宮根誠司

宮根誠司

■宮根誠司(みやね せいじ)

 

□肩書き

 フリーアナウンサー

 

□所属

 朝日放送(87年〜04年)

 

□生年

 1963(昭和38)04.27(牡牛座/B型)

 

□出身地

 島根県大田市

 

□出身校

 島根県立大田高校

 関西大学経済学部卒業

 

□略歴(満年齢)

 87年(24歳)アナウンサーとして朝日放送に入社(→04年退社)。

 90年(27歳)テレビ「おはよう朝日です」出演(94年からメイン司会)。

 06年(43歳)テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」司会。

 ※他の主な出演:

  テレビ「たかじんnoばぁ〜」「Mr.サンデー」「人生が変わる1分間の深イイ話」

  

□趣味

 ゴルフ

 

□サイズ

 173㎝


■宮根誠司

 

□幼少時代〜

・実家はクリーニング屋を経営(→閉店)。

・弟がいる。

・近所に住んでいた母方の親戚が頻繁に自宅に出入りしていた。

 母親は9人きょうだいで親戚が多かった。

 超高速で話しまくる母親と親戚の会話に全く参加できず、自分は無口だと思っていたが、 

 小学校に入ってから「普通の人の会話はこんなに合間があるんだ」とびっくりした。

・子供の頃、女装して漫才をするのが大好きだった。

・「島根の神童」と言われた。

・小学校時代、夏休みの宿題の工作を祖父(大工)にやって貰った。

・大学時代、肉体労働のアルバイトと飲み会に明け暮れた日々を送った。

・学生時代、初恋の女性かたクリスマスに手編みのセーターを貰った。

・ハンバーガーショップでアルバイトをした。


■宮根誠司

 

□私生活

・好物…カレーライス。串カツ(大好物)。

・嫌いな食べ物…納豆。

・酒が好き。

 局アナ時代に朝まで飲んで一睡もしないで朝の番組に出演した事がある。

・タバコを吸う(=14.06現在)。

・健康法…スポーツジム。ジョギング(昼間に御堂筋、通天閣の辺りを10〜16㎞走る)。

・ジョギングで7㎏減量(=08年)。

・半年間で7㎏減量(66㎏→59㎏)、ウエスト10㎝減、腹筋を割る肉体改造。

 独自の理論による高速腹式呼吸をわずかな空き時間に何度も繰り返した。

 ※著書「50歳からでも遅くない! ミヤネ式らくらくボディメイク法」出版(=15年)

・57歳で花粉症になった。

・平均睡眠時間は4時間。

・面白い夢を見て内容を書いておくと続きを見る事ができる。

・いきつけ…

   割烹「桧之川」(大阪、若手芸人を集めた食事会を定期的に開催=15.07現在)。

 和食「四季彩 炭美処 ゆうや」(一番頻繁に行く店=12.12現在)。

 韓国料理「古里庵」(大阪・日本橋)。

・博多によく遊びに行く。

・クルマの屋根に財布を置いて発進してなくした事が何度かある。

・熱烈な阪神ファン。

 野球中継の副音声を担当する。

・人見知り。対人恐怖症気味。人の目を見て話すのが苦手。

・父親が心不全で他界(享年76=07年)。

・毎年新年会で親戚が家族単位でかくし芸を披露する。

・妻(まゆみ)は藤原紀香に似ているらしい。


■宮根誠司

□人間関係
・稲川淳二…友人。よく一緒に飲む。稲川淳二の怪談ライブに毎年行く。
・井上公造…友人。番組で長年共演。
・板東英二…友人。一緒に食事する。
 毎年坂東がつきあいがある銀行に100万単位で預金する(坂東に現金を手渡す)。
・村上ショージ…友人。飲み友達。
・笑福亭鶴瓶…友人。鶴瓶の自宅に遊びに行った事がある。
 鶴瓶にフリーになる事を勧められた。
・たむらけんじ、野々村真…友人。
・野々村真…マコト会(野々村が率いる芸能界の裏組織らしい)の関西支部長にさせられた。
・やしきたかじん…テレビ番組で多数共演。
・山本モナ…友人。電話で話す。山本がフリーになる時に相談に乗った。朝日放送の後輩。
・ジャガー横田…友人。
・赤江珠緒…赤江がフリーになる時に相談に乗った。朝日放送の後輩。
・川田裕美、森若佐紀子、林マオ…「情報ライブ ミヤネ屋」で共演。
・丸岡いずみ…「情報ライブ ミヤネ屋」でよく丸岡をイジった。
 丸岡の結婚式の司会を務めた。
・梅田淳…同時期にフリーになった。CMで共演。
・羽鳥慎一…宮根のファン。
・タモリ…好きなお笑いタレント。学生時代にタモリのライブに行った。
 「タモリのオールナイトニッポン」を愛聴していた。
・Wエンジン…好きなお笑いタレント。
・前妻…?年結婚、?年離婚。
・まゆみ…一般人。?年結婚。8歳年下。08年にブログで結婚を公表。
・子供:
 長女…11年誕生。


■宮根誠司

□エピソードなど
・1次〜3次用に爆笑ネタを3つ用意して朝日放送のアナウンサー試験を受けた。
 1次は自分より少し上、2次は父親世代、3次は祖父世代と面接官の年齢を予想、
 各年代に受けそうな話を用意した。
・朝日放送の新人時代、ラジオ番組で30分間のフリートークコーナー担当。
 ネタ探しの為に電車や飲み屋で変わった人を見かけると自分からからんだ。
・新人リポーター時代、着ぐるみ姿で突撃取材をした。
 松茸の着ぐるみで松茸狩りを取材中に急斜面を転落して生放送のコーナーが中止になった。
 鶏の着ぐるみで鶏1万羽の放し飼いを取材中に何十羽もの鶏に股間を攻撃された。
・温泉リポートが話題になった。
・入社8年に阪神大震災を取材した事が自分の仕事を見つめ直すきっかけになった。
・37歳の時に「おはよう朝日です」司会担当10周ディナーショーを開催。
 17000円のチケットが即完売。ピアノの弾き語りを披露。
・映画「ミスター・ルーキー」に出演(=02年)。
・生放送直前まで共演者やスタッフと歓談する。
 原稿の読み合わせ、ネタの仕込み、VTRの事前チェックをしない。
 生放送中のコメントは全てアドリブ。
・バラエティ「情報ライブ ミヤネ屋」が全国ネットになった(=08年)。
・東京マラソンを5時間56分9秒で完走(=09年)。
 公約の4時間30分以内不達成で「情報ライブ ミヤネ屋」の番組中に丸刈りになった。
・月〜金の帯で2本の生放送番組の司会を務めている
   (「おはよう朝日です」「情報ライブ ミヤネ屋」=09.07現在)。
 「浪速のみのさん」と呼ばれる。
・「情報ライブ ミヤネ屋」の放送内容は放送直前までフィックスしていない事が多い。
・ゲスト出演した番組でもつい自分でまわしてしまう。
・板東英二のモノマネができる。
・「情報ライブ ミヤネ屋」で隠し子の存在を認めて謝罪(=12年1月6日放送分)。
・東京マラソンを4時間15分57秒で完走(ネットタイム=14年)。
・嫌いなアナウンサーランキング第1位に選ばれた(=15年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在