明石家さんま

明石家さんま

関連項目:芸能人目次 芸人 1955年誕生

■明石家さんま(あかしや さんま)


□肩書き

 タレント 俳優


□本名

 杉本高文


□旧芸名

 笑福亭さんま


□生年

 1955(昭和30)07.01(蟹座/B型)


□出身地

 奈良県奈良市


□出身校

 奈良商業高校


□略歴(満年齢)

 81年(26歳)テレビ「オレたちひょうきん族」に出演。

 85年(30歳)テレビ「さんまのまんま」に出演。

 86年(31歳)ドラマ「男女7人夏物語」に主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「秘密の二人」「七人ぐらいの兵士」「メルシィ!僕ぅ?」

  映画 「いこかもどろか」「どっちもどっち」「とられてたまるか!?」

  ドラマ「心はロンリー気持ちは…」「澪つくし」「恋のバカンス」

  テレビ「さんまのからくりTV」「恋のから騒ぎ」「踊る!さんま御殿」

  ラジオ「MBSヤングタウン」「オールナイトニッポン」

  CM    「キッコーマン ぽん酢しょうゆ」「コカコーラ ジョージア」


□趣味

 映画観賞 洋裁 日曜大工 サッカー観戦 NFL観戦 NBA観戦 

 競馬 麻雀 海外旅行 ゴルフ テニス 


□特技

 サッカー 水泳 手品


□資格

 そろばん3級


□サイズ

 172㎝62㎏


□特記事項

・元妻は大竹しのぶ

・長女はIMARU

■明石家さんま


□幼少時代〜

・実家はさんまの水産加工業を経営。

・兄と弟がいる。

・3歳の時、母親が他界。

・小さい頃は泣き虫だった。

・子供の頃、祖父にプロレスの技(股さき)をかけて怪我をさせた。

・子供の頃、和歌山の海で拾って来たサザエを売って小遣いを稼いだ。

・小学校時代、体調が悪かったので指で描いた水彩画が全国コンクールで金賞。

・小学校時代、運動会の徒競走でウケを狙って後ろ向きに走った。

・小学校時代、はじめて食べた納豆のまずさに2日間家出した(=ネタか?)。

・小4の時、平泳ぎの日本新記録を出したらしい。

・小6の時、飛んでいるムササビに石をぶつけて生け捕りにした(=ネタか?)

・小6の時、ひったくりの現場に遭遇して犯人がすぐ横を走り抜けて行った。

・小学校の卒業文集に「プロレスラーになりたい」と書いた。

・中学時代、軟式テニス部。

・中学時代、相撲部。相撲の奈良市大会で上位入賞。

・中学時代、前の席の女子の背中の透けブラを見て鼻血を出した。

・高校時代、サッカー部。県大会決勝に出場。

・高校時代、夜中に学校の窓ガラスを割った。

・高校時代、冬場は長靴に軍手だった(当時のカッコいい不良のファッション)。

・高校時代、「こんなモノは何の役にもたたない」と古典の教師とケンカした。

・高校時代、女子によくモテた。

 バレンタインに下級生の女の子がチョコを渡す為に行列した。

・16歳の時、奈良公園でファーストキス。

・17歳の時、玄人の女性を相手にセックスを初体験。

 店の前で「お兄さん、寄ってかない?」とおばちゃんに誘われて店に入ると、

 そのおばちゃんが相手だった。

■明石家さんま

 

□私生活

・好物…カレーライス(大好物)。インスタントラーメン。パン。

 焼肉。うなぎ。ブリ大根。さつま揚げ。みぶな(大好物)。

 きなこ。メロン。おはぎ(大好物)。バターケーキ(大好物)。

 プッチンプリン。天津甘栗。練乳。

 ウーロン茶。コナコーヒー。バニラ味のアイスコーヒー。

 コーヒーの紅茶割り(おいしい組み合わせを研究している)。甘いもの。

・嫌いな食べ物…レバ刺し。納豆。ひじき。

・得意料理…肉すい。

・食べるスピードが速い。

・外食する時に品数をたくさん頼んでそれぞれ少しだけ食べる。

・食事の時におかずを少し残す癖がある。

・師匠がうるさかったので米研ぎに自信がある。

・若い頃はお酒を飲めなかったが、35歳頃からだんだん飲めるようになった。

 好きな酒は焼酎(梅干し入れたりほうじ茶で割って飲む)。

 ボケ防止に赤ワインをグラス1杯飲む。赤ワインを飲見過ぎるとお腹を下す。

・タバコを吸う(=15.04現在)。

 1日80本のヘビースモーカー(=08.12現在)。

 禁煙するつもりは全くない(=06.07現在)。

・持病…頭皮神経痛(魂が抜けそうに感じる、人と会話をすると収まる)。

・風邪をひいても滅多に熱が出ない。37度2分の発熱で死ぬかと思った。

 今まで発熱したのは一度だけ(=01.12現在)。

・健康チェックの為に毎年1回20㎞走る(体の悪い部分に痛みが出る)。

・健康診断を受けた事がない(=07.06現在)。

・17歳の頃と体型・体重が変わっていない(=16.01現在)。

・平熱が低い。

・白髪を自分で染める(美容院でじっと座っているのが我慢できない)。

・ウインクをすると口が開いてしまう。

・前歯は差し歯(普通の歯にも出来たがあえて出っ歯のままにした)。

・肩が凝った事がない。マッサージをして貰った事がない。※14.01現在

・陽に焼けやすい。

・鼻をほじる癖、股間を触る癖がある。

・入浴時間が短い(5〜6分)。

・12:00前に寝るのは大嫌い。

 限界まで眠くなるまで起きていてベッドに入ると同時に眠る。

 睡眠導入剤を服用する事がある。

 睡眠時間が短い。眠りが深い。夜中の3:00頃は絶好調。

 移動中に2時間寝ると眠れなくなる。

 朝6:00〜7:00頃に寝るのでヨーロッパやアメリカに行っても時差ボケしない。

 早起きが苦手(「このまま寝て芸能界をやめようかな」と思う事がある)。

 若い頃が睡眠時間1〜2時間で平気だった。

 50歳を過ぎてから5〜6時間寝るようになった。

 寝る時に自分で決めた睡眠時間で自動的に目が覚める(2時間後、3時間後など)。

・テンピュールの枕を愛用。

・2日間徹夜して数分間おならが出続けた事がある。

・エアコンを使わない(冷房も暖房も使わない)。

・鼻を触る癖がある。

・お化けが大の苦手。

・絶叫マシンが苦手。

・温泉が大嫌い。

・高所恐怖症。

・雨が嫌い。雨が降ってくると元気がなくなる。

・寒さに弱い。冬はあまり外出しない。

・猫が嫌い。

・ほとんどの家事を自分でやる。

 アイロンがけが好き。漂白が大好き。

・洋裁が大好き。皮用のミシンを所有(値段は数百万円)。

・月に1回家事(掃除?)をして貰う人に来て貰っている(=16.05現在)。

・絵本が好き。

・好きな音楽…70年代のフォークソング。

・好きな歌手…吉田拓郎。坂本冬美。美空ひばり(CDをクルマに積んでいる)。

・好きなミュージシャン…エリック・クラプトン。

・好きな映画監督…宮崎駿。

・好きな映画女優…メグ・ライアン。

・子供モノの映画にヨワい。

 「クレイマー・クレイマー」「チャンプ」を観ると必ず泣いてしまう。

・映画はひとりで観るのが好き。

・アメリカ、韓国のドラマをよく見る。

・「タッチ」の浅倉南が好き。部屋にポスターを貼っていた。

・主なスポーツの世界大会はほとんど寝ずにチェックする。

・自分が出演した番組はビデオに録って何度も見返す(最低3〜4回見る)。

・毎年クリスマスには工夫を凝らして部屋をコーディネイトする。

・下着はブリーフ派。

・収集…ワイリー・コヨーテグッズ。フィギュア。

・住んでいる所…東京都渋谷区恵比寿(=98年現在)。

・都内の一等地に4階建て4億円の豪邸を購入(=06年)。

 上京当時、小岩の4畳半の部屋に住んでいた(家賃8000円)。

・別荘がある所…オーストラリア(=17.01現在)。

■明石家さんま

 

□私生活(続)

・いきつけ…

 焼肉屋「ゆうげんてい」(西麻布、マイジョッキと専用の箸を置いてある)。

・英語を5年間習った事がある。

・愛車…

 エルカミーノ(1987年式=14.04現在)。

 ベンツ・ゲレンデワーゲン(=12.11現在)。

 ボルボ、レンジローバーに乗っていた。

・巨人ファン。

・クレジットカードが嫌い。常に現金を持ち歩く。

・クレジットカードの不正使用被害にあった事が何度かある。

・カーナビが嫌い。

・雨が嫌い。雨の日は外出をやめる。多少の雨では傘を使わない。

・競馬が大好き。

 万馬券を取った事が2回ある(=02年現在)。

 万馬券を当てたお金で吉原のソープを借り切って遊んだ事がある。

 北海道の牧場までテンポントの墓参りに行った事がある。

 人生を救ってくれた馬券をお守りとして財布に入れている。

 養育費の一括払いを狙って47連敗、小さな家が買えるくらい負けた。

・ファンの人が「この千円札がいつかさんまさんに届きますように」と書いた1000円札が

 実際に自分の元に届いた(約30年間財布に入れ続けてボロボロになっている)。

 ※テレビ「史上最大のさんま早押しトーク」でファン本人と対面(=15年11月22日放送分)

・ホテルの壁をつきやぶって手が出て来たのを見た事がある。

・ホテルで小さなインディアンの集団の幽霊を見た事がある。

・よくデートで横浜に行く。

・海に行くとモリで魚をつく。

・オーストラリアの空港で別室で約2時間取り調べを受けた事がある

 (ブランド品のブローカーと間違えられたらしい)。

・毎年夏にニューヨークでミュージカルを観る。

・座右の銘…生きてるだけで丸もうけ。

・せっかち。食べるのが早い。待つのが嫌い。メールの返信が早い。

・性格は超プラス志向。人生で落ち込んだ事がない。

・キャッチガールにひっかかってぼったくりバーに連れて行かれた事がある。

・クルマに強盗が乗り込んで来て1万円をとられた事がある。

・気功で子供の喘息と逆子を直した事がある。

・トイレ(小便器)でおしっこをしようとしてウンコをちびってしまった事がある。

・事務所のスタッフの前でおならのつもりでウンコを漏らした事がある。

・誕生日パーティーで自分に向けたクラッカーにキャンドルの火が引火した事がある。

・しゃべりながら打つめちゃくちゃなゴルフだがスコアは良い。

・カラオケの十八番…

   サザンオールスターズ。徳永英明「こわれかけのRadio」。

 浜田省吾「もうひとつの土曜日」。

・スタッフが何人も自立神経失調症で倒れた(=01年)。

・ひとりで変装せずに街を歩く事がある。

・LINEをやっている(=15.12現在)。

・人前では泣かない。

・ひとりで食事するのが苦手。

・「歩くのが速い」とよく言われる。デート相手を置き去りにした事が何度もある。

・クリスマスから年末にかけては連日別荘でホームパーティーをする。

・毎年正月にオーストラリアの別荘でゴルフ合宿を開催。

 朝からゴルフを2ラウンド、夜は明け方まで延々トーク、平均睡眠時間2〜3時間。  

 それを1週間から10日続けるので参加者が次々と倒れる(=ネタか?)。

・ファンに声をかけられるときさくに返事をして、時間が許す限りサインに応じる。

 以前は変装してコソコソしていたが逃げない方がストレスが溜まらないと気付いた。

・新幹線で声をかけてきた一般人と延々話し続けた事がある。

 途中で寝ようとするので起こして話し続けた。

・ひとりでハワイに行った時に大学生グループに話しかけて夜中まで一緒に過ごした事がある。

・父親が心肺急停止で他界(享年78=06年)。

・兄はスナック「カラオケスナックさんま」を経営(=06.02現在)。

・長女は絶対にお笑いタレントと結婚させたくない。

・好きなタイプ…身長が低い女性。

・人生をやりなおせるなら19歳の時に別れた女性とやりなおしたい。

・2回お見合いをした事がある(1度は26歳の時)。

・スペイン系の女性にヨワい。

・女性とキスをするのが好き。

・女性の太ももを触るのが好き。

・女性のポニーテールが好き。

・浴衣姿の女性が大好き。

・女性に「愛してる」と言うのが苦手。

・女性をエスコートするのが苦手。

・空気が読めない女性、会話のテンポが悪い女性(質問に即答できない女性)が嫌い。

・女性に何もかも面倒を見て貰うのが好き。

・女性に謝った事がない。

・結婚を意識した女の子には必ずカレーライスを作って貰う。

・ロマンチスト。

・バレンタインの義理チョコが嫌い。

・ある女性と別れてから半年後に電話がかかってきて

 「子供が出来てたの。もうおろしちゃったからお金ちょうだい」と言われた事がある。

・ファンの女性が自宅マンションのベランダに潜んでいた事がある。

・ファンの女性が自宅マンションの前でカレーを作って待っていた事がある。

・フジテレビの女子アナウンサーと定期的に飲み会をしている。

・大竹との夫婦仲が険悪になった時期に子供の前では「幸せ夫婦」を演じていた。

・フライトアテンダント数人と交際した事がある。

■明石家さんま

 

□人間関係

・清水圭、恵俊彰…家族ぐるみのつきあい。一緒に海外旅行に行く。

・前川泰之&政井マヤ…家族ぐるみのつきあい。

・ラサール石井…親友。若い頃によく一緒に風俗に行った。

 毎年正月にオーストラリアでゴルフとトークの合宿をする。一緒にコントライブを開催。

・太平サブロー…友人。サブローが吉本に復帰する時に後見人になった。

・奥田瑛二…友人。合コン仲間。ドラマ「男女7人夏物語」で共演。

・郷ひろみ…友人。ゴルフ友達。同い年。

・佐藤浩市…友人。正月のオーストラリアのゴルフ合宿に参加した事がある。

・島田紳助…友人。同期生。時々悩みごとの相談の電話がかかってくる。

 売れない頃に紳助と一緒に地方営業、スナックでノーギャラで芸をした。

 デュエット曲「いけないお化粧マジック」をリリース。

・笑福亭笑瓶…友人。よく一緒に遊ぶ。飲み友達。合コン仲間。

・そのまんま東…友人。サッカー仲間。

・所ジョージ…友人。老後に一緒に住めるように所の家にはさんま用の部屋がある。

 デュエット曲「明石家さんまさんに聞いてみないとね」をリリース(=99年)。

・間寛平…友人。間のスパルタスロンで伴走をやった。

・又吉直樹…友人。よく一緒に飲む。2vs2の合コンをよくする。

・星野仙一…友人。正月のオーストラリアのゴルフ合宿に参加した事がある。

・宮本和知…友人。飲み友達。

・村上ショージ…友人。一緒に海でモリで魚をつく。

・ラモス瑠偉…友人。ラモスの結婚式のパーティーの司会をやった。

・渡辺正行…友人。「ひょうきん族」時代からの仲。

・ガダルカナル・タカ、高橋克典、津川雅彦、松尾伴内…友人。合コン仲間。

・浅田美代子…友人。毎年正月にオーストラリアのゴルフ合宿に参加。

・加藤紀子…友人。さんまの自宅でのクリスマスパーティーに参加。

 加藤に腕時計をプレゼントした。ラジオ「ヤングタウン」で共演。

・中村玉緒…友人。何かいいことがあると家族より先にさんまに報告する。

 「さんまのからくりTV」に出演。さんま主演のドラマ「甘い生活」にゲスト出演。

・西川かの子…友人。西川が子供の頃から仲良し。

・上田晋也、土田晃之、東野幸治、YOU…友人。テニス仲間。

・市村正親、志茂田景樹、武豊、生瀬勝久、松山千春、諸星和己、柳葉敏郎、

 秋野暢子、飯島直子…友人。

・ジミー大西…弟子。元運転手。さんまが名付け親。

 運転中にワイパーがいきなり外れて飛んだのにびっくりして追突事故を起こした。

 ジミーの赤坂プリンスホテルでの結婚披露パーティーを全部しきってあげた。

・市川染五郎…同じスポーツクラブ。

・研ナオコ…同じマンションに住んでいた。

 女性が遊びに来たのを研に発見されて邪魔された。

・白川和子…18歳の頃によく白川に食事をごちそうして貰った。

・桑田佳祐…「アミダばばあの唄」を作曲。

・布施博…二人舞台「秘密の二人」で共演(=91年)。

・生瀬勝久…舞台で共演。

・石井めぐみ…バラエティ「オレたちひょうきん族」で共演。

 重度の障害児だった石井の長男の成長を綴ったドキュメンタリー

 「ゆっぴいのばんそうこう」のナレーションをノーギャラでやった。

・岩崎宏美…ドラマ「男女7人秋物語」で恋人役で共演。

・鈴木杏樹…ドラマ「恋のバカンス」で共演。

・広末涼子…ドラマ「世界で一番パパが好き」で親子役で共演。

 絵本、プラダの財布をプレゼントしてあげた。

・ユンソナ…バラエティ「さんまのスーパーからくりTV」の本番でさんまが泣かせた。

・りょう…ドラマ「恋のバカンス」で共演。誕生日プレゼントに炊飯器をあげた。

・ビートたけし、島田紳助、片岡鶴太郎、島崎俊郎、渡辺正行、ラサール石井、山田邦子 

 …バラエティ「オレたちひょうきん族」で共演。

・関根勤、渡辺正行、浅田美代子、うつみ宮土理、西村知美

 …テレビ「さんまのスーパーからくりTV」で長年共演。収録後に食事会を開催。

・内山信二、山崎裕太…テレビ「あっぱれさんま大先生」で長年共演。

・桂小文枝、オール阪神・巨人…同期生。若い頃に阪神からよくお金を借りた。

・桂文枝、月亭八方、桂文珍、桂きん枝、林家小染

 …バラエティ「ヤングおー!おー!」で共演、ユニット・SOSとして様々な企画に挑戦。

 25歳の時に桂文枝から司会を譲り受けた。桂文枝と不仲を噂された。

・松福亭松之助…師匠。

・江頭2:50…誕生日と血液型が同じ。

・おすぎ…空港でおすぎに壁に押し付けられて強引にキスされた事がある。

・月亭八光…当時子供だった八光から5000円でギャグを買った。

 ※「アホちゃいまんねん、パーでんねん」

・原口あきまさ…さんまのモノマネでブレイク。

・笑福亭鶴瓶…笑福亭さんまの高座名で落語をやった時のビデオをが鶴瓶が持っている。

 ※テレビ番組に出る時に芸名を明石家さんまに変えた

・陣内孝則…陣内の妻をナンパした事がある。

・森進一…森の紹介で社長令嬢とお見合いをした(=04年)。

・八嶋智人…実家が近所。

・室井滋…素人と間違えて普通に室井に道を訪いてしまった事がある。

・城島茂…高校の後輩。

・楊原京子…中学校の後輩。

・山本梓…遠い親戚。

・木田優夫…さんまのファン。さんまをお笑いの師と仰いでいる。

 テレビ「明石家サンタ」に毎回着ぐるみ姿で出演。

 デトロイトタイガースの入団会見を日本から持ってきた羽織はかま姿で行なった

 (さんまがアドバイスした)。

・北山陽一(ゴスペラーズ)…昔からさんまの大ファン。レコードを持っている。

・モンキッキー…コメディアンとしてさんまに憧れている。

・中川剛(中川家)…さんまのファン。

 子供の頃にさんまの舞台を観に来て「杉本〜!」と本名で野次り倒して

   舞台から降りてきたさんまに小突かれた。

・川原亜矢子…若い頃からさんまの大ファン。

 高1の時、さんまがDJをやっていた番組 にリスナーとして電話で出演。

 仕事をはじめた頃に乗った新幹線のグリーン車で乗り合わせたさんまからサインを貰った。

・KEIKO…さんまのファン。さんまのデビュー曲のレコードを持っている。

・佐藤江梨子…さんまのファン。さんまの笑い方のモノマネができる。

・佐藤仁美…さんまの大ファン。結婚したいと思っている。

・高橋尚子…さんまの大ファン。

 シドニー五輪の時にさんまの番組のビデオをたくさん現地に持ち込んだ。

・中山エミリ…さんまのファン。  

 中山が17歳の時に「私が25歳になった時にお互い独身だったら結婚して下さい」と

 言われた。毎年中山の誕生パーティーを主催していた。

・根本はるみ…さんまの大ファン。

 「さんまのまんま」に出演した時に手作りのプレゼントを渡してさんまにアプローチ。

・濱田マリ…さんまの大ファン

・森下涼子…子供の頃からさんまのファン。雑誌の切り抜きを集めていた。

・YOU…さんまのファン。自宅で待ち伏せしていた事がある。

・米倉涼子…さんまのファン。バラエティ「明石家ウケんねん物語」で共演。

・石本武士、上田晋哉、乙武洋匡、金村義明、黒部進、辻よしなり、つんく、ますだおかだ

 …さんまのファン。

・大河内奈々子、叶和貴子、金城綾乃、こずえ鈴、後藤真希、酒井若菜、島谷ひとみ、

 立河宜子、角田ともみ、ともさかりえ、藤崎奈々子、はるな愛…さんまのファン。

・松浦亜弥…松浦の母親が中学時代さんまの大ファンで追っかけをしていた。

・ISSA…長女・いまるがISSAの大ファンでヒップホップダンスをやっていた。

・長嶋茂雄…憧れている人。

・麻丘めぐみ…学生時代、麻丘の大ファンで通学カバンに写真を貼っていた。

・綾瀬はるか、長澤まさみ…憧れている芸能人。

・森高千里…憧れている芸能人。森高のモノマネができる。

・石原真理子…石原が自伝「ふぞろいな秘密」で過去の交際を告白。

・葉月里緒奈…同じスポーツクラブ。交際を噂された。

・八木亜紀子…「明石家サンタ」「さんまのスポーツするぞ」で共演。交際を噂された。

 八木がニューヨークに住んでいた時に毎年現地で会った。

・浅田美代子、可愛かずみ、陣内貴美子…交際を噂された。

・斉藤ますみ…交際を噂された(=03年)。

・大竹しのぶ…88.09.09入籍、92.09.29離婚。

・子供:

 長女…いまる。89.09.19誕生。タレント。

 自分の好きな言葉の「生きてるだけでまるもうけ」を略して命名。

 離婚後大竹が引き取った。カナダの高校に留学していた。

 IMALUの芸名で芸能界デビュー(=09年)。

■明石家さんま

 

□大竹しのぶとのエピソードなど

・ドラマ「男女7人夏物語」「男女7人秋物語」で恋人役で共演。

・大竹の元夫(87年他界)はテニス友達だった。

・交際中にマスコミの目をあざむく為に大きなスキーバッグの中に大竹を入れて移動した。

・新婚旅行でサッカー・W杯イタリア大会を現地で観戦(=90年)。

・冷蔵庫に入れておいたプッチンプリンを大竹が勝手に食べて大喧嘩した。

・結婚中は仕事をセーブして育児をやった。

・大竹の誕生日に徹夜して描いた大竹の自画像の絵をプレゼントした。

・テレビ局でたまたま会った美空ひばりに「幸せそうね」と言われたので離婚を半年延ばした。

・大竹の長男・二千翔の高校合格のお祝いに全自動麻雀卓をプレゼントした。

・結婚中に8億5000万円で購入した豪邸(1年しか住まなかった)がバブル崩壊で価格が激減

 して約5億円の借金を負った。

・離婚後も子供をまじえてよく一緒に食事する。

・大竹の初ソロコンサートにゲスト出演(=01年)。

■明石家さんま

 

□エピソードなど

・芸人を目指す事を親に反対されたが親族会議がたくさんの親戚が賛成してくれた。

・芸名の由来…実家の商売(水産加工業)。

・売れない頃、デパートの屋上でガッチャマンショーのアルバイトをした事がある。

・売れない頃、4畳半トイレ共同風呂無しのアパートに住んでいた。

・18歳の時、地方の営業で客が自分の実兄ひとりだけだった事がある。

・19歳の時、小学校の同級生と偶然再開して交際。

 彼女と結婚する為に仕事をやめて東京に逃げて半年間小岩でアルバイト生活をした。

   話術でパン屋の売り上げを記録的に伸ばして喫茶店から好待遇でスカウトされた。

   喫茶店でも「面白いウェイターがいる」と評判になった。

 大阪に戻った時に師匠の家で泣いて謝って許して貰った。

・20歳の頃、前説で間を持たせる為に手品を練習した。

・バラエティ「ヤングおー!おー!」でテレビ初出演。

・小林繁と掛布雅之のモノマネ(形態模写)で売り出した。

 小林繁のモノマネをモチーフにしたシングル「Mr.アンダースロー」をリリース(=79年)。

・若い頃は「西の郷ひろみ」と呼ばれる人気だった。

・東京に出て来た初日に新宿でキャッチバーの女性にダマされた。

・東京に出て来て最初に住んだのは葛飾区新小岩。

・大阪弁をバカにされたので意地になって使い続けた。

 東京進出後も大阪弁を使い続けたタレント第1号らしい。

・ドラマ「母の償い」に出演(ドラマ初出演=78年)。

・タレント本「ビッグな気分」を出版(=80年)。

・吉本興業のパッケージだったので「オレたちひょうきん族」の当初のギャラは激安だった。

・「オレたちひょうきん族」の「タケちゃんマン」シリーズで様々な敵役を演じた。

 ブラックデビル、アミダババア、ナンデスカマン、パーデンネン、バイキンガーZなど。

・30歳まで舞台を毎月20本やっていたので寝る暇がなかった。

・個人事務所・オフィス事務所を設立(=86年)。

・ドラマ「心はロンリー気持ちは…」の主題歌「真っ赤なウソ」をリリース(=87年)。

・アルバム「世渡り上手」がヒットチャート3位(=87年)。

・キスシーンで唇がむかえに行ってしまって何度もNGを出した。

・大竹しのぶとの結婚を機に仕事を半分に減らした。

・カルビーの会長が「さんまのまんま」を偶然見ていてCMに起用された。

 「さんまのまんま」でかっぱえびせんを食べていたのがおいしそうに見えたらしい。

・自分の原作の童話アニメビデオ「リリが見たやさしい虹」に声優として出演(=90年)。

・ドラマの待ち時間はおしゃべりができるので大好き。

・ドラマの台詞を覚えて現場に行くと本番までに飽きてしまうので覚えていかない。

・ドラマの本番直前までおしゃべりをする。

・ゴルフコンペ東西お笑い名人大会を毎年主催。打ち上げの司会をする。

   所ジョージ、タモリ、笑福亭鶴瓶、清水圭など約25人の芸人が集まる。

 ゴルフは一生やらないつもりだったが番組「ビッグ3」の為に始めた。

・完全に寝坊して出演する筈の生放送番組で出演者から呼びかけられた事がある。

・大渋滞で「明石家サンタ」に遅刻しそうになってレインボーブリッジを自転車で走った。

・モノマネのレパートリー…

 えなりかずき。掛布雅之(形態模写)。堺正章。さだまさし。板東英二。

 倖田來未。桜田淳子。浜崎あゆみ。

・NHK大河ドラマ「元禄繚乱」にゲスト出演(=99年、大河ドラマ初出演)。

・舞台「七人ぐらいの兵士」に主演(初舞台=00年)。

・NHKの好きなタレント調査で6年連続1位(=98年度〜03年度)。

・テレビに出る時に一切メイクをしない(ドーランも塗らない)。

・ファンにツーショット写真撮影を求められると基本的に断らない。

・舞台で共演者が噛むとさんざんいじる。

・1ヵ月に2回ハニートラップにかかった事がある。

・日経エンタ「好きな芸人ランキング」で調査開始以降毎年1位(=15年現在)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在

関連項目:芸能人目次 芸人 1955年誕生