小椋佳

小椋佳


■小椋佳(おぐら けい)

 

□肩書き

 歌手 作詞家 作曲家

 

□本名

 神田紘爾

 

□生年

 1944(昭和19)01.18(山羊座/B型)

 

□出身地

 東京都台東区

 

□出身校

 台東区立黒門小学校

 台東区立忍岡中学校

 都立上野高校

 東京大学法学部卒業  

 

□略歴(満年齢)

 70年(26歳)アルバム「青春」で歌手デビュー。

 75年(31歳)布施明「シクラメンのかほり」で日本レコード大賞作詞大賞を受賞。

 83年(39歳)梅沢富美男「夢芝居」で日本レコード大賞作詞賞を受賞。

 ※他の主な提供曲:

  「俺たちの旅」「愛しき日々」「愛燦燦」

 

□趣味

 ゴリラグッズ収集 薩摩琵琶 観劇

 

□特技

 座布団回し バスケットボール

 

□資格・免許

 

□サイズ

  176㎝


■小椋佳

 

□幼少時代〜

・実家は中華料理屋「張華」料亭「千世香」を経営。

 家の1階が中華料理屋、2階が料亭だった。

 父親は経理・会計を担当、母親は女将として店を切り盛りしていた。

・父親は小椋が生まれるはるか前に琵琶の師匠をしていた。

・5人兄弟の長男。姉が2人いる。

・父親は物静かな人だった。

・母親はケンカとお祭りが大好きな典型的な江戸っ子だった。

・店の座敷が満員になると母親に子供部屋を追い出された(子供部屋を客用に使用)。

・小学校時代、勉強嫌いの劣等生だったが、

 小5の時に家庭教師をつけて貰って成績が上がった。

・子供の頃からひとりで歌を歌うのが好きだった。

・中学〜高校時代、バスケットボール部。

・高校時代、哲学の勉強のしすぎで発作を起こした。

・大学時代、ボート部(約1年で退部)。

・大学時代、叔父の知り合いと一緒に設立した観光会社に約1年間勤務。

■小椋佳

 

□私生活

・好物…カニ。ミルコ(コーラの牛乳割り)。ミルダー(サイダーの牛乳割り)。

・嫌いな食べ物…サバ。

・得意料理…甘いオムレツ(母親直伝)。

・日本酒の熱燗が好き。

・禁煙に挑戦(=18年)。

 1日40本のヘビースモーカーだった。

・早期発見の胃ガンで胃を3/4切除する手術を受けた(=01年)。

 知人の紹介でたまたま受診した人間ドックで発見された。

・コンサート後に倒れて病院に担ぎ込まれた事がある。

・好きな映画…「シェルブールの雨傘」。

・藍染めの作務衣を愛用。

・動物園が好き。好きな動物はゴリラ。

・次男から貰った手作りの琵琶を愛用。

・ペット…犬(柴犬、名前は沙羅=08.05現在)。

・住んでいる所…東京都渋谷区広尾(一戸建て=00.09現在)。

・いきつけ…喫茶店「ルオー」(東大正門前、最初の大学時代にもあった)。

・カラオケの十八番…

   「酒と涙と男と女」「乾杯」「恋の予感」「さざんかの宿」「恋(松山千春)」。

・次男は87年に脳硬塞で倒れて一時全身不随の失語症になった。


■小椋佳

 

□人間関係

・布施明…布施に提供した「シクラメンのかほり」が大ヒット(=75年)。

・松任谷由実…友人。

・宮本信子…デュエット曲「遅ればせの恋」をリリース

 (宮本をイメージして書いた=00年)。

・小椋佳…小椋作詞、堀内作曲で多数の曲を一緒に作った。

 お互いに一部を修正するキャッチボールを何度か繰り返して曲の完成度を高める。

・塚原佳穂里…68年結婚。元新劇女優。小学校の同級生で初恋の相手。

・子供: 

 長男…知秀。69年誕生。

 次男…宏司。73年誕生。琵琶職人。

■小椋佳

 

□エピソードなど

・大学時代、寺山修司のサロンでミニストーリーを発表して最後に歌を歌っていた。

 それがきっかけで寺山修司のアルバムに参加して歌手デビューに繋がった。

・大学卒業後、第一勧業銀行に入行、49歳まで勤務。

・第一勧業銀行時代、アメリカ・シカゴのノースウエスタン大学経営学部に留学。

・芸名の由来…妻と結婚前に泊まった農家の名前と妻の名前「佳穂里」から。

・「シクラメンのかほり」を作詞する時、北原白秋詩集全6巻を熟読して

   「すがしい」など気にいった言い回しを借用した。

・第一勧業銀行時代、女子バスケット部の副部長。

・浜松支店長時代の2年間、120回以上の講演をこなした。

・本店財務サービス部長等を経て93年退職。

・現役時代を含めて東大を4回卒業。

 50歳で東京大学法学部に入学。

 卒業後1年間受験勉強をして文学部哲学科に学士入学。

 卒業後大学院の哲学科に進学して卒業。

   現役学生と一緒に酒を飲んだ。

・「夢中! 真っ最中」でラジオパーソナリティ−に初挑戦(=00年)。

・3作目のアルバム「彷徨」は100万枚のセールスを突破。

 ※ミュージカルのプロデューサーとしても活躍。

・子供によるミュージカル「アルゴ・ミュージカルキッズ」をプロデュース。 

・作曲総数は2000曲以上。

 CMソングを多数作曲。

 市の歌、社歌、校歌を多数作曲。

・楽譜は読めない。

・楽器を使わずに詞を口ずさんで作曲する。

・トイレの中でも新幹線の中でも曲を作る事ができる。

・歌と語りを融合させたコンサート「歌談の会」を行う。

・生前葬コンサートを4日間にわたって開催(=14年)。

凡例:18.01現在=2018年1月現在