新妻聖子

新妻聖子

関連項目:芸能人目次 女優 1980年誕生

■新妻聖子(にいづま せいこ)

 

□肩書き

 女優 歌手

 

□生年

 1980(昭和55)10.08(天秤座/AB型)

 

□出身地

 愛知県稲沢市祖父江町

 

□出身校

 International School Bangkok 

 上智大学法学部国際関係法学科卒業(=03年)

 

□略歴(満年齢)

 03年(23歳)舞台「レ・ミゼラブル」に出演。

 04年(24歳)舞台「ミス・サイゴン」に主演。

 06年(26歳)シングル「夢の翼」で歌手デビュー。

 ※他の主な出演:

  舞台 「サド侯爵夫人」「マリー・アントワネット」「王家の紋章」

  ドラマ「紅雲町珈琲屋こよみ」「相棒」「ヒガンバナ」

  テレビ「王様のブランチ」「メレンゲの気持ち」「踊る!さんま御殿!!」

  CM  「ブルボン」

  楽曲 「愛をとめないで」「時の翼」「ありがとう」

 

□趣味

 食べること

 

□特技

 英語(TOEIC 945点)

 

□サイズ

 156㎝

 

□特記事項

・姉は新妻由佳子

・声域5オクターブ

■新妻聖子

 

□幼少時代〜

・父親はエンジニア(エレベーターを設計)。

・父親は北海道出身。

・母親は関西出身。

・3歳年上の姉がいる。

・周りに田んぼしかない郊外に住んでいた。

 卵と鶏肉は近所の養鶏所で買っていた。

・母親がおやつを手作りしてくれた(ケーキ、クッキー、アイスクリームなど)。

・音楽好きの両親の影響で子供の頃から様々なジャンルの歌に親しんだ。

 「サウンド・オブ・ミュージック」のレーザーディスクを何度も見た。

 CDを買って貰うと歌詞カードを見ながらソファの上に立って歌った。

 工藤静香、WINKが好きだった(WINKの曲をひとりで真似した)。

・習いごと…ピアノ(3歳〜)。

・目立ちたがり屋のおてんばだった。

・落ち着きなない子供だった。

・小学校時代、山道を片道歩いて登校。

 喉が乾くとその辺の野草の蜜を吸った。

・小学校時代、マンガを描いていた。

・小学校時代、海外旅行でヨーロッパに行った。

・小学校時代、子分を引き連れるガキ大将だった。

 姉を泣かせた3歳年上の男子の教室に乗り込んで理詰めで攻めて泣かせた。

 周囲から「聖子軍団」と呼ばれていたらしい。

・小学校時代、毎年学級委員をやった。

・小5の時、生徒会副会長をやった。

・小6から高校卒業まで父親の仕事の都合でタイ(バンコク)に住んでいた。

・タイでインターナショナルスクールに通っていた。

 当初は英語が全然話せなかったのでスクールカースト最下層だった。

・タイ時代、週末に家族でカラオケに行って7時間歌った。

・タイ時代、コーラス部。

・タイ時代、日本人同士で結成したガールズバンドのボーカル。

 ※文化祭で歌っている映像が現存(「おしゃれイズム」17年3月5日放送分)

・家で飼っていた犬に顔を噛まれて12針縫った。

 顔に歯が食い込んでいる感触がはっきりあった。耳が半分ちぎれた。

・12歳の時、バラ100の花束や宝石(指輪)をプレゼントされてアプローチされた。

・18歳の時、交際中の彼氏と公園でファーストキス。

・将来歌手か弁護士になりたいと思っていた。

・タイから帰国後、河合塾の女子寮に3ヵ月入って帰国生入試の勉強をした。

・河合塾の女子寮時代、娯楽はラジオだけだった。

 深夜に布団の中でよく「オールナイトニッポン」を聞いた。

・学生時代、ボランティアとして代議士の下で働いた。

■新妻聖子

 

□私生活

・好物…ラーメン。うどん。カップ麺。揚げ物。かぼちゃの天ぷら。

 ドーナツ。みたらし団子。ゼリー

 ゼリードリンク(楽屋の冷蔵庫に常備)。タイ料理。

・食べる事が大好き。たくさん食べる。朝から山盛り食べる。

 1日5食食べる事がある。嫌いな食べ物がない。

 野菜、肉、炭水化物の順番に食べる。食べてもあまり太らない体質。

 リポーターとしてラーメン屋を1日に8軒廻って8杯全部平らげた事がある。

 旅行に行く時は周辺のグルメ情報を事前にチェックする。

 おいしい店をジャンル・場所で分類して多数携帯にブックマーク。

・喉の為に酒は乾杯程度、深酒は絶対にしない。

・喉の為にタバコの煙に近づかない。

・健康法…塩うがい。太白胡麻油でうがい。プロポリス。マヌカハニー。

 目覚めの水(コップ1杯飲む、子供の頃から続けている)。焼きしょうが。

 半身浴。ソックスの重ね履き。ゆたんぽブーツ。

・喉ケアクッズを多数愛用(加湿器、吸入器、口呼吸防止テープ、など)。

 舞台出演中は毎日病院で喉をチェックする。

 寝室に加湿器を2台置く。

・たくさんの薬やサプリメントをポーチに入れて持ち歩く。

 アミノ酸サプリ、酵素、葛根湯、漢方、青汁など。

・6種類の歯磨きグッズを使って念入りに歯を磨く。

・鎖骨に自信がある。夏場は鎖骨を強調する服を着る。

・身体が固い。ダンスが苦手。

・高所恐怖症。

・好きな歌手…セリーヌ・ディオン。

・政治に興味関心がある。日本初の女性総理になりたいと思っている。

・いきつけ…

 カフェ「バロワーテラス」(千駄ヶ谷=16.07現在)。

 レストラン「イタリアントマト」。

・あまり買物に行かない。

・第二の故郷のタイによく行く。

・慎重派。基本はネガティブ。

・ブログ、Twitter、Instagramをやっている(=16.07現在)。

・祖母と仲が良い。一緒に食事や映画に行く。

・好きなタイプ…たくさん食べる男性。

■新妻聖子

 

□人間関係

・安めぐみ…テレビ「王様のブランチ」で共演。

・萩原聖人…子供の頃、萩原の大ファンだった。

 中1の時、ロケで泊まっているホテルの部屋に押しかけてサインと写真をゲットした。

・福山雅治…中学〜高校時代、福山に憧れていた。

・新妻由佳子…姉。シンガーソングライター。

・夫…外資系証券会社勤務。17.05.21入籍。日本とオランダのハーフ(母親がオランダ人)。

 

□エピソードなど

・大学時代、歌手を目指してオーディションをたくさん受けた。

・大学時代、テレビ「王様のブランチ」にリポーターとして出演。

 食リポをするのが好きだった。来日した海外スターに英語でインタビュー。

・テレビ朝日のアナウンサー試験で最終面接に残った。

・5000倍の倍率を突破して「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役に合格(初舞台)。

 上智大学の先輩の推薦でオーディションを受けた。

・自分が出演するまでミュージカルを観た事がなかった。

・20代前半の頃は「空気を読む」という事に全く気を使っていなかった。

・ミュージカルに多数出演。1年間に7本のミュージカルに出演した事がある。

・ミュージカルとコンサートをあわせて年間300ステージに出演した事がある。

・声域は5オクターブ。

・声が大き過ぎるのでミュージカルの本番中にマイクをオフにされる事がある。

・ミュージカルで気持ちがゾーンに入って歌っているのに歌っていない感覚になる事がある。

・脳が歌詞を忘れているのに体が勝手に反応して正しく歌えた事がある。

・駅のホームで電車が入ってくる時に大きな声で歌を練習する。

・あがり性で心配性。たくさん練習しないとステージに立てない。

・「サド侯爵夫人」のタイトルロールで第31回菊田一夫演劇賞を受賞(=05年)。

・「マリー・アントワネット」のマルグリット役で芸術祭演劇部門新人賞を受賞(=06年)。

・デビューシングル「夢の翼」はNHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」のテーマソング。

・コントをやった事がある。

・アクビちゃん(ハクション大魔王)のモノマネができる。

・テレビ「とくダネ!」にコメンテーターとして出演。

・クラシカル・クロスオーバーの歌手として長く歌い続けたいと思っている。

凡例:17.01現在=2017年1月現在

関連項目:芸能人目次 女優 1980年誕生