杉村春子

杉村春子

■杉村春子(すぎむら はるこ)

 

□肩書き

 女優

 

□本名

 石山春子

 

□生年

 1906(明治39)01.06(山羊座/O型)

 

□没年

 1997(平成09)04.04(享年91)すい臓がん

 

□出身地

 広島県広島市中区土橋町

 

□出身校

 山中高等女学校

 

□略歴

 37年(31歳)劇団文学座を旗揚げ。

 47年(41歳)舞台「女の一生」で芸術院賞を受賞。

 95年(89歳)映画「午後の遺言状」に主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「欲望という名の電車」「鹿鳴館」「華岡青洲の妻」

  映画 「わが青春に悔いなし」「晩春」「流れる」

  ドラマ「ありがとう」「三男三女婿一匹」「渡る世間は鬼ばかり」

 

□趣味

 声楽 旅行 

 

□人間関係

・香川京子、原節子、大坂志郎、

 杉村春子、山村聰、東山千栄子、笠智衆

 …映画「東京物語」家族役(原節子は死んだ次男の妻)。

 

□エピソードなど

・劇団文学座の中心的存在として数々の舞台に出演。

・映画「午後の遺言状」でキネマ旬報主演女優賞(=95年)。

・「女の一生」の布引けい役を947回演じた(96年に平淑恵に交替)。

・著書…自叙伝「舞台女優」「自分で選んだ道」「ふり返るのはまだ早い」。

凡例:20.01現在=2020年1月現在