別所哲也

別所哲也


■別所哲也(べっしょ てつや)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 別所哲也

 

□生年

 1965(昭和40)08.31(獅子座/A型)

 

□出身

 静岡県島田市

 

□学歴

 島田市立島田第四小学校

 島田市立島田第二中学校

 静岡県立藤枝東高校 

 慶応大学法学部法律学科卒業

 

□略歴

 90年(25歳)映画「クライシス2050」出演。

 92年(27歳)映画「ゴジラvsモスラ」主演。

 00年(35歳)舞台「天国から来たチャンピオン」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「ガラスの仮面」「ヘアー」「レ・ミゼラブル」

      映画   「波の数だけ抱きしめて」「豪姫」「メッセンジャー」

  ドラマ「あぶない刑事」「大人の選択」「風のハルカ」

      テレビ「ごきげんよう」「ダウンタウンDX」

  ラジオ「GOOD MORNING TOKYO」「TOKYO MORNING RADIO」

  CM  「丸大食品」「アサヒビール 本生ゴールド」「武田薬品工業 ベンザブロック」

 

□趣味

 料理 映画観賞 NHL観戦 ダーツ 旅行 ボウリング トレッキング

 

□特技

 英会話 ピアノ 珠算 頭の皮を動かす バレーボール 

 

□資格・免許

 そろばん2級

 

□サイズ

 186㎝73㎏

■別所哲也

 

□幼少時代〜

・父親は銀行員。

・毋親は美容院を経営。

・妹が2人いる(3歳年下、8歳年下)。

・大のおばあちゃん子だった。

 音楽教師だった祖母は家でよくピアノを弾いていた。

・習いごと…珠算(小3〜中1)。ピアノ(小2から約10年間、ヤマハ音楽教室)。

・父親が単身赴任中は父親の代理として町内会の集まりに出席。

・電車が大好きだった。よく父親に肩車して貰って電車を眺めた。

・小学校時代、飼育係。

 朝早くキャベツや残飯を持ってってウサギの世話をした。

・小学校時代、野球チーム。

 ポジションはファースト。よくゴロをトンネルした。

・小学校時代、身長が高くてやせていたのであだ名は「カトンボ」だった。

・中学時代、放送部とバレーボール部。

・中1の時163㎝だった身長が中3で183㎝になった。

 夜中に成長痛で関節が痛んだ。

・中学時代、放送部の1学年上の女の子と交際。

 彼女が高校に入ると急に大人っぽくなって話があわなくなって会わなくなった。

・高校時代、バレーボール部。

 静岡県大会ベスト4。国体強化選手に選ばれた。

 実業団入りを考えていたが怪我で断念。

 最初はサッカー部に入ったがゴールキーパーが嫌でバレーボール部に転部。

 バレーボールのブロックで指を脱臼してピアノがうまくひけなくなった。

・高校時代、坊主頭のため女生徒にはもてなかった。

・大学時代、当初はスキーやテニスのサークルに入って遊んでいた。

・大学時代、東京学生英語劇連盟に入って英語劇に出演。

 ※当時の舞台のVTRが残っている

・英語の上達の為に英語劇をやっているうちに英語よりも劇の魅力にとりつかれた。

 大学3年の時、MLS(モデル・ランゲージ・スタジオ)に入学。

・大学1〜2年の頃、商社マン、弁護士、外交官になりたいと思っていた。


■別所哲也

 

□私生活

・好物…カレーライス。明太子フランス。

 おでん。焼肉。きんぴらごぼう。オリーブの実。

 ガスパチョ。チョコレートスフレ。あんこ(大好物)。

 アイスキャンディー(毎晩食べる)。シュークリーム。甘いもの。

・嫌いな食べ物…野菜ジュース。ナス。いくら。じゅんさい。

・好きな酒…ワイン、日本酒。

・得意料理…カレーライス。ハムの照焼き丼。

・どんなに絶望しても食欲がなくなった事はない。

・雨の日には寿司を食べないと決めている。

・料理番組出演をきっかけに料理をするようになった。

・健康法…玄米。

・乾燥肌。

 冬場は静電気が激しいので指先を伸ばさずにモノに触れる。

・左きき。箸を左手で使う。

・涙もろい。映画を見てよく泣く。

・平均睡眠時間は4時間半。

・朝起きるのが苦手。目覚まし時計を4個使う。

・亀が苦手。

・1回使ったタオルは必ず洗濯する。

・好きなミュージシャン…松山千春。

・好きな映画…「セント・エルモス・ファイヤー」(見ると元気が出る)。

・好きなテレビ…「朝まで生テレビ!」(FAXで意見を送った事が何度かある)。

・モノを捨てられない性格。引っ越しのたびに苦労する。

・マグカップが大好き。約60個所有。使う用と保存用を買う。

・Tシャツが大好き。300枚以上所有。

・女性の靴が大好き。妻の靴を整理する。

・収集…世界各地のマスク(50個以上所有)。

・ペット…犬(ミニチュアダックスフンド)。

・間取り図チェック、モデルルーム見学が大好き。

・エレベーター付きの一戸建てに住んでいる(=19.03現在)。

・スーパーマーケットが好き。

 アメリカのスーパーマーケットが大好き。

・マッサージして貰うのが大好き。

 ホテルにチェックインすると真っ先に予約する。

 世界各地のマッサージを試す。

・旅行が大好き。旅行作家に憧れがある。

 北海道、ニューヨーク、メキシコ、ハンガリーが好き。

 独身時代はよくひとり旅をした。

・もの忘れや勘違いが多い。

 人の名前をすぐ忘れる。忘れ物が多い。

   家の中で鍵、携帯電話をよくなくす。

 クルマを駐車した場所を忘れて半日探した事がある。

・超せっかちな性格。

 飴は舐めずに噛む。

 皮をむく時間が勿体ないので果物を皮のまま食べる。

 カップラーメンをお湯を入れると同時に食べ始める。

 入浴時間は数分。

 トイレで用を足す時は座ると同時にトイレットペーパーを用意。

 舞台の幕間の休憩30分は長すぎると常々感じている。

 エレベーターのボタンを連打する。

 食事する店に向かう途中で飲み物をオーダーする。

 コンビニやスーパーマーケットで自分で商品を袋に詰める。

・実家のそばで妹と一緒にUFOを見た(=01年)。

・長女は超未熟児(体重1100グラム)で誕生してNICUに入院。

 「30分遅かったら母子ともに命がなかった」と言われた。

・好きなタイプ…整理整頓が上手な女性。

・女性の足元にこだわりがある。靴フェチ。

・女性と対面するより隣に座っている方が好き。

・ゲイと噂された事がある。

・ひとつの恋愛が終わるといろいろ反省してしまう。

 すぐに次の恋愛に進めない。

・妻は左きき。

・妻が作る食事はワンプレートデシッュが多い。


■別所哲也

 

□人間関係

・山田邦子、森公美子…友人。飲み友達。

 クリスマスイブに一緒に飲んだ事がある。

・石丸幹二、乙武洋匡、神田うの…友人。

・今井雅之、川平滋英、藤田朋子

 …大学のサークル仲間(東京学生英語劇連盟)。

 一緒に英語劇をやった(今井は演出)。

・中山雅史…藤枝東高校の2年後輩。

・寺泉憲、中村雅俊…慶応大学ESSの先輩。

・ジョージ・ルーカス…別所が主宰する短編映画祭を応援。

 ルーカスの短編映画を短編映画祭で上演。

・飯島直子、京野ことみ、矢部浩之…映画「メッセンジャー」で共演。

・中田久美…憧れているバレーボール選手。

・山口百恵…憧れている芸能人(大ファン)。

 大人になった後も実家にレコードやグッズを保存。

 ビデオがない時代だったのでテレビの画面の写真を撮っていた。

 コンサートに行った時にオープニングで興奮のあまり鼻血を出した。

 ボールペンの試し書きをする時に縦書きで「山口百恵」と書く。

 イメージを壊したくないので絶対に復帰して貰いたくない。

・岸恵子、加賀まり子、篠ひろ子…好みのタイプ。

・鹿賀丈史…憧れている芸能人。

・奈良橋陽子…デビュー当時の所属事務所の社長。

 映画「クライシス2050」に出演した時一緒に渡米してくれた。

・工藤静香…交際を噂された。

・松田聖子…ドラマ「大人の選択」で共演。交際を噂された。

・妻…会社役員。09年結婚。1歳年下。

 日系アメリカ人(日系4世、ロサンゼルス出身)。

 20代前半でロサンゼルスで知り合った(ホストファミリーの娘)。

 20年間友人だった。長女が3歳の時に子連れで結婚式を挙げた。

・子供:

 長女…09.07.16誕生。


■別所哲也

 

□エピソードなど

・21歳の時、ドラマ「あぶない刑事」に犯人役でゲスト出演。

・ハリウッド映画「クライシス2050」に800人の中から選ばれて出演。

 撮影の為に1年4ヵ月ロサンゼルスに滞在。出演料は10万ドル。

・2作目のハリウッド映画出演を希望してオーディションを何度か受けたが合格しなかった。

・ロサンゼルスのダウンタウンでクルマをチンピラに囲まれて金を要求された事がある。

 胸元を開けて金を出すふりをしてクルマの前があいた瞬間にアクセル全開で逃げた。

・25歳頃から35歳頃までトレンディドラマに多数出演。

・アメリカのヨセミテ国立公園でハムのCMを撮影準備中に熊が出没、

 焼いてあったハムを食べられた。

・シングル「ひき潮」をリリース(=94年)。

・アメリカのアカデミー賞をレポートする仕事を何年も続けている。

 スタッフだけに配られる非売品のグッズを多数所有。

・舞台「天国から来たチャンピオン」の役作りの為にボクシングジムに通った。

・カムチャッカ半島を取材するテレビの仕事で野生の熊に15mまで近付いてレポート。

・リアルな演技が出来るように恋人役の相手役本気で好きになるようにする。

・世界の短編映画を紹介する映画祭を毎年プロデュース(=99年〜)。

 立ち上げの際にジョージ・ルーカスに協力して貰った。

 世界各地50ヵ国以上から作品が集まる。

 1年間に1000本以上の短篇映画を観る(多い時は1日100本観る)。

・短編映画専門の映画館・ブリリアショートショートシアターをプロデュース。

 内装や椅子に徹底的にこだわった。劇場の椅子はカンヌ映画祭の会場と同じモノ。

・「ミス・サイゴン」のダンスシーンでひねって右膝に全治約2週間の怪我(=04年)。

・J-WAVEの朝の生放送番組に長年出演(=06年〜)

 「GOOD MORNING TOKYO」(月〜金7:00〜9:00=06年〜09年)

 「TOKYO MORNING RADIO」(月〜木6:00〜9:00=09年〜)

 オンエア中の曲にあわせてブース内で踊る。

 寝坊して遅刻して番組冒頭を携帯電話を通して話した。

・自宅を「メレンゲの気持ち」で公開(=14年5月31日放送分)。

凡例:20.01現在=2020年1月現在