最高殊勲夫人

最高殊勲夫人

1959.02.10公開(大映)

Amazon配信中(2020.11.24現在)※シネマコレクション by KADOKAWA

関連項目:芸能人目次 俳優 女優

関連項目:映像作品 大映作品

顔写真クリック→プロフィール

 金田一敦子  大島富士子(三郎の恋人)
 川口浩  三原三郎
 若尾文子  野々村杏子
 船越英二   三原一郎
 宮口精二  野々宮林太郎(杏子の父)
 東山千栄子  大島千代子(富士子の母)
   
 市川崑  監督

◯冒頭 ビジネスガール(死語、結婚式のスピーチ)

◯14分頃 川上の後のファーストは与那嶺(王貞治は1959年入団)

◯15分頃 秘書の給料8000円(1959年当時の大卒初任給は約1万円)

◯膨大な数のエキストラ(結婚式、電車、会社、名店街、飲食店、テレビ局、etc.)

関連項目:芸能人目次 俳優 女優