木村祐一

木村祐一

■木村祐一(きむら ゆういち)

 

□肩書き

 芸人 タレント 俳優 構成作家 

 

□所属コンビ

 オールディーズ

 

□本名

 木村祐一

 

□生年

 1963(昭和38)02.09(水瓶座/AB型)

 

□出身地

 京都府京都市右京区

 

□出身校

 京都市立西京高校

 

□略歴(満年齢)

 86年(23歳)漫才コンビ・オールディーズを結成。

 94年(31歳)大河ドラマ「新選組! 」出演。

 06年(43歳)映画「ゆれる」出演。

 ※主な主な出演:

  映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」「松ヶ根乱射事件」

  ドラマ「野ブタ。をプロデュース」「ちりとてちん」「ハチミツとクローバー」

  テレビ「4時ですよ〜だ」「ラジかるッ」「ダウンタウンDX」

 

□趣味

 料理 野球 サッカー ラグビー テニス

 

□特技

 ツイスト

 

□特筆事項

・妻は西方凌

■木村祐一


□幼少時代〜

・母親が19歳の時に生まれた。

・姉と弟がいる。

・子供の頃、内気で人前で発言するのが苦手だった。

・小3の時、近所のお好み焼き屋の娘(赤い眼鏡のみどりちゃん)に初恋。

・学生時代、野球部。練習が辛くて何度も母親に「辞めたい」と泣きついた。

・高校時代、人気アマチュアロカビリーバンドでリードギターを担当。

 何度かオーディションを受けた。

・電車が好きで将来運転士になりたいと思っていた。

・占いで「芸能人か犯罪者のどちらかになる」とよく言われた。

■木村祐一

 

□私生活

・好物…玉子チャーハン。イクラ。納豆。

 かき氷(業務用のかき氷器を持っている)。

・得意料理…鶏鍋(800円の鶏ガラを使用)。黒酢酢豚。

・料理は親の手伝いで小学生の頃からやっている。

 野菜しゃぶぶしゃぶの出汁で白米を炊く。

 自宅にダイニングテーブルと一体化した特注のアイランドキッチンがある

 (ガスコンロ、ホットプレートがビルトイン)。

 基本的に洋食は妻、和食は木村が作る。

 ※鍋料理本「木村料理道」を上梓(実業之日本社=04年)

・40歳を過ぎてから酒量が激減した。

・健康法…香醋。お酢とハチミツを入れた牛乳(毎朝飲む、お通じとダイエット効果)。

 黒酢ジンジャー。ショウガ紅茶。

・若い頃はとてもやせていた。

・左利き。

・少しの物音で目が覚める。

・自分でバリカンを使って散髪する。

・家で妻(西方)の前でよく泣く。

・煎餅や海苔の食べ方がかわいいとよく言われる。

・好きな映画…「プレデター」。

・クロムハーツのサングラス、ブレスレット、指輪を愛用。

・いきつけ…

 「手づかみDining Tokyo Hands」(中目黒、丸鶏のロースト=18.09現在)。

 海鮮料理「ハル」(中目黒、白子焼き=15.01現在)。

 「鮨大前」(有楽町、鯖にぎりがおいしい)。

 お好み焼き「八じゅう」(中目黒)。

 「木山Dining」(中目黒、とり鍋がおいしい)。

・女性誌で新しい店をチェックして携帯に入れる。

・巨人ファン。

・知らない土地でも抜け道が本能的に判る。

・短気な性格。

・感情の浮き沈みが激しい。落ち込むと全然話をしなくなる。

・気がきかない人間は大嫌い。

・ベンツに足を踏まれて怒ったらヤクザが出て来た事がある。

・タクシー運転手に対してよくキレる。警察沙汰になった事がある。

・タクシーの行列に割り込もうとした人に文句を言った事がある。

・ミスを連発したクルマの販売員に熱い説教をして信頼関係を築いた事がある。

・母親とハグをする。

・デートの時は向かい合わずに隣に座るのが好き。

・辺見との新婚旅行でハワイに行った。

・辺見からときどき「キム姉」と呼ばれた。

・辺見とはすれ違いが多かったので連絡ノートにお互いのその日の出来事などを書いていた。

・妻(西方)は「恋のから騒ぎ」に出演していた。

・妻(西方)と一緒にお風呂に入る。

・妻(西方)と毎日キスをする。

・妻(西方)を「かあちゃん」と呼ぶ。

・財布は夫婦別々。

・夫婦オリジナルの記念日をたくさん作っている。


■木村祐一

 

□人間関係

・板尾創路、今田耕司、松本人志、山崎邦正

 …友人。よく一緒に遊ぶ。一緒に旅行に行く。

・風間トオル…友人。ゴルフ仲間。毎年風間の誕生日パーティーに参加。

・藤井隆…吉本の後輩。木村のアドバイスで乙葉に電話番号を訊いて交際を始めた。

・友近…友人。楽屋で「夫婦ごっこ」をする。

・南野陽子…友人。ときどき一緒に食事をする。

・YOU…大阪時代からの友人。

・千原兄弟、宮川大輔、あべ静江…友人。

・木村祐一、さとう珠緒、小沢真珠

 …遊び仲間「珠珠キム会(たまたまきむかい)」のメンバー。

・山口智充、原史奈…バラエティ「マルチなあいつ!」で共演。

・山田花子…デュエット曲「虹色橋」をリリース(つんく♂プロデュース=97年)。

・羽田昇平(ショウショウ)…弟子。

・たむらけんじ…「炭火焼肉たむら名古屋店」と同じフロアに「居酒屋きむら庵」を開業。

・矢沢永吉…キャロル時代から矢沢の大ファン。カラオケで歌う。

・近藤真彦…憧れている芸能人。

・栩野進…中学の同級生。栩野に誘われてオールディーズを結成。

 栩野が児童福祉法違反容疑(ファンに売春をさせた容疑)で逮捕されて解散(=90年)。

・西郷輝彦…義理の父親。「キム兄」と呼ばれる。

・元妻…?年結婚、?年離婚。

・元妻…92年結婚、?年離婚。年上。

・辺見えみり…06.01.09入籍、08.04.25離婚。13歳年下。交際3ヵ月で結婚。

 離婚後も仲の良い友人として交際。

・西方凌…女優。12.05.08入籍。18歳年下。

・子供:

 長女…16.11.29誕生。


■木村祐一

 

□エピソードなど

・高校卒業後、ホテルマン(ウェイター、ルームサービス)、染め物職人として働いた。

・高利貸し、版画販売の仕事をやった事があるらしい。

・染め物職人時代に80万円だった給料が吉本に入って7万円に急降下した。

・友人に誘われて23歳で吉本興業に入る時、両親に泣いて反対された。

・大阪での仕事が殆どなくなったのを機に東京に進出した(=94年)。

・テレビ「ダウンタウンのごっつええ感じ」のプロレスコントに出演。

 ※ヤワラちゃんのバッタモノのキムラちゃん

・放送作家としてテレビ「ダウンタウンのごっつええ感じ」などを手がけた。

・バラエティ番組の企画で肋骨を骨折した。

・オールディーズがNHK上方漫才コンテスト優秀賞を受賞(=88年)。

・吉本新喜劇に入団(=90年)。

・加茂周、タモリ、丸山和也弁護士のモノマネができる。

・ありとあらゆる事ををドッキリと疑ってしまう。

・テレビ「ダウンタウンDX」で前説をやっていた。

・自ら撮影したごく普通の写真に独自のシニカルな視点でコメントを付ける。

 「写術」と名付けてライフワークにしている。

 写術本「キムラの目」を出版(シンコーミュージック=99年)。

 写真展を開催(=05年)。

・映画「ゆれる」で検察官を好演。

・アニメ映画「どうぶつの森」に声優として出演(=06年)。

・自宅を「今田ハウジング」で公開(=07年3月7日放送分)。

・母・文子が「ウチくる!?」に出演(=08年4月6日放送分)。

・屋台居酒屋「きむら庵」をプロデュース(名古屋・栄=08年)。

 好評メニューは「トマトおでん」「伝説のキム鍋」。

・屋台居酒屋「きむら庵」をプロデュース(渋谷=09年)。

・映画「ニセ札」「ワラライフ!! 」を監督。

・俳優の仕事をする時は事前に役作りはしないで監督の指示にゆだねる。

・「ルミネtheよしもと」の舞台は「仕事」ではなく「習いごと」だと思っている。

・土井善晴のモノマネができる。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=19年7月13日放送分)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在