平野歩夢

平野歩夢

■平野歩夢(ひらの あゆむ)

 

□肩書き

 スノーボード選手

 

□生年

 1998(平成10)11.29(射手座/O型)

 

□出身地

 新潟県村上市

 

□出身校

 村上市立村上第一中学校

 開志国際高等学校アスリートコース

 日本大学スポーツ科学部

 

□略歴(満年齢)

 13年(15歳)W杯初出場初優勝。

 14年(16歳)ソチ五輪銀メダル(男子ハーフパイプ)。

 18年(20歳)ピョンチャン五輪銀メダル(男子ハーフパイプ)。

 

□サイズ

 160㎝

 

□特筆事項

・五輪2大会連続銀メダル


■平野歩夢

 

□幼少時代〜

・父親はプロサーファーを目指していた。

・兄と弟がいる。

・子供の頃、父親が800万円借金して日本海スケートパークを開設。

 古い体育館を改修。当初は電気もまともにつかなかった。

・4歳の時、兄の影響でスケートボードとスノーボードを始めた。

・父親が運転手の仕事や居酒屋経営で遠征費を稼いでくれた。

 

□私生活

・好物…寿司(サーモン、貝)。つぶ貝。

・好きな音楽…ヒップホップ(競技中に聞く)。

 

□人間関係

・ショーン・ホワイト…ライバル。五輪金メダル3個。

・平野英樹…兄。スケートボード&スノーボード選手。

・平野海祝…弟。スケートボード&スノーボード選手。

 

□エピソードなど

・アメリカのスノーボードメーカーとプロ契約(=08年)。

・X Games初優勝(=16年)。

・4回転技の着地に失敗して肝臓破裂&左膝内側靭帯損傷(=17年)。

 医者に「あと1㎝ぶれていたら死んでいた」と言われた(肝臓は皮一枚でかろうじてつながっていた)。

 集中治療室に2週間入院。

 リハビリ中に「どうすれば失敗しないか」を徹底的にイメージトレーニングした。

 練習再開当初は実家のジャンプ台の初心者用しか滑れなかった。

・国際主要大会史上初の2連続4回転技成功(=18年)。

 ※フロントダブルコーク1440(DC14)とキャブDC14を連続成功

・ユニクロのグローバルブランドアンバサダーに就任(=18年)。

凡例:18.01現在=2018年1月現在