山田五郎

山田五郎


■山田五郎(やまだ ごろう)

 

□肩書き

 評論家

 

□本名

 武田正彦

 

□生年

 1958(昭和33)12.05(射手座/B型)

 

□出身地

 東京都渋谷区→大阪府豊中市

 

□出身校

 豊中市立原田小学校

 豊中市立第一中学校

 大阪府立北野高校

 上智大学文学部新聞学科卒業

 

□略歴

 大学卒業後   講談社に就職(→04年退社)。

 98年(40歳)テレビ「出没! アド街ック天国」出演。

 04年(46歳)テレビ「PON!」出演。

 ※他の主な出演:

  テレビ「タモリ倶楽部」「虎の門」「2時っチャオ」

  ラジオ「荒川強啓 デイキャッチ」

 

□趣味

 ギター 絵画 プロ野球観戦 散歩

 

□特技

 英語 ドイツ語 フランス語

■山田五郎

 

□幼少時代〜

・父親は旭化成のサラリーマン。海外勤務が多かった。

・妹と弟がいる。

・父親はアメリカ好きだった。

 朝食はコーンフレーク。家の中にあるモノのほとんどがアメリカ製だった。

・小5から高3まで大阪に住んでいた。

 転校先の小学校で「東京モン」とイジメられ、馴染む為に大阪弁を覚えた。

・小学校時代、ビニールをナイロンと呼ぶのが納得できず、

 ケンカして児童相談所に送られた。

・小学校時代、理科の授業で実物を見て鉱石好きになった。

 近郊で鉱石を発掘した。

・小6の時、何度も大阪万博に行って全てのパビリオンのスタンプを集めた。

 入場料を払わずにこっそり潜入した。さまざまなグッズを手に入れた。

・中学受験に失敗した。

・大学時代は長髪だった。

・大学時代、よく寝過ごしてアルバイトをさぼった。

 Z会の添削、模試の問題に使う英語の長文探しなど、

 自宅でできるアルバイトしか務まらなかった。

・大学時代、奨学金を貰っていた。

・大学時代、オーストリア・ザルツブルグ大学に1年間留学して西洋美術史を勉強。

 キリスト教系の男子寮に住んでいた。

 飲み会で死ぬ程飲まされた。

 真冬に上級生の命令で川に入って鴨を捕った。

 日本文化を紹介するイベントを手伝った

 (筆ペンで「春夏秋冬」と書いてあげると喜ばれた)。

・学生時代、ロックバンドをやっていた。

 将来ミュージシャンになりたいと思っていた。

・野球マンガに関する卒論を書いた。


■山田五郎

 

□私生活①

・好物…穴子。黒豆。塩昆布。アスパラガス。チョコレート。

・若い頃のヘアスタルは長髪だった。

・自分の髪の毛が薄くなってきた時からハゲについて研究している。

・お風呂、マッサージが好き。

・好きな音楽…プログレシッブ・ロック。

・世界各地の古書(特に宗教関係、美術関係の本)を多数所有。

 本というハード自体が好きなので装釘が凝ったものが好き。

 海外に行くと現地の古本屋を廻る。1ヵ月の本代は20万円以上。

・アニメ「鉄腕アトム」に詳しい。

・結晶した硬いものできれいに透き通って多面体になっている化石や鉱物が好き。

 「化石鉱物フェア」などで買う。水晶だけでも20本所有。

・研究テーマ…

 「西洋社会における日本の間違ったイメージ」

 「ジーンズ」「時計」「子育て問題」

・西洋美術に興味関心がある。

・数字(キャッシュカードの暗証番号など)を覚えるのが苦手。

・独身時代は給料のほとんどを本と時計とバイクにつぎ込んでいた。

・ネットオークションでビンテージギターを買う。

・ネットオークション詐欺にひっかかった事がある。

・服は全て自分で選んで買う。

・収集…古書。懐中時計。エロ時計。ドクログッズ。化石。鉱物。

・ペット…犬(=04.11現在)。


■山田五郎

 

□私生活②

・いきつけ…

 京料理「建仁寺祇園丸山」(京都市東山区)。

 割烹「魚津屋」(京都市中京区)。

 旅館「柳生の荘」(修善寺温泉、奥の離れがおすすめ)。

 「鳳仙花」(麻布十番、サムゲタンがおすすめ)。

・老後にお茶、書道、陶芸をやろうと思っている。

・阪神ファン。

・銭湯でのぼせて気を失って倒れた事がある。

・全国各地の温泉旅館に詳しい。

・海外でよくトラブルに遭遇する。

 イギリスのゲームセンターでギャラガに熱中している最中にポケットの中のモノを取られた。

 ローマの空港の公衆電話の上にパスポートとトラベラーズチェックを置き忘れた。

 フィレンツェでカバンを盗まれてストリートで歌って帰りの旅費を稼いだ。

 電車で寝過ごしてチェコスロバキアに入国してビザを持っていないので捕まった。

 シアトルの空港で立ち入り禁止区域に入って拘留された。

・座右の銘…

 吾唯知足(欲望を無限にふくらませず、これで充分と言える心のゆとりを持たねばならない)。

・妻が法科大学院に通っていた。

・妻と一緒によく海外旅行に行く。

 自分は1カ所に長期滞在して古本屋などをじっくり廻るのが好きで、

 妻はあちこちの名所を見るのが好きなので、

 行きと帰りだけ一緒で現地で別々に行動する事がある。

・浮気した事を書いた日記を机の上に置きっぱなしにして妻に見つかった事がある。


■山田五郎

 

□人間関係

・みうらじゅん…親友。マニアックな共通の趣味が多い。

 CS「みうらじゅん&山田五郎の男同志」で共演。

・半田健人…友人。

・中川翔子…メール友達。深海生物や宇宙の話で盛り上がる。

 「スカシカシパンすこし変?」を作詞作曲(中川のアルバム「Big☆Bang!!!」に収録)。

・タモリ…テレビ「タモリ倶楽部」のコーナー「今週の五ツ星り」で共演。

 タモリと一緒に女性の生尻を「和尻」「洋尻」「おかめ尻」「ひょっとこ尻」等に分類、

 あくまで学術的に真剣なトーンで批評した。

・山本高広…山田のモノマネをする。

・さとう珠緒…山田五郎のファン。

・妻…元航空会社(スチュワーデス?)。?年結婚。

・子供:

 長女…12歳(=04.11現在)。


■山田五郎

 

□エピソードなど

・21歳の時、エキストラとして映画「影武者」に死体役で出演。

・貰っていたテレビ局の内定を取り消された(詳細不明)。

・美術書制作志望で講談社に入社した。

・講談社時代、多数の雑誌の編集をてがけた。

 「HOTDOG PRESS」「チェックメイト」「世界の美術館」「TOKYO1週間」など。

 「HOTDOG PRESS」で全国を回ってファッションスナップを紹介する連載を担当。

 「HOTDOG PRESS」でSEX特集を担当。

 ファッションから神学まで幅広い分野に関して執筆した。

・ペンネームの由来…

 講談社の落とし物コーナーにあったモンブランの高級シャープペンシルに

 刻印されていた名前が「山田」だったので「山田五郎」というペンネームにした。※ネタか?

・原稿は深夜から明け方にかけて書く。

 締切りまでに書けない事が多い。

 雑誌の無記名原稿はさくさく書けたが署名原稿は時間がかかる

 (好きなことを書かせて貰う事が逆にプレッシャーになる)。

・キューピーのようなヘアスタイルがトレードマーク。

・テレビ「タモリ倶楽部」のコーナー「今週の五ツ星り」におしり評論家として出演。

・テレビ「虎の門」のコーナー「うんちく王決定戦」に出演。

・同世代対談集「20世紀少年白書」を出す(=04年)。

・帯の生放送「マル特情報とってもインサイト」に出演中、

 サラリーマン時代より早起きになって体調を崩して太ってしまった。

・主な著書:

 「百万人のお尻学」「奇妙な果実」「マニア解体新書」

凡例:20.01現在=2020年1月現在