光石研

光石研


■光石研(みついし けん)

 

□肩書き

 俳優

 

□本名

 光石研

 

□生年

  1961(昭和36)09.26(天秤座/A型)

 

□出身地

 福岡県八幡市

 

□出身校

 東海大学付属第五高校

 

□略歴(満年齢)

 78年(17歳)映画「博多っ子純情」主演。

 10年(49歳)朝ドラ「ゲゲゲの女房」出演。

 19年(58歳)ドラマ「デザイナー渋井直人の休日」主演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「ドタ靴をはいた青空ブギ」

  映画 「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」「童貞物語」「あぜ道のダンディ」

  ドラマ「おしん」「踊る大捜査線」「ケイゾク」

  CM    「トヨタ プレミオ」「TOTO」「東京メトロ」

 

□趣味

 音楽観賞 絵画

 

□サイズ

 173㎝ 靴のサイズ26.5㎝


■光石研

 

□幼少時代〜

・父親はサラリーマン。実業団でサッカーをやっていた。

・ひとりっ子。

・父親は多趣味な人だった。

 父親に連れられてよくスキーに行った。

・漫画家、絵描き、洋服屋、古着屋、喫茶店などサラリーマン以外の仕事に憧れた。

・小学校時代、クラスで前に出るタイプではなかった。

 自分が属している小さなグループの中では先生や友達のモノマネをしていた。

・中学時代、クラス対抗の演劇大会で全編普段使っている北九州弁でやる事を提案。

 本番は観客に大受けだった。

■光石研

 

□私生活

・好物…とんこつラーメン。うどん。たこ焼き(大好物)。

・朝食をあまり摂らない。ヨーグルトとカフェオレ程度。

・好きな酒は自然派のワイン。

 37歳から酒をたくさん飲むようになった。

・健康法…ジョギング。

・歌と踊りと学期が苦手。

・好きな音楽…70年代のソウルミュージック。

・10代の頃にお金がなくて変えなかったレコードを多数購入。

・好きなミュージシャン…ジャンク フジヤマ(ライブに行く)。

・自分の出演シーンを見るのはあまり好きではない。

・ピアノを練習中(=12.07現在)。自宅にピアノがある。

・洋服が好き。

・いきつけ…

 ラーメン「唐そば」(渋谷、店長は小学校の同級生=12.07現在)。

 セレクトショップ「ENGINEERED GARMENTS」(=19.06現在)。

・愛車は1963年式メルセデス・ベンツ(=19.06現在)。

・電車に乗っている時に滅多に気づかれない。

・ホノルルマラソンを完走。

・父親が本格的に陶芸をやっている(自宅に窯がある=12.07現在)。

・毎年妻と一緒に海外旅行に行く。


■光石研

 

□人間関係

・田中哲司…友人。飲み友達。同じ事務所。

・緒形拳…事務所の先輩。

 若い頃にバターターで映画・ドラマで多数共演。

・長谷川京子…ドラマ「SCANDAL」で夫婦役で共演。

・青山真治…映画「Helpless」の監督。

 映画「Helpless」出演をきかっけに役作りに対するアプローチが大きく変わった。

・石井裕也…映画「あぜ道のダンディ」の監督。

・大森南朋…光石を目標にしている。

・吹石一恵…光石のファン。

・妻…90年結婚。

■光石研

 

□エピソードなど

・友人に誘われて一緒に映画「博多っ子純情」のオーディションを受けて合格。

 オーディションの優勝賞金は30万円。

・映画「博多っ子純情」の撮休日にスタッフに新宿連れて行って貰った時、

 小さな店で女性がいきなり上半身裸になって踊り始めたのを目の当たりにして衝撃を受けた。

・映画「博多っ子純情」の現場が楽しかったので、

 俳優でなくても映画制作に関わりたいと思った。

・上京して「博多っ子純情」でお世話になった人に挨拶に行ったら、

 その場で映画「男はつらいよ」出演が決まった。

・アルバイト経験がない。

・20代の頃、2時間ドラマやVシネマの仕事がコンスタントに入って来た。

・30代の頃、バブル崩壊でVシネマの仕事がどんどん減り、将来に不安を感じて悩んだ。

 仕事がない時期にたくさん人に会い、たくさん本や映画に触れて、たくさん絵を描いた。

・映画「めがね」の役作りで3ヵ月特訓してマンドリンを実際に演奏。

・映画に多数出演。

 ハリウッド映画「シン・レッド・ライン」に出演(=98年)。

 1年間で出演映画15本が公開された(=07年)。

 通算出演作品数は約200本以上(=18.10現在)。

・どの映画の現場に行ってもたいていスタッフに顔見知りがいる。

・映画「あぜ道のダンディ」でデビュー作以来33年ぶりの主演(=11年)。

・某映画監督に「日本最高の脇役」と評された。

・「金のためだけに仕事はしない」という矜持を肝に銘じている。

・監督の要求にきちんと応えて演じた上で少し自分の色を出すようにこころがけている。

凡例:19.01現在=2019年1月現在