千住真理子

千住真理子


■千住真理子(せんじゅ まりこ)

 

□肩書き

 バイオリニスト

 

□生年

 1962(昭和37)04.03(牡羊座)

 

□出身地

 東京都

 

□出身校

 慶応大学文学部哲学科卒業

 

□略歴(満年齢)

 75年(13歳)第1回若い芽のコンサートでNHK交響楽団と共演(プロデビュー)。

 77年(15歳)日本音楽コンクール優勝(最年少優勝)。

   81年(19歳)パガニーニ国際コンクール入賞(最年少入賞)。

 ※主な出演:

  テレビ「世界は今」「人生が変わる1分間の深イイ話」「踊る!さんま御殿!!」

 

□趣味

 映画観賞


■千住真理子

 

□幼少時代〜

・父親は工学博士(慶応大学名誉教授)の千住鎮雄。

・毋親は教育評論家の千住文子。

・兄が2人いる。

・祖母がバイオリン好きだった。

 祖母はアイシュンタインのバイオリン生演奏を聴いた経験がある。

・2歳の時、兄の影響でバイオリンを始めた。

・小学校時代、全日本学生音楽コンクール小学生の部で優勝。


■千住真理子

 

□私生活

・好物…ステーキ。シュークリーム。アップルパイ。

・殆ど料理をしない(=14.03現在)。

・時短朝食として生卵3個やピーナッツバターとハチミツを塗ったバナナを食べる。

・赤ワインが大好き(ボルドー系のしっかりした味の物が好き)。

 ヨーロッパに演奏旅行に行くとパンとチーズとワインを買ってホテルの部屋で飲む。

・たくさん食べる。

・健康法…水素。野菜ジュース。酵素風呂。酸素カプセル。ウォーキング。

・左きき。

・肩凝り性。

・好きな映画…チャップリンの映画。昔のヨーロッパ映画。

・お笑いが大好き。

・自宅に防音室がある。

・住んでいる所…神奈川県横浜市青葉区(=04.06現在)。

・いきつけ…

 イタリア料理「グリーンハウス」(横浜市青葉区青葉台)。

 パティスリー 「エクランナクレ」(横浜市青葉区もえぎ野)。

・超せっかちな性格。

 無駄な時間を過ごすのが大嫌い。

 5分刻みで1日の予定を決める。

 予約した30分前にヘアサロンに行く。

 飲食店で注文する時に「速くできるのは何ですか?」と訊く。

 人間ドックで胃カメラと大腸カメラを同時にやって貰う。

・父親は00年他界(享年77)。

・毋親は13年他界(享年87)。

・兄2人と仲が良い。

・長兄は日本画家。

・次兄は作曲家。


■千住真理子

 

□人間関係

・鷲見三郎、江藤俊哉…バイオリンの師匠。

・磯村尚徳…テレビ「世界は今」の司会を一緒に務めた。

・千住博…長兄。日本画家。

・千住明…次兄。作曲家。

※独身(=03.01現在)

■千住真理子

 

□エピソードなど

・「天才バイオリン少女」と呼ばれた。

・10代の頃、毎日8〜14時間バイオリンを練習。

・20歳から約2年間演奏活動を休止。

 その間一切バイオリンに触らなかった。

 音楽家としてやっていくかどうか迷っていた。

 休止中はクラシックの音を聞くと体調不良になった。

・ホスピスで演奏したのをきっかけに演奏活動を再開。

・演奏活動再開後、休止前の感覚が戻るまでに7年かかった。

・ブラジル、チリ、ウルグアイで文化大使派遣演奏会を開催。

・アメリカでCDをリリース(=97年)。

・著書「生命が音になるとき」が高校の国語の教科書に採用された(=98年)。

・ニューヨークのカーネギーホールでソロリサイタルを開催(=99年)。

・テレビ「ボランティアまっぷ」に出演(司会=99年)。

・愛器は幻の名器と呼ばれるストラディヴァリウス・デュランティ(1716年制作)。

 最初の所有者は当時のローマ法皇。世界で約600本存在が確認されている。

 ストラディヴァリウスの中でも最高傑作と言われる数本のひとつ。

 価格は数億円。

 常に湿度が50%以下になるように管理(持ち出す時は複数の湿度計を持参する)。

 外食する時は自分の股間に置く。

 飛行機で移動する時は横の席に置いてシートベルトをする。

 持ち運びに使うケースは水に沈まない特製ケース。

・繊細な音を出す為に羊の腸で作られたガット弦を使用。

 光と熱で音が狂うのでコンサートのライティングは極力暗めにする。

・チャリティーコンサートやボランティア演奏を積極的に行っている。

・朝ドラ「ほんまもん」のバイオリン演奏を担当(兄・千住明が音楽を担当=01年)。

・デビュー30周年記念アルバム「愛のコンチェルト」をリリース(=05年)。

・デビュー30周年記念コンサートでベルリン室内管弦楽団と共演(=05年)。

・母親が「千住家にストラディヴァリウスが来た日」を出版(新潮社=05年)。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=14年3月15日放送分)。

・年間約100本コンサートを開催(=14年現在)。

・著書:

 「ふだん着でトーク」(音楽之友社=89年)

 「生命が音になるとき」(オーム社=95年)

 「聞いて、ヴァイオリンの詩」(時事通信社=00年)

凡例:18.01現在=2018年1月現在