木村文乃

木村文乃


■木村文乃(きむら ふみの)

 

□肩書き

 女優

 

□本名

 木村文乃

 

□生年

 1987(昭和62)10.19(天秤座/AB型)

 

□出身地

 東京都

 

□略歴(満年齢)

 06年(19歳)映画「風のダドゥ」主演。

 12年(25歳)ドラマ「黒の女教師」出演。

 20年(33歳)ドラマ「七人の秘書」主演。 

 ※他の主な出演:

  映画 「アダン」「極道めし」「ポテチ」

  ドラマ「蜜の味」「梅ちゃん先生」「麒麟がくる」

  テレビ「行列のできる法律相談所」「みなさんのおかげでした」

  CM  「ブルボン」「NTT docomo」「タウンワーク」

 

□趣味

 料理 音楽観賞 映画鑑賞 写真 ガーデニング 散歩 旅行

 スキューバダイビング

 

□特技

 乗馬 スキー

 

□資格・免許

 剣道初段

 

□サイズ

 164㎝ 靴のサイズ24㎝


■木村文乃

 

□幼少時代〜

・母親は青森出身。

・母子家庭に育った。

・2歳年下の弟がいる。

・母親は礼儀作法などに関して厳しかった。

・子供の頃、おてんばで目立ちたがり屋だった。

 弟と一緒に泥んこ遊びをした。

・アニメ「まんが日本昔ばなし」が大好きだった。

・色々な習い事をした。

・剣道をやっていた。


■木村文乃

 

□私生活①

・好物…麺類(大好物)。ジンギスカン。

 たらの天ぷら。わさびなす。

   フルーツ全般(特にイチゴ、みかんが好き)。

   ドライジンジャー。

・嫌いな食べ物…鶏の煮こごり。

・得意料理…手羽大根。和食。

・みかんをシャンデリアのように剝くのが好き(みかんデリアと命名)。

・酒が好き。

・アトピーが悪化して一時芸能活動を休養。

・寝るのが大好き。休日に16:00まで寝る事がある。

・器が大好き。約100枚所有。

 休日にお気に入りの器屋を廻る。

 料理と器の写真をよくInstagramにあげる。

・虫に触れる。

・好きなマンガ…「7SEEDS」。

・ガーデニングでブルーベリーとヒメリンゴを育てている。

・ひとり暮らしをした事がある。


■木村文乃

 

□私生活②

・アロマコーディネーターの資格に興味がある。

・財布を携帯だけを持って出かける事がある。

・スーパーマーケットが好き。

・野生動物が好き。

 女優になれなければ野生動物の研究をする仕事に就きたかった。

・電車が好き。

 車窓の景色を見ながら読書をする。

・温泉が好き。

・半年間で30回スキューバダイビングをやった(=20年)。

・急に思い立って行動するのが好き。

・よくモノをなくす。

 財布をなくした事がある。

 携帯をなくした事が何度もある。

・駅のホームに携帯電話を落とした事がある。



■木村文乃

 

□私生活③

・極度の心配性。

 常に最悪の事態を想像する。

・基本的に常に冷静(母親譲り)。

 行動の優先順位を瞬時に判断する。

・さばさばした男っぽい性格。

・めんどうくさがり屋。

 返信するのが面倒なのでなるべく連絡先交換をしない。

・ひとりで行動するのが好き。

 ひとりで焼肉、カラオケ、映画館、旅行に行く。

 ひとりでイチゴ狩りに行った事がある。

 ひとりで寝台列車で宗谷岬(日本最北端)に行った事がある。

 よくひとりで海外旅行に行く。

・以前は人と向き合うのが苦手で自分で壁を作っていた。

・母親は津軽弁を話す。

・母親と一緒にスキューバダイビングに行く。

・母親を「奥さん」と呼ぶ。

 弟が20歳になった時に母親に「今日からお母さんと呼ばないで」と言われ、

 弟と一緒に新しい呼び方を考えた。 

・好きなタイプ…年上の男性(枯れセン)。


■木村文乃

 

□人間関係

・長谷川博己…大河ドラマ「麒麟がくる」で夫婦役で共演。

・上田晋也…木村の大ファン。

・樹木希林、竹内結子、夏木マリ、原田美枝子、宮沢りえ、松下由樹

 …目標にしている女優。

・夫…演技講師。16.11.18発表、19年夏離婚。


■木村文乃

 

□エピソードなど

・映画「アダン」のオーディションで3074人からヒロインに選ばれた。

 「この役を演じられるのは私しかいない」と思ってオーディションを受けた。

・映画「アダン」の役作りの為に日焼けをした。

・女優の仕事を始める際に意見の行き違いで母親と激しい親子喧嘩をした。

・アトピーが悪化して一時芸能活動を休養。

 生活の為に医療事務などのアルバイトをした。

・アルバイト歴…

 ファミレス。病院の受付。結婚式の介添え。

・お金がなくて食パン一斤で1週間過ごした事がある。

・周囲の大人が信用できなくて心を閉ざしていた時期があった。

・映画「風のダドゥ」で不登校の女子高生を演じた。

凡例:20.01現在=2020年1月現在