名越康文

名越康文


■名越康文(なこし やすふみ)

 

□肩書き

 精神科医

 

□生年

 1960(昭和35)06.21(双子座)

 

□出身地

 奈良県大和高田市

 

□出身校

 大和高田市立高田小学校

 私立大坂星光学院

 近畿大学医学部卒業

 

□略歴(満年齢)

 99年(39歳)大阪市東成区にクリニックを開業。

 04年(44歳)テレビ「グータン 自分探しバラエティ」に出演。

 10年(50歳)テレビ「PON!」に出演。

   ※他の主な出演:

  テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」「Mr.サンデー」「Rの法則」

  ラジオ「週刊なこしやすふみ」「大沢悠里のゆうゆうワイド」

 

□趣味

 映画観賞


■名越康文

 

□幼少時代〜

・父親は女性向け洋品店を経営。

・母方は6代続く医者の家系。

・ひとりっ子。

・小学校時代、地元トップの進学校を中学受験する為の勉強を両親に強いられた。

 受験が近付くと大好きだったマンガ、アニメを禁止された。

 こっそりテレビを見た事をテレビの温度で見破られて父親に叩かれた。

・毎日受験勉強だけをしていた時期に「死」の暗闇に落ちて行く夢を1週間続けて見て恐怖を覚えた。

・中1の夏休みに原因不明の40℃の発熱が1ヵ月続いて勉強についていけなくなった。

 それをきっかけに元々悪かった父親との関係が更に悪化、父親を殺す事を何百回も想像した。

・中学時代、「どんくさい」と言われて言葉によるイジメを受けた。

 授業で斎藤茂吉の短歌の感想を先生にホメて貰った事で心が救われて乗り切れた。

・高校時代、スティービー・ワンダーが大好きだった。

・中学〜高校時代、年間500冊マンガを読んだ。

・大学時代、ミュージシャンを志してジャズスクールでボーカルを習った。

・大学時代、インドの新興宗教に2年間のめり込んだ。毎日瞑想をして真っ赤に染めた服で大学に通った。

・大学を2年留年した。

・大学卒業間際に父親がガンで他界。

 

□私生活

・好きな漫画家…水木しげる(子供の頃から好き)。

・仏教に興味関心がある。

・住んでいる所…大阪府大阪市(=00年現在)。