有吉弘行

有吉弘行

関連項目:芸能人目次 芸人 1974年誕生


■有吉弘行(ありよし ひろいき)

 

□肩書き

 芸人 タレント 

 

□所属コンビ

 猿岩石

 

□本名

 有吉弘行

 

□生年

 1974(昭和49)05.31(双子座/A型)

 

□出身地

 広島県安芸郡熊野町

 

□出身校

 熊野町立熊野東中学校

 広島県立熊野高校卒業

 

□略歴(満年齢)

   96年(22歳)テレビ「進め!電波少年」に出演。

 13年(37歳)テレビ「有吉ゼミ」に出演。

 14年(38歳)テレビ「櫻井有吉アブナイ夜会」に出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「シンドバッドの大冒険」

  映画 「ピカ☆ンチ」「一生遊んで暮らしたい」「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」

  ドラマ「告白」「天うらら」「吾輩は主婦である」

  テレビ「マツコ&有吉の怒り新党」「有吉ジャポン」「有吉反省会」

  CM  「ファミリーマート」「エースコック」「ニチレイ 本格焼おにぎり」

 

□趣味

 ブルースハープ 茶道 プロレス観戦 

 

□特技

 オイチョカブのイカサマ 歯でビールなどの栓を抜く 柔術

 

□サイズ

 172㎝ 


■有吉弘行

 

□幼少時代〜

・実家は熊野筆の軸部分を製造する工場。

・酔った父親が間違えて書いたので戸籍上のよみがなは「ひろいき」。

・4歳年下の弟がいる。

・子供の頃はかわいかった。

・子供の頃、足の裏をくすぐられるのが大好きだった。

 毎晩夕食後に弟に2時間足の裏をくすぐって貰った。

・小4の頃まで自閉症気味だった。

・小学校時代、粘土細工をしている時に森脇が話しかけてきて仲良くなった。

 一緒にザリガニ取り行った。

・小学校時代、日曜日にひとりでスーパー・ニチイに行った。

 家電を見たりCDを見たりゲームをしたりして一日中ニチイで過ごした。

・小学校時代、毎年学級委員をやっていた(なぜ選ばれたかは自分でも判らない)。

・小学校時代、マラソンが得意だった(毎回150人中5位以内)。

・小学校時代、女子に人気があった。

・小学校時代、優等生の織田久永さんに初恋。

 ※「おしゃれイズム」に電話出演(=09年11月8日放送分)

・中学時代、野球部。森脇と一緒にどうやって練習をさぼるかをいつも考えていた。

・中2の時、女の子にモテたくてお笑いタレントを志した。

・高校時代、柔道部。

・高校時代、毎日部屋にこもってお笑いのビデオをひとりで何時間も見続けた。

・高校時代、よくプロレスを観に行った。

・高校時代、クラスメイトの前で漫談をやった。

・高校時代、女子に人気があった。

・高校時代、クラスメイトの浅井美紀さんが好きだった。

 ※「おしゃれイズム」にサプライズゲストとして出演(=09年11月8日放送分)

■有吉弘行


□私生活

・好物…中トロの握り。お茶漬け。フライドチキン茶漬け。カツカレー。

 焼肉。とんかつ。フォアグラのソテー。きんぴらごぼう。ちりめんじゃこ。

 辛いもの(大好物、ラーメンに唐辛子の小瓶1/3を入れる)。

・嫌いな食べ物…きゅうり。カツオ。カニ。おせち料理(特に数の子が嫌い)。

・酒が大好き。好きな酒は日本酒、赤ワイン。

   ベロンベロンになるまで飲む。

 肉だけを入れた鍋を肴にひとりで5時間飲み続けるのが大好き。

 酔って後輩の部屋で服を着たままおしっこをした事がある。

・ヘビースモーカー。

・舌が鈍感(辛さ、酸っぱさの許容量がとても大きい)。

・爪を噛む癖がある。

・リズム感がない。ダンスが苦手。

・高所恐怖症。絶叫マシン系の仕事は断る。

・極度の方向音痴。

・マンガ「スラムダンク」が大好き。

・ラジオをよく聞く。

・片付けが苦手。

・貯金が好き。500円玉貯金をしている。

   人気が落ちた時のために備えてお金を貯めているらしい。

・熱帯魚を飼った事がある。

・ワンルームマンション(ひとり暮らし=09.08現在)。

・いきつけ…韓国家庭料理「オジャンドン」(竜兵会いきつけの店)。

・スーパーマーケットの閉店割引をよく利用する。

・ギャンブルに興味がない。

・広島カープのファン。

・Twitterをやっている(フォロワー数は約460万人=15.07現在)。

・普段はおだやかな性格。

・知らない人によくからまれる。「何ニヤニヤしてるんだ」とか言われて殴られた事がある。

・人見知り。人づきあいが苦手。初対面の人と全然喋れない。

・人の話を聞くのが苦手。

・毎年正月休みに芸人仲間と旅行に行く。

・父親と約6年間話をしなかった時期があった。

・父親が病気で他界(=11年)。

・ヒッチハイクから帰国して少しお金が入った頃によく外人女性を家に呼んで遊んだ。

・風俗(SMクラブ)が好き。

・AV女優からアプローチされた事がある。

・若い頃はよく合コンで生意気な女性に泣くまで説教していた。

・恋愛でモメるのが嫌いなので彼女から何か言われるととりあえず謝る。

・約10歳年下の彼女(普通のOL)がいる(約2年前から交際=10.02現在)。


■有吉弘行

 

□人間関係

・山崎晋(ノンキーズ)…友人。

 家賃滞納でアパートを追い出された時に山崎の家に居候させて貰っていた。

・渡部建、竹山隆範…友人。

 定期的に一緒に食事する(竹山社長会、渡部が予約、竹山が会計、有吉は食べるだけ)。

・上島竜兵、劇団ひとり、土田晃之、肥後克広…飲み仲間(竜兵会)。

 竜兵会は基本的に毎日開催。先輩の上島を後輩全員が「お前」「豚野郎」と呼ぶ。

 上島からよくこづかいを貰う。上島から「月30万やるから仕事に行くな」と言われた。

 肥後から「俺の養子になれ」と言われた。

・すぎ(インスタントジョンソン)、西堀亮(マシンガンズ)…友人。よく一緒に遊ぶ。

・渡部建…友人。グルメ情報を教えて貰う。

・哀川翔…友人。哀川のモノマネをする。

 哀川の誕生会で夕方から朝までモノマネを続けた事がある。

・森脇和成…猿岩石の相方。小学校、中学校、高校の同級生。

・爆風スランプ、室井滋…ヒッチハイク先に慰問に来てくれた。

・爆風スランプ…ヒッチハイクの応援ソング「旅人よ」をリリース(=96年)。

・藤井フミヤ…デビュー曲「白い雲のように」を作詞。

・藤井尚之…デビュー曲「白い雲のように」を作曲。

・小沢健二、高見沢俊彦、爆風スランプ、Bro.KORN、広瀬香美…曲を提供して貰った。

・渡辺美里…渡辺の「My Revolution」をカバーした(=99年)。

・オール巨人…「EXテレビ」の公開オーディションに合格して巨人の付き人を半年間やった。

・大仁田厚…好きなプロレスラー。

・植田君…小学校時代の数少ない友人。

・マギー(モデル)…憧れている芸能人。写真集を自腹で買った。

・渡哲也、藤谷美和子…憧れている芸能人。

■有吉弘行

 

□ヒッチハイクのエピソード

・テレビ「進め!電波少年」の企画で香港からロンドンまで3500㎞を190日間ヒッチハイク。

・いきなり香港に連れて行かれて「この金でロンドンまでヒッチハイク」と10万円渡された。

 香港の土産用に友達から貰った餞別を没収された。

・最長で4日間食べられなかった。

・ナイフや拳銃を向けられた事が何度もあった。

・インドのハンバーガーは肉が入っていない玉ネギだけのハンバーガーだった。

・殆ど風呂に入らず下着も替えなかったので靴と靴下が異常に臭くなった。

 たまにホテルに泊まって体を洗うと洗っても洗っても垢が取れなかった。

・常に空腹だったのであまり性欲を感じなかった。

 自分で数回しただけで1度もセックスしなかった。

・パキスタンでのゲイの兵隊に1回抜かれた。

 マッサージをされて気持ち良くなってそのまま手でヤラれた。

・実は飛行機に3回乗っていた事が後に判明して話題になった。

・ヒッチハイクに関して綴った著書「猿岩石日記」はシリーズ累計250万部のベストセラー。

■有吉弘行

 

□エピソードなど

・芸能界に入る時に父親に「政治と宗教と人種の事は口にするな」とアドバイスされた。

・オール巨人の付き人仲間とケンカして1年間謹慎を申し渡され、

 その間に森脇を誘って上京してコンビ結成。

 94年猿岩石を結成、04年解散。

・猿岩石という芸名の由来…

 有吉と森脇が中学時代に片思いしていた女子のアダ名「猿女房」「ホクロ岩石」。

・「オーメン」にちなんで平成6年6月6日に上京した。

・4回目の挑戦で太田プロのオーディションに合格(=95年)。

・猿岩石のネタ作りは有吉が担当。

・上京後部屋がなかなか見つからず東京ドームの通路で2週間野宿。

 その経歴が「電波少年」に選ばれるのに役立った

・売れない頃、家賃4.5万円のアパートに森脇と一緒に住んでいた。

 掃除をしなかったので汚れ放題だった。

 部屋に女の子を呼べなかったので近所の公園でセックスしていた。

 ひとりエッチはトイレの中が定番だった。

 隣に部屋に住んでいた歌手志望の女の子が練習する歌声をオカズにひとりエッチをした。

・ステーキ店「カウボーイハウス」(下北沢)でアルバイトをしていた。

 店長とケンカして近所のライバル店「おいしんぼう」に移った。

・引越屋でアルバイトをした事がある。

・ヒッチハイクから帰国後に5万円の給料が10万円になった。

・通常のタレント活動分は給料制だったが印税分のギャラは1000万円以上。

・シングル「白い雲のように」で歌手デビュー(130万枚のヒット=96年)。

・シングル「白い雲のように」で日本レコード大賞優秀新人賞を受賞(=97年)。

・金沢工業大学「創造学公開講座」のゲスト講師を務めた(=96年)。

・駆け出しの若手芸人しか出ないお笑いライブに毎月出演(=99年)。

・ヒット曲「白い雲のように」が高校の音楽の教科書に採用された(=00年)。

・ミュージカル「シンドバッドの大冒険」に主演(=00年)。

 歌と踊りが下手過ぎて出番がどんどん削られて主演なのに出番が少なかった。

・自宅を「ジャスト」で公開(=03年)。

・地元・広島の番組の企画でリリースしたCDが地元のチャートで1位。

・コンビニでアルバイトをした事がある。

・作り笑顔がうまいと言われている。

・歯を使ってコーラの栓を抜く事ができる。

・高円寺の駅前でエリック・クラプトンを見かけて声をかけた事がある。

・ビアガーデン「インチキビアガーデン ダメ横」をプロデュース(代々木=09年)。

・96年〜98年頃は月収2000万円、貯金が7000万円あった。

・約7〜8年間ほとんど売れない時期があった。

 仕事が全くなくなった時期に事務所にギャラを給料制から歩合制にされた。

 07年に給料0円の時期があった。

 食事は1日1食、スーパーのセール品を買っていた。

 飲み会で事務所の先輩や同期からお金を貰ったり借りたりしていた。

 ※「7〜8年間無収入だった」とする媒体もある

・貯金が0になった頃に仕事が増え始めた。

・女性と子供に全然人気がないらしい。

・エッセイ集「オレは絶対性格悪くない!」を上梓(太田出版=08年)。

・エッセイ集「嫌われない毒舌のすすめ」を上梓(ベストセラーズ=09年)。

・雑誌「CLASSY」で読者の恋愛相談に本音で答える頁を連載。

・生放送ではいたゲロを手で受け止めて自分のポケットに入れた事がある。

・テレビ局内で来ないエレベーターを待ちすぎてウ○コをちびった事がある。

・モノマネのレパートリー…哀川翔。渡哲也。桃井かおり。

・芸能人に悪口系のあだ名を付けるのが得意。

 上島竜兵 …豚の死骸

 品川祐  …おしゃべりクソ野郎

 庄司智春 …筋肉クソバカ野郎

 タモリ  …昼メガネ

 寺門ジモン…短足天狗

 中山秀征 …バブルの生き残り

 板東英二 …野球くずれ

 肥後克広 …搾りカス

 ワッキー …クソすべり芸人

 ベッキー …元気の押し売り

 misono …エロみっともない

 和田アキ子…リズム&暴力(R&B)

・映画「テッド」日本語吹替版に声優として出演(=13年)。

・Twitterのフォロワー数は200万人以上(日本最多=13.02現在)。

・自分で運転して仕事場に行く(=15.01現在)。

・「有吉」が付く冠番組に多数出演。

凡例:17.01現在=2017年1月現在

関連項目:芸能人目次 芸人 1974年誕生