村上宗隆

村上宗隆


■村上宗隆(むらかみ むねたか)

 

□肩書き

 野球選手

 

□所属

 東京ヤクルトスワローズ(18年〜)

 

□生年

 2000(平成12)02.02(水瓶座)

 

□出身地

 熊本県熊本市

 

□出身校

 九州学院高校

 

□略歴(満年齢)

 18年(18歳)ドラフト1巡目指名で東京ヤクルトスワローズに入団。

 19年(19歳)36本塁打。新人王。

 21年(21歳)史上最年少で通算100本塁打。39本塁打で本塁打王。

 

□サイズ

 188㎝ 97㎏


■村上宗隆

 

□幼少時代〜

・3人兄弟の次男。兄は2歳年上、弟は5歳年下。

・父親と兄の影響で野球を始めた。

・熊本東リトルシニア所属。

 打球が右翼後方の防球ネットの上を越えて農家の小屋の屋根を何度か壊し、

 監督の指示で逆方向に打つ練習を繰り返し、レフト方向の打球の飛距離も伸びた。

・中学時代、九州選抜で台湾遠征。

・中学〜高校時代は捕手。

・高校時代、50m6秒1の俊足。

・高校時代、「肥後のベーブ・ルース」と呼ばれた。

・高2の4月に熊本地震に遭遇、

 約1ヵ月野球どころではない日々を過ごした。

 

□私生活

・好物…餃子。

・扁桃の摘出手術を受けた(=20年秋)。

・新型コロナウイルス陽性反応(=21年1月)。


■村上宗隆

 

□人間関係

・青木宣親…ロサンゼルスで一緒に自主トレ。

・清宮幸太郎、安田尚憲…同学年。

 村上は清宮の外れ1位(3球団競合)でドラフト指名。

・奥川恭伸、村上宗隆、高橋奎二、塩見泰隆、山田哲人、中村悠平、

 小川泰弘、川端慎吾、由規、坂口智隆、バレンティン、雄平、

 畠山和洋、青木宣親、石川雅規、五十嵐亮太、岩村明憲、

 ラミレス、石井一久、真中満、宮本慎也、高津臣吾、内藤尚行、

 長嶋一茂、池山隆寛、古田敦也、広澤克実、大矢明彦、

 大矢明彦、松岡弘、若松勉、大杉勝男、野村克也、

 金田正一、関根潤三

 …東京ヤクルトスワローズ所属(移籍・引退・監督・前身チームを含む)。

・尾崎世界観、磯山さやか、益子卓郎(U字工事)、坂上忍、城戸真亜子、

 周防正行、さだまさし、三宅裕司、村上春樹、伊東四朗

 …東京ヤクルトスワローズのファン。


■村上宗隆

 

□エピソードなど

・右投左打。

・高卒ルーキー史上7人目のプロ初打席本塁打(=18.09.16広島戦)。

・ヤクルトの10代選手として55年ぶりの巨人戦本塁打(=19.04.14)。

・87年清原以来の10代4番打者本塁打(=19.05.29広島戦)。

・94年松井以来25年ぶり史上5人目の高卒2年目で20本塁打(初の満塁本塁打=19.07.03広島戦)。

・史上最年少サヨナラ本塁打(19歳6ヵ月=19.08.12横浜DeNA戦)。

・セリーグ史上初の高卒2年目以内の30本塁打(=19.08.22広島戦)。

・高卒2年目の36本塁打は歴代最多タイ記録(=19年)。

・高卒2年目の96打点は歴代最多新記録(=19年)。

・くまモンとコラボしたグッズを発売(=19年)。

・41年ぶり17人目の1イニング3盗塁(=20.11.05阪神戦)。

・出塁率.427、長打率.585、OPS1.012の3部門でセリーグ1位(=20年)。

 20歳以下のシーズンでOPS1以上は史上初。

・高卒野手として史上最速の4年目で年俸1億円。

・熊本市親善大使(=21年就任)。

・東京五輪決勝アメリカ戦で先制本塁打(=21年)。

 決勝戦の試合終了直後に金メダルを祝して村上が山田をお姫様抱っこ。

・史上最年少で通算100本塁打(21歳7ヵ月=21.09.19広島戦)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在