各テーブルを廻って1杯づつ飲み、ワンステージでブランデーを1本あける。

 歌よりトークの時間が長い(トーク6、歌4程度)。

・年間最多コンサート数を3年連続で記録(=97年)。

・長野五輪の聖火ランナーを務めた。

・植樹のボランティア活動を応援する歌を作曲(=99年)。

・自叙伝「親父の爪のあか」を出版(=00年)。

・朝7:00からのリハーサルでも全力で完璧にやる。

・パチンコ「黒ひげ危機一髪」に声と歌で出演(=02年)。

・アニメ主題歌15曲をカバーしたアルバム「あの日の少年」をリリース(=03年)。

 レコーディングに長男と長女が参加、ジャケットのイラストは長男が担当。

・自宅を「情報ツウ」で公開(=04年2月18日放送分)。

・アルバム「My Favorite Songs」にオペラ「タンホイザー」を収録(=05年)。

・妻・浩代、長男、長女が「素顔がイイねっ!」に出演(=05年11月19日放送分)。

・アニメ「おろしたてミュージカル練馬大根ブラザーズ」に声優として出演(=06年)。

 共演者と練馬大根ブラザーズとして主題歌「マ・ジ・ヤ・バ」をリリース(=06年)。

・エッセイ集「人モテ術」を上梓(明日香出版社=06年)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(本人撮影=13年11月9日放送分)。

・長男・優輝、長女・愛莉が「メレンゲの気持ち」に出演(=13年11月9日放送分)。

・「愛のメモリー」をバージョンを変えて何度もリリース(全12バージョン=14.07現在)。

   情熱のラテンジャズバージョン、ボサノババージョン、クラシックバージョンなど。

・埼玉西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」を歌唱。

・「まつざきしげるいろ」という水彩絵の具が発売された。

・年々キーが高くなってきている。

凡例:18.01現在=2018年1月現在