大坂なおみ

大坂なおみ

■大坂なおみ(おおさか なおみ)

 

□肩書き

 テニス選手

 

□生年

 1997(平成09)10.16(天秤座)

 

□出身地

 大阪府大阪市→アメリカ

 

□略歴(満年齢)

 18年(21歳)BNPパリバ・オープン優勝(ツアー初優勝)。

 18年(21歳)全米オープン優勝(4大大会初優勝)。

 19年(22歳)全豪オープン優勝(4大大会連覇)。

 

□趣味

 マンガ ゲーム 写真

 

□サイズ

 180㎝ 69㎏

 

□特記事項

・父親はアメリカ人

・日本人選手初の4大大会シングルス優勝

・世界ランキング1位


■大坂なおみ

 

□幼少時代〜

・父親はハイチ出身のアメリカ人。

・毋親は日本人。

・母方の祖父・大坂鉄夫は根室漁協の組合長。

・1歳年上の姉がいる。

・3歳の時、姉の影響でテニスを始めた。

 大阪の靭テニスセンターで練習。

・4歳の時、アメリカ・ニューヨークに引っ越した。

・節約の為に父親をコーチにニューヨークの公営コートで練習した。

 ボールがボロボロになるまで使い続けた。

・8歳の時、フロリダに引っ越した。

・父親の勧めでテニス以外にバスケットボールや陸上をやっていた。

 

□私生活

・好物…寿司(特に大トロが好き)。カツ丼。カツカレー。ベーグルパン。

 焼肉。トンカツ。うなぎ。抹茶アイスクリーム。

・フロリダで育ったので暑さに強い。

・好きな音楽…ヒップホップ。

・好きなアーティスト…ビヨンセ(大ファン)。

・日本のマンガ、アニメ、ゲームが大好き。

・好きなテレビゲーム…「スカイリム」。

・ペット…犬(名前はパンダ=17.08現在)。

・一眼レフカメラを愛用。

・日本とアメリカの二重国籍(=16.01現在)。

・日本語はヒアリングはある程度できるが話すのは苦手。

・父親はテニスのコーチ。


■大坂なおみ

 

□人間関係

・浅越しのぶ、大坂なおみ、神尾米、雉子牟田直子、佐藤直子、沢松奈生子、

 杉山愛、伊達公子、中村藍子、平木理化、森上亜希子、森田あゆみ…

   主な女子テニス選手(引退を含む)。

・アブドゥル・シラー…トレーニング担当コーチ。

 シラーが組んだ厳しいトレーニングメニューで2年間で体重を10㎏絞った

 (17年シーズン後に7㎏、17年シーズン後に3㎏)。

・茂木奈津子…担当トレーナー。18年3月から全大会に帯同。

・サーシャ・バジン…担当コーチ。19年2月関係解消。

 特にメンタル面に関して的確なアドバイスをしてくれた。

・小坂なおみ…大坂のモノマネをする。

・ペトラ・クビトバ…全豪オープン決勝で対戦(=19年)。

・セリーナ・ウィリアムズ…子供の頃から憧れているテニス選手。

 初対戦でストレート勝利(マイアミオープン=18年)。

 全米オープン決勝で対戦してストレート勝利(=18年)。

・大阪まり…姉。テニス選手。

■大坂なおみ

 

□エピソードなど

・サーブのスピードは200㎞/h以上。

・日清食品と所属契約。

・全豪・全仏・全米で3回戦進出(=16年)。

 全豪オープンは4大大会初出場で3回戦進出。

 全米オープン3回戦、最終セット5-1から追いつかれて逆転負け(試合中に涙)。

・世界的マネジメント会社IMGと契約(=16年)。

・東レパンパシフィックオープンで決勝進出(=16年)。

・WTA最優秀新人賞に選ばれた(=16年)。

・全米オープン1回戦で前年王者ケルバーに勝利(=17年)。

・香港オープンでビーナス・ウィリアムズに勝利(=17年)。

・BNPパリバ・オープンでツアー初優勝(=18年)。

 日本人女子選手初の4大大会に続くクラス(プレミア・マンダトリー)の優勝。

 準決勝で世界ランク1位のシモナ・ハレプに勝利。

 日本人女子選手の世界ランク1位選手に対する勝利は96年伊達公子以来。

 表彰式の素朴で率直なスピーチが話題になった。優勝賞金約1億4750万円。

・試合直後のオンコートインタビューを日本語で対応(=18年全仏)。

・試合後の会見にサッカー日本代表のユニフォームで登場(=18年ウィンブルドン)。

・市販のラケットを試合で使用(=18.09現在)。

・全米オープン優勝(=18年)。

 男女通じて日本人初の4大大会シングルス優勝。

 1回戦から決勝までの全7試合で1セットしか落とさなかった。

 決勝でセリーナ・ウィリアムズが審判への暴言でペナルティ。

 優勝賞金380万ドル。

・全豪オープン優勝(4大大会連覇=19年)。

 決勝で第2セットを逆転で落として負の感情が爆発、

 第3セットは全ての感情のスイッチをオフにして戦った。

・日本人選手史上初、アジア人選手史上初の世界ランキング1位(=19年)。

・第1セットを取った試合は67連勝(=19.01.26現在)。

・ウィンブルドン1回戦敗退、試合後の会見を途中退席(=19年)。

凡例:18.01現在=2018年1月現在