東ちづる

東ちづる


■東ちづる(あずま ちづる)

 

□肩書き

 女優

 

□本名

 東智鶴

 

□生年

 1960(昭和35)06.05(双子座/AB型)

 

□出身地

 広島県因島市

 

□出身校

 因島市立土生小学校

 因島市立土生中学校

 広島県立因島高校 

 関西外国語大学短期大学部卒業

 

□略歴

 96年(36歳)映画「必殺! 主水死す」出演。

 97年(37歳)大河ドラマ「毛利元就」出演。

 99年(39歳)朝ドラ「あすか」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「ヴァギナ・モノローグス」

  映画 「極道の妻たち 死んで貰います」「天使がくれたもの」

      ドラマ「わかば」「水戸黄門」「悪女について」

  テレビ「金子信雄の楽しい夕食」「THE WEEK」「クイズヒントでピント」

  CM  「大正製薬 リアップレディ」「花王 リリーフ」「永谷園」

 

□趣味

 読書 マンガ 海外旅行

 

□特技

 料理 絵画 デザイン テディベア収集

 ゴルフ テニス スキー スノーボード ウィンドサーフィン  

 

□資格・免許

 教員免許 そろばん2級 書道7段

   スキーインストラクター テニスインストラクター 

 

□サイズ

 160㎝


■東ちづる


□幼少時代〜

・妹がいる。

・1900グラムの未熟児で産まれた。

・母親が母乳の他に特製野菜ジュースをどんどん飲ませて100日目には丸々と太っていた。

・教育ママだった母親に就学前から学習ドリルを与えられた。

・習いごと…書道。そろばん。英語。オルガン。ピアノ。日舞。

・小学校〜中学時代、成績はトップクラス。

・小学校時代、よく男の子とケンカするおてんばだった。

・小学校時代、トニー谷、植木等、ピーターに憧れていた。

・小学校時代、女子からいじめられた事があった。

・中学時代、英語のテストはほとんど満点。

・中学時代、テニス部。

・中学時代、将来教師になりたいと思っていた。

・高校時代、テニス部と漫画研究会。

・高校時代、映画研究部の顧問の教師に頼まれて自主映画「ラ・メールの青春」に主演。

 ※「いつみても波瀾万丈」99.04.25放送で現存フィルムを紹介

・中学〜高校時代、恋愛に奥手だった。

 ラブレターを貰うとどうして良いか判らなくて母親に渡していた。

 キスをすると虫歯が移ると思っていた。

・短大時代、田舎出身である事をコンプレックスに感じていた。

・短大時代、トイレ共同の6畳一間に住んでいた。

・短大時代、ディスコで笑われないようにジャズダンスを習った。

・短大時代、オシャレに目覚めてDCブランドの洋服でキメて毎晩夜遊びした。

・大学時代、英語の勉強と称してハワイ旅行に行った。

・短大時代、親に紹介して結婚するつもりだった彼氏に突然フラれた。


■東ちづる

 

□私生活①

・好物…寿司。さば寿司。鰻雑炊。牛スジカレー。

 ホルモンチゲ。カキ(厚岸から取り寄せる)。

 貝の刺身。みょうが(みそ汁に入れる)。

   つぶあん(大好物、毎日食べる、自分でも作る)。

 ショートケーキ。チーズケーキ。アイスクリーム。

・嫌いな食べ物…ポテトサラダ。

・全国各地からおいしいものを取り寄せる。

・酒が好き。たくさん飲む。

 記憶が無くなるほど飲んだ事がある。

・健康法…杜仲茶。健康食品「万田酵素」(因島に本社)。

 ニンジンジュース(ヨーグルトを混ぜて飲む)。

 筋トレ。ピラティス。ヨガ。

・近所の犬に腕をかまれて牙が右腕を4箇所貫通する大怪我(=92年)。

・自宅前で転倒して右足首を骨折(=02年)。

・自分がアダルトチルドレンである事をカミングアウト(=02年)。

 幼少期から親の期待に応えようとする意識が強過ぎて優等生を演じてきた。

 母親と一緒にカウンセリングを受けた。

 ※告白本「〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか」でカミングアウト

 ※アダルトチルドレン=幼少期のストレスなどにより精神的不安定に陥りやすい人

・スポーツジムのプールで貧血で倒れた事がある。

 水着で救急車に乗りたくなかったので40分じっとして回復を待った。

・マンガを読む時、絵を描く時はとても集中する。

・妖怪が大好き。妖怪百科を持っている。

 水木しげるのマンガや京極夏彦の小説を愛読。

 水木しげるの町に遊びに行った。

・高校時代の記憶がほとんどない。

 自分でない自分を演じていた事が原因かもしれない、と思っている。

・着物が好き。

・ペット…

 猫(メインクーン、名前はエイト、牡3歳、体重10㎏以上=17.08現在)。

 猫(名前はピース、牡1歳=17.08現在)。

 熱帯魚(闘魚)。

・住んでいる所…東京都(=06.06現在)。


■東ちづる

 

□私生活②

・いきつけ…

 寿司「おさむ」(広尾)。

 寿司「松栄」(恵比寿)。

 「伊真沁」(白金=仲居の着物をデザイン、買った食材を調理して貰う)。

 「丸喜屋フーズ」(白金台)。

 ケーキ屋「アーモンド」(三軒茶屋)。

・広島カープのファン。

・腕相撲がとても強い。ダンプ松本以外には負けたことがない。

 生島ヒロシ、桂文珍、タモリに勝った。

・ゴルフが大好き。ベストスコアは80。

・メキシコが好き。

・マウイ島のヌーディストビーチに行った事がある。

・こわいもの知らずで好奇心旺盛。

・ホームパーティーが好き。自宅に客が45人来た事がある。

・父親は96年に他界。

・母親は近所に住んでいる(=06.06現在)。

・母親は着物の着付けの先生(=07.12現在)。

・母親がホリプロの養成所で女優の勉強をしている(=09.04現在)。

・好きなタイプ…少年のような心を持った男性。

 子供のようにいたずらっ気があってワクワクさせてくれる男性。

・料理以外の家事はだいたい夫がやってくれる。

 お互い料理は好きなので台所を取り合う。

・夫婦喧嘩はその日のうちにとことん話し合って解決する事にしている。

・夫はサプライズな模様替えが好き。

・夫はゴルフが大好き。アマの大会に出場した事がある。

・夫は難病・ジストニア痙性斜頸と闘病中(=14.02現在)。

 一時は車椅子が必要な状態だった。


■東ちづる

 

□人間関係

・熊谷真実…友人。30代の頃からの仲。同い年。

 お互いの還暦を一緒に祝った。

・久本雅美、山瀬まみ…友人。飲み友達。

・大江千里…友人。飲み友達。

・大竹一樹…友人。ゴルフ仲間。

・山田雅人…友人。ゴルフ仲間。

・久保田磨希…友人。

・ハルイチ(ポルノグラフィティ)…高校の後輩。

 自宅に遊びに来た事がある。

・高島礼子…映画「極道の妻たち/死んで貰います」で大乱闘シーン。

・今井雅之、岸谷五朗、北村一輝、山崎まさよし、ドリアン助川

 …好きなタイプ。

・京本政樹…交際を噂された(=91年)。

・渡辺正行…交際を噂された(=96年)。

・?…3歳年下のカメラマン。2年間同棲。

 妻子がいた事が判明して破局(=91年)。

・加納典明…交際宣言(=92年)。別れた後も友達として交際。

・堀川恭資…飲食店経営。03.08.28入籍。2歳年下。結婚まで約9年同棲。

 自分からアプローチした。「あず」と呼ばれる。


■東ちづる

 

□エピソードなど①

・就職活動で有名企業を多数受験して全て合格、

 給料と休暇が多かったのでソニーを選んだ(4年間勤務)。

・OL時代、販促イベントの企画、企業VTR制作に関わった。

 タレントや歌手を使う側の立場だった。

・「新しい音の世界が楽しめます」と紹介するべき所を

 「新しい男の世界が楽しめます」と言い間違えた事があった(=ネタか?)。

・OL時代、6畳6畳2畳台所というマンションで妹と同居。

・OL時代、よく遊んだ。

 ボディコンを着てディスコやカラオケに行った。

 ディスコの入場料が無料になるカードを持っていた。

 メッシーやアッシーが何人もいた。

 飛行機の回数券を買って毎週のように東京に遊びに行った。

 夏は沖縄、冬はスキー、毎年海外旅行。

・冬は長野の黒姫高原のペンションに居候、

 スキーのインストラクターの資格取得の為に滑りまくった。

・腕力が強かったのでよく会社ドアのノブやステレオのツマミを壊した。

・会社に内緒で温泉のパンフレットのモデルをやった(会社にバレて厳重注意された)。

・スポーツインストラクターになるつもりでソニーを退社。

・暇つぶしに見学に行った第2回松竹芸能タレント・オーディションで

 「欠員が出たので出てくれませんか」と言われてステージにあがり、

 司会の山田雅人と腕相撲をしてグランプリ。

・松竹芸能に入った当初はピン芸人として活動していた(ネタも作った)。

・芸能界に入った当初の給料はソニー時代より安かった。

・芸能界に入った当初、大阪の淀川区の2DK(家賃8万円)に住んでいた。

 東京にきて同じ間取りを探したら家賃が3.5倍だった。

・新人時代、ラジオ局のディレクターにラブホテルに連れ込まれた。

 「この事をラジオで話します」と言ったら何もされなかったが番組には出して貰えなかった。

・初出演ドラマの撮影初日に台本になかったヌードのベッドシーンが用意されていた。

 「聞いてなかった」と言って必死に断った。

・「お嫁さんにしたい女優NO.1」に選ばれた(=89年)。


■東ちづる

 

□エピソードなど②

・他の女優からいじめられた事がある。

・母のように慕っていた女優に裏切られた事がある。

・ボランティアで骨髄バンクのドナー提供を呼びかける活動に関わった。

・上岡龍太郎の「東ちづるはおさせ」発言に対して加納典明(当時交際中)が激怒、

 談判の末に上岡が翌週の放送でお詫び(=92年)。

・エッセイ集「たいくつのパラダイす」出版(=97年)。

・戦争で傷付いた子供たちのリハビリや治療を行うドイツの国際平和村の活動を支援。

 テレビ「世界ウルルン滞在記」の企画で99年に訪問したのがきっかけ。

 何度も現地を訪問。

 エッセイ集「わたしたちを忘れないで ドイツ平和村より」を出版(=00年)。

 絵本「マリアンナとパルーシャ」の純益を寄付(=01年)。

 高校の英語教科書にドイツ平和村での活動が掲載された(=04年)。

・マイノリティの芸能人・スポーツ選手を支援する活動に従事。

・着物好きが高じて自分でデザインするようになった。

 テディベアなど斬新で自由な発想でデザイン。

 東の発想を具体化する為に職人が新しい技術を開発。

 00年頃から本格的に始めた。

 100点以上をデザイン(=05年現在)。

・母・英子とドラマ「お江戸吉原事件帖」で親子共演(=07年12月21日放送分)。

・母・英子と「踊る! さんま御殿!!」で親子共演(=09年4月7日放送分)。

・ロックバンドのボーカルとして活動(=14.04現在)

・副業…青山で店を経営(=17.10現在)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在