小泉今日子

小泉今日子

■小泉今日子(こいずみ きょうこ)

 

□肩書き

 歌手 女優

 

□本名

 小泉今日子

 

□愛称

 キョンキョン

 

□生年

 1966(昭和41)02.04(水瓶座/O型)

 

□出身地

 神奈川県厚木市

 

□出身校

 厚木市立睦合中学校

 

□略歴(満年齢)

 82年(16歳)「私の16歳」で歌手デビュー。

 01年(35歳)映画「風花」主演。

 13年(47歳)朝ドラ「あまちゃん」出演。

 ※他の主な出演など:

      舞台 「隠れる女」「恋する妊婦」「トップ・ガールズ」

  映画 「生徒諸君」「怪盗ルビィ」「踊る大捜査線」

  ドラマ「愛しあってるかい」「マンハッタンラブストーリー」「最後から二番目の恋」

  CM    「江崎グリコ アーモンドチョコレート」「味の素 クノールカップスープ」

  楽曲 「艶姿ナミダ娘」「ヤマトナデシコ七変化」「なんてったってアイドル」

 

□趣味

 読書 マンガ 映画観賞 テレビゲーム アロマテラピー 作詞 カラオケ 釣り     

 

□サイズ

 155㎝

 

□特記事項

・元夫は永瀬正敏

・豊原功補と交際

■小泉今日子

 

□幼少時代〜

・父親は以前テレビ関係の仕事をしていた。

・母親は元芸者。置屋をしていた大叔母の養女になった。

・3人姉妹の末っ子。

・8歳年上の長姉が母親のような存在だった。

・お父さん子だった。

・母親はおしゃれな人だった。

・地元のお祭りで盆踊りの見本を踊る母親は髪型・着物・踊り方が抜きん出ていた。

・子供の頃、髪型はショートカットで男の子のような服を着せられた。

・子供の頃、将来プロレスラーになりたいと思っていた。

・子供の頃、近所のおばさんに「キョンキョン」と呼ばれた。

・向かいの家の三つ子の世話をするのが好きだった。

 名前を間違えずに呼ぶ事ができるのが自慢だった。

 自分が末っ子だったので「今日子姉ちゃん」と呼ばれるのが嬉しかった。

・家族全員読書好きだった。

・家に誰もいない時にひとりで遊ぶのが好きだった。

 少女マンガのヒロインになりきって台詞を言う「女優の卵ごっこ」をよくやった。

 向田邦子脚本のドラマが好きだった。

・走ると笑ってしまう癖があった。

   運動会の後で母親に「ビリでもいいから真面目な顔で走って」と言われた。

・悪化すると立って歩けなくなる程の肩凝り性だった。

 少しでも自覚症状がある時は母親にサロンパスを貼って貰ってから寝た。

 身体検査の時にそのまま服を脱いでしまってクラスメイトに笑われた事が何度かあった。

 ※アイドル時代も衣装の下にピップエレキバンを貼っていた

・部屋は姉と共有だった。人の物を勝手に使った勝手に見たとしょっちゅうケンカをした。

・中学時代、ポテトチップス、コーラ、アイスキャンディーが主食だった。

・中学時代、ソフトボール部。

・中学時代、いつも友達や姉と一緒に行動していた。ひとりで電車に乗れなかった。

・中学時代、不良だった。

 授業中にお腹がすくと教室を抜け出して買い食いをして満腹になると保健室で昼寝した。

 観たいテレビがあると家に帰った。

 授業をサボって同級生の運転するクルマで伊豆にドライブに行った。

 体育の授業中に弁当を盗み食いした(仁義としてパン代の300円を空の弁当箱に入れた)。

・中学時代、ヨーロッパの血が1/4入った不良グループのリーダーに憧れていた

 (後に10代で自殺した)。

・中学時代、美容師に憧れていた。

 友人の髪の毛を修復不可能なほどむちゃくちゃに切った。

・中3の時、男の子と初交際、ファーストキス。

・中3の時、初めて髪を伸ばした。

・中学の卒業式に遅刻して卒業証書を貰いそこねる所だった。


■小泉今日子

 

□私生活①

・好物…グリーンカレー。サンラータン。

 鍋(家でひとりでやる事がある)。ユッケジャンスープ。納豆チゲ。四川麻婆豆腐。

 ゴーヤチャンプルー。ナンコツの焼鳥。明太子。島らっきょう。トマト。

・嫌いな食べ物…大トロ。ラム肉。サバの味噌煮。コーヒーゼリー。

・得意料理…煮物。和食。

・ほぼ毎日料理をする(=12.01現在)。

・酒が大好き。好きな酒はビール、焼酎、日本酒、ワイン、シャンパン、ウイスキー。

 一番好きなのは焼酎。ワインのボトルを普通に1本空ける。

 飲む時は殆ど食べない。家でひとりでは一切飲まない。

 ひとりでいきつけのバーに行く事が多い。

 西麻布、新宿二丁目(オカマバー)でよく飲む。

 酔うとハイテンションになって知らない人と踊ったり隣の席の人にお酌したりする。

 途中で帰るのが苦手なので朝まで飲む。翌日起きるとたいてい後半の記憶がない。

 酔って自宅のそばの路上で寝てしまった事がある。

 酔って自宅マンションの部屋の前で寝てしまった事がある。

 二日酔いの日は必ず周囲の人に「今日は色っぽいね」と言われる。

・愛煙家。好きなタバコはフィリップモリス・スーパーライト。

・運動をしていない(=12.03現在)。

・健康に関する本をたくさん持っている。

・顎関節症になった事がある。

・母親役を演じている時は体重が増える。

・字を書く時に老眼鏡を使う。

・滅多に病院に行かない。

 風邪をひいた時は栄養のあるものをガンガン食べてひたすら寝る。

・暑さ寒さがあまり気にならない。

・筋肉質。

・20歳の時に安全ピンを使って自分でピアスの穴をあけた。

・子供の頃から寝つきが悪い。

 準備万端整えてベッドで寝ようとすると「寝ること」を意識してなかなか眠れない。

・ソファでテレビを見ながらうたたねしてそのまま朝まで寝るのが好き。

・毎日10時間寝る。

・子供の頃から夢遊病の気がある。寝ながら歩き回る。

・寝言で意味不明の言葉を話す。

・好きなマンガ家…大島弓子(子供の頃から大好き)。

・好きな映画女優…ジャンヌ・モロー。ジーナ・ローランズ。

・韓流ドラマが好き。

・好きな本…「モモ」(ミヒャエル・エンデ)。

・好きなテレビゲーム…「ドラクエ」。

・シューティングゲームが大好き。

・15歳の頃に姉がプレゼントしてくれた裁縫道具を30年以上愛用(=11.01現在)。

・60年代のファッションや家具に興味関心がある。

・引っ越しの度に家具を買い換える。

・湘南に住んでいた時に頻繁にネットショップ(Amazon)を利用した。

・自宅の庭でトマトを栽培。

・一番好きな季節は冬。

・夏が嫌い。夏は日が暮れるまで家から出ない。

・出不精。毎日のように「仕事に行きたくない」と思う。

・ペット…猫(牝8歳=11.01現在)。

・湘南に住んでいた(ベランダから海が見えた)。


■小泉今日子

 

□私生活②

・いきつけ…「ロス・レイエス・マーゴス」(参宮橋)。

・スーパーマーケットやコンビニが大好き。

 隅から隅まで商品をチェックする。

・ほとんど変装しないで外出するがあまり気付かれない。

・電車で人間観察をするのが好き。

 アイドルとして人気絶頂の頃も電車を利用していた。

・クルマを運転中に路上に停車中の新聞配達店のバイクに接触して書類送検、

 新聞配達店を訪れて謝罪して示談が成立(起訴猶予=05年)。

・韓国式アカスリが好き。

・歯医者が好き。

・ニューヨークでスリにあった事がある。

・カラオケの十八番…60年代ヒットメドレー。

・16歳から23歳までよく幽霊を見た。

・家でひとりで過ごすのが苦にならない。

 誕生日をひとりでゆっくり過ごす事が多い。

 元旦の朝から1月4日の22:00頃まで家から一歩も出ず誰とも話さずに過ごした事がある。

・実は気が小さいが自分の臆病な部分をふっきる為に逆に大きく大胆な行動に出る。

・友人と待ち合わせた時に1時間早く行って喫茶店で本を読む。

・出無精なので友人が家に来てくれるのが好き。

 友達が気安く遊びに来れるように「サービス過小」をこころがけている。

 断りなく勝手になんでもして貰う(冷蔵庫から勝手に飲み物を出しても、

 無言でテレビゲームをしても、勝手に寝てもOK)。

・年に4〜5回実家に帰ってお墓参りに行く。

・父親は93年秋に他界。

・15歳の時に父親から貰ったアナログ時計を寝室に置いてある

 (父親から最後に貰ったモノ、壊れて時間が止まっている=14.04現在)。

・母親と義父(再婚相手)が厚木でお好み焼き屋を経営(=97年現在)。

・15歳の時に姉から貰ったソーイングセットを持っている(=14.04現在)。

・上の姉はがんで他界。

・甥や姪の子供を孫のようにかわいがっている。

・好きなタイプ…素敵な言葉を持っている男性。

・元夫(永瀬)はいったん寝ると絶対に起きてくれなかった。

 鍵を持たずに外出して何度ドアホンを押しても起きてくれなかったので外泊した事があった。

■小泉今日子

 

□人間関係

・ソニン…友人。小泉の自宅に遊びに来た事がある。

 映画「空中庭園」で共演。

・観月ありさ…友人。「キョンちゃん」「ありさ」とよびあう仲。

 観月に服をプレゼントした。

・竹中直人…友人。竹中の自宅に遊びに行った事がある。

 映画「共犯者」で共演。舞台「隠れる女」をプロデュース、共演。

・森下愛子、藤あや子、UA、渡辺えり…友人。

・中森明菜、松本伊代、堀ちえみ、石川秀美、早見優、シブがき隊、

 秋本奈緒美、伊藤かずえ、松居直美、三田寛子

 …歌手デビュー同期生。

 アイドル豊作の年で「花の82年組」と呼ばれた。

 布川敏和は小泉の事が大好きだった。

・糸井重里…釣りの師匠。

・草なぎ剛…小泉のシングル「オトコのコオンナのコ」でコーラスを担当。

・秋元康…小泉に詞を提供。

・林寛子…林の「素敵なラブリーボーイ」をカバー。

・辰巳琢郎…小泉が京大の学園祭に来た時に警備を担当した。

・吉田美和…ドリカム結成以前、小泉のコンサートでバックコーラス。

・久世光彦…人生の恩師。久世が演出するドラマに多数出演。

 よくFAXをやりとり。文章の書き方、言葉使いを教えて貰った。

・坂井真紀…高校時代から小泉の大ファン。

・佐藤弘道…昔から小泉の大ファン。

 結婚する時に「もし小泉今日子からプロポーズされたら離婚する」と妻に宣言。

・ラッキィ池田…小泉のファン。自作のビデオレターを送った事がある。

・野村義男…小泉のファン。シングル「キスを止めないで」を作曲。

・品川祐、田中裕二(爆笑問題)、TERU(GLAY)、羽鳥慎一、

 原口あきまさ、蛍原徹、堀内健、八嶋智人、

 ナナ(MAX)、畑野浩子、本上まなみ、YUKI(JUDY AND MARY)

 …小泉のファン。

・伊東四郎…憧れている芸能人。

・藤井フミヤ、藤井尚之…交際を噂された。

・亀梨和也…交際を噂された(=06〜08年)。

・豊原功補…恋愛関係にある事を双方が認める(=18年)。

・永瀬正敏…95.02.22入籍、04.02.22離婚。

 映画「毎日かあさん」で夫婦役で共演(=11年)。


■小泉今日子

 

□エピソードなど

・クラスで「誰が一番早くテレビ番組に出演できるか」を競っていて、

 遊び感覚で「スター誕生」に申し込んだ。

・「スター誕生第35回決戦大会」で優勝(=81年)。

 本番直前にスタンバイしていた階段の上から下まで一回転して落ちて正座で着地、

 本番ではスネの痛さばかりが気になって逆に緊張しなかった。

・周囲の人間を冷静に観察するタイプだった。

・デビュー前、テレビ「レッツゴーアイドル」にアシスタントとして出演。

・デビュー当時のキャッチフレーズは「微笑少女」。

・NHK大河ドラマ「峠の群像」に出演(ドラマ初出演=82年)。

・映画「十階のモスキート」に出演(映画初出演=83年)。

・デビュー当時、衣装を自分で管理してアイロンをかけ、自分で化粧をしていた。

 最初の頃は眉毛を描く事も知らなかった。

・給料が手取り9万円だった頃に自宅に来たセールスで7万円の印鑑を買ってしまった。

・デビュー後約1年間、かわいい衣装を来てブリッコを演じていたが曲はヒットせず、

 どうせやめるんならやりたいようにしようと思って、

 髪の毛を刈り上げにして自由に発言するようにしたらヒットが出た。

・新宿音楽祭で観客がシブがき隊目がけて投げた生卵が頭に当った。

・紅白歌合戦に初出場(=84年)。

・10代の頃、歌う事の原動力は「世の中や大人への反抗心」だった。

・アイドル時代、ストーカーがたくさんいてしょっちゅう引っ越していた。

 引っ越しが楽なようにあまり家具を買わなかった。

・アイドル時代、スタイリストさんがよく連絡先交換の仲立ちをしてくれた。

・シンディー・ローパーに憧れて自分で髪を片側だけバリカンで刈った。

・ドラマの撮影中に転倒して頭部から出血した事がある。

・8thシングル「渚のはいから人魚」で初のオリコンチャート1位(=84年)。

・「第8回24時間テレビ」パーソナリティー(=85年)。

・「なんてったってアイドル」という曲名は公募で17万通の中から選ばれた。

・渋谷区の銭湯「天神湯」の壁画をデザイン(=87年)。

・ラジオ「オールナイトニッポン」に2年半出演(=86年〜89年)。

・1年間で47本のCMに出演(=91年)。

・「あなたに会えて良かった」で日本レコード大賞作詞賞を受賞(=91年)。

・雑誌に「トランクに詰められた小泉今日子の死体写真」を発表(=92年)。

・エイズで死亡説を否定する為に陰性の検査報告書をTシャツにプリントして公表(=92年)。

・ナカノ・ヒロミチのファッションショーでモデルを務めるた(=93年、97年)。

・舞台「紙のドレスを燃やす夜〜香港大夜会」に主演(初舞台=97年)。

・エッセイ集「パンダのanan」を出版(=97年)。

・劇団地球ゴージャスの舞台「紙のドレスを燃やす夜 香港大夜会」に主演(=97年)。

・映画「踊る大捜査線」で悪役(猟奇殺人犯)を演じた(=98年)。

・CM「サッポロ一番どんぶり」に小泉のアニメキャラが登場(=00年)。

・毎年同時期に同じサイズでポートレートを撮って顔の変化をチェックしたい(=00年の発言)。

・映画「風花」で風俗嬢役をほぼノーメイクで演じた。雪の上に寝転がるシーンを熱演。

・ドラマ「私立探偵濱マイク」で夫婦共演(=02年)。

・テレビアニメ「あたしンち」のオープニング曲を覆面歌手として歌った(=05年)。

・読売新聞で書評を連載(=05年)。

・映画「トウキョウソナタ」他でキネマ旬報主演女優賞(=08年)。

・ドラマ「トットてれび」のナレーションを務めた。

・エッセイ集「黄色いマンション 黒い猫」で講談社エッセイ賞(=17年)。

・仕事に対して100%以上注力するのは当たり前だと思っている。

 「いつ死んでもいい」と思える瞬間に生きている事を実感する。

・舞台をプロデュース。

・36年間所属したバーニングプロダクションから独立(=18年)。

・無観客配信ライブ「唄うコイズミさん」を開催(8年ぶりのライブ=20年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在