夏目三久

夏目三久


■夏目三久(なつめ みく)

 

□肩書き

 アナウンサー

 

□所属

 日本テレビ(07年〜11年)

 

□本名

 夏目三久

 

□生年

 1984(昭和59)08.06(獅子座/O型)

 

□出身地

 大阪府箕面市

 

□出身校

 同志社女子中学校

 同志社女子高校

 東京外国語大学外国語学部ベトナム語学科卒業

 

□略歴(満年齢)

 07年(23歳)アナウンサーとして日本テレビに入社(→11年退社)。

 13年(29歳)テレビ「真相報道 バンキシャ!」出演。

 14年(30歳)テレビ「あさチャン!」司会。

 ※他の主な仕事:

  テレビ「おもいッきりイイ!!テレビ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」「マツコ&有吉の怒り新党」

  CM「サントリー BOSS」

 

□サイズ

 168㎝

 

□特記事項

・夫は有吉弘行

■夏目三久


□幼少時代〜

・父親はIT企業・イー・ガーディアンの会長(創設者)。

 祖父は一代で運送会社を興した成功者。実家は長者番付の常連だった。

・祖父、父親がつけていた「三」という字を引き継いだ。

・姉と弟がいる。

・習いごと…英会話。能。バレエ。

・人見知りが激しい子供だった。

・小学校時代、国語の朗読が好きだった。よく家族の前で読んだ。

・小学校時代、ガンバ大阪のファンクラブに入っていた。

・小4の時、クラスの文集に「将来の夢はアナウンサー」と書いた。

・中学〜高校時代、新体操部。

 個人の部(ボール)で京都大会6位。団体の部で京都大会3位。

・高3の時、第15回高校生英語スピーチコンテストで最優秀賞を受賞。

・東京での女子大生生活に憧れて東京外国語大学を受験した。

・大学時代、スペイン舞踏部。全国学生フラメンコ連盟に所属。

・大学時代、一度も合コンに参加する機会がなかった。

・大学時代、モデルのアルバイト。

・大学時代、ベトナム語を専攻。

・大学時代、日本語ゼミに入っていた。 


■夏目三久

 

□私生活

・好物…刺身。

・得意料理…和食。

・好きな食べ物を最初に食べる。

・健康法…ヨーグルトドリンク(バナナ、キウイ、豆乳を入れる、朝食がわりに毎朝飲む)。

 ピラティス(肩凝り、腰痛が軽減した)。

・日本テレビ入社前に歯の矯正をした(治療費用100万円以上を親から借りた)。

・花粉症。

・落ち込んだ時は寝て忘れる。

・音痴。

 子供の頃に家族とカラオケに行って親に「あなたは人前で歌っちゃダメよ」と言われた。

 仕事でCDをレコーディングする時に一音づつ録音させられた。

・ホラー映画が苦手。

・好きな海外ドラマ…「Brothers&Sisters」。

・出不精。家でテレビを見ながら家事やボディケアをして過ごす事が多い。

・モノトーンでシンプルな服が好き。

・動きやすいのでスカートよりパンツが好き。

・いきつけ…

 「銀座 寿司田」(松屋銀座地下、ひとりで行く=11.11現在)。

 「吉野家」(ひとりで行く)。

 さぬきうどん「NRE&めりけんや 恵比寿店」(JR恵比寿駅構内)。

・フラメンコをやっている(=12.03現在)。

・デパ地下が好き。タイムセールを利用する。松屋銀座によく行く。

・よくひとりで牛丼屋で外食する。

・姉、弟と仲が良い。

・学生時代の友人と平日にランチをする。

・好きなタイプ…カリスマ性のある男性。リーダータイプの男性。

・直感で男性を好きになる事が多い。

・好きな男性には特別なハートのデコメを使う。

・彼氏に尽くするのが好き。

・男性の耳たぶフェチ。

・恋愛と仕事の両立が苦手。 


■夏目三久

 

□人間関係

・有吉弘行、マツコ・デラックス…テレビ「マツコ&有吉の怒り新党」で共演。

・みのもんた…「おもいッきりイイ!!テレビ」で共演。

 専門家から難しい話を聞く時の技を教えて貰った

 (平易な自分の言葉に置き換えて聞き返す)。

・鈴江奈々、夏目三久、葉山エレーヌ

 …日本テレビ開局55年PRユニット・go!go!ガールズで活動(=07年)。

 キャンペーンソング「Nittele go!go!」を歌った。

 「go!go!ガールズ卒業写真集」を発売。

・小熊美香、夏目三久、葉山エレーヌ、上重聡、右松健太

 …アナウンサーユニット・ベアーズで活動(=07年)。

・中井美穂…子供の頃に中井に憧れていた。

・有吉弘行…21.04.01結婚。連盟の自筆FAXで発表。

 

□エピソードなど

・入社当時、関西弁が出ないように家族と電話をしなかった。

・新人時代、生放送後によくへこんでトイレで泣いた。

・東京マラソンを6時間34分4秒で完走(=08年)。

・日本テレビを退社後、しばらくは仕事をしなかった。

・テレビ朝日で初めて仕事をした時に日本テレビとのカンペの書き方の違いに戸惑った。

・避妊具の箱を手に微笑む画像が写真週刊誌に掲載された問題で担当番組を降板(=09年)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在