夏目漱石

夏目漱石

関連項目:文化人系目次 作家

■夏目漱石(なつめ そうせき)

 

□肩書き

 作家 英文学者

 

□本名

 夏目金之助

 

□生年

 1867(慶應03)02.09(水瓶座)

 

□没年

 1916年(大正05)12.09(享年49)

 

□出身地

 江戸 牛込馬場下横町

 

□出身校

 大学予備門

 第一高等中学校

 東京帝国大学文科大学

 

□略歴(満年齢)

 05年(38歳)小説「吾輩は猫である」を発表。

 06年(39歳)小説「坊っちゃん」を発表。

 14年(47歳)小説「こころ」を発表。

 ※他の主な作品:

  「三四郎」「道草」「行人」

 

□特記事項

・孫は夏目房之介

■夏目漱石

 

□幼少時代〜

・父親、養父はともに名主。

・8人きょうだいの末っ子(5男3女)。

・2歳の時、塩原家に養子に出された。

・7歳の時、養父母が離婚して生家に戻った。

 

□私生活

・神経症に悩まされた。

・胃潰瘍が悪化して約30分間臨死状態を体験(修善寺の大患=10年8月)。

・文部省派遣留学生として約2年間イギリスに滞在(=00年〜03年)。

 

□人間関係

・高浜虚子…友人。

・中根鏡子…96年結婚。

・子供:

 長女…筆子。99年5月誕生。

 次女…恒子。01年1月誕生。

 

□エピソードなど

・第五高等学校教授に就任(熊本=96年)。

・イギリスから帰国後、一高と東大で英文学を教えた。

・専属の小説記者として東京朝日新聞社に入社(=07年)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在

関連項目:文化人系目次 作家