堂珍嘉邦

堂珍嘉邦


■堂珍嘉邦(どうちん よしくに)

 

□肩書き

 歌手 俳優 

 

□所属

 CHEMISTRY

 

□本名

 堂珍嘉邦

 

□生年

 1978(昭和53)11.17(蠍座/O型)

 

□出身地

 広島県安芸高田市

 

□出身校

 広島県新庄高校

 

□略歴(満年齢)

 01年(23歳)CHEMISTRYとして「PIECES OF A DREAM」でデビュー。

 12年(34歳)「Shout/hummingbird」でソロデビュー。

   14年(36歳)映画「醒めながら見る夢」主演。

 ※CHEMISTRYの他の主なシングル:

  「Point of No Return」「You Go Your Way」「アシタヘカエル」

 ※他の主な出演:

  舞台「醒めながら見る夢」

 

□趣味

 テレビゲーム DVD観賞 けん玉 プロ野球観戦 

 

□サイズ

 174㎝

 

□特記事項

・妻は堂珍敦子(森田敦子)


■堂珍嘉邦


□幼少時代〜

・実家は兼業農家(米を作っていた)。

・父親は水産業に従事していた。

・姉と妹がいる。

・目立ちたがり屋の恥ずかしがり屋だった。

・中学時代からトラクターに乗って家業の手伝いをした。

・中学・高校は私立の進学校。

・中学〜高校時代、バスケットボール部。マンガ「スラムダンク」の影響ではじめた。

・中学時代、家で毎日歌っていた。

・高校時代、アメリカにホームステイ。ステイ先で初めて人前で歌った。

・高校時代、歌がうまい先輩に憧れてバンドに入りコーラスを担当。

・高校時代に野球のテレビゲームにハマって野球好きになった。

・修学旅行のバスでカラオケのマイクを独占した。

■堂珍嘉邦

 

□私生活

・好物…肉。霜降りステーキ。煮卵。カラスミ。

・酒が好き。たくさん飲む。すぐに酔いたいのでテキーラを飲む。

 酔うと明るくなってよく喋るようになる。酔って外で寝た事がある。

・風邪をひきやすい。

・胃腸が弱い。

・二重を一重にする事ができる。

・カーテンを閉めずに寝て太陽の光で起きる。目覚まし時計を使わないので遅刻が多い。

・片付けが苦手。服を脱ぎっぱなしにする。

・高所恐怖症。

・ジェットコースターが苦手。

・好きなマンガ…「ジョジョの奇妙な冒険」。

・テレビゲームが大好き。東京ゲームショーに行った事がある。

・ボクサータイプのトランクスを愛用。

・出無精。

・いきつけ…居酒屋「養老乃瀧」。

・デパ地下が好き。

・不健康に見えないように時々日焼けサロンで体を灼く。

・広島カープの大ファン。

・海外では現地の食事にチャレンジ。

・ハワイ・マウナケアを登山中に高山病にかかった事がある。

・ハワイでスカイダイビングをやった事がある。

・人から「天然系」ととよく言われる。

・飽きっぽい性格。

 女性と一緒にいるとひとりになりたくなるが、ひとりでいると寂しくなる。

・デートプランを考えるのが苦手。


■堂珍嘉邦

 

□人間関係

・川畑要…CHEMISTRYのパートナー。私生活でも仲が良い。

 一緒に食事、カラオケに行く。カラオケで尾崎豊をハモる。

 別の場所で偶然同じモノを食べている事がよくある。

・クリスタル・ケイ…ユニット・Crystal Kay×CHEMISTRYを結成して

 シングル「Two As One」をリリース(=05年)。

・松尾潔…プロデューサー。

・堂本光一…以前同じマンションに住んでいた。

・ケイコ・リー…1stアルバム「The Way We Are」でコラボレーション。

・清原和博…同じマンションに住んでいた。

 台風の時にマンションのエントランスで妻が転倒して頭を打って意識朦朧の状態になり、

 清原が自分のクルマで病院に運んでくれた(=04年)。

・堂珍敦子(森田敦子)…モデル。04.06.01入籍。

・子供:

 長男…04.12.11誕生。

 次男…07.11.17誕生。

 三男…09.05.01誕生。

 長女…09.05.01誕生。

 第5子…14.02誕生(日付不詳)。

 ※三男と長女は双子

■堂珍嘉邦

 

□CHEMISTRYのエピソードなど

・「ASAYAN」のオーディションで最終選考に残った4人が3パターンのデュオを組み、

 その中から堂珍と川畑が選ばれた。

・結成当初は毎晩一緒に飲んでいた。

・デビュー曲「PIECES OF A DREAM」はミリオンヒット。

・1stアルバム「The Way We  Are」は300万枚のヒット。

・アルバム「Second to None」は200万枚のヒット。

・ラジオ「オールナイトニッポン」のパーソナリティー(=01年)。

・紅白歌合戦の瞬間最高視聴率をマーク(=01年)。

・歌うのが大好き。くちパクでOKのプロモビデオ撮影で実際に歌う。

・ユニット・Voices of KOREA/JAPANでシングル「Let's Get Together Now」をリリース。

 W杯コリアジャパン大会の公式ソング。

 ソウルで開催された開幕式で7万人の観客の前で歌った。

・「テクニックの堂珍、エモーショナルな川畑」と言われている。

・上海スタジアムで開催された海賊盤反対を訴えるチャリティーライブに日本代表として参加

 (中国での初ライブ=03年)。

・初のフォトエッセイ集「女子こそすべて。」を上梓(マガジンハウス=05年)。

・アニメ映画「オープン・シーズン」日本語吹替版に声優として出演(=06年)。

・CHEMISTRYの活動を休止(=12年〜17年)。

■堂珍嘉邦

 

□エピソードなど

・実家の農業を手伝っていた。

 運搬機、コンバイン、米の乾燥機を運転できる。

・アルバイト歴…コンビニの店員。プールの監視員。

 広島市民球(モギリや警備員、野球好きがこうじてはじめた)。

 キャバクラのウェイター。コンサート会場の設営。

 地元広島のTV局のAD(ドラマ「電太郎一家」を担当、エキストラとして出演)。

・疲労による急性気管支炎で倒れて1週間入院(=01年)。

・昔は人前で歌うのはあまり好きではなかった。

・クルマで雪の高速道路を運転中にスピンした事がある。

・レコーディングで煮詰まると近所を散歩する。

・目覚ましをかけないので遅刻が多い。

 ツアーに遅れそうになったので新幹線を止めた事がある。

・映画「真夏のオリオン」に出演(=09年)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在