大和田伸也

大和田伸也


■大和田伸也(おおわだ しんや)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 大和田伸也

 

□生年

 1947(昭和22)10.25(蠍座/A型)

 

□出身地

 福井県敦賀市曙市

 

□出身校

 早稲田大学文学部中退

 

□略歴(満年齢)

 72年(25歳)朝ドラ「藍より青く」出演。

 78年(31歳)ドラマ「水戸黄門」出演。

   87年(40歳)大河ドラマ「独眼竜政宗」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「細雪」「春琴抄」「アニー」

  映画 「絶唱」「犬神の悪霊」「踊る大捜査線」

  ドラマ「ありがとう」「徳川慶喜」「真珠夫人」

  テレビ「環境野郎Dチーム」「ごきげんよう」「ごごナマ」

 

□趣味

 読書 映画観賞 写真 絵画(油絵) 文筆

 

□特技

 剣道 

 

□資格・免許

 居合道夢想神伝流3段

 

□サイズ

 174㎝

 

□特記事項

・弟は大和田獏

・妻は五大路子

・長男は大和田悠太

・次男は大和田健介

■大和田伸也

 

□幼少時代〜

・父親は建設会社のサラリーマン(経理担当)。

・実家はロシアとの交易で財を成した福井県敦賀市の名門・大和田財閥。

 戦前に大和田銀行を経営。信也が生まれる直前に財閥解体。

・4人兄弟の3番目。兄、姉、弟(大和田獏)がいる。

・父親がクリスチャンだったので幼児洗礼を受けた(クリスチャンネームはヨゼフ)。

・子供の頃、やんちゃだった。

・子供の頃、よく家族で海岸に行ってすき焼きをした(自宅からバスで10分)。

・小学校〜中学時代、勉強をしなくても成績はトップクラスで神童と呼ばれた。

 中学時代は3年間学年1位だった。高校入試模試で常に県で3位以内だった。

・中学時代、新聞部、放送部、バレーボール部、バスケットボール部をかけもち。

・中学時代、生徒会議長。

・中学時代、学校の大会で福井市に引率してくれた教師が内緒で映画館に連れて行ってくれた。

・高校時代、バスケットボール部を創部。

・高校時代、生徒会役員をやった。

・高校時代、学校行事で演出を担当。

・高校時代、8ミリで映画を撮った。

・高校時代、勉強をする癖が身についていなかったのでだんだん成績が落ちた。

・高校時代、たまたま東京で観た舞台に感動して俳優を志した。

・高2の時、狂信的な数学教師に反発してノイローゼ気味になり、

 気分転換の為に東京の叔父の家に滞在、都会の文化にカルチャーショックを受けた。

・高2の時、近所の山の山頂で目の前にいたUFOを見た。

・大学時代、早大劇団「自由舞台」のメンバー。

・大学在学中に劇団四季の研究生に合格、家族に無断で大学を中退した。

■大和田伸也

 

□私生活

・好物…カツ丼。揚げパン。ばくらい(大好物)。小鯛ささ漬け(福井の特産物)。 

 豆らくがん。

・料理は全然できない。

・健康法…朝コップ1杯のアルカリイオン水。ドクダミ茶。

 茎ワカメ(二日酔いが直り快食快便になる)。

・ストレス解消法…仕事も日常生活も自然体でいること。

・普段から声が大きい。普通に話していても怒っているように思われる。

・あっちむいてホイが苦手。

・ヘビとムカデが大の苦手。

・好きな映画…「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」。

・ピエロの絵を描くのが好き。自宅のステンドグラスを自らデザイン。

・指人形でひとり遊びをするのが好き(人形の数だけ何役も自分でする)。

・収集…

 鉄腕アトムグッズ(リビングの一面がコーナー、総額200万円以上)。

 ライオンキンググッズ。

・自宅に写真現像用の暗室がある。 

・自宅の地下にけいこ場がある。

・自宅のベランダでくつろぐのが好き。

・頭が大きい(62㎝)なのでサイズが合う帽子がなかなかない。

・ペット…

 犬(柴犬、名前はペロ、17年に17歳で他界)。

 金魚(金魚に語りかけるのが好き=11.04現在)。

 メダカ(=05.04現在)。

・カメを飼った事がある。

・住んでいる所…神奈川県横浜市(一軒家、約32年在住=11.04現在)。

・いきつけ…

 和食「あんど」(赤坂、ばくらい=18.10現在)。

 中華「盤古殿 新横浜プリンスホテル店」(横浜市、麻婆豆腐=18.10現在)。

 鮨処「みよし」(横浜市港北区、家族でよく行く、15年以上通っている)。

   レストラン「新横浜ラントラクト・モダングリル」(家族でよく行く)。

 ラーメン博物館。

・動物園が好き。

・若い頃によく霊が見た。

・UFOを見た事が8回ある。すぐそばに見た事もある。

・散歩中に野良猫を見かけると話しかける。

・飛行機の窓からオーロラを見えた事がある。

・声が大きいので普通に喋っているつもりでも怒っていると思われる事が多い。

・自宅近くの路上でタバコを吸っていた高校生風の若者3人に注意して、

 いきなり顔面を殴られて左頬に4㎝の怪我を負った(=98年)。

 その事件以降、いきなり頭ごなしに注意するのではなく、普通に話かけるようにしている。

・映画館で後ろの席のカップルがうるさいので紳士的に注意したら後ろから下駄で殴られた。

・歩道を自転車で暴走する高校生を注意したら「クソオヤジ」と自転車を投げつけられた。

・ひとりで海外旅行に行く。

 知らない街をどんどん歩いて疲れるとタクシーを拾って帰る。

・Twitterをやっている(=18.10現在)。

・LINEをやっている(=15.04現在)。

・寂しがり屋。

・声が大きい。

・カラオケの十八番…石原裕次郎。フランク永井。

・オヤジギャグ、ダジャレが好き。

・家族、兄弟、親戚と仲が良い。年末〜正月に親戚一同が集まる。

 よく一緒に遊ぶ。よく一緒に家族旅行で海外に行く(よく海外でカウントダウンをする)。

 親と一緒にカラオケに行く。よく母親に電話する。

・弟からよくダメ出しされる。

・兄は牧師(=09.10現在)。

・長男がグレかけた時に自分の若い頃の情けない話をして関係修復した。

・次男と仲が良い。よくメールや電話をする。一緒に映画や洋服屋に行く。

 お互いに写真を撮りあう。演技や衣装に関してよく次男からダメ出しだれる。

 次男が作った自主映画に何度か出演。

・23歳の時に劇団の先輩に強引にファーストキスを奪われた。

・女性がいる店に行くと普段より更に低い声で話すらしい。

・超美人と思ってデートした相手が男性だった事がある。

・妻にペットの名前で呼ばれた事がある(妻は「伸也」と呼んでいるつもりだった)。

・夫婦お互いに劇評をしない事にしている。

■大和田伸也

 

□人間関係

・小倉一郎…友人。デビュー当時からの仲。

・矢崎滋…劇団四季の同期生。

・美輪明宏…結婚式で美輪が「愛の讃歌」を歌ってくれた。

・東野英治郎、里見浩太朗…ドラマ「水戸黄門」で共演。

・高倉健…映画「君よ憤怒の河を渉れ」で共演した時に役者の心構えをアドバイスして貰った。

・田島令子…何度も夫婦役で共演。

・朝川ひろこ…デュエット曲「ときめいて銀座」をリリース(=93年)。

・薬丸裕英…薬丸の長男と大和田の次男が仲が良い(高校の同級生)。

・はしのえみ…大和田のファン。ドラマ「みこん六姉妹」で親子役で共演。

・長島茂雄…憧れている人。

・大和田獏…弟(3歳年下)。俳優。83年に岡江久美子と結婚。

 よく一緒に食事する。頻繁にお互いの家を行き来している。

・大和田美帆…姪。「伸ちゃん」と呼ばれる。

・松坂慶子…交際を噂された。

・五大路子…女優。80年結婚。

 ドラマ「「水戸黄門」で共演して知り合った。

 文通で交際していて婚約会見の時はキスをした事もなかった。

 「僕と一緒に夢を紡ごう」とプロポーズした。

・子供:

 長男…大和田悠太。81.09.25誕生。俳優。

 長女。

 次男…大和田健介。90.11.12誕生。俳優。

■大和田伸也

 

□エピソードなど

・芸能界入りに際して父親から「役者である以前に誠実な男たれ」という手紙を貰った。

・無名時代、ドラマ「おくさまは18歳」にゲスト出演。

・71年に劇団四季を退団後、演劇仲間と結成した劇団(グループ1+1)で演出を担当。

 役者以外に小説家やカメラマンの卵もメンバーだった。

 代々木八幡のボロアパートに集まっては芝居の話をしていた。

・劇団四季を退団後2年間は食えなかった。

 近所の八百屋から売れ残りや腐りかけを貰ってインスタントラーメンに入れて食べていた。

 ボロアパートの窓からNHKの明かりを見て「いつかあそこで仕事をする」と思っていた。

・NHKのADをしていた先輩にラーメンをごちそうになっている時に、

 偶然通りかかったプロデューサーを紹介され、

 「君は髪型をボウズにできる?」と訊かれて「できます」と即答した事が

 ドラマ「藍より青く」出演に繋がった。

・ドラマ「藍より青く」の最高視聴率は53.3%。視聴者から助命嘆願が殺到する人気だった。

・長髪全盛時代に刈り上げにした「伸也カット」が流行して理髪業組合から表彰された。

・ドラマ「水戸黄門」に格さん役で出演。

・中国映画「孫文伝」に出演。

・年に1本のペースで舞台の演出を手掛ける。

・収録中に溺れて死にかけた事が3回ある。

・「外国人俳優第1号」として中国映画に出演。

・五大路子、大和田漠、岡江久美子と一緒に劇団1+1を結成(=88年)。

・「いい旅夢気分」のナレーションを務める(=97年〜)。

・エッセイ集「オヤジに言わせろ!」を出版(竹内書店新社=99年)。

・舞台「愛しのジュリエット」の脚本・演出を手掛ける(=00年)。

・ケンカでもいいから人と関わる事を目指したサークル「オヤジの会」を旗揚げ(=00年)。

・アニメ「鉄腕アトム」に声優として出演(=03年)。

・自宅を「情報ツウ」で公開(=03年)。

・舞台「憂いも辛いも、いろはにほへと」で五大路子と初の本格的共演(=04年)。

・舞台「春にして君を離れ」で長男・大和田悠太と親子共演(=04年)。

・大河内傳次郎、片岡千恵蔵、ポパイのモノマネができる。

・映画「恐竜を掘ろう」を監督(初監督作品=13年)。

・シングル「摩天楼ララバイ」をリリース(=16年)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在