小日向文世

小日向文世


■小日向文世(こひなた ふみよ)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 小日向文世

 

□生年

 1954(昭和29)01.23(水瓶座/O型)

 

□出身地

 北海道三笠市

 

□出身校

 三笠小学校 

   三笠中学校 

   三笠高校 

   東京写真専門学校卒業

 

□略歴(満年齢)

 01年(47歳)ドラマ「HERO」出演。

 08年(54歳)ドラマ「あしたの喜多善男」主演。

 16年(62歳)大河ドラマ「真田丸」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「上海バンスキング」「ハムレット」「オケピ!」

  映画 「みんなのいえ」「風花」「アウトレイジビヨンド」

  ドラマ「徳川慶喜」「木更津キャッツアイ」「まんてん」

 

□趣味

 スキー

 

□特技

 絵画 アルトサックス


■小日向文世

 

□幼少時代〜

・父親は市役所の職員。※[寺の住職]とする媒体もある

・3人きょうだいの末っ子。兄と姉(4歳年上)がいる。

・両親に甘やかされて育った。

 父親の耳たぶを触りながら寝るのが好きだった。

・習いごと…絵画教室。

・自分の頃を「フンコ」と呼んでいた。

・小学校時代、学芸会の劇「こぶとりじいさん」に主演(悪いおじいさん)。

・小学校時代、先生に「落ち着きがない」とよく言われた。

・中学時代、休み時間にツバをかけあいながら廊下を走り回っていた。

・中学時代、卓球部。

・中学時代、毎日寝る前に俳句や短歌を書いていた。

・高校時代、マンガ「あしたのジョー」に熱中。

・高校時代、オリビア・ハッセーが大好きだった。

・高校時代、美術部。初めて出典した作品(油絵)が道展に入選。

・高校時代、麻雀に熱中して勉強が疎かになって成績がほぼオール2まで急降下。

 英語のテストの点数はひとけただった(200点満点)。

・高3の時、女の子と初交際。

 映画館や自分の部屋でデート、手も握らないプラトニックな関係だった。

・ファーストキスは高校卒業後だった。

・反抗期がなかった。


■小日向文世

 

□私生活

・好物…寿司。麺類。そば(大好物)。タラコのスパゲティ。

 インスタントラーメン(具が入っていない味噌ラーメン)。

 麻婆豆腐(大好物)。納豆。とろろ。モロヘイヤ。山芋。

 ココナッツメレンゲ。コーヒー(大好物)。

・酒が好き。好きな酒は焼酎のお湯割り。

 飲みながら台本を覚える。

 酔うとだんだん人格が変わる。

 酔って記憶をなくする事がよくある。

・41歳の時に禁煙。

・健康法…発芽玄米。野菜ジュース(りんご、にんじんなど)。

・温泉水、ホオバオイル、保湿液、クリームで顔をケアする。

・寝るのが好き。

・暗い中で寝るのが怖い。

・靴下が苦手。

・好きなミュージシャン…安全地帯。

・好きな映画…「千と千尋の神隠し」。

・ドラマ「JJママ!」で共演した時に浅野ゆう子から貰った老眼鏡を愛用。

・UFOに興味関心がある。UFOに関する著書を多数所有。

 UFOを目撃する同じ夢を何度か見た事がある。

・小学校時代から日記を書いている。

・ネットショッピングが好き。

・よくエゴサーチをする。

・超インドア派。1週間外出しなくても平気。

 休日は家でボーッとして過ごす事が多い。

・自宅のリビングの天井が高い(3m以上)。

・自宅のリビングでゴムの木を育てている。

・ペット…

 犬(トイプードル、名前はきなこ、初めて飼う犬=16.12現在)。

   メダカ(=08.02現在)。

 ミナミヌマエビ(淡水エビ、約40匹=17.02現在)。

・独身時代に麻布十番に約4年間住んでいた。

・いきつけ…

 中華料理「欣喜」(世田谷区祖師谷、妻と一緒に行く=17.02現在)。

 「加藤牛肉店 シブツウ」(渋谷、妻と一緒に行く=17.02現在)

 寿司「鶴八」(新橋)。

 「すし屋の磯勘」(世田谷区松原、家族でよく行く)。

・洋服を買うのが好き。渋谷にいきつけのショップがいくつかある。

 黒系で地味なデザインの服が好き。※事務所が渋谷にある

・若い頃、沢田研二に憧れて長髪にして特注のロンドンブーツをはいていた。

 赤坂のディスコでよく女の子をナンパした。

・海外が苦手。

・人前に出るのが苦手。カラオケが苦手。打ち上げが苦手。

・人の福耳を触るのが好き。

・24歳の頃、某女優と一緒に沖縄旅行に行った。

・結婚した時に「東京都文京区小日向」を本籍地にした。

・寝る前と出かける時に長男・次男とハグする(子供の頃からの習慣)。

・仕事が終わるとまっすぐ家に帰って子供と一緒に食事をする。

・長男と次男が剣道をやっていた。

・好きなタイプ…巨乳の女性。

・毎日出かける時に妻とキスをする。

・妻への感謝を言葉に出して言う。


■小日向文世

 

□人間関係

・村上ショージ…友人。年に1〜2回一緒に食事する。

・松たか子…友人。

・中村雅俊…自由劇場入団前に中村のコンサートスタッフや付き人をやっていた。

 中村が主演した映画にエキストラで出演した。

・吉田日出子…自由劇場時代、多くの舞台で吉田の相手役を務めた。

・イッセー尾形、岩松了、柄本明、斉藤暁、笹野高史、佐藤B作、高田純次、

 萩原流行、ベンガル、村井国夫、余貴美子、久本朋子…自由劇場出身。

・串田和美…自由劇場の演出家。芝居の基本を叩き込まれた。

・羽場裕一…ゲイ役で初主演した映画「非・バランス」で恋人役で共演。

・鈴木京香…映画「サイドウェイズ」で共演してキスシーン。

・戸田恵子…小日向のファン。自由劇場時代の舞台をよく見ていた。

・川村篤弘、小林雅紀、千葉雅之…小中高の同級生。当時よく一緒に遊んだ。

 ※「ウチくる!?」に出演(=09年10月18日放送分)

・妻…元女優(劇団自由劇場の後輩)。93年結婚。39歳の時に結婚した。11歳年下。

・子供:

 長男…大学3年(=17.01現在)。

 次男…高校3年(=17.01現在)。


■小日向文世

 

□エピソードなど

・高校卒業後、上京してデザインの専門学校に進学(グラフィックデザイナー志望)。

・18歳の時、スキーで転倒して左腕を複雑骨折。

 手術ミスで入退院を繰り返した(計8回手術)。一番長い時は6ヵ月入院。

 北海道の病院で知り合った同い年の看護師と交際、

 「東京に連れて逃げて」と言われたが別れを選択した。

・20歳の頃、デザインから写真に転向、写真の専門学校に通った。

・文学座研究所の試験に落ちた。

・77年に劇団自由劇場に入団(→96年解散)。

・舞台「のすかいおらん」に出演(77年=初舞台)。

・劇団自由劇場のオリジナルバンドでアルトサックスを担当。

・劇団自由劇場時代、俳優だけでなく舞台美術助手もやっていた。

・劇団自由劇場時代、ほとんどの時間を稽古場で過ごしていた。

 Tシャツとジーパン以外の服を持っていなかった。

・劇団自由劇場時代のアルバイト:

 劇場のそばのゲイバー「プチシャトー」(西麻布)のボーイ。

 レズバーのコック。

・劇団自由劇場解散してから47歳までの約5年間、仕事の依頼がほとんどこなかった。

 1ヵ月全く仕事がない事があった。お金がなくなると事務所から生活費を借金した。

 妻と一緒に毎日子供と遊んだ(妻も働いていなかった)。

・芝居が大好き。芝居の事を考えるのも、台本を覚えるのも、稽古も本番も好き。

・深夜にテレビをつけながら台本を覚える。

・ホテルに泊まる時に荷物を部屋に出さず常にバッグに入れておく。

 洗面用具を使い終わる度にバッグに戻す。

 一度身につけた下着を入れるのは抵抗があるので毎晩手洗いする。

・映画「非・バランス」でゲイを演じた(ゲイバーでのバイト経験が役作りに役だった)。

・トーク番組が苦手(素の自分で話すのが苦手)。

・ドラマ「真田丸」の役作りで1ヵ月で4㎏ダイエット(炭水化物を抜いた)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在