手塚とおる

手塚とおる


■手塚とおる(てづか とおる)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 手塚通

 

□生年

 1962(昭和37)06.27(蟹座/A型)

 

□略歴(満年齢)

   86年(24歳)劇団健康に加入。

 13年(51歳)ドラマ「半沢直樹」に出演。

 15年(53歳)ドラマ「太鼓持ちの達人」に主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「少年H」「三人姉妹」「新宿八犬伝」

  映画 「キューティーハニー」「20世紀少年」「ヒミズ」

  ドラマ「マジすか学園」「ルーズヴェルト・ゲーム」「HERO」

  テレビ「メレンゲの気持ち」

  CM    「プロミス」「リクルート」「ファミリーマート」

 

□趣味

 アメリカの警官バッジ収集

 

□サイズ

 175㎝ 

■手塚とおる

 

□幼少時代〜

・北海道で生まれて3歳まで住んでいた。

・映画監督になりたいと思っていた。

 

□私生活

・左利き。

・好きな作家…チェーホフ。

・好きなテレビ番組…「モンティパイソン」。

・アメリカの警官バッジの専門店によく行く。

 店主と話をして長時間過ごす(8時間過ごした事がある)。

・超ネガティブな性格。

・一緒にいる人に過剰に気を使ってしまう。

・「人との距離感が異常に近い人」が苦手。

・人間観察が好き。

 嫌いな人の言動を観察して「自分がその人を嫌いな理由」を分析する。

 嫌いな理由を分析するうちに好きになる事がある。

・若い頃に彼女に食べさせて貰った時期があった。

・彼女と同棲した事がある。

 同棲中に「タバコを買って来る」と言って家を出て6〜7時間外で過ごした事があった。

■手塚とおる

 

□人間関係

・KERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)…友人。劇団健康の中心人物。

・犬山犬子(犬山イヌコ)、田口トモロヲ、みのすけら…劇団健康のメンバー。

・吉田鋼太郎…舞台仲間。20代の頃に舞台で共演。

・柄本時生、木南晴夏…ドラマ「太鼓持ちの達人」で共演。

・野田秀樹…30代の頃に野田に「お前の面白さは狂気だ」と言われた。

・濱谷晃一…ドラマ「太鼓持ちの達人」のプロデューサー。

・綾野剛、小栗旬…同じ事務所。

 

□エピソードなど

・19歳の頃、映画監督になる手段がわからなくて舞台のオーディションを受けた。

 カメラ(8ミリカメラ?)で撮影しながらオーディションを受けた。

・作・唐十郎、演出・蜷川幸雄の「黒いチューリップ」で初舞台(=83年)。

・放送作家として「夢がMORIMORI」「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」を担当。

・加入以降92年の解散まで劇団健康の全作品に出演。

・舞台「お茶と同情」を作・演出(=93年)。

・ナイロン100℃、野田地図、大人計画、劇団新感線、劇団燐光群などの舞台に客演。

・様々な劇作家が書いた「人の言葉」を「自分の言葉」で喋ってみたいという欲求が常にある。

・気が合う演出家との舞台稽古が大好き。

   「このまま稽古が続いて本番がなくてもいい」と思う事がある。

・「手塚治虫の甥」と噂された事がある(事実無根らしい)。

・バイプレイヤーとして舞台・映画・ドラマに多数出演。

・「癖がある役を演じさせたら手塚とおるの右に出るものはいない」と評されている。

・ドラマ「半沢直樹」に嫌味な課長代理役で1話のみ出演。

 オファーはオンエアが進んで東京編が終わりかけた頃に来た。

・52歳でドラマ「太鼓持ちの達人」でドラマ初主演(=15年)。

 オファーを聞いた時にドッキリかと思った。1ヵ月で全12話を撮る過酷スケジュールだった。