杉本彩

杉本彩


■杉本彩(すぎもと あや)

 

□肩書き

 女優 

 

□生年

 1968(昭和43)07.19(蟹座/AB型)

 

□出身地

 京都府京都市

 

□出身校

 京都市立有済小学校

 京都市立弥栄中学校

 京都府北陵高校中退

 

□略歴(満年齢)

 87年(19歳)テレビ「オールナイトフジ」司会。

 91年(23歳)ドラマ「君の名は」出演。

 04年(36歳)映画「花と蛇」主演。

 ※他の主な出演:

      舞台 「ハウ・トゥー・サクシード」

  映画 「極道の妻たち」「大帝の剣」「私の奴隷になりなさい」

  ドラマ「元禄繚乱」「美少女戦士セーラームーン」「わるいやつら」

  テレビ「夜もいっしょうけんめい」「ウリナリ」「魔女たちの22時」

      CM    「花王 8x4」「スリムビューティハウス」「サントリー BOSS」

 

□趣味

 バレエ エアロビクス アルゼンチンタンゴ

 

□特技

 社交ダンス

 

□資格・免許

 普通自動車免許 ラテンダンス1級 モダンダンス1級

 

□サイズ

 168㎝B86W58H86


■杉本彩

 

□幼少時代〜①

・祖父母は着物関係の仕事をしていた。

・母親はテーラーとして紳士洋服店を経営。

・親は小料理屋を経営。

・高祖父(祖父の祖父)はドイツ人の医者。※杉本は1/16ドイツ人

・妹がいる。

・祇園で生まれ育った。

・子供の頃は内気で人見知りで家の中で遊ぶのが好きだった。

・子供の頃、両親が離婚して母親にひきとられた。

・同級生に舞妓さんのタマゴがいた。

・京都の寺や神社で知らずに重要文化財にまたがって遊んでいた。

・母親は行儀作法にとても厳しかった。

 おしおきで髪の毛を持ってひきずりまわされたり鼻血が出るまで叩かれたりした。

 隣の家の人に助けを求めた事があった。

・習いごと…剣道。クラシックバレエ、モダンバレエ(7年間)。

・家で夕食によくオイルフォンデュを食べた。

・小2の時、地元のデパートのピンクレディー大会で優勝。衣装は母親の手作りだった。

・小学校時代、文章を書くのが好きだった。

 授業で先生が黒板に書いたことをノートにきちんと写さないと気がすまなかった。

・小6の時、学芸会の劇「戦争を知らない子どもたち」に主演。


■杉本彩

 

□幼少時代〜②

・中1の頃まではペチャパイでブラジャーの中にティッシュを詰めていた。

   15歳頃から急激に成長しはじめた。

・中学時代、バレーボール部。

   キャプテン&エースアタッカーとして活躍。1年からレギュラーだった。

・中学時代、当初は成績優秀だった。

・中学時代、プライベートの手紙を没収して生徒の前で読んだ教師を糾弾して謝って貰った。

・中学時代、仕事で忙しい母親の代わりに毎日食事を作った。

・中学時代、エロティシズムに興味を持ち始めた。

 官能的な小説を愛読(谷崎潤一郎「痴人の愛」、マルキ・ド・サドなど)。

 映画「エマニエル夫人」「エーゲ海に捧ぐ」を見た。

 家庭教師と教え子の恋を題材にしたラジオドラマ風の台本を書いて友達と一緒に録音した。

・中学時代、スナックでアルバイトして、ディスコ「マハラジャ祇園」で踊った。

・中学時代、制服の胸のボタンを上から3つ外して着ていた。

・中学時代、体育の先生に初恋。2週間程度の臨時の講師で気持ちを伝えられなかった。

・中3の時、父親が保証人として友人の借金数千万円を肩代わりして一気に貧乏になった。

 住んでいた5LDKの一軒家を売却、小料理屋を閉店、

 両親が離婚して妹と一緒に母親に引き取られ、2Kのアパートに引っ越した。

 高校の制服代(約4万円)の為に母親が知人から借金した。

・高校を3ヵ月で自主中退した。

・16歳の時、年齢を18歳と偽って喫茶店でウェートレスのアルバイトをした。

 3つ以上の注文を覚えられなくてクビになった。

■杉本彩

 

□私生活①

・好物…白米(大好物、最上級の米を天然温泉水&土鍋で炊く、食事の最後に必ず食べる)。

 丼もの。ラーメン(大好物、1日3食ラーメン食べ歩きツアーをやった事がある)。

 塩もつ鍋。肉。とんかつ。魚。ちりめん山椒。

 野菜。梅干し(定期的に取り寄せて常備)。納豆。石垣島ラー油。

 もちどら。豆乳抹茶ロールケーキ(日本茶に合う)。日本茶。緑茶。

 和食。イタリア料理。辛いもの。

・嫌いな食べ物…脂っこいもの(特にウナギ)。

・得意料理…野菜カレー。塩むすび。煮込み系。クリームシチュー(夫の好物)。

   粕汁(夫の好物)。粗挽きハンバーグ。ガスパチョ。

・野菜をあまり食べない。

・食べる事が大好き。食べたいものを食べたいだけ食べる。夜中にたくさん食べる。

 たくさん食べた分だけ消費するので太らない。

・おいしい料理を作る為に徹底的に食材や調理法を研究する。

・産地・無農薬にこだわって食材を選ぶ。

・ラー油、バーベキューソーズなどの調味料を自分で作る。

 ラー油を酒のつまみとにする。

・残り物の豚汁をカレーにする。

・食品の賞味期限を気にしない。

・酒が大好き。ほぼ毎晩飲む。

 おいしいものを食べて酒を飲むことがストレス解消法。

   若い頃は日本酒を5合という酒豪だった。

   酔うとファンキーな性格になり時々記憶がなくなる。

   好きな酒はワイン、ビール。自宅にワインセラーがある。

・タバコが大嫌い。

・健康法…サプリメント。青汁を毎日飲む。

 加圧トレーニング。ピンヒールで歩く。

・体型維持の為に常に美しい姿勢でいる事を意識(自然にインナーマッスルが鍛えられる)。

・気管支炎でセキをしすぎて肋骨を骨折(=11年)。

・不整脈と貧血で緊急搬送された(=14年)。

・猫にひっかかれた傷から菌が入って胸の谷間にカビが生えた事がある。

・暑がり。

・1日4回体温を計って理想の体温を常にキープできるように調節する。

・高さを調節できる美容枕を愛用。


■杉本彩

 

□私生活②

・好きな映画…フランス映画。

・好きな映画監督…増村保造。

・自分の中に男性的な人格が存在している事を自覚している。

・トイレやお風呂に入ってる時にドアを閉めない。

   カーテンを開けたまま上半身裸で部屋の中をうろつく。

・赤い家具が好き。

・間接照明が好き。

・自宅のリビング・ダイニング・寝室をリフォームした(=05年)。

・自分の体臭が好き。

 限界まで臭くなるまで洗わずに着続ける。

 あえて下着を続けて付ける事がある。

・ネットショッピング、お取り寄せが大好き。携帯でオーダーする。

・家の中では下着1枚で過ごす。

・ノーブラノーパンで着る洋服やセクシーランジェリーをたくさん持っている。

 ノーブラの時にニプレスを使わない。

・靴を約150足所有(=10.10現在)。

 ピンヒールをたくさん持っている。

・安い服を来ていても有名ブランド品だと思われる事が多い。

 高い服は殆ど買わない。

・ペット…

   犬(チワワ、名前はでんじろう、牡9歳=16.01現在)。

 犬(パピヨン、名前は小梅、牝12歳、悪徳ブリーダーからレスキュー=12.02現在)。

 猫(名前は桃太郎、牡20歳=10.06現在)

 猫(名前はドン、17歳=09.11現在)。

   猫(名前はアントニオ、10歳以上=12.02現在)。

 猫(名前はベティ、牝、9歳以上=13.03現在)。

   猫(名前はさくら=12.02現在)。

   猫(名前はマイケル、牡=13.03現在)。

   猫(名前は花子、牝=13.03現在)。

 猫(名前はコタロウ、花子の子供、牡=13.03現在)。

 猫(名前は月子、被災地から来た、牝=13.03現在)。

 犬と猫の食費は月15万円(=17年現在)。

・猫が大好き。猫のおしりの匂いを嗅ぐのが好き。20歳の頃から猫を飼い続けている。

・若い頃から犬や猫の動物愛護活動に携わっている。

 ボランティアで捨てノラ猫にエサをあげる。不妊手術をほどこす。自ら里親になる。

 動物愛護を目的とする一般財団法人を設立(=14年)。

・住んでいる所…

 京都(購入、3LDK、14階建ての14階、五山送り火の「大」が見える=14.06現在)。

 東京都世田谷区桜新町(20歳で上京後20年以上ずっと住んでいる=12.03現在)。

 ※拠点は京都、京都と東京を行ったり来たりする生活(=14.06現在)

・別荘がある所…バリ島(リゾートホテルの最上階の1室を3500万円で購入=14.05現在)。


■杉本彩

 

□私生活③

・いきつけ:

 京うどん「葵」(世田谷区用賀、10年以上通っている=16.03現在)。

 イタリアン「HirraRi」(三軒茶屋、20年以上通っている=16.02現在)。

 広東料理「竹香」(京都市東山区、子供の頃から、女将は小学校の同級生=12.12現在)。

 甘味処「ぎをん 小森」(京都市東山区=12.12現在)。

 「鳥彌三」(京都市下京区=12.04現在)。

   ラーメン「天下一品」(店舗不明=12.03現在)。

 ビストロ「喜楽亭」(池尻、チキンカレー=12.03現在)。

   カフェ「Row Cafe」(桜新町=12.03現在)。

 焼肉「千里」(世田谷区上馬=12.03現在)。

 とんかつ「味の丸新」(世田谷区桜新町、サラリーマンと相席で食事する事がある)。

 小料理屋「里理」(世田谷区桜新町、上京後ずっと通っている、ひとりで行く、

 マスター夫婦と仲が良い)。

 創作料理「しがらき」(世田谷区桜新町、ひとりで行く、店長はタンゴ仲間)。

 インド料理「サウェーラ」(世田谷区桜新町)。

 洋菓子店「プラチノ」(世田谷区桜新町)。

 創作和食料理「阿川」(世田谷区三軒茶屋)。

 ガーデニングショップ「ルッキング・スルー」(世田谷区桜新町、散歩の途中によく寄る)。

 セレクトショップ「M.ROMAN」(麻布十番、セクシー衣装を多数購入)。

・45歳で運転免許を取った(学科も実技も1回も落とさなかった)。

・愛車…アウディA3(東京用=14.05現在)。アウディQ3(京都用=14.05現在)。

・京都の自宅の屋上で夫と一緒に撮った写真にはっきり人の顔が写っていた事がある。

・時計や携帯電話をよくなくす。

・休みに日に家の中でじっとしているのが苦手。

・19種類のダンスを踊る事ができる。

・カラオケの十八番…辺見マリ「経験」。夏木マリ「絹の靴下」。

・困ったことがあると近所の商店街の人に相談する。

・強烈な天然&方向音痴。

 テレビ局やレストランでトイレに行くと自分の楽屋や自分の席に戻れなくなる。

 自分の移動車が判らなくなる。

 クルマの運転免許取得を途中で挫折。

・曲がった事が大嫌い。どんなに偉い人にでも文句を言う。

 それで恐い目にあった事が何度もある。

・プレゼントとして買ったネクタイの箱の中身が空だったので店長に土下座させた事がある。

・普段は京都弁で話す。

・ケンカをする時はヤクザのような口調になる。

・ホームパーティーが好き。

・年に数回仮面パーティーを主催する。

 新作の仮面が入荷するといきつけの店から連絡が来る。

 パーティー用の仮面を7個所有(値段は1万円〜5万円)。

・「セクシー」をドレスコードにしたホームパーティーを開催する。

・親しい友人とよくハグをする。

・母親も妹もアルゼンチンタンゴを踊れる。

・母親が杉本のおさがりのパンティを身に付ける。

・母親が2回、妹が1回離婚した。

・母親・妹と自身の再婚をめぐって確執がある事をブログで公表(=11年)。

・義母が京都の同じマンションの別の部屋に住んでいる(=14.06現在)。

 時々家の掃除をしに来てくれる。



■杉本彩

 

□私生活④

・好きなタイプ…思慮深くセクシーな男性。トラウマを持っている男性。

・若い頃は肉体労働者タイプが好きだった

・自分から態度でアプローチして男性の方から告白させる。自分からは告白しない。

・匂いフェチ。男性の首筋、脇の下の匂いに欲情する。

・男性のしなやかな筋肉が好き。

・Sと思われがちだが実はドM。

・ツンデレ系。

・本当はヤキモチ焼きだが表に出せない。

・男性におごるのが好き。

・毎年6月から8月にかけて発情する。

・官能的な夢をよく見る。気になった男性が出て来てアブノーマルな内容が多い。

・離婚をして価値観が180℃変った。

・離婚に際してトーク番組で「私の人生で最も大事なのは自由と快楽。

 恋愛はしたいけど、結婚はしたくない」と発言した(=03年)。

・好きなランジェリーのタイプで男性の恋愛観を診断できる。

・15歳の時から常に彼氏か夫がいる。

・中3の時から約2年間、8歳年上の男性と初交際。

 半同棲してして彼氏の家から学校に行っていた。モデルで稼いだギャラを貢いでいた。

・15歳の時、30歳位の塾の先生にいきなりプロポーズされた。

・高校時代、いつもタンクトップにノーブラで、阪急電車でしょっちゅうチカンされた。

・17歳の時、2人の男性と同時に交際した。

・40歳を過ぎてからますます男性にモテはじめた。

・酒を飲まないとセックスはもちろんキスもできない。

 若い頃はコップ酒をあおってからデートに行った。

・キスのテクニックに自信がある。

・どんなに疲れていても愛する男性からセックスを求められたら断らない。

・彼氏が出来ると約2年かけて調教する。

 近所に引っ越させて、悪い人間関係を断ち切らせて、自分の価値観に迎合させる。

・彼氏とのセックスが盛り上がるように彼氏に対して他の男性との浮気をほのめかす。

・彼氏とケンカして相手の腕にかみついて前歯が折れた事がある。

・彼氏に「本当に私が好きなら、ナイフで足を刺してみて」と挑発したら、

 彼氏が本当に太腿を刺した事がある。

・彼氏の携帯や手帳などを全てチェックせずにいられない。

・エリートサラリーマン風の男性から「貴方の奴隷にして下さい」という手紙を貰った。

 実際には連絡しなかったが小説のネタにして小説の中で奴隷にした。

・「杉本家のお墓に入りたい」とプロポーズされた。

・夫は杉本が仕事でラブシーンを演じるを見るのが好き(興奮する)。

・夫は気持ちをはっきり言葉にして言ってくれる。

・よく激しい夫婦喧嘩をする。

 夫に噛み付いて歯が抜けた事がある。

 タクシーの中でケンカをして夫を車外に蹴り落とした事がある。

 別れ話を切り出して夫が死のうとする(本気ではない)。

 必ず夫が謝ってくれる。

・夫と人前でイチャイチャする。夫が人前で胸を触って来る事がある。

・夫はオムライス、ナポリタン、シチュー、ハンバーグなど子供が好きなメニューが大好き。

・結婚指輪を排水口に落とした事がある。

・夫は入浴、洗面、歯磨きが嫌い。

・夫が髪型、洋服、料理を大袈裟にホメてくれる。

・夫は家事は何もできない(=12.07現在)。

・お金はお互い別々に管理している(=13.04現在)。

・夫の拠点は東京なのですれ違いが多い(絶妙な距離感が調度良い=14.06現在)。


■杉本彩

 

□人間関係

・岡本夏生…親友。岡本は杉本に憧れて芸能界に入った。

・萬田久子…親友。萬田の別荘で正月を過ごした事がある。

・ゴルゴ松本…友人。近所に住んでいる(=09.11現在)。

・京本政樹…友人。京本と一緒に食事して「熱愛デート」と女性週刊誌に報じられた。

・SHEILA…友人。定期的にラテン会を開催して日本人のラテン化を計画。

・やくみつる…家族ぐるみのつきあい。同じ町内会。

・曙太郎…友人。

・水前寺清子…近所に住んでいる。

 水前寺のピンチヒッターとして地元のお祭りでタンゴを踊った事がある。

・南原清隆…「ウリナリ」の企画で社交ダンスの日本選手権にペアで出場。

・石田純一…デュエット曲「逆にそれって愛かもね」をリリース(=06年)。

・石井慧、山田雅人、リリー・フランキー…杉本の大ファン。

・冨士真奈美…冨士に小説新潮の編集者を紹介して貰って官能小説を書き始めた。

・トキ・ナオミ…ヘアヌード写真集「裸の貴婦人」(04年発売)の写真家。

 ※自分のヌードをセルフポートレートすることで有名な女流写真家

・千秋芳子…モデル時代の先生。

 ※「ウチくる!?」に出演(=12年3月25日放送分)

・松山裕希江…妹。ジュエリーデザイナー。

・小林興起…自民党所属の衆議院議員。交際を噂された(=02年)。

・沼田年則…元バックバンドのギタリスト、後に音楽制作会社経営。92.12入籍、03.06離婚。

 自分から1年口説いて4年間同棲後入籍。

 結婚当初に多くの人に「すぐ別れる」と言われたが11年続いた。

 結婚生活最後の4年間はセックスレスだった。

・西野禎秀…所属事務所副社長(杉本が社長)。11.04.17入籍。

 知り合った当時は映画制作会社のキャスティング担当。

   何度も口説かれて13年間交際、同居8年で結婚した(最初の4〜5年は不倫交際だった)。

 バリ島で王族の家を使ってバリ式の結婚式を挙げた(=12年)。


■杉本彩

 

□エピソードなど①

・15歳の時に着物のモデルの仕事を始めた。

・モデルの仕事を始めた時に8ヵ月で8㎏ダイエットした。

・マネキンのデッサンモデルをやった事がある(6時間動かすに立ち続けて1回3万円)。

・着物のモデルと水着のモデルを同時にやっていた。

・東京の仕事を始めた最初の4年間は仕事の時だけ京都から通っていた。

・17歳で最初に出した写真集は自分でメイクしていた。

・カラオケビデオ「銀河のロマンス」(タイガーズ)「まちぶせ」(石川ひとみ)に出演。

・東レ水着キャンペーンガールを務めた(=87年)。

・デビュー当時は京都弁でゆっくり喋っていた。

・デビュー後約3年間は仕事の度に京都から通っていた。

・シングル「BOYS」で歌手デビュー(=88年)。

 学園祭の女王として一世を風靡して露出度満点の衣装で歌った。 

 Tバックルック、ノーブラジーパンルック、ターザンルック、

 バニールック、SMルック、など。 

・仕事が忙しい時期はセスナで移動した。

・挑発的なファッションで夜の六本木を行く「イケイケ女」は

 事務所とプロデューサーが作ったイメージで、本当の自分とのギャップに悩んでいた。

 歌うのが嫌で本番直前まで楽屋で泣いていた事もあった。

・「オールナイトフジ」の司会は嫌々やっていた。

 気を紛らわす為に生放送中に楽屋でこっろし酒を飲んでいた。

・25歳の頃までは知らない人と話すのが大の苦手だった。

 仮病を使って打ち上げを欠席した事があった。

・エッセイ集「AYA もう一人の私」を上梓(=89年)。

・個人事務所・オフィス彩を設立(=91年)。

・ヘアヌード写真集「ENFIN」を出す(大陸書房=93年)。

・映画「愛の新世界」でSMの女王役を熱演(=94年)。

・雑誌「小説新潮5月号」に処女官能小説「指」を発表(=99年)。

・96年からバラエティ「ウリナリ」の企画で社交ダンスに挑戦。

 練習で肋骨を骨折して麻酔を9本打って本番に挑んだ(=98年)。

 練習中にターンした南原の肘が当たって鼻を骨折(=01年)。

 この仕事をきっかけにそれまで苦手だったバラエティが好きになった。

・私生活に関する事実無根の記事を掲載した雑誌の編集部に押し掛けて

 文句を言って一筆書かせた事がある。

・股間の部分をひめくりにしたヌードカレンダーを作った事がある。

・信頼している姓名判断の先生に「老人ホームを作ると幸せになれる」と言われた。

 もともとおばあちゃん子だったので、お金が出来たら造りたい、と真剣に考えている。

・自分の意見をはっきりと表現するので女性ファンが多い。


■杉本彩

 

□エピソードなど②

・日本の小さな村や町でチャリティーコンサートをやって収益金を福祉組織に寄付。

・バングラデシュにシェルターを建設する為のチャリティーコンサート。

・チャリティー公演「アルゼンチンタンゴライブ」を全国50カ所で行い、

 収益金を赤十字社を通してアフガン難民に寄付(=01年〜)。

・写真集「ポルノ」を出す(=01年)。

・クロスフォー社の新ブランド「Royal Crossfor」の宝石をプロデュース(=02年)。

・地元・桜新町のさくら祭りのイベントでタンゴショーをやった(=02年)。

・映画「ティント・ブラス 秘蜜」の日本語吹替版で官能的な主人公役を演じた(=03年)。

 ※監督は「イタリアンエロスの代名詞」と言われるティント・ブラス

・雑誌「小説新潮11月号」に自伝的官能小説「インモラル」を発表(=03年)。

・映画「花と蛇」でSMのマゾ役を演じ、レイプ・レズ・荒縄緊縛プレイに挑戦して

 オールヌードを披露、実際に乳首に針を貫通させた。役作りの為に1ヵ月筋トレをした。

・実写版「美少女戦士セーラームーン」に悪の女王役で出演(=03年)。

・世界や日本の現状を変えたいと思っている。

・母・松山博琴が「ウチくる!?」に出演(=04年6月20日放送分)。

・自らをモデルにした告白小説「インモラル」を上梓(新潮社=05年)。

・妹・裕希江が「素顔がイイねっ!」に出演(=05年8月27日放送分)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=05年10月29日放送分)。

・官能文学名作集「エロティックス」を責任編集(新潮社=06年)。

・小説「官能小説家R」を上梓(徳間書店=06年)。

・外出先で文章を思い付いた時は携帯で打って自宅のパソコンに送る。

・官能小説を書くのはたいてい夜中から明け方の時間帯。

・執筆に没頭すると10時間書き続ける。

・京都を舞台に女性主人公の小説を書きたいと思っている。

・毛皮に反対する国際動物愛護団体PETAのキャンペーンポスターでセミヌードを披露。

・ランジェリーブランド「アンパサージュ」をプロデュース(=06年)。

・香水をプロデュース。

・コスメブランド「アンデスティノ」をプロデュース。

 良い原料を求めてフランスまで視察に行く。

・チョコレート「アンデスティノ ショコラ」をプロデュース。

・美容茶「アンデスティノ デサーサ」をプロデュース。

・ハーブティー「ブブ デ リベル」をプロデュース。

・フェイクファーのバッグをプロデュース。

・母・博琴が「踊る!さんま御殿!!」出演(親子共演=08年4月8日放送分)。

・料理本「男を虜にする料理」を上梓(ワニブックス=08年)。

・京都の自宅を「おしゃれism」で公開(=12年4月15日放送分)。

・京都の自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=12年12月29日放送分)。

・京都の自宅を「今夜くらべてみました」で公開(=14年1月7日放送分)。

・副業…カレー店「Koume」(四谷、自らメニュー開発に携わった=16.02現在)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在