太田雄貴

太田雄貴

■太田雄貴(おおた ゆうき)

 

□肩書き

 フェンシング選手 日本フェンシング協会会長

 

□本名

 太田雄貴

 

□生年

 1985(昭和60)11.25(射手座/O型)

 

□出身地

 滋賀県大津市

 

□出身校

 平安高校

 同志社大学商学部卒業

 

□略歴

 04年(19歳)アテネ五輪出場。

 08年(23歳)北京五輪銀メダル。

 15年(30歳)世界選手権優勝。

 ※主な出演:

  テレビ「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」「田舎に泊まろう!」

 

□趣味

 音楽観賞 マンガ 食べ歩き

 

□サイズ

 171㎝

 

□特記事項

・北京五輪銀メダル

・世界選手権優勝(史上初)

・2020年東京五輪招致アンバサダー


■太田雄貴


□幼少時代〜

・父親は小学校教師。

・母親は教師。

・父親は高校時代にフェンシングをやっていた。

・兄と姉がいる。

・比叡山中腹(京都と滋賀県の県境)の標高400mのニュータウンに住んでいた。

・習い事…習字。そろばん。ピアノ。英会話。体操。マラソン。水泳。スキー。

・毎日父親が食事を作ってくれた。

・小3の時、父親に「スーパーファミコンを買ってやる」と言われてフェンシングをはじめた。

 父親がフェンシングをやっていた。兄と姉もやらされていたがすぐにやめた。

 自宅の居間で父親にマンツーマンで指導されて毎日練習した。

・小5の時、自転車で2日かけて琵琶湖を一周した。

・小学校〜中学時代、フェンシングの全国大会で優勝。

・高校時代、インターハイ3連覇(史上初)。

・高2の時、史上最年少で全日本選手権優勝。

・中学〜高校時代、試合による公欠以外は無遅刻無欠席だった。

・中学〜高校時代、好きな学科は英語と体育だった。

・大学時代、1年2年4年でインカレ優勝。 

■太田雄貴


□私生活

・好物…バッテラ。麺類。うどん。クラムチャウダー。ゴーヤチャンプル。生春巻き。

 焼肉。酢豚。レバ刺し。数の子。このわた。チーズケーキ。

・嫌いな食べ物…ホルモン。ちくわぶ。漬物。梅干し。

・酒が好き。好きな酒はビール。ひとりでは酒を飲まない。

・ラジオが好き。

・好きなマンガ…松本大洋「ピンポン」。

・好きなテレビゲーム…「ドラゴンクエスト」。

・掃除、整理整頓が苦手。

・阪神ファン。

・座右の銘…継続は力なり。

・北京五輪の銀メダルを常にカバンにいれて持ち歩いている。

 出会った人に頼まれると見せてあげる。

・実家の家のまわりに父親が作ったディズニーキャラクターのステンドグラスがある。 


■太田雄貴

 

□人間関係

・渡部建…友人。よく一緒に食事する。

・田中浩康(プロ野球選手)…友人。

・オレグ・マツェイチュク…北京五輪時のコーチ。元ウクライナ代表。

・市ケ谷廣輝…全日本選手権決勝の相手。小学校時代から市ケ谷の指導を受けていた。

・竹内智一…平安高校フェンシング部顧問。

・田淵和彦…同志社大学フェンシング部監督。

・ユースケ・サンタマリア、津田篤宏(ダイアン)、内田有紀、優香…フェンシング部出身。

・笹川友里(TBSアナウンサー)…交際中(=16.05現在)。

 

□エピソードなど

・日本フェンシング史上最年少の代表選手としてアテネ五輪に出場。

・大学卒業後、フェンシングの練習に専念する為に就職も進学もしなかった。

・「京都クラブ」に所属する選手は太田1人だけ。

・8歳でフェンシングを始めた日から06年3月まで約12年間1日も休まずに練習した。

 04年5月に左足首の靭帯を断裂した時も練習を休まなかった。

・北京五輪に向けた日本協会の500日合宿に参加(=07年2月〜)。

 都内で初めてのひとり暮らしをして毎日9:00から21:00まで練習した。

 遊ぶヒマもお金もなかったのでひらすら練習に没頭した。

・北京五輪に向けて出国する時に空港にいた記者の数は2人だけだった。

 帰国した時に空港にいた記者の数は200人。

・試合の結果と内容をほぼ完璧に覚えている(小学校時代から)。

 友人の試合の結果も覚えている。

・北京五輪で日本フェンシング史上初のメダルを獲得した。

・「ニートの銀メダリスト」と呼ばれた。

・フェンシングをメジャー競技にしたいと思っている。

・森永製菓に入社(健康事業本部ウイダー事業部に配属=08年)。

 入社報告記者会見で感極まって涙を流した。

・日本フェンシング協会会長に就任(=17年)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在