吉田沙保里

吉田沙保里

■吉田沙保里(よしだ さおり)

 

□肩書き

 レスリング選手

 

□本名

 吉田沙保里

 

□生年

 1982(昭和57)10.05(天秤座/O型)

 

□出身地

 三重県

 

□出身校

 一志中学校 

 三重県立久居高校

 中京女子大学健康スポーツ科学科

 

□略歴(満年齢)

 04年(22歳)アテネ五輪金メダル。

 08年(26歳)北京五輪金メダル。

 12年(30歳)ロンドン五輪金メダル。

   16年(34歳)リオ五輪銀メダル。

 ※主な出演:

  テレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」「炎の体育会TV」

  CM    「NTTドコモ」「ALSOK」「toto」

 

□趣味

 カラオケ ゴルフ

 

□サイズ

 156㎝ 55㎏

 

□特記事項

・五輪3連覇(アテネ、北京、ロンドン)

・世界大会16連覇(五輪3連覇、世界選手権13連覇)

・個人戦206連勝

・国民栄誉賞

■吉田沙保里

 

□幼少時代〜

・父親は地方公務員、レスリングの元日本チャンピオン(吉田栄勝)。

 自宅でジュニアレスリング教室を主宰。

・母親はテニス選手(国体出場)。

・兄がふたりいる。

・子供の頃は病弱だった。

 0歳の時に肺炎を患った。

 4歳の時に腸重積で死にかけた。

・母親の膝の上にいるのが大好きな甘えん坊だった。

・ものごころつく前の3歳から父や兄の影響でレスリングをはじめた。

・初出場の少年少女レスリングで男子に負けた事をきっかけに本気になった。

・父親のレスリング指導は厳しかった。

 友達と遊んでいる途中で帰らないといけなかったので何度もやめようと思った。

・父親が自宅を改造して作ってくれた道場でひたすらタックルを練習した。

 道場は全ての練習をするには狭かったがタックル練習には充分だった。

・レスリング以外に陸上を3年、水泳を7年やっていた。

・男の子に憧れて立ったままでおしっこをしてみた事があった。

・小1の時、特別支援学級の子が漏らしたおしっこを雑巾で拭いてあげた。

・小学校の卒業文集に「スーパーのレジ打ちのおばちゃんになりたい」と書いた。

・保母になりたいと思っていた。

・父親が怖かったので反抗期がなかった。

・中1の時、全国大会優勝。

・中3の時、左手首を脱臼骨折した状態で出場した大会で優勝。

・高校時代、手話に熱中していた。

・高校時代、3年間同じクラスだった野球部の男の子に6回告白して6回フラれた。

・大学時代、筋肉をつける為に監督命令でお菓子をやめて食生活を改善した。

・大学時代、教育実習で母校(久居高校)に行った。

■吉田沙保里

 

□私生活

・好物…寿司。焼肉(特にサブトンが好き)。北京ダック。

 フォアグラのソテー。かにみそ。パンケーキ(大好物)。お菓子。甘いもの。

・嫌いな食べ物…ナス。ピーマン。セロリ。おはぎ。辛いもの。

・得意料理…チャーハン。

・食が細い。食べるスピードが遅い。

・油断すると体重が減る体質。

・ぜんそくと診断された(=15年)。

・生命線が4本ある(手相)。

・首筋を触られるのが嫌い。

・腹筋運動が苦手。

・お化けが苦手。

・高所恐怖症。絶叫マシン、ジェットコースターが苦手。

・好きなアーティスト…徳永英明。NEWS。テゴマス。

・好きな歌…くず「すべてが僕の力になる」。

・好きな映画…「チャイルド・プレイ」。

・ペット…

 犬(チワワ、名前はロン=16.06現在)。

 犬(トイプードル、名前はバズ=16.06現在)。

・いきつけ…

 もつ鍋「イマドキ」(西麻布=16.03現在)。

 「石頭楼アネックス」(六本木=16.03現在)。

・値段を見ずに商品をレジに持って行く事がよくある。

・中日ドラゴンズのファン。

・温泉、サウナが大好き。

・カラオケの十八番…Kiroro「未来へ」。アンジェラ・アキ。ELT。軍歌。

・子供が好き。引退後に母校の付属幼稚園で働きたいと思っている。

・父親が運転中にくも膜下出血で他界(享年61=14年)。

・母親が子宮がんを克服した。

・祖母は直腸がんで他界した。

・ふたりの兄は大学の途中でレスリングをやめた。

・甥と姪がレスリングをやっている(=12.11現在)。

・好きなタイプ…優しい男性。面白い男性。

・好きになった男性に自分から積極的にアプローチする。

・男性に甘えたい。

・彼氏とイチャイチャするのが好き。

・下ネタが好き。

・男子レスリング選手と交際した事がある。

■吉田沙保里

 

□人間関係

・登坂絵莉…友人。妹のようにかわいがっている。

 よく一緒に食事やカラオケに行く。恋愛話をする。

・岩間怜那…友人。中京女子大学レスリング部の先輩。

・澤穂希…友人。よく一緒に食事する。よく恋愛相談をする。試合の応援に行った事がある。

・高橋尚子…友人。一緒に食事する。

・三宅宏実…友人。一緒に食事に行く。一緒に温泉旅行に行った(幹事は楽しんご)。

・楽しんご…友人。一緒に食事、カラオケに行く。一緒に温泉旅行に行った。

 マッサージをして貰った事がある。

・伊調千春…アテネ五輪48㎏級銀メダル。中京女子大学レスリング部。

・伊調馨…アテネからロンドンまでともに金メダルを取った。中京女子大学レスリング部。

・浜口京子…アテネ五輪72㎏級銅メダル。

・山本聖子…ライバル。

 全日本選手権とクイーンズカップで山本に勝ってアテネ五輪代表に選ばれた。

 山本に勝つ為にいろいろな作戦を考えた事で強くなった。

・野口みずき…同郷。アテネ五輪中にいろいろな話をした。

・谷亮子…憧れている人。アトランタ五輪の谷を見てオリンピック選手に憧れた。

 アテネ五輪の選手村で初めて会った時に貰ったサインを大会中ベッド脇に置いていた。

・増田貴久(NEWS)…憧れている芸能人。

・山口達也(TOKIO)…好きなタイプ。

・栄和人…担当コーチ。中京女子大学レスリング部監督。私財を投げ打って選手寮を購入。

 ロンドン五輪の勝利パフォーマンスでタックルでダウンさせた。

■吉田沙保里

 

□エピソードなど

・高1の時、全日本のシニア合宿に初参加。

 一番近いコンビニまでクルマで30分の山奥でレスリング漬けの10日間を過ごした。

 朝練でアップダウンの道を1時間半走る練習がとてもキツかった(長距離走はもともと苦手)。

 合宿最終日の9㎞走に全くついて行けなかった。

・世界カデット選手権53㎏級優勝(=98年)。

・世界女子ジュニア選手権56㎏級優勝(=00年)。

・常に攻めて勝つレスリングをするように心がけている。

・もともと小食で減量の必要がなく、試合の時は計量時より体重が落ちている事もある。

・得意技は片足タックル。

・トレーニングでふたりを背負って山道を走る。

・背筋力は約180㎏。

・女子レスリングはアテネ五輪から正式種目に採用された。

・アテネ五輪の日本女子レスリングチームは全4階級でメダルを獲得。

・アテネ五輪で金メダルを取った時にバック転をして栄監督を肩車して走り回った。

・国内に強い選手がたくさんいるので普段のスパーリングに比べればアテネ五輪は楽だった。

・試合が近づくと自然にウェイトが落ちてくる。

・練習にけん玉を取り入れた(バランス感覚を養う練習?)。

・第4回W杯で日本チームの主将を務めた(=04年)。

・世界選手権で対外国人100連勝を達成(=06年)。

・北京五輪の表彰式での涙を「男泣き」と呼ばれた。

・父・栄勝と母・幸代が「2時っチャオ」に出演(=08年11月14日放送分)。

・CM「ALSOK」に様々なユニークな設定で出演(安心戦隊ALSOKなど)。

・母・幸代が「はなまるマーケット」にVTR出演(=11年10月19日放送分)。

・国民栄誉賞を受賞(=12年)。

・ドラマ「東京コールセンター」にゲスト出演(=14年)。

・リオ五輪から55㎏級が消滅する為、エントリーする階級を53㎏級に変更(=14年)。

・世界大会16連覇(五輪3連覇、世界選手権13連覇)。

・「霊長類最強の女性」と呼ばれた。

・リオ五輪日本選手団の主将を務めた。

・リオ五輪決勝で1-4で敗れて五輪4連覇を逃した。

 01年全日本選手権以来15年ぶりの個人戦敗戦。

 02年4月以降の個人戦連勝は206試合でストップ。

 試合直後のインタビューで号泣して金メダルを獲れなかった事を謝罪。

・リオ五輪後に日本代表コーチに就任(選手兼任=16年)。

・至学館大学の副学長に就任(=16年)。

凡例:17.01現在=2017年1月現在