塚地武雅

塚地武雅

関連項目:芸能人目次 芸人 1971年誕生

関連項目:ドランクドラゴン


■塚地武雅(つかじ むが)

 

□肩書き

 芸人 タレント 俳優 

 

□所属コンビ

 ドランクドラゴン

 

□本名

 塚地武雅

 

□生年

 1971(昭和46)11.25(射手座/A型)

 

□出身地

 大阪府阪南市

 

□出身校

 大阪府立佐野高校

 桃山学院大学経済学部卒業

 

□略歴(満年齢)

 96年(25歳)ドランクドラゴンを結成。 

 06年(35歳)映画「間宮兄弟」に主演。

 15年(44歳)NHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「ライクドロシー」

  映画 「キサラギ」「くろねこルーシー」「ソロモンの偽証」

  ドラマ「裸の大将」「ハンチョウ」「平清盛」 

  テレビ「エンタの神様」「ドラゴン&ボールアワー」「内村プロデュース」

  ラジオ「ドランクドラゴンのドラゴンアワー」「オールナイトニッポン」

  CM    「東洋水産 赤いきつねと緑のたぬき」「アサヒ飲料 ワンダモーニングショット」

 

□趣味

 ヒーローフィギュア収集 サバイバルゲーム スキー

 

□特技

 剣道

 

□サイズ

 168㎝ B113W105H109 靴のサイズ27㎝


■塚地武雅


□幼少時代〜

・父親は大手製鉄所のサラリーマン。

・父方の祖父は左官屋。

・長男。弟がいる。

・父親に礼儀に関して厳しく育てられた。

・小学校時代、同級生に時々テレビに出るちびっ子漫才師がいて、

 お笑いの技を盗む為に自分から近付いて仲良くなった。

・小学校時代、将来漫画家になりたいと思っていた。

・中学〜高校時代、剣道部。

 お笑い好きの先輩に弟子入りしてお笑いの芸を伝授して貰った。

 体育館の壇上で先輩の出すお題で大喜利をやらされた。

・中学〜高校時代、硬派を気取って女の子と話さなかった。

・高校時代、全教科の先生のモノマネをしていた。他のクラスから見学が来る人気だった。

・高校時代、好きな女の子に告白して「塚地くんはみんなの塚地くんだから」と断られた。

・18歳の時、女性と初交際。

・一浪して大学に入学。

・大学時代、テニスとスキーのサークルに入っていた。

 茶髪にしてチャラチャラしていた。それなりに女の子にモテた。

・大学時代、花見で酔った勢いで登った桜の木から落ちて両手を骨折した。

■塚地武雅

 

□私生活

・好物…味が濃いもの。

・自炊すると量をたくさん作ってしまう。

・寝る直前にたくさん食べる。

・酒が好き。好きな酒はビール。酔うと語る。酔って記憶がなくなる事がよくある。

・1日100本のヘビースモーカー(=12.08現在)。

 貧乏な頃は公園でシケモクを拾って吸っていた。

 副流煙で鈴木の肺が真っ黒になった。

・健康法…キックボクシング。スポーツジム。

・テレビ「はねるのトびら」の坂道ゲームの着地で左足頸骨を骨折(=08年)。

 ボルト9本で骨を固定する手術を受けた。

・デビュー当時に比べて約30㎏体重が増えた(デビュー当時の体重は約60㎏)。

・寝ている途中に睡眠時無呼吸症候群でよく目が覚める。

・はっきりとした寝言を言う。

・K-POPが大好き。一番好きなのは少女時代。DVD・CDを多数所有。

 ケーブルテレビで韓国のテレビを見る。

・好きな映画…カンフー映画。「男はつらいよ」シリーズ。「トラック野郎」シリーズ。

・好きな俳優…ジャッキー・チェン。

・「少年ジャンプ」を愛読。

・子供の頃から「仮面ライダー」の大ファン。全シリーズを見ている。

 仕事がない時は番組をリアルタイムで見る。「仮面ライダーアマゾン」が大好き。

 フィギュアを収集。大人用の変身ベルトを持っている。

・「ドラクエ」が好き。徹夜して並んで買った。ゲーム中の会話を全てメモする。

・見栄を張ってLサイズの服を買ってしまう。

・恵比寿に住んでいた。

・天然。

   ふたつの事を同時にやるとどっちがどっちか判らなくなる。

 鈴木を「塚地」と呼んでしまった事がある。

 ドーランと間違えてヘアワックスを塗ってしまった事がある。

・サバイバルゲームを鈴木と一緒にやる。

・カラオケの十八番…Mr.Children。

・人見知り。普段はあまり話さない。

・父親は胃がんで他界(享年73=15年)。

・コントで女装すると父親から「そんな風に育てたつもりはない」と怒られた。

・好きなタイプ…きれいな女性。よく笑ってくれる女性。

・実はナルシストで合コンでは2枚目を気取るらしい。

・結婚したら亭主関白になりたい。

・彼女いない歴10年以上(=18.02現在)。※キャラ設定?


■塚地武雅

 

□人間関係

・佐々木蔵之介…映画「間宮兄弟」で兄弟役で共演。ドラマ「ハンチョウ」で共演。

 よくふたりで飲みに行く。

・高橋健一(キングオブコメディ)…友人。ももクロ仲間。

 11年のクリスマスライブ前後3日間を一緒に過ごした。

・中村俊介…友人。飲み友達。

・渡部建…友人。事務所の先輩(年齢は渡部が1歳年下)。

 よくプライベートで渡部にむちゃぶりされる。

・小栗旬、香川照之、小出恵介、ユースケ・サンタマリア…友人。

 2週間に1回のペースで食事会をして近況報告する(会の名前は「牛の肛門会」)。

・北川景子…友人。よく塚地に子供っぽいちょっかいを出す。映画「間宮兄弟」で共演。

・長州小力、及川奈央、佐藤江梨子、森下千里、安めぐみ

 …芸能人カレー部の仲間(森下が発足)。森下は塚地のファン。

・日村勇紀(バナナマン)、水川あさみ…友人。

・加藤夏希…カラオケ仲間。

・三津谷葉子…テレビ「笑いの金メダル」の企画でカップル成立。

・鈴木拓…ドランクドラゴンの相方。

 スクールJCA(人力舎の養成所)の同期生(第5期生)。

・長塚智広(競輪選手)、さくら…塚地のファン。

・ダウンタウン、貫地谷しほり…憧れている芸能人。

 ダウンタウンのラジオ番組に投稿が採用された時に貰った小さなバッグは宝物。

・ももいろクローバーZ…大好きなアイドル。オジリナルグッズを多数所有。

 応援グッズを自作する。

 普通に一般席のチケットを取ってライブに行く。箱推し(メンバー全員のファン)。

・浅香唯…浅香の大ファンでファンクラブに入っていた(高校時代)。

 雑誌だけでなく新聞のラテ欄に「浅香唯」の名前があるとスクラップしていた。

・新井恵理那…フリーアナウンサー。本気で憧れている芸能人。

 ※「明石家さんまのずっとあなたが好きだった!」で告白(=13年4月4日放送分)

■塚地武雅

 

□エピソードなど

・大学卒業後、仏壇屋に就職したがお笑い芸人への夢が捨て切れず半年で辞めた。

 仕事中に思いついたネタ帳が2冊になった。

・上京資金を貯める為に半年間アルバイトをした。

 関西新空港でカート清掃、缶詰め工場の不良品チェック、墓石を数える仕事などをした。

・お笑い芸人を目指す事を両親に大反対され、勘当同然で上京した。

   上京するまでの間に両親から嫌がらせをされた。

 売れた後はとても応援してくれるようになった。

・お笑い芸人としてのスタートが24歳と遅かったので、「売れる為に何か変った事を

   やらなくては」「関西と関東のコンビは希少価値があるのでは?」

 と思ってあえて吉本や松竹に入らず、相方を探す為に上京した。

・ツッコミ志望だったが養成所の同期にいいボケがいなかったのでボケに廻った。

・「同じパターンの繰り返しがあり、濁点と『ン』が付く名前が売れる」と聞いて

 その要素を全部入れて「ドランクドラゴン」というコンビ名を考えた。

・最初の相方は鈴木ではなかった(その頃からコンビ名はドランクドラゴン)。

・当初は鈴木がミスすると怒って注意していたが次も同じ所をミスするので、

 子供か孫を諭すようにしたらミスが減った。

・三波伸介に顔が似ているとよく言われる。

・毎年年末に本気で解散を考える。

・映画「間宮兄弟」で数々の映画賞を受賞。

・ドラマ「裸の大将」に2代目山下清役で出演(=07年)。

・将来の夢…映画監督。

凡例:17.01現在=2017年1月現在

関連項目:芸能人目次 芸人 1971年誕生

関連項目:ドランクドラゴン