哀川翔

哀川翔


■哀川翔(あいかわ しょう)

 

□肩書き

 俳優 

 

□所属グループ

 一世風靡セピア

 

□別名

 あいかわ翔

 

□生年

 1961(昭和36)05.24(双子座/AB型)

 

□出身地

 鹿児島県鹿屋市

 

□出身校

 鹿屋市立第一鹿屋中学校

 鹿児島県立高山高校

 東京工学院専門学校

 

□略歴(満年齢)

 84年(23歳)一世風靡セピアとして「前略、道の上より」で歌手デビュー。

 88年(29歳)ドラマ「とんぼ」出演。

 04年(43歳)映画「ゼブラーマン」主演。

 ※他の主な出演:

  映画 「獅子王たちの夏」「極道の妻たち」「ネオチンピラ鉄砲玉ぴゅ〜」

  ドラマ「琉球の風」「しゃぼん玉」「つばさ」

  テレビ「徹子の部屋」「ダウンタウンDX」「みなさんのおかげでした」

  CM    「日産自動車 オッティ」「サントリー 黒烏龍茶」「KDDI」

 

□趣味

 プロレス観戦 陶芸 キャンプ 旅行 

 クルマ バイク 釣り(海釣り) ゴルフ

 

□特技

 トランプ手品 書道3段

 

□資格・免許

 国際C級ライセンス

 

□サイズ

 靴のサイズ26.5㎝

 

□特筆事項

・次女は福地桃子

■哀川翔

 

□幼少時代〜

・父親は海上自衛隊のパイロット。

・3人きょうだいの長男。妹と弟がいる。

・5歳の時、父親が訓練飛行中に空中衝突で事故死。

・6歳の頃、母親の実家の鹿児島に引っ越した。

・母親に「人を傷つけるな」「嘘をつくな」「人の物を盗むな」と躾けられて育った。

 ※自分の子供も同じように躾けている

・習いごと…書道。

・飼っていたワニが大きくなり過ぎて近所の川に放した(発見されて新聞に載った)。

・子供の頃、仮面ライダーカードを集めていた。

・小学校低学年の頃、鹿児島弁がよく判らなかったので殆ど喋らなかった。

・小学校の入学式で目が合った同級生と体育倉庫でケンカした。

・小学校時代、納得が行かないととことん質問して先生を困らせた。

・小学校時代、走るのが速かった。

・小学校時代、自己流でバック転やバック宙をマスターした。

・小学校時代、成績はトップクラス。

・小学校時代、ガキ大将だった。

 よくケンカをした。クラス全員を敵に回してケンカした事があった。

・小学校時代、鉄棒の大車輪で手が滑って自転車に顔から激突して大流血した。

・中学入学時の身長は140㎝そこそこだった。

・中学時代、柔道部。

・中学時代、動物をたくさん飼っていた。

 犬、猫、ハムスター、インコ、文鳥、鳩、カラス、スズメ、コウモリ、

 ヘビ、カメレオンなど。

 怪我をしているカラスやスズメを拾ってきて元気になったら放してあげた。

・中学時代、上から目線で口説いて何度もフラれた。

・高校時代、器械体操部と陸上部。

   高2の時に器械体操の跳馬で県大会3位。100mのベストタイムは11秒6。

・高校時代、天然パーマと偽ってパーマをかけていた。

・高校時代、バイクで学校に通った。

・高校時代、実家は友人のたまり場だった。

・高校の修学旅行で他校の生徒と2回ケンカした。

・高2の時、先輩に地元のヤクザに紹介されて大晦日にしめ縄を売らされた。

・体育教師を志して日本体育大学に進学するつもりだったが入学願書を出し忘れた。

・専門学校時代、フリーライターのアルバイト。

 月刊誌の10頁程度をまかされて企画段階から参加。

 イベントを企画して、人集め、カメラマンの手配、取材、原稿執筆を担当。


■哀川翔

 

□私生活①

・好物…寿司(自宅に板前を呼んで握って貰う)。スッポン雑炊。ラーメン。

 つけめん(毎年誕生日に船橋「やぶれかぶれ」に自宅出張して貰う)。

 ちゃんぽん。明太子スパゲティ。たこ焼き。

 とりだんご鍋。ジンギスカン。水餃子。串焼き。レバ刺し。コロッケ。

 アジのたたき。焼鮭(ほぼ毎朝食べる、自分で焼く)。手長エビのグリル。

 サザエの壷焼き。さつまあげ。ちくわの磯辺あげ。ひじき。

 チーズ入りたい焼き。煎餅。まよねーずおかき。天茶。

・嫌いな食べ物…クリームシチュー。ユッケ。あん肝。

 納豆(匂いがダメ、子供の頃は見た事もなかった)。パクチー。牛乳。

・得意料理…豚丼。焼きそば。たこ焼き。餃子(シュウマイの皮で500個作る)。

・若い頃は肉が大好きで1000グラムのステーキを食べた事がある。

・食べるスピードが遅い。

・朝食を自分で作る。

・酒が好き。17:00から飲む。

 好きな酒は生ビール、焼酎、コーヒー焼酎。

 自宅にビールサーバーがある。

 24歳までは酒が飲めなかったが飲み始めて1年で強くなった。

 24歳から約10年間は毎晩六本木で飲んでいた。

   男同士で飲むとプロレスごっこをやる。

・過労で倒れて心臓が20分停止して死にかけた(一時意識不明になった=95年)。

・35歳頃から早寝早起きになった。

 早い時は20:00就寝、4:00〜5:00に起きる。

 22:00〜2:00のゴールデンタイムに睡眠を取る事をこころがけている。

 寝付きがとても良い(寝床に入って5秒で寝られる)。

 ※著書「早起きは「3億」の徳」を出版(=09年)

・「寝る」と決めた日はあらかじめ家族にスケジュールを言っておいて1日中寝る。

・トイレには全裸で入る。

・自宅にサウナがある。

・自宅のバルコニーに信楽焼の露天風呂がある。

・バカボンのパパの着ぐるみを持っている。

・モノが捨てられない性分。

・各社の生命保険に詳しい。

・サングラスが好き。約100個所有。

・オーダーメイドのスーツを愛用。値段は2着で50〜60万円。

 自宅に仕立屋を呼んで生地から選んで作る。スーツが普段着。

・ペット…

 ザリガニ、メダカ(=15.05現在)。

 スッポン、カメ(=12.02現在)。

 ドジョウ、フナ(多摩川で手づかみで獲る=10.04現在)。

 カブトムシ(自宅と茨城県にある養殖場で毎年5000匹を孵化=16.10現在)。

・昆虫が大好き。

 カブトムシ産卵&飼育セットをプロデュース。

 丸瀬布昆虫生態館(北海道)の飼育員をやっている(=12.08現在)。

・ワンルームマンションでセントバーナードを2匹飼っていた事がある。

・ザリガニに詳しい。ザリガニに関する本、DVDを所有。

・熱帯魚が好き。自室に水槽が30個ある(=12.02現在)。

・上京して初めて一人暮らしをした家はボロボロの一軒家だった。

 一部屋に布団を敷き詰めてプロレスをやる部屋にしていた。

・クリスマスに自宅の庭にある大きな木を装飾する。


■哀川翔

 

□私生活②

・いきつけ…

 居酒屋「正ちゃん」(浅草、牛スジ煮込み=18.09現在)。

   ステーキ「Fiesta del amigo」(尾山台=17.09現在)。

   「洋食ぱいち」(浅草、家族でよく行く、ビーフシチュー=15.09現在)。

 「ステーキダイニング パシモン」(田園調布=15.04現在)。

 「寿司清」(浅草)。

 焼肉「新宿ホルモン」(新宿三丁目)。

 鉄板焼き「おしお 囲」(世田谷区、家族で行く)。

 鯨料理「捕鯨船」(浅草)。

 京料理「光仙」(南麻布)。

 「天手古舞」(博多)。

 中華「華都飯店」(横浜中華街)。

 中華「昇玉」(小田原)。

 カットサロン「バルビエーレ・ベルヴァ」(原宿、20年通っている)。

 大田市場(海鮮問屋、青果市場、フラワーショップ=15.04現在)。

・3回忘れ物をした時は出かけるのをやめる(縁起かつぎ)。

・絶叫マシンが大好き。

・動物園や水族館が大好き。

・早朝に多摩川で魚を捕る。

・釣りが大好き。家族と一緒に三浦半島で海釣りをする。釣った魚を自分でさばく。

 121㎏のカジキマグロを釣った事がある。

 ロケの合間に時間があくと釣りをする(道具一式をいつもクルマに積んである)。

・ゴルフが大好き。毎朝素振りをする。早朝から打ちっぱなしに行く。

 ベストスコアは79(=16.03現在)。

・6人乗りキャデラックを子供達に「狭い」と言われたのでバスのようなバンを購入。

・最初のギャラで買った67年式フェアレディ2000を今も所有(=04.10現在)。

・世界ラリー選手権(ラリージャパン)でクラス優勝(=08年)。

 そのクラスに出場していたのは哀川だけだったので完走すれば優勝だったらしい。

 パイクスピーク・ヒルクライムで5位入賞(=09年)。

 スピンや横転が怖いのでレース中に極力ブレーキを踏まない。

・20人を相手にケンカをしてボコボコに殴られて鼻を骨折した事がある。

・車掌室に立てこもって新幹線を止めた犯人を捕まえるのに協力した事がある。

・オヤジ狩りをする若者を逆に狩ろうと計画した事がある。

・街中で堂々とタバコを吸っている少年がいると「隠れて吸え」と説教する。

・若い頃は短気だったが、30歳を過ぎた頃から滅多に怒らなくなった。

・おしゃべりが大好き。自分のまわりでたくさんの人がワイワイやっているのが好き。

・毎年大人数でキャンプに行く。※06年の参加人数は47人

・ホームパーティーが好き。多い時は30人呼ぶ。

・毎年静岡県で100人でキャンプをやる。

 50人が入れるブースを2つ特注で作った。

 花火師を呼んで花火を700発打ち上げる。

・自分の子供2人は産婆さんに来て貰って自宅で出産。へその緒を自分で切った。

 最初の子は頭が少しだけ出た状態で30分が経過する難産だった。

・子供を厳しく躾けた。

 トイレットペーパーを使い切って補充しなかったら半殺し。

 ゴミをまたいだら半殺し(気付いた瞬間に片付けないといけない)。

 呼びかけに答えないと椅子を投げつけた。

 おもちゃを出しっ放しにしていると無言で捨てた。

 食べ物の好き嫌いは1つまで。

 子供と一緒に買い食いをした友達を呼びつけて説教した。

・子供の学校行事にしっかり参加する。

・結婚当初は夏に長期休暇を取って子供が「もういい」と言う程に海に連れて行った。

・数家族合同でキャンプをする(総勢100名以上)。

・孫に「ジェイジェイ」と呼ばせる。

・妻の誕生日会を毎年盛大に開催する。

・休日に午前中から妻と一緒に買物に行く。

・よく夫婦喧嘩をする。

 スパゲティを妻の顔に投げ付けてテーブルをひっくり返してイスを投げた事がある

 (イスが壁に芸術的に突き刺さってびっくりした)。

 六本木の店で妻にグラスで顔面を殴られて大流血した事がある。

 妻はグーで顔面を殴ってくる。

 妻に殴られて頭に血が上ってクルマのフロントガラスを頭突きで割った事がある。

 夫婦喧嘩は翌日に持ち越さない。

・夫婦でお互いに干渉しない。

・妻が仕事現場について来る。

■哀川翔

 

□人間関係

・RIKACO…家族ぐるみのつきあい。子供同士も仲良し。家が隣(=12.03現在)。

 行き来しやすいように段差部分にハシゴを付けた。

・内村光良…友人。自宅に遊びに来た事がある。

・木村一八…友人。飲み友達。弟分。

・SHOGO(175R)…友人。よく一緒に飲む。

・玉置浩二…友人。よくよく自宅に遊びに来る。毎朝メールが来る。

・所ジョージ…友人。自宅に遊びに来た事がある。

・野村祐人…友人。飲み友達。

・東山紀之…友人。飲み友達。若い頃からの仲。

・ヒロミ…友人。遊び仲間。

 レーシングチームの仲間(哀川が監督、ヒロミはドライバー)。

・金山一彦、的場浩司、武蔵丸光洋…友人。

・高橋伴明&高橋恵子…仲人。高橋伴明は「ネオチンピラ鉄砲玉ぴゅ〜」の監督。

・松岡俊介&YOU…子供が同じ小学校。運動会で松岡とペアを組んで2人3脚に出場。

・恵俊彰…子供が同じ小学校(同じクラス)。

・渡辺徹&榊原郁恵、太田裕美…子供が同じ小学校。

・徳永英明、薬丸裕英、松居直美…子供が同じ幼稚園。

・麻木久仁子…近所に住んでいる。

・小木茂光、風見しんご、勝俣州和、武野功男、中野英雄、野々村真、柳葉敏郎

 …元一世風靡。年に1〜2回集まって飲む。

 柳葉とは犬猿の仲の噂があるが本当は仲が良い。

 一世風靡時代に些細な事で何度も柳葉とケンカをした(毎回中野英雄が泣きながら仲裁)。

 中野英雄と初めて会った時にケンカして(1発KOした)仲良くなった。

 勝俣にプロレス技をかけて泣かせた事や落とした事が何度もある。

 風見と野々村がテレビに出始めた時に交替で付き人をやった(哀川も何度かやった)。

・つるの剛士…つるのが主催する釣り大会に毎年参加する。

・羽賀研二…元一世風靡。

・長渕剛…同郷の先輩。長渕本人に口説かれてドラマ「とんぼ」で共演。

 ドラマ「とんぼ」で長渕に殴られるシーンは半分程度は実際に当っていた。

・藤原紀香…哀川の初監督映画「BUD GUY BEACH」に出演。

・山本寛斎…山本プロデュースのスーパーショーに出演(=04年)。

・aiko…都内でお互いのクルマが軽く接触する交通事故(=09年)。

・竹内力…ビデオ映画界のライバル的存在。

 映画「DEAD OR ALIVE犯罪者」で共演(=99年)。

・国生さゆり…中学の後輩(哀川の弟と同じクラス)。

・有吉弘行、本郷奏多、山口智充、清水ミチコ…哀川のモノマネをする。

・カブトムシむかり…哀川がプロデュースしたカブトムシ産卵&飼育セットを愛用。

・宮藤官九郎…哀川のファン。

 宮藤が脚本を担当したドラマ「木更津キャッツアイ」に哀川が本人役で出演。

・SHEILA…哀川の大ファン。哀川と夫婦役で共演するのが夢。

・菅山かおる…哀川の大ファン。寮の部屋に哀川のポスターをたくさん貼っていた。

・安めぐみ…哀川の大ファン。

・阿部サダヲ、田中聖(KAT-TUN)、速水もこみち、山下智久、ユウキロック、

 相武紗季、綾戸智絵、西川史子、箕輪はるか(ハリセンボン)、MEGUMI…哀川のファン。

・ジョン・トラボルタ…自分で勝手にライバルだと思っている。

・原口幹朗…小学校の同級生。

 ※「誰だって波瀾爆笑」に出演(=10年12月26日放送分)

・かたせ梨乃…交際を噂された。

・青地公美…元女優。95.03入籍、95.11.20挙式。2歳年上。事務所社長。

 六本木の飲み屋でナンパして知り合った。一目惚れして強引に口説いてすぐに同棲した。

・子供:

 長女…MINAMI。歌手。31歳(=15.08現在)。※妻の連れ子

 長男…31歳(=17.10現在)。芸能事務所のマネージャー(=10.04現在)。※妻の連れ子

 次男…27歳(=17.10現在)。アメリカで映画の勉強中(=10.04現在)。※妻の連れ子

 三男…96.08.13誕生。自宅のリビングで出産。

 次女…福地桃子。97.10.26誕生。タレント。自宅のリビングで出産。

 ※孫が3人いる(いずれも長男の子供=17.10現在)


■哀川翔

 

□エピソードなど①

・フリーライターとして雑誌「ポップティーン」で働いていた。

 連日原宿で100人アンケートを取っていた。収入は30〜40万円。

・フリーライター時代に取材をしたのがきっかけで一世風靡のメンバーと知り合った。

・一世風靡の一員としてホコ天で歌、踊り、コントなどのパフォーマンスを披露。

 最初は数人だった観客が口コミでどんどん増えて最後には5000人になった。

・一世風靡は音楽番組にはほとんど出演しなかった。

・一世風靡セピアとしてフジテレビ「夜のヒットスタジオ」に初出演した時、

 特別に番組恒例のオープニングヒットメドレーに参加しなかった(=84年)。

・「夜のヒットスタジオ」の郷ひろみ特集コーナーで

 郷の前で前宙をして郷の最後のキメの邪魔をした(=84年8月20日放送分)。

・一世風靡セピア時代、打ち上げ会場まで暴走族のクルマに乗せて貰った。

 歩くのが面倒だったのでたまたま通りかかったクルマを止めた。

・シングル「青の情景」でソロデビュー(自ら作詞作曲=86年)。

・一世風靡時代、ニューヨークのアポロシアターに出演(=87年)。

・一世風靡解散の発案者は柳葉だった(89年解散)。

・'85新春オールスター大運動会の200m走で優勝後、

 疲労で倒れて救急車で運ばれて3日間入院した。

・タイガーマスクに対抗して真剣にマスクマンのプロレスラーになりたいと思った事がある。

・24歳の時、ショーズマシーン設立して社長に就任。

 アイディア商品開発、レコード制作、絵本制作、店の経営などをてがけていた。

 34歳の頃、経理を任せていた人間の不正で2500万円の借金があった事が発覚して廃業。

・処女小説「寓話」はわかりやすい小説として評判だった。

 書店の「小説を初めて読む人のコーナー」に積まれていた。

・映画「BUD GUY BEACH」を監督・主演(=95年)。

・ビデオ映画に多数主演。

 「レンタルビデオの帝王」「Vシネマの帝王」と呼ばれた。

 映画「修羅がゆく」シリーズは回転数100回以上。

 数多くのレンタルビデオ店が哀川翔コーナーを設けている。

 全盛期は月1本のペースでVシネマに主演(毎年2ヵ月休みを取るので年間10本ペース)。

・1年間で22本の映画に出演(=98年)。


■哀川翔

 

□エピソードなど②

・主演作品数100本を達成(=03年)。

・Vシネマの撮影日数は通常1本2〜3週間。食事をする暇もない忙しさの時がある。

 撮影中は飲みに行く時間がないので打ち上げで異常に盛り上がる。

・主演100本記念作品の映画「ゼブラーマン」で激しいワイヤーアクションに挑戦。

・映画「ゼブラーマン」は初めて全国公開された主演作品。

・台詞覚えが苦手。台詞は原稿用紙に書いて覚える。

 自らのブランドの原稿用紙を愛用。

・自分が出演した作品の映画の台本はだいたい全部保存してある。

・自宅を「ディスカバ!99」で公開(=04年2月11日放送分)。

・コメディ映画「東京ゾンビ」でハゲづらに挑戦(=05年)。

・舞台「座頭市」に主演(初舞台、初座長=07年)。

 激しい稽古で3㎏体重が落ちた。

・「よい夫婦の日 ナイス・カップル大賞」を受賞(=09年)。

・長女・多賀みなみがデュオ・cossamiとして歌手デビュー(=09年)。

・アーティスト名・昆虫探偵ヨシダヨシミでシングル「生きていることがいい」をリリース

 (主演映画「昆虫探偵ヨシダヨシミ」の主題歌=10年、23年ぶりのシングル)。

・次女・桃子が「メレンゲの気持ち」にゲスト出演(=10年4月10日放送分)。

・田川市観光文化大使、喜多方老麺大使、鹿児島お茶大使、かのやばら大使を務めた。

・基本的に仕事のオファーを断らない(来た順に引き受ける)。

・オリジナルブランド「SAMURAI SHO」をプロデュース

 (ライター、サングラスを発売=09年〜)。

・骨伝導スピーカー付きサングラスをプロデュース(=15年)。

・母・幸子が「ウチくる!?」にVTR出演(=15年4月19日放送分)。

・テレビ「徹子の部屋」で長女・MINAMIと親子共演(=15年10月16日放送分)。

・西口プロレスのメインイベントで長州小力と対戦して勝利(=17年)。

・25年ぶりの新曲「再戦 終わっちゃいねえぜ」をリリース(=18年)。

・哀川語録:

 「トム・クルーズには負けていない」

 「酒飲むと脳の弁が開く感じ」

 「俺には夜がない。昼、昼でダブル太陽よ」

 「うちは家族っていうより、族。族の掟は絶対」

・主な著書:

 小説「寓話」

 自伝「俺、不良品」

 エッセイ集「翔、曰く」「百本締め」

凡例:20.01現在=2020年1月現在