志村けん

志村けん

関連項目:ザ・ドリフターズ

■志村けん(しむら けん)

 

□肩書き

 芸人 タレント 俳優

 

□所属グループ

 ザ・ドリフターズ

 

□本名

 志村康徳

 

□生年

 1950(昭和25)02.20(魚座/A型)

 

□没年

 2020(令和02)03.29(享年70)新型コロナウイルスによる肺炎

 

□出身地

 東京都東村山市

 

□出身校

 東村山市秋津小学校分校→東村山市立化成小学校 

 東村山市立第二中学校 

 都立久留米高校卒業

 

□略歴(満年齢)

 74年(24歳)テレビ「8時だョ!全員集合」出演。

 86年(36歳)テレビ「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」出演。

 87年(37歳)テレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「志村魂」

  映画 「鉄道員」

  テレビ「ドリフの大爆笑」「天才!志村どうぶつ園」「志村劇場」

  ラジオ「志村けんのFIRST STAGE」

  CM    「アースノーマット」「麒麟淡麗グリーンラベル」「パーシャルデント」

 

□趣味

 映画観賞 将棋 パソコン ギター 津軽三味線 パチンコ 競馬 

 

□特技

 料理 すいかの一気食い 卓球

 

□サイズ

 167㎝

■志村けん

 

□幼少時代〜

・父親は小学校の教頭。

・祖父と母親は農業をやっていた。

・祖父母、両親、叔母、兄2人の8人家族。

・祖父が畑で芋を作っていた。

 1日3食とおやつが全部芋という日があった。

・父親は柔道5段で躾にとても厳しかった。

 お仕置きでよく殴られた。子供の頃は怖くて口をきけなかった。

・よく兄と兄弟喧嘩をした。

・お菓子を万引き、畑からスイカを盗む、などの悪さをした。

・自転車で畦道を走っていた時にヘビがタイヤにからみついてきて顔面に飛んで来た。

 ※それ以来ヘビが苦手

・小学校時代、クレヨンを食べるクラスメイトがいた。

・小学校時代、友人と一緒に木の上に家を作った。

・小1の時、運動会の徒競走で緊張のあまりスタートの瞬間ウンコを漏らしてしまい、

 「やすべえくそべえうんこべえ」というあだ名をつけられた。

・小4の時、落語のレコードを聴いてお笑いに目覚めた。

 友人と一緒に酔っぱらいのコントを作って学校で披露。

・中学時代、卓球部(3ヵ月でやめた)。

・中学時代、「将来はコメディアンになろう」と決意、

 友人とコントを作って文化祭で披露。

・中学時代から色々なアルバイトをした。

 顕微鏡を作る会社(1日中ヤスリで顕微鏡の台を削る仕事)、

 ゴルフ場のキャディ(小金井カントリークラブ)、

 段ボール工場、運送屋、など。

 ※ゴルフ場のキャディをやった時に金田正一からチップを貰った

・中3の時、1年間だけ真剣に勉強して都立高校に合格。

・高校は進学校(大学に進学しなかった男子は志村だけだった)。

・高校時代、バンドを組んでビアホールでアルバイトで演奏。

・新設高校に1期生として入学、先輩がいない自由な雰囲気を楽しんだ。

 高1の時は校舎が完成してなくて近所の公園でホームルームをやった。

・高校時代、文化祭でトリオを組んで小金井公会堂で自作コントをやった。

 ※腹巻きにステテコ姿で口のまわりを黒く塗った写真が残っている

・高校時代、応援団長をやッた時に応援にコント55号の動きを取り入れた。

・高校時代、サッカー部。

・高校時代、ビートルズが大好きだったので長髪にタートルネックで通した。

・高1の時、映画「底抜けてんやわんや」のェリー・ルイスの体を使った笑いに感心。

・高2の時、ビートルズの日本武道館公演を観に行った(ドリフが前座の日ではなかった)。

・高2の時、交際していた同級生の女の子を相手にセックスを初体験。

 ビートルズのコンサートの衛星中継で「愛こそすべて」を聞いて興奮してコトに及んだ。

 ※大人になった後も「愛こそすべて」を聞くと想い出す

・高2の時、遠い知り合いだった担任の先生に紹介状を書いて貰って由利徹を訪ねるが、

 既に弟子が何人もいて「もう弟子はいらない」と断わられた。

・高3の時、大学に進学するつもりはなかったので、よく授業をサボった。


■志村けん

 

□私生活①

・好物…おかゆ。マグロのづけ丼。卵かけご飯。

 おろしそば。スーラータン。マカロニグラタン。

 ホルモン鍋。ふぐしゃぶ。サムゲタン。みそ汁。麻婆豆腐。

 刺身。焼魚。しめサバ。カキフライ。しじみ。エリンギのソテー。

 納豆(大葉とキムチを入れてほぼ毎日食べる)。

 ひじき。すいとん。ぬか漬け。

 焼きダンゴ。辛いもの。

・嫌いな食べ物…豚足。レバーの焼鳥。高野豆腐。カボチャ。

 芋類(子供の頃に食べすぎて嫌いになった)。生野菜。

・得意料理…ゴボウの炊きこみごはん。マグロのづけ。

 アサリのみそ汁。しじみスープのみそ汁。

・料理が好き。

 料理番組を見て気にいったものがあるとメモを取って自分で作る。

 魚をさばける。朝食を毎日自分で作る。

 近所のスーパーに週に1〜2回買い物に行く。

 料理は作って貰うより作ってあげる方が好き。

・オリジナルソース「けんちゃんソース」を考案

 (マヨネーズにカレー粉、しょうゆ、一味唐辛子、にんにくチップを混ぜる)。

・酒が大好き。毎日飲む。好きな酒は芋焼酎。

 クラブを3軒はしごして一晩の飲み代が100万円を超える事がある。

 週に4日100万円以上使う生活を4〜5年続けていた。

   酒の飲み過ぎで何度か胃潰瘍になった(入院した事がある)。

 焼酎に黒ゴマ、きな粉、ウコン、にがりなどを入れて飲む。

 一緒に飲んだ女性全員にお車代として1万円を渡す。

・肺炎を患ったのを機に禁煙。

 以前は1日3箱のヘビースモーカー。 

・葉巻が好き。

・健康法…きな粉入り豆乳。海洋深層水。

・健康診断で肝臓や中性脂肪などに異常な数値が出て2週間禁酒(=05年)。

・肺炎で入院(舞台「志村魂」を中止=16年)。

・20年1月に発見された胃のポリープの除去手術を受けた。

・新型コロナウイルス陽性反応が判明した6日後に他界。

・寝ないでゴルフに行って脱水症状と不整脈で倒れた事がある。

・毎月血液検査を受ける。

・凝り性。マッサージを週2〜3回受ける。

・足の指でじゃんけんができる。

・入浴時間は5分程度。自宅にサウナがある。

・泳げない(=04.08現在)。

・怖がり。頭を洗う時に目を閉じない。真っ暗で無音だと眠れない。

・ゴキブリ、ヘビ、カエルが苦手。

・飛行機が苦手。

・好きな歌手…

 吉幾三。宗次郎。クレイジーケンバンド。クリスタル・ケイ。

 ビートルズ(レコード、CDを300枚所有)。

・好きな音楽…ソウルミュージック。

・好きなドラマ…韓国ドラマ。「冬のソナタ」。

・好きな俳優…ジム・キャリー。

・お笑いの研究をかねて様々なジャンルの映画を自宅でたくさん観る。

 気になったシーンはコマ送りで分析する。

   観ていない作品を常に10〜20本ストックしておく。

 約5000本所有(返すのが面倒なので購入、月30〜40本購入)。

・世界中のお笑いのビデオを多数所有。

・テレビをよく見る。本はあまり読まない。

・巨人ファン。

・ファービー人形(言葉を覚えていくぬいぐるみ)を持っている。

・魔除けの為に自宅に1000万円の日本刀を置いてある。

・ジッポのライターを愛用。高いモノは純金製で65万円。

・シルクのパンツを愛用。

・ペット…犬5匹(ゴールデンレドリバーなど=06.07現在)。

・住んでいる所…東京都三鷹市(一軒家=04.12現在)。

・家を数軒所有。22階の夜景のきれいなマンションは女性同伴専用。


■志村けん

 

□私生活②

・いきつけ…

 うなぎ割烹「しき」(麻布十番=14.11現在)。

   串焼き「がいがい、」(麻布十番=14.11現在)。

 ちゃんこ「玉勝」(根岸、30年通っている)。

・気に入った店を見つけると飽きるまで毎日のように通う。

・いきつけの店に志村専用の裏メニューがある。

 焼肉屋で寿司を握って貰う事がある。

・常に現金を最低50万円は持ち歩く。

・パワーストーンを持ち歩く。

・愛車は全長7mのリムジン(=03.07現在)。

・運転免許を持っていない(=06.12現在)。

・競馬が大好き。

 5000円の馬券が300万円になった事がある。

・JRA中央競馬の競争馬を通算15頭所有。

 アイーンベル、ダイジョウブダア、トノノオナリー、など。

 アイーンベルの父親は名馬・サンデーサイレンス。

 JRA未勝利(最高順位2着)。

・自宅に空き巣が入って貴金属1500万円相当と現金約40万円を盗まれた(=04年)。

・携帯をなくして以来、用心の為に同じ携帯を2つ持ち歩いている。

・スマホを愛用。

・LINEをやっている(=15.01現在)。

・音を立てて物を食べる人が嫌い。

・普段はシャイでもの静かな性格。

・カラオケの十八番…吉幾三「酔歌」。

・他人が歌う吉幾三の歌で泣いてしまう事がある。

・交通事故の影響でボケてしまった父親はドリフのメンバーになる前に他界。

 ボケが進んで自分の息子も判らなくなり「どちらさんです?」と訊かれた。

・母親が96歳で他界(=15年)。

・自分の右に人がいると落ち着かない(ドリフの立ち位置から)。

・アメリカ人に「絶対に受けるからすぐにアメリカへ行け」と言われた事がある。

・同時に5人の女性と交際した事がある。

・セックスの最中に名前を間違えて呼んで浮気がバレた事がある。

・飲み屋で「俺はおっぱい占いができる」と言って女性のおっぱいを触る。

・女性に甘えて頭を撫でられるのが好き。

・別れ話がこじれて包丁を持った女性においかけられて、

 大晦日に幹線道路を裸足で逃げた事がある。

・女性関係がうまくいっている時の方が面白いモノが出来る。

・女性と交際する時は常に結婚を意識、相手の親に挨拶してすぐに同棲する。

・3年間同棲していた女性と別れて慰謝料として財産を半分(1億円以上)取られた。

・同棲をしても必ず3年程度で別れてしまう。

 仕事の事を考えている時はそばに寄ってこられると嫌になる。

・別居結婚が理想。

・フライトアテンダントと交際した事がある。

・結婚相手の理想年齢は20歳〜32歳。

・ナンパはした事がない。

 よく知らない女性とはセックスできない。

・某有名女優と自宅で痛飲して翌朝起きるとふたりとも裸に近い格好になっていた事がある。


■志村けん

 

□人間関係①

・加藤茶…友人。

 ドリフ加入以前に加藤の付き人をしていた(加藤の家に住んでいた)。

   「全員集合」終了後に数々の番組で共演。

・相葉雅紀…友人。飲み友達。

 テレビ「天才! 志村どうぶつ園」で共演。

・上島竜兵…友人。よく一緒に飲む(多い時は週4日)。

 自宅に遊びに来た事がある(男性で自宅に来た事があるのは上島だけらしい)。

・柄本明…友人。コントで共演。

・セイン・カミュ…友人。志村の大ファン。

・大悟(千鳥)…友人。よく一緒に飲む。

 初めて一緒に飲んだ時にふたりで5時間飲んだ。

 3日連続で飲んだ事がある。

 激安居酒屋で一緒に飲んだ事がある。

・田原俊彦…友人。飲み友達、ゴルフ友達。

・中山秀征…友人。飲み友達。

 毎年志村の誕生パーティーの幹事を担当。

・肥後克広…友人。飲み友達。テレビ「志村X」で共演。

・モト冬樹…友人。若い頃からの仲。同時期に渡辺プロに在籍。

・吉幾三…友人。飲み友達。

 青森の自宅に遊びに行った事がある。

・渡辺徹…友人。パソコンの師匠。将棋仲間。

   人に見せられないような内容のメールを送りつけてくる。

・中野浩一、モンキッキー、柳ジョージ…友人。飲み友達。

・美川憲一…友人。

・川上麻衣子…友人。飲み友達。同じマンションに住んでいた。

 テレビ「志村X」で共演。

・研ナオコ…友人。飲み友達。デビュー当時からの仲。

 お互いのゴールデンレドリバーをかけあわせて子供を作った。

 デュエット「銀座あたりでギン!ギン!ギン!」をリリース(=01年)。

・後藤真希…友人。メル友。「姫」「殿」と呼び合う。

・SILVA…友人。飲み友達。酔って志村の膝で寝てた事がある。昔から志村のファン。

・辺見えみり…友人。飲み友達。「ネミリー」「アイーン」と呼びあう。

 辺見に料理を教えてあげた。

・優香…友人。テレビのコントで多数共演。

 優香の母親と一緒に飲んだ事がある。

・相田翔子、島谷ひとみ、知念里奈、MEGUMI…友人。飲み友達。

・井上和香、中山エミリ、橋本志穂…友人。メル友。

・原田泰造、大林素子、東村山ゆかりの芸能人で「チーム東村山」を結成、

 そろいのつなぎを作った。

・柳葉敏郎…一緒に飲んでお互いに酔っ払って冗談で殴りあいになった事がある。

・吉田拓郎…麻布十番の飲み屋でよく遭遇(合流して一緒に飲む事がある)。

・こずえ鈴…犬をプレゼントしてあげた(自ら自宅まで届けてあげた)。

・八代亜紀…八代に肖像画を描いて貰った。

・中村憲剛…高校のサッカー部の後輩。


■志村けん

 

□人間関係②

・志村けん、加藤茶、高木ブー、仲本工事、いかりや長介、荒井注

 …ザ・ドリフターズのメンバー(年齢順、リーダーはいかりや)。

   加藤と私生活でも仲が良い。

 志村はドリフ加入以前に加藤の付き人をしていた(加藤の家に住んでいた)。

 ※いかりや長介と荒井注は故人 

 ※荒井注脱退後に志村けんが加入

・沢田研二…「ドリフの大爆笑」のコントで度々共演。

・ビートたけし…「バカ殿」のコントで共演して一緒に裸で走り廻った。

 紅白歌合戦の寸劇で共演(=01年)。

・高倉健…高倉に指名されて映画「鉄道員(ぽっぽや)」に出演。

・矢口真里、辻希美、加護亜依、志村けん

 …ユニットでシングル「アイ〜ン体操」をリリース(=02年)。

・井山淳…付き人仲間。コンビ・マックボンボンの相方。

 72年にテレビ「ぎんぎら! ボンボン!」に出演するが、

 番組が1クールで終了すると同時に井山が逃亡してコンビ解散。

・すわしんじ…元ドリフの付人。

 食事、酒、ソープとフルコースで面倒を見てあげた。

・上妻宏光…三味線の師匠。

・ラミレス…本塁打後のパフォーマンスに「アイーン」を使用。

・長嶋茂雄、アントニオ猪木…誕生日が同じ(2月20日)。

・渡辺直芳…親友。麻布十番在住。

 麻布十番で甘味所「ぱぽた〜じゅ」を経営。

・深江克巳…小学校の同級生。東村山で「だいじょぶだァ饅頭」を販売。

・堂本剛…志村の大ファン。

・中村俊介…小学校時代から志村の大ファン。

・黒木瞳…志村のファン。

 テレビ「素敵にショータイム」で一緒にコント(=04年)。

・千秋…志村の大ファン。

 子供の頃に「全員集合」の公開生放送を何度も観に行った。

・松本人志、滝沢秀明、山崎方也、華原朋美、篠原涼子、奈美悦子…志村のファン。

・柄本明、西田敏行…コメディもできる役者として尊敬。

・藤山寛美…コメディアンとして尊敬。

・沢尻エリカ…憧れている芸能人。携帯の待ち受けに沢尻の画像を使っていた。

 ※その時一番気に入っているアイドルを待ち受けに使う、沢尻は10代目

・七瀬なつみ、永作博美…好きなタイプ。

・渡辺美奈代…交際を噂された。

 テレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」「志村けんはいかがでしょう」で共演。 

・大場久美子、いしのようこ…交際を噂された。

・大滝裕子…30代の頃に結婚を視野に入れて交際。

 ※「あいつ今何してる?」20年3月25日放送分


■志村けん

 

□エピソードなど①

・高3の時、弟子入り志願に際して、コント55号にするかドリフにするか迷ったが、

 ビートルズが好きだったので音楽ギャグもあるドリフを選んだ。

・高校卒業前の2月の雪の日にいかりやの自宅前で12時間座り込んで待って弟子入りを志願。

   約1週間後にぞれまでの付き人が辞めていかりやから連絡が来てドリフの付き人になった。

・芸名の「けん」は父親の「憲司」から1字を貰ってつけた。

・付き人時代のエピソード:

 給料は5000円(手取り4500円)。

 6畳の部屋に付き人3人で共同生活。

 ドリフのメンバーが食べ残したラーメンにライスを入れて食べた。

 靴を買うお金がなくて一時は裸足で生活していた(電車に裸足で乗った)。

 デパートの和服売り場で働いていた彼女から何度も金を借りた。

・世間の事を勉強しようと思っていったん付き人をやめて約1年間アルバイトで生活。

 道路標識を作る会社やスナックのバーテンなどをやった。

 京都へ無銭飲食旅行を敢行。

・20歳の頃、16歳の専門学校生と3畳のアパートで同棲。

   6500円の家賃を払うと全く金がなくなる状況で子供が出来てしまい、

   父親から借金したお金を持参して先方の両親に謝ってなんとか収めて貰った。

・ドリフに入って最初の3ヵ月、「見習い・志村けん」のテロップで紹介された。

・ドリフに入って最初の約1年間、何をやっても全然受けず、客がひいていくのが判った。

・ドリフに入った時の給料は50万円。

・シングル「東村山音頭」がヒット(=76年)。

 東村山市から名誉市民として表彰された。

・「8時だヨ! 全員集合」の危険なコントは一番若い志村が担当。

 バルコニーにぶらさがって振り子のように振られるというコントのリハ中に志村が落下、 

 鉄のバルコニーがビューンと顔面めがけて戻ってきて間一髪で避けた事があった。

・コントの時に本気でつっこんでいかりやへのストレスを発散していた。

・カラスの唄(カラスの勝手でしょ)は小学生が歌っていたのを無断拝借。

・上から落ちてくるタライはきちんと中心に当たれば痛くない。

・「最初はグー」というじゃんけんは志村が飲み屋で始めたのが全国にひろまった。

・競馬ノミ行為で逮捕されて「全員集合」出演を約1ヵ月自粛(=81年)。


■志村けん

 

□エピソードなど②

・主なネタ・ギャグ・キャラ…

 東村山音頭。怒っちゃやーよ。ひげダンス。

 カラスの勝手でしょ。アイーン。だいじょうぶだぁ〜。

 ディスコばあちゃん。変なおじさん(だっふんだ)。

 ひとみばあさん。バカ殿。最初はグー(じゃんけん)。

・「動き7:言葉3」でギャグを考える。

・「アイーン」の口元のモデルは実在の芸者。

・お決まりのギャグを練り上げて「名作」にする事を意識している。

・テレビ「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」は作家兼演者として毎週会議に参加。

 20分のコントを半日かけて練り上げた。

 15:00開始の会議が0:00以降に及ぶ事がよくあった。

・テレビ「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の

 コント「時間を止める」で女風呂に入ってバストを揉んだ。

・コントで共演する女性タレントの体をよくタッチする。

・トーク番組にはできればあまり出演したくない(素顔をさらしたくない)。

・「笑っていいとも!」テレフォンショッキングの桑野信義からの友達紹介を

 「ゴルフで忙しいから」と生放送中に断った。

・共演者と一緒に飲むとにコントのアイディアが次々に浮かぶが、

 酔いが覚めると使えそうにないものがほとんど。

・東南アジアで大人気。 

 プライベートで遊びに行った台湾で滞在中の全行動が現地の新聞に掲載された。

・台湾に志村のキャラクターをそのまま使った番組がたくさんある。

・高額納税者番付タレント部門1位(=88年)。

・重病説・死亡説が巷に流れて母親から「あんた死んだの?」と電話が来た(=96年)。

・「飲み代を必要経費に」と税務署と交渉して「2次会まではOK、3次会は駄目」と言われた。

・ラジオ「い〜んでないの」は毎週飲み屋で酒を飲みながらの収録で危ない発言が多かった。

・パチンコ、パチスロのキャラクター(フィーバーしむけん)。

・映画「鉄道員(ぽっぽや)」に出演(本格的映画初出演=99年)。

・母親が「志村&釣瓶のアブない交遊録」に出演(=06年1月2日放送分)。

・座長公演「志村魂」を毎年開催(=06年〜)。

・コントのメイクは自分でやる。

・コントはアドリブは一切ない。

 アドリブらしく見せているシーンもカメラが追えるように事前にだんどりを決める。

・舞台「志村魂」で津軽三味線を披露。

・兄・志村美佐男が「ウチくる!?」に出演(=14年11月30日放送分)。

・主な著書:

 エッセイ集「変なおじさん」「変なおじさんリターンズ」「志村流」

 健康本  「これでカラダだいじょうぶだぁ〜!」

凡例:20.01現在=2020年1月現在

関連項目:ザ・ドリフターズ