大島康徳

大島康徳


■大島康徳(おおしま やすのり)

 

□肩書き

 プロ野球選手(94年引退)

 プロ野球解説者

 

□所属

 中日ドラゴンズ(69年〜87年)

 日本ハムファイターズ(88年〜94年)

 

□生年

 1950(昭和25)10.16(天秤座)

 

□出身地

 大分県中津市

 

□出身校

 今津中学校

 大分県立中津工業高校

 

□略歴(満年齢)

 69年(19歳)ドラフト3位で中日ドラゴンズに入団。

   88年(38歳)トレードで日本ハムファイターズに移籍。

 90年(40歳)通算2000安打。

 ※入団、移籍、引退野球シーズン年度

 ※通算成績:

  26380試合、2204安打、.272、382本、1234打点、88盗塁

  ※主なタイトル・表彰:

  本塁打王1回、最多安打1回

 

□サイズ

 182㎝ 85㎏


■大島康徳

 

□幼少時代〜

・父親は国鉄職員。

・姉と兄がいる。

・父親は満州からの引揚者で無口な人だった。

・2DKの風呂なしの市営住宅に住んでいた。

・子供の頃、引っ込み思案で人前が苦手だった。

 ひとりで山で野鳥を追いかけて遊んだ。

・中2の時、東京五輪の金メダルに感激してバレーボール部に入部。

・中3の時、身長が大きかったので様々な運動部に助っ人として参加(175㎝)。

 地元の相撲大会で個人優勝。

・野球部の監督から何度も勧誘されてその都度断っていたが、

 監督がくれたグローブの革の匂いに惹かれて野球を始めた。

・高校入学後に本格的に野球を始めた。

・高校時代のポジションは投手・内野手・外野手。

・高校時代、野球の練習は嫌いだった。

・高3の時、公式戦で場外ホームラン。

 その試合をドラゴンズスカウトが見ていたらしい。

 

□私生活

・がん発症後は酒は控えている。

・タバコを吸う(=18.10現在)。

・16年秋にS状結腸がんと肝臓への転移で「余命1年」と診断されたが、

 手術と抗がん剤治療を受けて2年以上経った現在も健在(=18.10現在)。 

・住んでいる所…東京都(一軒家、4LDK=93年現在)。

・父親は膵臓がんで他界。

・母親はがんを治療中に他界。

・兄は白血病で他界(享年28)。


■大島康徳

 

□人間関係

・妻…87.01.11結婚。10歳年下。

・子供:長男。次男。

 

□エピソードなど

・入団3年目の1軍デビュー戦でバックスクリーン直撃のホームラン。

・若い頃、よく門限を破って夜遊びして寮長に怒られた。

・1年おきに好成績を残す事が多かった。「隔年の大島」と呼ばれた。

・39歳10ヵ月で2000安打は当時の最年長記録。

・第1回WBC打撃コーチ(=06年)。

凡例:18.01現在=2018年1月現在