佐野史郎

佐野史郎


■佐野史郎(さの しろう)

 

□肩書き

 俳優 ミュージシャン

 

□本名

 佐野史郎

 

□生年

 1955(昭和30)03.04(魚座/B型)

 

□出身地

 島根県松江市

 

□出身校

 みのり幼稚園

 練馬区立開進第三小学校→松江私立乃木小学校

 島根大学付属中学校 

 島根県立大東高校→島根県立松江南高校(再入学)

 

□略歴

 80年(25歳)劇団状況劇場に入団。

 92年(37歳)ドラマ「ずっとあなたが好きだった」出演。

 93年(38歳)ドラマ「誰にも言えない」出演。

 ※他の主な出演:

  舞台 「葵上」「漱石とヘルン」「安部公房の冒険」

  映画 「夢みるように眠りたい」「帝都物語」「毎日が夏休み」

  ドラマ「独眼流政宗」「ダブル・キッチン」「義務と演技」

  テレビ「スタジオパークからこんにちは」「笑っていいとも!」

  CM    「東京電力」「INAX」「ファイザー」

  

 

□趣味

 料理 読書 音楽観賞 写真 居合道(武田流) スキューバダイビング

 

□特技

 絵画 作詞作曲 ギター ウクレレ

 

□特記事項

・妻は石川真希

■佐野史郎

 

□幼少時代〜①

・父親は医者(内科医)。

 代々医者の家系で父親は4代目。

 ※弟が5代目を継いだ

・長男。弟と妹がいる。

・0歳の時の記憶がある(背中にガーゼを当てられてお湯につかっていた)。

・江戸時代に建てられた家で生まれた。

・習いごと…バイオリン(3歳〜12歳)。絵画。

・お坊ちゃまとして育てられた。

 きょうだいの中でも長男の佐野だけは別格の扱いだけだった。

・小1の時、東京から島根県松江市へ転居。

 転校当初、土地の方言が全然分からず、体も小さかったのでいじめられた。

 女の子に「さのろののろま」というあだなをつけられた。

・小学校時代、校内写生コンクールで金賞を受賞。

・10歳の時、江戸川乱歩「電人M」を読んで怪奇小説が好きになった。

・10歳の頃、独学でウクレレを始めた。

 「タフワフワイ」「カイマナヒラ」など数曲をマスター。

・小学校時代、スパイダーズに憧れてバンド・題名のないバンドを結成、卒業式で演奏。

・中学時代、自転車通学。

・中学時代、全然勉強をしなかった。

 理科系の科目は全部苦手だったので医者になる事をあきらめた。

・中学時代、ロックが大好きだった。

・中学時代、好きな箇所に線をひいた宮沢賢二の小説を好きな女の子にプレゼントした。

・中学時代、初デートで映画「首」を観に行って首切断シーンで女の子が途中で帰った。

・中1の時、ゲイの男性につきまとわれて愛を告白された。

 頼まれて断り切れずにあげた唾液を飲み干されてショックを受けた(トラウマになった)。

・中学卒業の春休みにクラスメイトのイイヅカ君にギターを教わった。

■佐野史郎

 

□幼少時代〜②

・県立松江南高校は県下有数の進学校。

・高校時代、美術部と音楽部。

・高校時代、同級生の小豆沢茂とアコースティックバンド・ドクを結成。

   文化祭、他校の文化祭、島根県民会館のステージ、ラジオの公開録音などに出演。

   松江フォーク連合に入っていた。

・高校時代、成績順のクラス編成だった。

   同級生は音楽や芸術にかぶれて成績が悪い生徒ばかりだった。

・高1の時、中津川フォークジャンボリーで「カム・トゥ・マイ・ベッドサイド」を歌った。

 ※ライヴアルバムのはっぴいえんどの演奏の合間に「ええどー」という佐野の声が入っている

・高2の時、ロックバンド・ウィンドシティを結成。

 メンバーの家の蒲鉾工場の倉庫で練習。

 バングラデシュ救済コンサートなど多くのステージに出演。

・高3の時、同級生の女の子と吸血鬼同盟を結成。

 牛の血を呑む計画を立てたが佐野の父親に危険だと言われて断念した。

 ※佐野は後に世界吸血鬼学会日本支部の会員になった(会員番号1番)

・高校時代、好きな女の子に「大人になってね」と言われてフラれた。

・高校時代に身長が30㎝伸びた。

・高校時代、鼻からうどんを食べる芸を特訓してマスター。

 「スーパージョッキー」の奇人変人コーナーに出演して白いギターを貰おうと思っていた。

・松江時代、毎日のように宍道湖で夕日を見ていた。

・武蔵野美術大学を受験して不合格。


■佐野史郎

 

□私生活①

・好物…白米。天丼(あちこちの店を食べ歩く)。ソーキそば。

 ロールキャベツシチュー。ゴーヤチャンプル。

 生肉。焼鳥。焼魚。穴子。しじみ。ちりめん山椒。

 納豆。ジュンサイ。沖縄料理。

・嫌いな食べ物…鳥肉。グリーンピース。

・得意料理…穴子の雑炊。

・健康法…生姜湯(生姜糖をお湯に溶かす)。

・酒が好き。だらだら飲むのが好き。

 ひとりで飲むのも好き。

 酔うとじっくり話し込む。

・葉巻を愛飲。煙管を数本所有。

・番組収録中に第三腰椎を骨折(=19年)。

 ※テレビ「ガキの使いやあらへんで!! 年末スペシャル」

・花粉症。

・好きな本…怪奇小説。

・好きな作家…香山滋。ラブクラフト。

・好きな音楽…スイングジャズ。ボサノバ。

・好きなミュージシャン…

 はっぴいえんど。セックスピストルズ。ビートルズ。ニール・ヤング。

・好きな映画…「ニッポン無責任時代」。

・映画「ゴジラ」シリーズが大好き。全作品を観た。

 ゴジラ映画に登場する博士役に憧れて俳優を志した。

   ヒロイン河内桃子のサイン入リの映画第1作のパンフレットは宝物。

・古本屋、中古レコード屋が大好き。いきつけの店もある。

・ダリ、マグリットなどのシュールレアリスムの画家が好き。

・クトゥルフ神話(架空の神話)が大好き。

 若い頃にクトゥルフ神話のゲームを数日かけてやった。

・文房具が好き。職人手作りの万年筆、昔ながらの竹の物差し、

 針が不要のホチキス(スタビライザー)などを愛用。

・妖怪が好き。水木しげるの町に家族で遊びに行った事がある。

・ギターを多数所有。自宅にスタジオがある。

・収集…古いカメラ。蝶の標本。

・住んでいる所…東京都・吉祥寺(30年以上在住=18.09現在)。


■佐野史郎

 

□私生活②

・いきつけ…

 天ぷら「銀座天國」(銀座=20.09現在)。

 焼鳥「いせや」(吉祥寺=18.08現在)。

 ブラジル料理「ALVORADA」(吉祥寺、10年以上通っている=18.09現在)。

 カフェバー「Mojo Cafe」(吉祥寺=18.09現在)。

 ホルモン酒場「わ」(吉祥寺=11.11現在)。

 ロックバー「バナナムーン」(=11.11現在)。

 ショットバー「ジョージズバー」(吉祥寺)。 

 沖縄居酒屋「抱瓶(だちびん)」(高円寺)。

 カレー「ムルギー」(渋谷)。

 レストラン「アカシア」(新宿)。

 小料理屋「ごちそう紫陽」(京都)。

 ブティック「アニス」(吉祥寺)。

・井の頭公園によく行く。

・写真が大好き。デジカメを愛用。変わったモノを撮るのが好き。

・温泉によく行く。

・水のそばにいると落ち着く。

・自宅に泥棒に入られた(=95年)。

・高速道路でガス欠になってもよりの停留所まで歩いた事がある。

・人間観察が好き。

・スタッフの過去の行動に関して細かいダメ出しを延々する事がある。

・家族旅行でスウェーデンの氷のホテルに泊まり、オーロラを見た(=98年)。

・長女は音楽、絵を描くのが好き。

・長女と一緒にライブに行く。

・SMに興味関心がある。SMのボンテージファッションに詳しい。

・妻は料理が得意。品数豊富な食事を作ってくれる。


■佐野史郎

 

□人間関係①

・荒俣宏…友人。妖怪やゴジラの話を延々をとする。

・六平直政…友人。状況劇場の同期生。

 状況劇場時代に佐野の家によく遊びに来た。

 六平が状況劇場を脱走した時に佐野が発見して連れ戻した。同い年。

・渡辺哲…友人。すぐ近所に住んでいる(=05.02現在)。

・田代冬彦…友人。TBSプロデューサー。

・坂井真紀…ロック友達。一緒に富士ロックフェスティバルに行った。

 ドラマ「ずっとあなたが好きだった」で共演。

・中村勘三郎…飲み友達。

・角野卓造…ジャズ友達。

・福島敦子…アナウンサー。高校の後輩。

・賀来千香子…ドラマ「ずっとあなたが好きだった」「誰にも言えない」で夫婦役で共演。

・山口智子…ドラマ「ダブル・キッチン」で夫婦役で共演。

・野際陽子…ドラマ「ずっとあなたが好きだった」「ダブル・キッチン」で親子役で共演。

 ドラマ「誰にも言えない」で義理の親子役で共演してキスシーン。

 ユーミンのコンサートに一緒に行った。

・林海象…映画「夢みるように眠りたい」の監督。

・渡辺いっけい、佐野史郎、六平直政、小林薫、根津甚八、

 不破万作、四谷シモン、大久保鷹、麿赤児、唐十郎

 …劇団状況劇場出身(年齢順、唐十郎は主宰者)。


■佐野史郎

 

□人間関係②

・佐野史郎、嶋田久作、夢野ワンダ、石川真希

 …音楽バンド・タイムスリップのメンバー。音楽性の違いで解散。

 ※タイムスリップはユニークなバンドで「20年早すぎた」と言われた

・山本恭司…親友。ギタリスト。県立松江南高校の同級生(同じクラス)。

 当時一緒にギターを弾いていた。

 ※「ウチくる!?」にシークレットゲストとして出演(=11年9月25日放送分)

・甲野善紀…大好きな武術研究家(松聲館)。何度か対談した事がある。

・光浦靖子…顔が似ているとよく言われる。

・キャンディーズ…大ファン(学生時代)。

 チケットを取れなかったので解散コンサートを後楽園球場の外で聞いた。

 ドラマ「正義の味方」で田中好子と夫婦役で共演。

・小川功…高校時代からの親友。

 ※「ウチくる!?」に出演(=11年9月25日放送分)

・小豆沢茂、周藤芳行、大西由美…高校時代の友人。

 ※「誰だって波瀾爆笑」にVTR出演(=14年3月2日放送分)

・大塚寧々…交際を噂された。

・石川真希…状況劇場の1年先輩。86年出雲大社で挙式。

 舞台「漱石とメルヘン」で13年ぶりに舞台で共演(=97年)。

 洋服屋「Anis」を経営(=05.02現在)。

・子供:

 長女…八雲(やくも)。93年誕生。


■佐野史郎

 

□エピソードなど

・高校卒業後、上京して現代思潮社美学校に入学。

 同時期に中村宏油彩画工房に入った。

・劇団シェークスピアシアターに旗揚げメンバーの一員として入団(=75年)。

・劇団シェークスピアシアターで衣装はジーパンでシェークスピアの作品を上演。

・劇団時代、実家が金持ちだったのでひとりだけ良い部屋に住んでいた。

 よく部屋に劇団員が集まって鍋をやった。

・劇団時代、舞台音楽を担当。

・劇団時代、煮詰まって脱走したが1日で呼び戻された。

・劇団時代、デート中に不良に絡まれて勝てそうになかったので倒れて動けないフリをした。

・映画「夢みるように眠りたい」がヴェネツィア映画祭でグランプリを受賞。

・アルバイト歴…

 ジャス喫茶「マイルストーン」(高田馬場、ウェイター)。

 立ち食いうどん屋(水道橋)。スナックで弾き語り(新宿)。

 工事現場。ビル清掃。テレビ局の大道具。カラオケビデオ役者。

 大道具として「さんまのまんま」「スター爆笑Q&A」を担当。

 カラオケビデオ役者として「酒と泪と男と女」(東映ビデオ)に出演。

・自らの作詞作曲でミュージシャンとしても活動。

・電車で移動する事がある。

・ドラマ「ずっとあなたが好きだった」のマザコン男・冬彦の過剰演技が話題になった。

 スタッフとSMクラブに行ってファッションや小道具を研究して役作りに活かした。

 下唇を震わせてうなる仕種は妻のアイディアだった。

 「冬彦さん」が流行語大賞を受賞。

 電車の中で睨まれた。街で石を投げられた。

・唐十郎演出の一人舞台「マラカス」に主演(=98年)。

・映画「カラオケ」を監督(初監督作品=99年)。

・アニメ映画「ポケットモンスター セレビィ」に声優として出演(=01年)。

・「ウルトラQ dark fantasy」のナレーションを務める(=04年)。

・自宅を「情報ツウ」で公開(=05年12月26日放送分)。

・自宅を「誰だって波瀾爆笑」で公開(本人撮影=14年3月2日放送分)。

・小泉八雲の朗読ライブを毎年開催。

・悪役、癖のある役を演じるのが好き。

・妖怪の映画を撮影中に一反木綿のようなモノが飛んでいるのを大勢で目撃した。

・若い頃から自身をセルフプロデュースしているような感覚があった。

・主な著書:

 小説「ふたりだけの秘密」(筑摩書房=96年)

 自伝「こんなところで僕は何をしてるんだろう」(角川書店=98年)

凡例:20.01現在=2020年1月現在