市川左團次

市川左團次


■市川左團次(いちかわ さだんじ)(4代目) 

 

□肩書き

 歌舞伎俳優

 

□本名

 荒川欣也

 

□屋号

 高島屋

 

□生年

 1940(昭和15)11.12(蠍座)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 私立明星小学校→私立暁星小学校

 私立暁星中学校

 私立暁星高校

 

□略歴(満年齢)

 47年(07歳)舞台「菅原伝授手習鑑・寺子屋」に出演。

   66年(19歳)NHK大河ドラマ「源義経」に出演。

 05年(65歳)NHK大河ドラマ「義経」に出演。

 ※他の主な出演:

  映画 「さくらん」

  ドラマ「鬼平犯科帳」「大岡越前」「風林火山」

  テレビ「たけしの誰でもピカソ」「THEわれめDEポン」「ダウンタウンDX」

 

□趣味

 パチンコ 麻雀 ゴルフ

 

□サイズ

 180㎝

 

□特記事項

・父親は3代目市川左團次

・長男は6代目市川男女蔵


■市川左團次


□幼少時代〜

・父親は3代目市川左團次。人間国宝。

・祖父は2代目市川左團次。

・実父は証券会社社長、実母は祇園の芸妓。※出典「俺が噂の左團次だ」

・長男。姉が2人いる(14歳年上、13歳年上)。

 上の姉が母親がわりだった。

・子供の頃は身体が弱かった。気管支が弱かった。小児喘息を患った。

 築地の家より空気が良いので逗子の別荘で過ごす方が多かった。

・戦時中に信州に疎開した。

・空襲で築地の家がやられたので戦後は吉祥寺に住んでいた。

・小学校時代、川でザリガニを捕った。

・小学校時代、壁にボールをぶつけて遊ぶ「ひとり野球」をした。

・小学校時代、メンコ遊びで負けてよくメンコを取り上げられた。

・小学校時代、実父の家に遊びに行って数日間滞在した。

・小5の時、吉祥寺から神楽坂に引っ越した。

・小学性の時にパチンコ屋通いをはじめ、中学に入ると景品をタバコに交換していた。

・中学時代、後楽園のアイススケート場によく遊び行った(当時「悪の巣」と呼ばれていた)。

・中学時代、将来プロ野球選手になりたいと思っていたが、

 相談する人全員にあの手この手で説得されて諦めた(父親が裏で手をまわしていた)。

・高校時代、神楽坂から牛込北町に引っ越した。

・高校時代、将来競輪選手になりたいと思っていた。

・中学〜高校時代、勉強が嫌いだった。成績はなんとか進級できる程度だった。

・高校時代、硬派な不良だった。髪型をリーゼントにしていた。

 自宅の自室は不良仲間のたまり場だった(タバコを吸ってコークハイを飲んだ)。

 父親の洋服を無断で質に入れて銀座のアルサロに通った。

 ケンカになると仲間が「お前はケガしちゃいけない体だからどいてろ」とかばってくれた。

 仲間と一緒にカップルにイチャモンをつけてケンカになって3日間留置場に入れられた。

・暁星は歌舞伎俳優がたくさん通っていたので授業中に寝ていても怒られなかった。

 夜遊びして寝ていても「稽古が大変だから」と思って貰えた。


■市川左團次


□私生活

・好物…コロッケ。コーヒー(毎朝自分で入れる)。

・酒は飲まない。

・心筋梗塞で入院した事がある。

・睡眠時間が短い。夜更かしが好き。

 ワールドカップやオリンピック中継を延々見続ける。

 死ねばずっと寝ていられるので生きている間はなるべく起きていたい。※94年現在

・左利き。

・飛行機が大の苦手。

・家事は一切しない。

・ペット…

 犬(名前は桃太郎、牝=14.08現在)。

 犬(名前は桜次郎、牡=14.08現在)。

・高層タワーマンションに住んでいる(=14.08現在)。

・浅草によく行く。以前浅草に住んでいた。

・めんどうくさがり屋。

・ひとりで隠密行動をするのが好き。

・仕事が終わった後で必ず馴染みの店に寄って仲間と話して食事をする。

・実のきょうだいとつきあいがある。

・暁星時代の友人と現在も仲が良い。ゴルフコンペを定期的に開催。※07.07現在

・父親が肝臓がんで他界(享年71=69年)。

・好きなタイプ…豊満な女性。

・前妻と離婚後約20年間独身だった。

・下ネタが好き。

・SMが好き。自身はS。ろうそく、鞭、縄を持っていた。

■市川左團次

 

□人間関係

・坂上忍…友人。よく電話で話す。

   大阪で飲み屋を8軒ハシゴした。一緒に旅行に行く。

 左團次の自宅、別荘に遊びに行った事がある。麻雀友達。

・浅丘ルリ子、中村玉緒…友人。麻雀友達。

・笑福亭鶴瓶…大阪の韓国クラブで一緒に遊んだ時にお互い全裸になった。

・大川橋蔵…大川にテレビの芝居を教えて貰った。

・前妻…22歳の時に結婚、?年離婚。

・千絵…一般女性。06年結婚。26歳年下。

・子供:

 長男…6代目市川男女蔵(本名・謹次)。67.10.09誕生。

 早期破水で母子ともに危険な状態での出産だった。

 ※孫…7代目市川男寅。

■市川左團次

 

□エピソードなど

・屋号は高島屋。

・5代目市川男女蔵を襲名(=62年)。

・4代目市川左團次を襲名(=79年)。

・紳士録のアンケートに冗談半分で「趣味はのぞき」と書いたらそのまま掲載された。

・著書「俺が噂の左團次だ」を出版(集英社=94年)。

・大柄な体格を活かして敵役を演じる事が多い。

・手足が長すぎるので「(歌舞伎の)踊りはさまにならない」とよく言われる。

・主な当たり役…

 「御所五郎蔵」の土右衛門。「壇浦兜軍記・阿古屋琴責」の岩永。

 「天下茶屋」の東間。「勧進帳」の常陸坊。「助六」の意休。

・襲名披露公演の口上で当人の裏話をよく暴露する。

・1ヵ月休みなしという歌舞伎の舞台のリズムが体に染み付いている。

 休演日前日に深夜まで麻雀、当日は早朝からゴルフをやり、

 寝不足でクタクタになった事がある(国立劇場の公演は休演日がある)。

・舞台の上で居眠りをした事がある。

・寝坊や渋滞で舞台の上演時間に遅刻した事が何度かある。

・楽屋ではパンツ一丁で過ごす事が多い(楽屋に客が着てもそのまま対応する)。

・映画「さくらん」で土屋アンナに膝枕をして貰うシーンは、

 かつらが乱れないように頭を乗せていない(宙に浮かせている)。

・ドラマ「水戸黄門」第42部第1話にゲスト出演(=10年)。

・春の叙勲で旭日双光章を受章(=11年)。

・妻・千絵が「メレンゲの気持ち」に出演(=14年8月30日放送分)。