徳重聡

徳重聡

関連項目:芸能人目次 俳優 1978年誕生


■徳重聡(とくしげ さとし)

 

□肩書き

 俳優 

 

□本名

 徳重聡

 

□生年

 1978(昭和53)07.28(獅子座/A型)

 

□出身地

 静岡県静岡市

 

□出身校

 静岡市立高校

 立正大学社会福祉学部

 

□略歴(満年齢)

 05年(27歳)ドラマ「熟年離婚」に出演。

 06年(28歳)ドラマ「風林火山」に主演。

 07年(29歳)映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」に主演。

 ※他の主な出演:

      映画 「レディ・ジョーカー」

  ドラマ「西部警察スペシャル」「弟」「赤い奇跡」

  CM  「大塚製薬 オロナミンC」 

 

□趣味

 映画観賞 ビリヤード

 

□特技

 サッカー 乗馬

 

□資格・免許

 大型一種免許 自動二輪免許 1級小型船舶 

 

□サイズ

 187㎝ B99W80H97股下90 靴のサイズ27.5㎝

■徳重聡

 

□幼少時代〜

・3人兄弟の次男。

・10代の頃、反抗期があり、男勝りの母親によく怒られた。

・小学校〜大学時代、サッカー部。プロサッカー選手を志していた。

 高校時代にインターハイ県予選準優勝。

・サッカーのスポーツ推薦で大学に進学。

・大学時代、サッカー部の寮(埼玉県熊谷市)に住んでいた。

・大学時代、先輩の命令でクラブでナンパした。

 

□私生活

・好物…とんかつ。緑茶(毎朝飲む、香りを楽しむ、実家から送って貰う)。

・嫌いな食べ物…カニクリームコロッケ。牛乳。

・料理が苦手。

・酒が大好き。酒豪。飲もうと思えば一升飲める。

   石原プロの飲み会で二升以上飲んだ事がある。

 外で飲むとお金がかかるので家で飲む事が多い。

・カラダを鍛えるのがあまり好きではない。

・収集…ルパン三世のフィギュア。

・ひとり暮らし(=06.04現在)。

・お金はあればあるだけ使ってしまう。酒や服にたくさんお金を使う。

・父親を尊敬している。

・学生時代の友人と一緒によく飲む。

・好きなタイプ…男性と立ててくれる古風なタイプの女性。


■徳重聡

 

□人間関係

・渡哲也、館ひろし、神田正輝、池田努、神田穣…同じ事務所(石原プロ)。

 館ひろしから「芝居がうまくなろうとするな」とアドバイスされた。

・長瀬智也…ドラマ「弟」で兄弟役で共演。

・小野伸二…高校時代にサッカーの県大会の決勝で小野が率いる清水商に負けた。

・妻…14年12月入籍。高校の同級生。

・子供:

 長女…16.05.21発表。出産に立ち会った。

 

□エピソードなど

・「21世紀の石原裕次郎を探せ!」オーディションで52005人の中からグランプリ。 

 いとこ(同い年の女性)の推薦で受けた。

   俳優になるつもりは全くなく青春の記念のつもりでオーディションを受けた。

・オーディションの第2次選考の時、道に迷って集合時間に数分遅れたので、

 どうせ遅刻するのならと会場のホテルのラウンジで一服して結局40分遅刻した。

・オーディションの課題「石原裕次郎への手紙」を3行しか書かなかった。

 「初めまして、徳重聡です。

  僕はあなたのことは、まったく知りません。

  でも、もし僕が選ばれたら、いつかあなたを超えてみたいと思います。」

・オーディションでグランプリを受賞した夜に知恵熱で40℃以上の熱が出た。

・グランプリの賞金1億円(手取り6500万円)でクルマを購入、残りは母親にあげた。

・グランプリ受賞後約3年間、歌・ダンス・殺陣・乗馬を練習、各種免許を取得。

 ※大型一種、自動二輪、1級小型船舶を取得

・ドラマ「西部警察スペシャル」でドラマデビュー(=04年)。

・ドラマ「弟」の撮影前日、石原裕次郎を演じるプレッシャーから逃げ出したくなった。

・石原専務に「お前の弱点は声だ」と言われ、大声を出して喉をつぶして声質を低音に変えた。

・台詞は自宅で覚えて現場に台本を持って行かない。

・一瞬で人の心を惹きつける俳優になりたいと思っている。

・石原プロ全員でバラエティ「愛のエプロン」に出演(=06年)。

・石原軍団の炊き出しで特注の巨大鍋のカレーライスをかきまぜる。

 炊き出し期間中はバスや公民館で寝袋で寝る。

・エチオピアでワニがいる川で用を足した事がある。

凡例:17.01現在=2017年1月現在

関連項目:芸能人目次 俳優 1978年誕生