向田邦子

向田邦子


■向田邦子(むこうだ くにこ)

 

□肩書き

 脚本家 小説家

 

□生年

 1929(昭和04)11.28(射手座)

 

□没年

 1981(昭和56)08.22(享年51)航空機墜落事故

 

□出身

 東京都世田谷区若林

 

□出身校

 東京都立目黒高等女学校

 実践女子専門学校国文科卒業(実践女子大学)

 

□略歴(満年齢)

 71年(42歳)ドラマ「時間ですよ」脚本。

 74年(45歳)ドラマ「寺内貫太郎一家」脚本。

 80年(51歳)「花の名前」他で第83回直木賞。

 ※他の主な仕事:

  脚本「だいこんの花」「阿修羅のごとく」「あ・うん」

  著書「父の詫び状」「眠る盃」「思い出トランプ」


■向田邦子

 

□幼少時代〜

・父親は保険会社の支店長。

・毋方の祖父は建具師。

・長女。妹が2人、2歳年下の弟がいる。

・父親は大の読書家だった。

・父親に詩吟をやらされた。

・爪、定規、鉛筆のおしりを噛む癖があった。

 ※爪を噛む癖は大人になった後も治らない

・小学校時代、胸を患って約1年間休学。

・小5の時、夏目漱石「吾輩は猫である」で小説の面白さに目覚めた。

・10歳の頃、父親の転勤で鹿児島に住んでいた(2年間)。

・12歳の頃、父親の転勤で四国・高知に住んでいた(2年間)。

・東京大空襲の時に自宅が燃えかけた。

 火がついた生垣を水に浸けた火叩きで叩きまわって消火した。

・盲腸の手術を受けた。

・人の世話をするのが好きだった。

・理数系の勉強は嫌いだった。

・女学校時代、学級委員。

・学生時代、祖母の家に居候。

・学生時代、父親のワイシャツを仕立て直して着ていた。

・学生時代、母親の着物を使って水着を作って自分で染めた。

・学生時代、上野の図書館でよく勉強した。


■向田邦子

 

□私生活

・好物…鰻重。味醂干し。オムレツ(ソースをかけて食べる)。

 精進揚げ。水羊羹。

・得意料理…若竹椀。沢煮椀。にんにく玉子。

・外食でおいしい料理を食べた時に精神集中して味を記憶、

 ちょっとしたコツを板前に聞いて自分で作ってみる。

・ビールが好き。

・40代半ばの頃に乳がんを患った。

・若い頃は節約の為に自分で洋服を作っていた。

・猫科の動物が大好き。

 動物園に行くとライオン、トラ、チーターばかり見る。

・ペット…猫(牝、名前は伽里伽)。

・住んでいる所…東京・青山(南青山第一マンションズ508号室)。

・杉並に住んでいた(20代の頃)。

・いきつけ…

 日本料理「湖月」(青山、合鴨ロース)。

 洋食「津つ井」(赤坂、もやしサラダ)。

・仕事が忙しい時ほど旅行に行きたくなる。

・電車の旅が好き。

・父親は心不全で他界(享年64=69年)。


■向田邦子

 

□人間関係

・黒柳徹子…友人。よく向田の自宅に遊びに来た。

・和田勉…飼っていた猫が産んだ子猫を和田にあげた。

・太田光…向田のファン。文章を書く時に向田を意識する。

 

□エピソードなど

・23歳から31歳まで日本橋の出版社・雄鶏社に勤務。

 洋画雑誌の編集者として、試写室に通い、来日したスターを取材。

・出版社に在籍しながらドラマやラジオの仕事をやりはじめた。

 昼間は出版社の仕事、夕方から喫茶店「ブリッジ」で原稿を書いた。

・無名の新人ライターグループの一員としてドラマ「ダイヤル110番」のネタ出しをしていた。

・約10年間、ラジオの構成、週刊誌のライター、婦人雑誌の雑文書きなどをしていた。

・副業…小料理屋「ままや」(赤坂、妹と共同で経営)。

・台湾旅行中の飛行機事故で他界。

主要参考媒体:向田邦子「眠る盃」講談社文庫 1982年発行

凡例:20.01現在=2020年1月現在