大鶴義丹

大鶴義丹

■大鶴義丹(おおつる ぎたん)

 

□肩書き

 俳優 作家 映画監督

 

□本名

 大靏義丹

 

□生年

 1968(昭和43)04.24(牡牛座/A型)

 

□出身地

 東京都杉並区

 

□出身校

 杉並区立東田中学校

   玉川学園高校中退

   和光大学附属高校

   日本大学芸術学部中退

 

□略歴 

 84年(16歳)ドラマ「安寿子の靴」主演。

 91年(23歳)ドラマ「逢いたい時にあなたはいない」出演。

 93年(25歳)ドラマ「オレたちのオーレ!」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「輝夜姫」「生きていた小平次」「SHURABA」 

  映画 「首都高速トライアル」「湾岸ミッドナイトシリーズ」「チー公物語」

  ドラマ「あの日の僕をさがして」「悪魔のKISS」「ひまわり」

  テレビ「ごきげんよう」「アウト×デラックス」「誰だって波瀾爆笑」

  CM  「キリンビール キリンラガー」

 

□趣味

 パソコン テレビゲーム プラモデル作り 園芸 海外旅行 

   釣り 自転車 バイク スキー 

 

□特技

 料理

 

□免許・資格

 A級ライセンス(クルマ) 4級小型船舶

 

□サイズ

 180㎝

 

□特記事項

・父親は唐十郎

・母親は李麗仙

・元妻はマルシア


■大鶴義丹

 

□幼少時代〜

・父親は劇作家の唐十郎。

・母親は女優の李麗仙。

・ひとりっ子。

・保育園時代、お昼寝の時間によく脱走した。

 塀に隙間に隠れようとして体がはさまって出られなくなった事があった。

・小学校に上がるまで父親が主宰する劇団状況劇場で全国を巡回。

 劇団員がテントを組み立てるそばでひとりで遊んで夜はテントで寝た。

 公演がない時も劇団員が常に一緒に生活していた(自宅に稽古場があった)。

 ドロドロした三角関係や酔った勢いの3Pなどを目にして育った。

 劇団員の女性にかわいがられた(甘えるフリをして触っていた)。

 公演直前の追い込みの時期は夜中まで稽古で誰も構ってくれなかった。

・10歳頃まで劇団員の女性と一緒にお風呂に入っていた。

・親があまり面倒を見てくれなかったので小学校低学年から自分で食事を作った。

・小学校時代、劇団員から仕入れた難しい言葉(「人権蹂躙」など)を学校で流行らせた。

・小学校時代、遠足の時に親が弁当を作ってくれなかったので自分で作った。

・小学校時代、杉並区の作文コンクールに入賞。

・小学校時代、教師の偽善を暴くのが大好きだった。

・小学校時代、銃刀法違反で逮捕された父親に面会する為に警察署に行った。

・小5の時、学芸会で主役を演じた。

・中学時代、勉強が出来る不良だった。よくケンカをした。

・中学時代、ラジコンをやっているオタクな友達もいた。

・中1の時、放課後に公園でファーストキス。

   キスした事で気まずくなって交際は長続きしなかった。

・中2の時、セックスを初体験(相手は大学生)。

・中学校の修学旅行のエピソード:

 ひとりだけ制服の白シャツではなく柄物のシャツを着て参加。

 奈良に泊まった時に鹿せんべいで鹿を誘き寄せて嫌いな先生の部屋に入れた。

 天井裏から女子の部屋を覗きに行った時にクラスメイトが天井板を踏み抜いてしまった。

・高校時代、学校で一番かわいい女の子に告白してフラれた。

 「いいです(No)」と言われたのを「OK」という意味に取って1週間浮かれていた。

・高校時代、自主映画を作った。

・高1の時、教師を殴って自主退学。

・高校中退後、芥川龍之介や太宰治を読み、夜は歌舞伎町のディスコに入り浸っていた。

・ディスコで毎晩のように他の客とケンカをした。

 ヤバい人とトラブルになって生ゴミの中に隠れた事があった。

・エスカレーターで大学に行ける高校だったがそのまま行くのは退屈だと思って日芸に入った。

・20歳の頃に両親が離婚。

・大学時代、塾講師のアルバイト。

 教えるのが面倒だったのですぐテストをしていた。

・大学時代、同人誌に小説を執筆。


■大鶴義丹

 

□私生活①

・好物…回転寿司(週に4回行く)。

 パスタ(全粒粉のパスタが好き)。

 サムゲタン。肉料理。レバ刺し。焼鳥。

 まぐろ。石鯛の湯引き。げその唐揚げ。

 明太子(わさびを乗せて刺身感覚で食べる)。

 キムチ(韓国食品総合センターで買う)。モンブラン。

 炭酸水(冷蔵庫に常備)。中華料理。

・嫌いな食べ物…さつまいも。くり。甘いもの。

・得意料理…

 田舎風カルボナーラ(アンチョビがわりにイカの塩辛を入れる)。

 キムチカルボナーラうどん。チーズのパスタ。

・夜は炭水化物をほとんど摂らない。

・料理が大好き。毎朝朝食を作る。

 友人を自宅に呼んでコース料理のように5〜6品ふるまう。

 自宅にカウンター割烹を作りたいと思っている(=12.12現在)。

 ※料理本「大鶴義丹のつるっと円満パスタ!」を出版(=15年)

・酒が好き。家では一切飲まない。ひとりでは飲まない。

 好きな酒はホッピー、いいちこのCCレモンシャーベット割り。

 酔うとおしりを出す。酔うと下ネタを連発する。

・健康法…水泳。

・縫う必要がある怪我をよくする。

 何度も見てやり方を覚えて自宅で自分で縫って自分で抜糸した事がある。

・料理、洗い物が苦にならない。

・掃除が好き(特に水廻りの掃除、トイレ掃除、風呂掃除が好き)。

 彼女の家のトイレを掃除する事がある。

・洗濯機がまわっているのを見るのが好き。洗濯物を干すのと畳むのは苦手。

・アイロンがけが好き。

・服をあちこちに脱ぎっぱなしにする癖がある。

・高所恐怖症。

・好きな作家…スティーブン・キング。

・好きな映画…「イージー・ライダー」。

・情報を出し入れしていないと不安になる(読書・ネットor執筆)。

 書店に行くと以前買った10冊をまだ3冊しか読んでいなくてもまた10冊買ってしまう。

 家に読んでいない本がたくさんある。

・1960年代マニア。

・パソコンおたく。キーボードはタッチがしっくりくるものを選ぶ。

 秋葉原で部品を買って自作したパソコンを愛用。

・占い、スピリチュアルが大好き。

・自動引き落としが嫌い。料金を自分で振り込む。

・35歳を過ぎてから洋服が好きになった。

・ペット…犬(名前はスコット、8歳=14.05現在)。

・住んでいる所…

 東京都杉並区(一軒家、土地80坪、土地8000万円建物4000万円=14.03現在)。

・二世帯住宅で母親と同じ建物に住んでいる(玄関は別々=15.03現在)。


■大鶴義丹

 

□私生活②

・いきつけ…

 居酒屋「とんきち」(高円寺、ホッピー飲み放題=20.08現在)。

 立ち飲み「呑うてんき」(八重洲、母親の親友の店、ハムカツ=20.08現在)。

 小料理屋「じんから」(西荻窪=16.07現在)。

 「An」(愛宕グリーンヒルズ、寿司部門の総料理長はバイク仲間(=16.07現在)。

 「飲食笑商何屋ねこ膳」(新宿=16.07現在)。

 「魚哲」(中目黒、押し寿司、月に1回は行く=15.11現在)。

 ステーキハウス「ゼックス」(神谷町、熟成肉のステーキ=15.11現在)。

 居酒屋「魚真 渋谷店」(店長は高校時代の親友)。

 和牛料理「さんだ」(赤坂)。

・衝動買いが好き。

・本格的なカメラ、レンズを所収。

・バイクが大好き。4台所有(=14.05現在)。浮気したくなるとバイクを買うらしい。

 世界最速のバイクを所有(SUZUKI GSX 1300R HAYABUSA=05.12現在)。

 若い頃にオフロードレースに出場。バイク仲間とあちこちツーリングに行く。

 バイク雑誌に2誌に連載中(=14.05現在)。

・若い頃はクルマが大好きだった。カーレースをやっていた。

・自称・東南アジア研究家。時間が空くとバックパックでタイやフィリピンに行く。

 現地では自己流のインチキ英語を使う。

 前妻との新婚旅行でも東南アジアに行き1泊400円で水洗トイレがない部屋に泊まった。 

・旅行中にロサンゼルス大地震に遭遇(=94年)。

 サンタモニカの高校時代の友人宅でぐっすり眠っていたがあまりの揺れに跳び起きた。 

 サンタモニカの被害は甚大だったが、幸い友人宅は被害にあわず、怪我もなかった。

・飲酒運転で現行犯逮捕された(=94年)。

・世間一般の「こうあるべきだ」という価値基準には全く囚われない。

・良くも悪くも結果がはっきり出るものが好き。受験勉強が嫌いではなかった。

・完璧主義者。プラモデルでちょっと失敗すると同じものを買ってきて一から作り直す。

・きまぐれな性格。電話も来客も気が乗らないと出ない。

・マルシアとの離婚後霊感が鋭くななって他人の不幸が見えるようになった。

・LINEをやっている(=13.10現在)。

・Facebookをやっている(料理の写真をアップする=14.05現在)。

・父親と一緒に飲んで文学論や演劇論を戦わせる。

 父親と加納典明と一緒に飲んでいて何かのきっかけで激しい殴り合いになった事がある。

・長女に自分が若い頃の話を包み隠さずに話す。

 LINEのメッセージで人生観に関して討論する。

・長女と一緒に居酒屋で飲む。

・夏に海辺で過ごすのが大好き。

・妻は元妻が残していったコートを平気で着るおおらかな性格。

・幼稚園からの幼馴染みと月に数回集まって飲む。

・ブラジル人の友人がたくさんいる。

・若い頃は六本木でベロベロに酔って手辺りしだいに口説いていた。

・今の彼女と昔の彼女と3人で食事をした事がある。

・プレゼントを店で選ぶのが嫌いなので彼女には現金をプレゼントする。

・彼女とケンカしてシャンパンのボトルで殴られて2針縫った事がある。

・妻と同じスポーツクラブに入っている(=13.10現在)。

・妻がとてもよく世話をやいてくれる。朝からたくさん料理を作ってくれる。

 酔って帰ってそのまま寝てしまった時に寝ている間に服を着替えさせてくれる。

・妻と一緒に料理する。

・妻のチェックが厳しい。女性がいる店に行くのは禁止。

   男同士の飲み会に妻がついて来る。

 妻と女友達の飲み会(女性だけの飲み会)に参加した事がある。


■大鶴義丹

 

□人間関係

・金山一彦…家族ぐるみのつきあい。

・高嶋政宏…友人。飲み友達。

・森脇健児…友人。ドラマ「逢いたい時にあなたはいない」で共演。

・生田智子…友人。若い頃によく一緒に遊んだ。「ぎんぎん」と呼ばれる。

・四谷シモン、根津甚八、小林薫、佐野史郎、六平直政、渡辺いっけい

 …元状況劇場の劇団員。子供の頃に遊んで貰った。小林薫とよくケンカした。

・タモリ…中学時代に何度もタモリの自宅をピンポンダッシュしてタモリに怒られて叩かれた。

・中山美穂…ドラマ「逢いたい時にあなたはいない」で恋人役で共演。

・マルシア…94.12.26入籍、04.09.24離婚。

 ドラマ「オレたちのオーレ!」恋人役で共演した事がきっかけで交際。

 交際1ヵ月で結婚を決意した。

 大鶴が自宅に泊めた女性をマルシアが目撃した事をきっかけに離婚。

 慰謝料なし、長女の養育費は大鶴、学費は折半。

 離婚後も長女をはさんで友人として交際。

・松葉れいな(元タレント)…再婚を考えて交際していた。09年入籍予定と報じられた。

・泰子…一般女性。ブライダルと飲食関連の仕事をしている。12.11.22入籍。

 高校時代の不良仲間。同い年。交際約半年で入籍。

・子供:

 長女…弥安(びあん)。97.10.16誕生。

 ポルトガル語で「白」を意味する「ビアンカ」から命名。※離婚後の親権はマルシア


■大鶴義丹

 

□エピソードなど

・台湾で人気がある。

・デビュー当時は生意気だった。

 脚本や演出に納得できないとスタッフとケンカした。

・処女小説「すぷらっしゅ」で第14回すばる文学賞を受賞(=90年)。

・ビデオ「湾岸ミッドナイト」を製作・主演(=91年)。

・映画「となりのボブ・マーリィ」の脚本・監督を担当(初監督作品=96年)。

・涙ながらにマルシアに復縁を求める記者会見(=04年)。

・1時間ドラマに多数出演。

・年1作ペースで小説を書く。

・初の私小説「昭和ギタン」を上梓(=05年)。

・有線放送でもいいから自分自身がメディアになりたいと思う。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(本人撮影=07年6月9日放送分)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=14年5月31日放送分)。

・自宅を「火曜サプライズ」で公開(=15年3月17日放送分)。

・舞台「小鳥の水浴」舞台監督(=19年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在