古坂大魔王

古坂大魔王

■古坂大魔王(こさかだいまおう)

 

□肩書き

 芸人 歌手

 

□所属

 底ぬけAIR-LINE(91年〜)

 

□本名

 古坂和仁

 

□生年

 1973(昭和48)07.17 (蟹座/A型)

 

□出身地

 青森県青森市

 

□出身校

 青森市立佃中学校

 青森県立青森東高校

 日本映画大学

 

□略歴

 91年(18歳)底ぬけAIR-LINEを結成(→03年活動休止?)

 16年(43歳)ピコ太郎「PPAP」がヒット。

 ※主な出演:

  テレビ「しゃべくり007」「徹子の部屋」「PON!」

  CM    「ソフトバンク」で共演。

 

□サイズ

 186㎝

 

□特記事項

・妻は安枝瞳


■古坂大魔王

 

□幼少時代〜

・父親は船の溶接工。

・母親の実家は漁師。母親は市場で働いていた。

・男3人兄弟の次男。兄は3歳年上、弟は4歳年下。

・築50年の古い一軒家に住んでいた。

・父親はとても無口だった。

・教育ママの母親に「将来は公務員になりなさい」と言われ、

 小学生の頃から毎日3〜4時間勉強した。

・兄弟げんかをすると母親にスタンガンで威嚇された。

・兄弟3人とも大食いだった。

・小学校時代、野球部と柔道クラブ。髪型はボウズ。

・小学校時代、とんねるずを見て芸能人に憧れた。

・小学校時代、青森放送で芸能人を出待ちした。

・小6の時、友人と一緒にコンビを組んで地元のラジオ番組に出演。

 ※その友人は現在のマネージャー(=18.02現在)

・小6の時、身長170㎝体重100㎏、靴のサイズは28㎝だった。

 銭湯に行く度に相撲取りになる事を勧められた。

 バスで子供料金を払うと「ウソつけ」と言われた。

・中学時代、5人組のコントグループ・青森ドリフターズを結成。

・中学時代、エロビデオを母親に発見されて夕食時に家族の前で食卓に置かれた。

・高校時代、放送部。昼の放送のアナウンスをラジオのDJ風にやった。

・日本映画大学時代、風呂なしトイレ共同の木造アパートに住んでいた(家賃1万円)。

 6畳の部屋をカーテンで仕切った3畳の部屋に住んでいた。

・学生時代、女性にモテなかった。


■古坂大魔王

 

□私生活

・好物…あんぱん。バラ焼き(大好物)。納豆。

 バーニャカウダ。アイスコーヒー。

・布団の中綿の唐揚げを食べた数日後に激しい腹痛に襲われ、

 病院で下剤を飲んで腸に詰まった綿を引っ張り出して貰った(若い頃)。

・35歳の頃にレーシック手術を受けた。

・寝る時にかすかな物音が気になる。

 移動中に寝る時はノイズキャンセリングヘッドフォンを使う。

・コンパクトなプロジェクターを愛用(仕事先に持って行く)。

・自宅にインローが蹴れるサンドバッグがある。

・革製品が大好き。

 革のアウター、バッグ、靴を所有。

 革ジャンを約80着所有。

・収集…プロレスのマスク。

・ペット…猫(名前はコマオー、投げたモノを取ってくる芸ができる=17.12現在)。

・自宅に作曲用のミニスタジオがある。

・いきつけ…

 イタリアン「キャンティ 本店」(笹塚、ひとりで行く事がある=17.10現在)。

 「お好み焼き なんじゃもんじゃ」(中野新橋、妻と一緒によく行く=17.10現在)。

・70歳の母親はEXILEの大ファン。

・兄と弟も身長185㎝以上。

・兄は銀行員(青森銀行)。

・弟は大学講師(東大出身、政治学)。

・クリスマスにサプライズでサンタの格好で窓から彼女の部屋に入った事がある。

・妻はたくさん食べる。

・妻は酒が強い。


■古坂大魔王

 

□人間関係

・上田晋也…友人。10代の頃からの仲。よく上田の自宅に遊びに行く。

 上田に「音楽なんかやめて喋りで行け」とずっと言われていた。

・児島一哉…友人。児島がアンジャッシュを組む前からの仲。

 児島の妻は古坂がやっていたテクノバンドのボーカル。

 ライブで共演した時に執拗に児島に無茶ぶりをしていた。

・土田晃之…友人。若手の頃からの仲。

・田中裕二(爆笑問題)、西尾季隆(X-GUN)…友人。

   毎年一緒に温泉旅行に行く。田中から猫を貰った。

・小島忍…底ぬけAIR-LINEの相方。専門学校の同級生。

・五木ひろし…ピコ太郎の日本武道館ライブにゲスト出演。

・ジャスティン・ビーバー…ピコ太郎「PPAP」のファン。

 CM「ソフトバンク」で共演。

 ジャスティンのRTで「PPAP」が一気に世界中に広まった、と報じられた。

・ドナルド・トランプの孫…ピコ太郎「PPAP」を歌う動画をネットにアップ。

・伊奈かっぺい…憧れている芸能人。伊奈に弟子入りする事を考えていた時期があった。

・安枝瞳…タレント。17.08.03入籍。15歳年下。

・子供:

 長女…18.06.17誕生。


■古坂大魔王

 

□ピコ太郎のエピソードなど

・楽曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」が世界でヒット(=16年)。

 YouTubeの週間再生回数ランキング1位。

 ビルボード全米トップ100で77位にランクイン。

 関連動画を含めた累計再生回数は20億回以上。

・世界各国の多数のファンが「PPAP」を踊る動画をYouTubeにアップ。

・「PPAP」はビルボードにランクインした歴代の全楽曲の中で最も尺が短い曲。

・「PPAP」のYouTube動画の制作費は10万円。

・「PPAP」でブレイクして1ヵ月で過去25年間分と同程度の収入を得た。

・国内外のCMに多数出演。CMを1日で3本収録した事がある。

・ピコ太郎の妻・多味は78歳(=17.07現在)。

・日本武道館で初ライブ(=17年)。

・グラミー賞で公式リポーターを務めた(=17年)。

・UEFAチャンピオンズリーグのアンバサダーに就任(=17年)。

・ウガンダ観光大使に就任(現地で大統領と対面=17年)。

・来日したトランプ大統領の晩餐会に出席(一緒に写真を撮った=17年)。

・手洗い動画「PPAP 2020」をYouTubeで配信(=20年)。


■古坂大魔王

 

□エピソードなど

・居酒屋でアルバイトをしていた。

・底ぬけAIR-LINEとして「ボキャブラ天国」でプチブレイク。

・底ぬけAIR-LINEは当初3人組から1人が脱退。

・ボキャブラ終了後に仕事が激減、生活の為に借金が約400万円まで膨らんだ。

・テクノユニット(ノーボトム)で約3年間音楽を中心に活動していた(=06年〜)。

・第1回単独ライブをピンで開催(=10年)。

・第2回単独ライブでピコ太郎を初披露(=11年)。

・楽屋トークが抜群に面白いとよく言われる。

・楽屋で8時間くだらない事を喋り続けて本番はヘトヘトに疲れていた事がある。

・曲を思いつくといつでもどこでもiphoneに録音する。

・青森市観光大使。

凡例:20.01現在=2020年1月現在