宮澤エマ

宮澤エマ


■宮澤エマ(ややざわ えま)

 

□肩書き

 タレント 女優

 

□本名・旧芸名

 ラフルアー宮澤エマ

 

□生年

 1988(昭和63)11.23(射手座/O型)

 

□出身地

   東京都文京区

 

□出身校

 聖心インターナショナルスクール

 カリフォルニア オクシデンタル大学卒業

 

□略歴

 12年(24歳)テレビ「ニッポン・ダンディ」出演。

 14年(26歳)舞台「シスター・アクト 天使にラブ・ソングを」出演。

 20年(32歳)朝ドラ「おちょやん」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「メリリー・ウィー・ロール・アロング」

  ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」

  テレビ「世界一受けたい授業」「メレンゲの気持ち」「徹子の部屋」

  ラジオ「THE PRESENT」

 

□趣味

 ピアノ ミュージカル鑑賞

 

□特技

 英語 ピアノ

 

□サイズ

 156㎝ B84W64H85

 

□特記事項

・父親はアメリカ人

・母方の祖父は宮澤喜一


■宮澤エマ

 

□幼少時代〜

・父親は外交官のクリストファー・ラフルアー。

 元駐日代理大使。アメリカ人。

・母親はジュエリーショップを経営。

・父方の祖母は女優を目指していた。

・母方の祖父は宮澤喜一(第78代内閣総理大臣)。

・姉がいる。

・週に1回祖父(宮澤喜一)の家で家族揃って食事をした。

・祖父(宮澤喜一)を「グラン・ダッド」と呼んでいた。

・祖父(宮澤喜一)の議員引退後に一緒に住んでいた時期があった。

 自分が作った想像のお話を祖父(宮澤喜一)と父親に延々話した。

・家族とトランプの神経衰弱やカルタをした。

・家にエレベーター、内線電話、館内アナウンスがあった。

・子供の頃から歌やダンスが好きだった。

・よくブロードウェイでミュージカルを観た。

・小学校時代、電車で1時間かけて通学。

・歌を約10年間習っていた。

・テストで100点を取らないと褒めてもらえなかった。

・演劇部(※時期不詳)。

・バンドを組んでいた(※時期不詳)。

・アメリカの大学時代、イギリス・ケンブリッジ大学に1年間留学。

 ハリーポッターに登場するような食堂でフォーマルディナーパーティーが開かれた。

 周囲の小川でゴンドラに揺られてのんびりするのが好きだった。

 週末にティーガーデンで田園風景を楽しみながらお茶を飲んだ。

 ビッグバンドのボーカルで歌って「表現する仕事」に対する憧れを自覚した。

・大学時代、宗教学を専攻。


■宮澤エマ

 

□私生活

・涙もろい。

・好きな音楽…60年代のジャズ、ブルース。昭和の歌謡曲。

・好きな歌手…マライア・キャリー。

・韓流ドラマが好き。

・「ホルモン」を「フェロモン」と勘違いしていた。

 「ホルモン屋」はHな店だと思っていた。

・カラオケの十八番…ちあきなおみ「喝采」。美空ひばり。

・座右の銘…Happy go lucky。

・人間心理を深く考察するのが好き。

・父方の祖母はニューヨークに住んでいる(=16.04現在)。

・姉はハーバード大学に進学した。

・姉はニューヨークに住んでいる(=15.08現在)。


■宮澤エマ

 

□人間関係

・ウエンツ瑛士…友人。「ウェンティ」と呼ぶ。

・DAIGO…総理大臣の孫仲間。

・トータス松本、宮澤エマ、杉咲花

 …朝ドラ「おちょやん」家族役。

・鳩山由紀夫…母方の縁戚。

・バラク・オバマオ…オクシデンタル大学の先輩。

・ちあきなおみ…大好きな歌手。

 

□エピソードなど

・歌手デビューに向けて修業中(=12.06現在)。

・ボイストレーニングでクラシック、カンツォーネ、ブルースを歌う(=12.11現在)。

・ミュージカルに多数出演。

・朝ドラ「おちょやん」で和装・三味線・関西弁に初挑戦。

凡例:20.01現在=2020年1月現在