宮脇咲良

宮脇咲良


■宮脇咲良(みやわき さくら)

 

□肩書き

 歌手 女優 タレント 

 

□所属グループ

 HKT48

   AKB48

 

□生年

 1998(平成10)03.19(魚座/A型)

 

□出身地

 鹿児島県

 

□略歴(満年齢)

 11年(13歳)HKT48の1期生オーディションに合格。

 13年(15歳)HKT48としてシングル「スキ!スキ!スキップ!」でCDデビュー。

 14年(16歳)AKB48の38枚目のシングル「希望的リフレイン」でダブルセンター。

 ※HKT48の他の主なシングル:

  「メロンジュース」「桜、みんなで食べた」「控えめI love you!」

 ※他の主な出演:

  舞台 「ライオンキング」「恋ぶみ屋一葉」

  ドラマ「あのひとあの日」

  テレビ「コレカラ」「このへん!!トラベラー」「HKTシャカリキ48!」

  CM    「四谷大塚」「JOYSOUND」

 

□趣味

 読書 ミュージカル鑑賞

 

□特技

 絵

 

□サイズ

 160㎝ 靴のサイズ22.5㎝

 

□特記事項

・子役出身

■宮脇咲良

 

□幼少時代〜

・弟がいる。

・両親が忙しかったので祖母が食事の支度や幼稚園の送り迎えをしてくれた。

・保育園時代、よくみんなの前で「セーラームーン」のひとり芝居を披露した。

・習いごと…英語。ピアノ。バレエ(2歳半〜)。水泳。ミュージカル教室。

・夏休みと冬休みに大自然に囲まれた曾祖母の家に親戚一同が集まって遊んだ。

 いとこと一緒に川の一部を石でせきとめて天然のプールを作った。

 祖父と一緒にクワガタ採りをした。野性のイノシシに何度か遭遇した。

・小学校時代、引っ込み思案で泣き虫だった。

 数字の「8」をうまく書けない事を隣の席の男子に指摘されて大泣きして早退した。

・小学校時代、運動が大の苦手だった。

 自転車に乗れなかった。跳び箱を跳べなかった。

 親が「ビリでなければ携帯ゲーム機」というごほうびを設定してくれた運動会で途中リタイア。

・小学校時代、よく家族旅行に行った(福岡、大阪、名古屋、東京、海外)。

・小学校時代、母親と一緒によくミュージカルを観た(母親がミュージカル好きだった)。 

・小4の時、ミュージカルの主役に選ばれたが、ダメ出しが嫌だったので稽古に行かずに逃亡、

 ひとりで曾祖母の家を目指す途中で日が暮れて警察に保護されてパトカーで送り届けられた。

・小4の時に親戚の出産に立ち会ったのをきっかけに将来医者になりたいという気持ちが芽生え、

 小5の冬に進学塾に入って猛勉強、中学受験で進学校に合格した。

・中1の時、ニューヨークのブロードウェイに2週間ミュージカル留学。

 オーディションに合格した子供が世界中から集まるプログラム(唯一の日本人だった)。

 歌のパフォーマンスで1位に選ばれた。

 

□私生活

・好物…アイスクリーム。

・糖質オフダイエットをやっている(=14.11現在)。

・どこでも寝れる。

・ウィンクができない。

・運動が苦手。

 自転車は直進しかできない(=15.07現在)。

・子供の頃からクマのぬいぐるみが大好き。

・文章を書く事が大好き。

・ペット…猫(スコティッシュフォールド、名前はまる、牝0歳=16.05現在)。

・夏の暑さが苦手。

・海水浴をした事がない(=17.07現在)。

・一眼レフカメラを持ち歩く。

■宮脇咲良


□人間関係

・村重杏奈…一番仲が良いHKT48のメンバー。

・穴井千尋、兒玉遥、指原莉乃、多田愛佳、若田部遥…HKT48の主要メンバー。

・ 桑島智輝…ファースト写真集「さくら」のカメラマン。


□エピソードなど

・10歳の頃、オーディションに合格して劇団四季のミュージカル「ライオンキング」に出演。

・HKT48の1期生オーディションに合格して鹿児島から福岡に引っ越した。

・第4回AKB48総選挙に際して「64位以内にランクインしなかったらHKT48を卒業する」

 と母親と約束した(結果は47位、HKT48から唯一のランクイン=12年)。

・シングル「UZA」で初の選抜入り。

・「いつかは48グループの中心的存在になりたい」と広言。

・ファースト写真集「さくら」を出版(=15年)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在