唐沢寿明

唐沢寿明


■唐沢寿明(からさわ としあき)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名・旧芸名

 唐沢潔

 

□生年

 1963(昭和38)06.03(双子座/A型)

 

□出身地

 東京都台東区三ノ輪

 

□出身校

 台東区立東泉小学校

 都立蔵前工業高校中退

 

□略歴

 92年(29歳)ドラマ「愛という名のもとに」主演。

 02年(39歳)大河ドラマ「利家とまつ」主演。

 03年(40歳)ドラマ「白い巨塔」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「から騒ぎ」「真夏の夜の夢」「big」

  映画 「おいしい結婚」「高校教師」「ラヂオの時間」

  ドラマ「純ちゃんの応援歌」「ホームワーク」「美味しんぼ」

  テレビ「おしゃれイズム」「火曜サプライズ」「アッコにおまかせ!」

  CM    「ミツカン 味ぽん」「アリナミンV」「アサヒビール 辛口焼酎ハイボール」

 

□趣味

 映画観賞 テレビゲーム カラオケ クルマ ドライブ 

 

□特技

 日本舞踊 ジャズダンス 空手 バック転

 

□資格

 国内A級ライセンス

 

□サイズ

 175㎝

 

□特記事項

・妻は山口智子


■唐沢寿明


□幼少時代〜

・兄と弟がいる。

・下町(三ノ輪)で育った。

・やんちゃな子供だった。

・父親は躾に厳しかった。

 箸の持ち方、食べる時の姿勢、食べる時のマナーなどを躾けられた。

・父親は短気だった。怒るとテーブルをひっくり返してモノを投げ付けた。

 両親がよく激しい夫婦喧嘩をしていた。

・空手を習っていた。

・小学校入学前、ブルース・リーを見て役者に憧れた。

・小学校時代、授業中に自作のマンガ「怪傑コチョマン」を描いた。

・小学校時代、学校でよくイタズラをした。

 授業中に手を挙げる時に真横に手を伸ばした。

 超音波のような音を出して授業のジャマをした。

・小学校時代、周囲を笑わせるのが大好きだった。

 通知表に「落語家になりなさい」と書かれた。

・高2の時、父親とケンカして家出。

・高校を中退して叔母の家に居候した。


■唐沢寿明

 

□私生活

・好物…牛丼。カレーライス。ラーメン。

 坦々麺。葱油拌麺(上海まで食べに行った)。

 もんじゃ(作り方にもうるさい)。味噌鍋。豆腐チゲ。

 ゴーヤチャンプル。餃子。春巻き(妻の得意料理)。焼肉。ステーキ。

   トロ。サンマの塩焼き。納豆。四川料理。辛いもの(大好物)。

・嫌いな食べ物…肉の脂身。甘いもの。

・おいしいものを食べるのが大好き。

・同じものを食べ続けても飽きない。

・若い頃はたくさん食べた。

 焼肉とステーキをハシゴした事がある。

・料理は全然できない(=17.04現在)。

・酒が好き。

・体重を落とす時は赤身の牛肉とブロッコリーを食べ続ける。

・頭が小さい。頭のサイズは実寸は54㎝(レディースでも小さい方)。

・お化け、絶叫マシン、犬が嫌い。

・洗い物、掃除をする。

・除菌にこだわる。ネットで除菌グッズをたくさん買う。

・好きなマンガ…「サーキットの狼」・

・好きな映画…「ニュー・シネマ・パラダイス」。「タイタニック」。

・ブルース・リーが大好き。

・テレビゲームが大好き。

   熱中すると妻に耳元で話しかけられても気付かない。

 やりすぎて左手の親指の関節が外れた事がある(自分で治してやり続けた)。

 好きなテレビゲームは「ストリート・ファイター」。

・別荘がある所…静岡県・伊豆(=04.01現在)。

・いきつけ…

 「うさぎ食堂」(中目黒、拌麺=14.04現在)。

 ステーキハウス「パシモン」(世田谷区駒沢)。

・クルマが大好き。

 愛車はトヨタ2000GT(=18.01現在)。

 アンティークのクルマが好き。

 耐久レース、クラシックのカーレースに出た事がある。

・巨人ファン。

・カラオケの十八番はアニメ「新造人間キャシャーン」の主題歌。

・ゴルフをしない(=13.04現在)。

・人見知りを全然しない。

・ひとりで過ごすのが嫌い。

・メールに絵文字を使わない。

・海外旅行で現地の食にこだわる。昼食の後は夕食までホテルで休息する。

 あまり観光をしない。妻と一緒に行くと食事以外は別行動。

・両親と長期間疎遠だった。

 若い頃は親子の情愛を表現するシーンを演じるのが苦手だった。

 結婚した時に16年ぶりに実家に帰って父親に会った。

・好きなタイプ…丸顔の女性。

・外国人女性モデルと交際した事がある。

・夫婦でお互いにあまり干渉しない。

・よく妻と一緒に外食する。

・夫婦でよくスペインに行く。


■唐沢寿明

 

□人間関係

・京本政樹…家族ぐるみのつきあい。よく一緒に食事、カラオケなどに行く。

 3日連続でで遊んだ事がある。

・及川光博、上川隆也、川合俊一、谷原章介、藤木直人、藤原竜也、松岡昌宏、宮迫博之、

 宇多田ヒカル、平愛梨…友人。飲み友達。

 及川が芸能界に疲れて引きこもっていた時に強引に誘って温泉に連れて行った。

 谷原と辛い料理を出す店の情報を交換する。

 宮迫の紹介で若い芸人の友人がたくさんできた。

 平から「殿」と呼ばれる。

・ディエゴ…友人。よく一緒に飲む(多い時は週3回)。

 宮迫の紹介で知り合った。ふたりで旅行に行った事がある。

・真田広之…友人。飲み友達。無名時代に一緒に撮った写真を宝物にしている。

・TAKURO(GLAY)…友人。一緒に温泉に行った事がある。

・小雪…友人。小雪の姉を含めて一緒に食事した事がある。

・伊藤洋介(東京プリン)、中条きよし…友人。

・寺脇康文、岸谷五朗、西村雅彦、京本政樹…毎年5人でチャリティーライブ。

・江口洋介、中野英雄…ドラマ「愛という名のもとに」「白い巨塔」で共演。

・須藤理彩…妹分。飲み友達。舞台で共演。

・三谷幸喜…友人。CM「ネスカフェブレンド」で共演。

・木村拓哉、反町隆史、袴田吉彦、松村邦洋…映画「君を忘れない」で共演。

・長澤まさみ…誕生日、干支、血液型が同じ。 

・水野美紀…CM「コーセー ルシェリ」で共演、

 水野の台詞「チューして」が話題になった(=92年)。

・織田裕二、吉田栄作…売り出しの頃、若手人気俳優としてよく一緒に取材された。

・大竹しのぶ…大竹のアルバム「Compassion」にデュエットで参加、

   大竹のライブにゲスト出演(=01年)。

・榊原郁恵…昔、榊原の大ファンで、ファンクラブに入っていた。コンサートに行った。 

 榊原の衣装デザインコンテストに応募して入賞。

・山田花子…唐沢のファン。ドラマ「イヴ」で共演。

・中島史恵、谷(田村)亮子、松野明美、斉藤慶太…唐沢のファン。

・緒形拳…俳優として尊敬している。エキストラで共演した時にサインを貰った。

・反町隆史、江角マキコ、山口智子、りょう…同じ事務所。

・毒蝮三太夫…小学校・中学校の先輩。

・橋爪貴志子…育ての親。 役者の心得を教えて貰った。俳優・橋爪功の最初の妻。

 舞台「ボーイズレビュー・ステイゴールド」のプロデューサー。

   橋爪のアドバイスで「ポロシャツを着たさわやかな青年」をセルフプロデュースした。

・浅野ゆう子…遊び仲間。浅野に誘われて浅野の所属事務所に移籍。交際を噂された。

・山口智子…95.12.15入籍。ドラマ「純ちゃんの応援歌」で共演。

 宅配便を装った暴漢に山口が襲われた時に山口の家に居合わせていて交際発覚(=92年)。


■唐沢寿明

 

□エピソードなど

・16歳の時、東映アクションクラブに入所。

   テレビや映画のオーディションを何度も受けるが落選続きで売れるまでに8年かかった。

・注目される為にオーディションの履歴書に「ストリッパー」と書いた事がある。

・10代後半の頃、新宿のディスコにいりびたっていた。

 ディスコで知り合った女の子を相手にセックスを初体験。

・10代の時、居候していた叔母の家に帰らずによく24時間新宿で過ごした。

 ディスコが閉店すると深夜喫茶に行き、デパートが開店すると夕方までデパートにいて、

   夜になるとまたディスコに行った。時々女の子の部屋に泊まった。

・10代の頃、男友達の部屋で一緒のベッドで寝ていて襲われそうになった(実はゲイだった)。

・売れない頃、6畳一間風呂なしトイレ共同のアパートに住んでいた。

   銭湯に行くお金がない時は台所の水道で頭を洗っていた。

・元ホリプロの社員にスカウトされて自分で歌詞を書いて歌手デビューを目指すが挫折。

・アルバイト歴…

 コンビニ(セブンイレブン)。ビル清掃。ラーメン屋。結婚式場の裏方(ドライアイス係)。

 仮面ライダーショー。六本木のショーパブのダンサー(1年間)。

・ビルの空き地で仮面ライダーショーをやっていた時に女性が飛び降り自殺を目撃した。

・オーディションに落ちまくった。

・無名時代の出演作品…

 映画「野菊の墓」…友人A。

 映画「大日本帝国」…死体。

 ドラマ「仮面ライダー」…戦闘員。ライダーマン(スーツアクター)。怪人(声の出演)。

 ドラマ「ゴーグルV」…怪人にやられる一般人。

 テレビ「びっくり日本新記録」…「サラリーマン通勤障害レース」(サラリーマン設定)。

・仮面ライダーショーで共演していた友人に誘われて劇団・演劇集団アタックを結成。

 1000円のチケットを自分たちで売って毎回1000人の観客を動員したが、

 脚本を書ける人間がいなくて解散。

・エキストラで目立つ演技をしてよく監督に怒られた。

・メジャーデビュー直前、六本木のショーパブでダンサーとして働いていた。

 36万円の給料は全て自分への投資に使っていた。

 身体作りの為にラーメンをやめて定食にしてスポーツジムで毎日トレーニングした。

・25歳の時にドラマ「純ちゃんの応援歌」で高校球児を演じた。

・既に決まっていた役を粘って横取りして舞台「ボーイズレビュー・ステイゴールド」に主演。

・「笑っていいとも!」に出演していたのを見たプロデューサーにスカウトされて

 ドラマ「愛という名のもとに」に出演。

・事務所のスタッフに勝手に芸名を付けられた。

・芸名を唐沢寿明に変えた時に年齢を2歳若くサバを読んだ。

・エッセイ集「ふたり」を上梓(幻冬舎=96年)。

・不良少年時代のエピソードが高校の教材「現代社会」の副読本に採用された。

・映画「トイ・ストーリー2」日本語吹替版に声優として出演(=00年)。

・発起人を務める東日本大震災チャリティーラリーイベントに妻と一緒に参加(=19年)。

 復興支援を目的に宮城県の被災地を2日間クラシックカーで巡るイベント、

 妻と一緒に愛車・ポルシェで参加(結婚会見以来24年ぶりの国内でのツーショット)。

凡例:19.01現在=2019年1月現在